『歩み』の太陽になる

 自分自身が人生を『歩む』ことで誰かの『歩み』に変えるべく僕は『歩み』の太陽になる!!


テーマ:



『I want to study~海の向こうの友だちのお話~』


遠い遠い海の向こうの友だちのお話。

「勉強嫌い。勉強なんてしたくない。」

そんな言葉が当たり前に交わされるこの日本社会で…

あなたは考えたことがありますか?


途上発展国で

「勉強がしたい。学校に行きたい。」 と言いながら家族の為に、

必死で働いている子たちのことを。

私たちは知ってほしい。

私たちは考えてほしい。

世界で起こっている現状を。


そして皆さんに

何かのアクションになるキッカケを。

それを与えてくれる場所として。

“I want to study”

~海の向こうの友だちのお話~

を考えました。

直接その目で世界を見て、活躍していらっしゃる方々を
ゲストとしてお呼びして、講演会を行います。


【 ゲスト 】

*倉崎憲
NHKディレクター。24歳。
同志社大学法学部を卒業後、2011年にNHK入局後、ドラマ番組部に配属され、現在まで大河ドラマ「平清盛」の助監督を担当。
一方でアーティストの作詞も幅広く手掛ける。 学生時代は旅を愛し、世界一周を含む43ヶ国を旅する。初めて旅したラオスに惚れ、小学校がない村に小学校建設活動などを行う国際団体SIVIOを設立。 ドキュメンタリー本「僕たちは世界を変えることができない。」写真担当。南アフリカフォトコンペ最優秀賞受賞。2010年度人間力大賞受賞。


*へむり(中野貴行)
1981年8月18日大阪生まれ。現在30歳。
一般企業の会社員.NGOスタッフ、青年海外協力隊など、さまざまな活動を経験。
協力隊では村落開発普及員として2008年3月~2010年3月までシリアに行き、母子保健.学校での保健教育などを行い、人と人をつなぎ、チラシを配り、日本語を語る活動を行う。その際、英語だけでなくシリアの公用語アラビア語を身につける。
現在では国際協力・イスラーム・夢や生き方ついての講演活動や「魚の釣り方」を教える国際協力のためのビジネス活動を実施中。


*井上 遼
1991年5月16日生まれ。21歳。
関西学院大学人間福祉学部社会起業学科3回生。
高校1年の頃に、BrainHumanity主催のキャンプに参加。これをきっかけにボランティアに興味を持ち、高校生国際ボランティアWITHに入団。高校卒業まで活動を続ける。
関西学院大学入学から2週間程でBrainHumanity主催キャンプ実行総責任に過去最年少で着任、続けて翌年に実行総責任に着任。
2011年1月NPO法人BrainHumanity国際関連事業部代表に過去最年少で就任。
国際関連事業部代表辞任後、2011年12月関西カタリ兵庫県内のH高校企画Project Maneger (実行総責任)として実施。以降、NPO法人BrainHumanity関西カタリバ事業に従事する。
2012年4月NPO法人BrainHumanity関西カタリバ事業副代表に就任。

BrainHumanity
ブレーンヒューマニティーは、兵庫県西宮市を中心に
大学生が主体となって運営する非営利組織
阪神・淡路大震災で被災した子供達の支援からはじまり、
現在では小学生・中学生を対象にしたキャンプや高校生・大学生の海外ボランティアプログラム、不登校の子供達の支援など幅広い領域で活動を展開。
Hp:http://www.brainhumanity.or.jp/index.htm 



*熊谷 正志
1991年4月12日生まれ。現在21歳。関西SIVIO5代目代表
高校時代に創設者である倉崎憲さんに出会ったのがきっかけでSIVIOに所属。
始めはボランティアや、国際協力にそこまで興味がなかったが、1年間過ごす中で自分たちの行っていることがラオスの自立にどのように近づくのか考えだす。
自分達の好きなこと、やりたいことを自分らしいカタチで表現し、周りにいる人、いろんな人に何かを感じてもらい、みんなをHAPPYにし、そしてそのHAPPYを連鎖させて世界に届けられたらいいと思う。
ラオスのこと、そばに居る大切な人たちのこと。全てを大事に、感謝して。そんな想いで活動中。

学生団体SIVIO 
学生団体SIVIOのコンセプトは
「ラオスに教育支援をする』こと
そして『我々の活動を広く伝える』こと
ラオスと日本では生まれた世界が違うだけ。 
僕たち学生の力では本当に世界は変えることはできないのか?
Hp:http://sivio.jp/


*中村充宏様
学生国際協力団体CREDO4期代表。
大阪大学経済学部3回生。
大学2回生の夏休み、カンボジアと出会う。
初めて行ったカンボジアで、子供たちの笑顔や一生懸命勉強する姿に魅せられる。
それと同時に多くの子供たちが学校へ通えていないという現実を目の当たりにし、帰国後CREDOの一員に。
カンボジアが、決して貧しいだけではないということ。
毎