我が家は、壁の下地を発泡ウレタン(断熱材)ではなく、土壁にすることにしました。

土壁の下地として、まず竹を編んでくれます。これを竹小舞下地というらしい。


最近の住宅ではこんなやり方をするのは稀らしく、こんなにきれいに編める

職人さんも今は少ないらしい。


やはり、昔ながらのこの工法は、ありのままの自然そのものの

暖かくて涼しい、地震に強い家!となるのでしょう。

(こんな「和」な作り方をしているけど、我が家はどちらかというと「洋」な感じなんですよ)


小舞は何にしても手間がかかる。(らしい)

「表塗り」「裏返し塗り」そのあと、漆喰など仕上塗り…

こんな手間のかかることをこだわってやってくれてるのです。

ちなみに、この作業は、大工ではなく、小舞専門の左官屋さん?のお仕事です。

格子状に竹を編んでいってくれます。
お気楽だんどりLIFE



全体図!うっとりです。

ゆるみもなくギッチリ編みこんでくれています。
お気楽だんどりLIFE


編み目から光が入ってとっても幻想的です。

土を塗るのがなんだかもったいないわ。
お気楽だんどりLIFE


本日の我が家。竹小舞下地がステキでしょ?
お気楽だんどりLIFE


現在、我が家をお任せしている棟梁は私のお友達でもあるんだけど、

宮大工なんです。だからこそ、立派な柱。昔ながらの木造建築方法で

やってくれています。


ステキなうちになるのは間違いないでしょう。。。


そしてそして、我が家の匠、旦那くんは木造建築初体験。

旦那君にとってもいい経験となり、いい匠っぷりを見せてくれるでしょう。


AD

棟上2日目

テーマ:

棟上第二日目のブログです。

今日も、快晴!棟上日和です。

<早くアップしなければどんどん進んでします・・・>


昨日の疲れか朝起きるのがとってもつらかった。。。

でも、私よりももっと疲れているはずの大工や職人さんたちは

我が家の為に、朝8時から働いてくれているのです・・・


私が現場に行ったのは、朝10時。

恒例のおやつタイムです!!

10時のおやつは!シュークリームと冷たいお茶で、

3時のおやつは!梅花堂のおにまんじゅうと冷たいお茶です。


今日は、現場の中まで入らせてもらいました。

リビングの屋根はもうほぼ完成状態です。スッテキィ★

お気楽だんどりLIFE


今日は土曜日、現場監督の旦那くん。

現場をチェックしております。

ヘルメットつけなくっちゃ!!

お気楽だんどりLIFE



たくさんの大工さんが屋根の断熱材を貼ってくれています。

働く男はかっこいいし、頼もしいわ。
お気楽だんどりLIFE


リビングに天井がないため、暑さ対策で、断熱材を二重にしてもらいました。

お値段も二倍です(笑)でも、これで安心。

断熱材効果のチェックで、上から触ったら熱く、下から触ったら冷たかった!

すばらしい!

お気楽だんどりLIFE


玄関側の軒下です。

ここは、旦那君のこだわりスポット?になる気がします。

ここにも屋根がつきます。


お気楽だんどりLIFE


棟上二日目でここまで完成です。

見るたびにこころうきうきです。
お気楽だんどりLIFE



棟上が終わり、実のところほっとしました。

まだまだこれからも大工たちにはお世話になるけど、

この先は、こんなにたくさんの職人さんが集まることはないらしいです。

それだけ、棟上は人数が必要で大切な行事なんですね。


とっても勉強になり,略式ながら棟上をやってよかったです。


AD

梅雨の影響で棟上の日程がなかなか決まりませんでした。


結局ぎりぎりまで天気の様子をみて、週末予定としていた棟上を

平日に開催することとなりました。私は有給をとってもちろん参加です!(一生に一度だもの!)


6月3日(金) 赤口→イマイチらしい。

ただし、6月2日が大安だったため、大工が気を利かせて柱1本建ててくれたそうです!(ありがとう!)


上棟式は、いったい何?という無知な私でしたが、大工に教えてもらったり、

ネットで調べたりしてなんとか意味を理解しました。


我が家の上棟式には大工(棟梁)+6名の職人さん(といってもみんな棟梁なみの腕前です)

+1名(クレーン車の方)が参加してくださいました。忙しいところ、棟上ということでみんな来てくれたそうです。


ちなみに上棟式で準備した物。


・棟梁+職人さん(6人分)+クレーン車の方のお祝儀。

・清酒、塩(持っていくの忘れました)、紙コップ(まずは清酒で乾杯です。)、お盆。

・職人さん全員分のピンクのタオル。

→大工から準備するように言われました。職人さんが首に巻いて作業をしてくれます。

この辺りのしきたりなのですかね?!

・紅白まんじゅう+ビール(お土産用)。

・10時と3時のおやつ+お茶。


ちなみに、1日目の10時のおやつはどらやきと冷たい緑茶。

3時のおやつはミスドとマックのアイスコーヒーにしました。

お昼のお食事やおみやげの赤飯も考えましたが、

大工が気を使って要らないといってくれたので省略しました。


ピンクタオルと清酒と紅白まんじゅうとお祝儀です。
お気楽だんどりLIFE

上棟式は、、、

1、朝8時開始

2、あいさつ

3、乾杯

4、お祝儀配り(朝一でお祝儀を渡したほうがやる気になってくれるそうです)

5、よろしくおねがいします!→四方にお清め

といった感じでした。。。




柱1本建ってるのわかります?

建築士らしく、、、現場を見守る旦那君。

仕事の前に上棟式の挨拶に参加してくれました。


お気楽だんどりLIFE


こんな大きなクレーン車も来てくれました。

ちょっと大きすぎない???


お気楽だんどりLIFE


こんなにたかーーーく上がります!

クレーン車大活躍です。
お気楽だんどりLIFE


大工(棟梁)が家の四隅を清めてくれています。
お気楽だんどりLIFE


旦那君を送って帰ってきたら、すでにこんなにも

柱が建ってました。クレーン車もすごいし、

7人の男たちがかっこよく働いてくれています。


お気楽だんどりLIFE


3時のおやつのころにはこんなに出来上がってきました!


お気楽だんどりLIFE

1日目終了!明日はクレーン車は来ないということで

屋根に上げれるものはすべてあげていってくれました。

いや~1日でここまで出来上がるとはびっくり!

ここまでこれば形がはっきりわかりますます楽しみになってきます。


お気楽だんどりLIFE


棟上(建前)は大工さんたちにとってはとってもとっても大切な日で

きっと精神的にも体力的にもとっても疲れたのではないかと思います。


でも、こんなにたくさんの立派な柱を建ててくれて本当に本当に心から大工(あだ名なんですよ)に頼んで

よかったと思いました。とってもいい家ができそうな予感で、みなさんと棟上を経験できてよかったです。

私ときたら特に力仕事をしたわけでもないのに、普段のデスクワークよりもすごーーく疲れて、

へとへとのくたくたになってしましました。


棟上2日目があるので、がんばらねば!





AD
5月上旬

①地鎮祭が終わったとたん、ばたばたと作業が進んでいます。

あんなに木でいっぱいだったわが土地も今はこんな感じで、すっかり宅地らしくなりました。

家が建つ部分がモリっとしてかなりわかりやすくなってきました。(ベタ基礎らしい)

ここまでくるとようやく進んでるんだね!と実感できます。



お気楽だんどりLIFE


5月中旬
②地盤工事してから1週間ほどしたらこんな状態になっておりました。

鉄骨入りました!頑丈!!ここまでくると部屋が枠で囲まれており、

部屋の形がわかり、またまた楽しくなってきました。




お気楽だんどりLIFE


5月下旬

③鉄筋の上にコンクリートが入れられました。

さらに土台となる部分に型枠を立ててくれています。

この型枠の中にもコンクリートが流し込まれています。

ブルーシートは、この日雨になる予報だったので

雨が入らないようにかけてくれています。

(東海地方梅雨に入ってしましました・・・棟上まで耐えてほしかった!)

お気楽だんどりLIFE


6月1日

④型枠をはずした状態。+土台の上にすでに

木枠を作ってくれています。

ここまできたらいよいよ!棟上寸前。

足場も準備してくれています。
お気楽だんどりLIFE


なんだかいよいよ!棟上(建前)です。

さてと、棟上の準備しなくっちゃ!!


なにをするにもはじめてのことばかり、

棟上も何をしたらいいのか、ちんぷんかんぷんです。

ネットで勉強しました。

いろんな人のブログって本当に役に立ちます!!





地鎮祭

テーマ:

土地購入から1年がかりでようやく着工に踏み出せました。


実は、わが旦那くんは建築士。

そう!マイホームも作るのであれば、わが旦那くんの設計で建てるつもりでした。

仕事との平行作業の為か?!図面完成まで約1年かかりました!

といっても実際本格的にやりだしてから数ヶ月で完成してましたが。。。

(わが旦那くん・・・切羽つまらないとできないタイプなのです!)


私は、図面ができるまでひたすらフォローフォローの日々。

自分では何もできないのがもどかしかったです。

はっきりいって役立たずでした。

でも、私の希望もたくさん聞いてくれてなんとか納得の図面完成!?


そして、家作りといえば!設計の次に工務店選び。

実はこちらも、マイホームを建てるなら、私の友達の大工に頼むつもりだったので大工にお願い済み。

というわけで、なんだか図面ができてからというものあれよあれよとことが進みだし、、、


なんと、2011年4月3日(先負)。突然決まった地鎮祭・・・

友達だからなのか、施主=建築士だからなのか、私の得意とする段取りがまったくつかめません。

なんせ、工程表というものがないのです。。。


とにもかくにも、突然決まった割には万事うまく進み?日取りも(土曜日を選ぶと)「先負」でしたが、

「午前はわるく午後はよろし」と言うように、15時開始で我が家の地鎮祭が無事とりおこなわれました。

神主さまへの初穂料はお車代入れて35000円也!(かなりの略式です)

(何もかもはじめてのことで安いか高いかもまったくわかりません!)


神主さまがすべて準備してくれます。

(カセットデッキがかなり気になりましたが、音楽でした。

ピローーン♪っていう結婚式の音楽みたいな感じ)

海のもの?山のもの?などなど

お気楽だんどりLIFE


土地の四隅を清めてくれます。

楠くんも清めてもらいました!


お気楽だんどりLIFE


施主のわが旦那くんが「エイ・エイ・エイ」と穿初(うがちぞめ)

をしています。

→土地の持ち主が始めて土地を耕して家を建てるという意味らしい。


お気楽だんどりLIFE



大工が鍬入(くわいれ)をします。

→大工が始めて鍬を入れて家を建てますという意味らしい。
お気楽だんどりLIFE


玉串奉奠(たまぐしほうてん)というのかな?

出席者が順番に神前で玉串を奉り拝礼する。


お気楽だんどりLIFE


写真を見ての通り、家の土地・・・荒地なんですよ。。。

これを早いところ、一般的な宅地にする為に、まずは地鎮祭。

土地を触る前に神様にお願いしなくちゃね。


どうか、無事何事もなく素敵なうちが完成しますように!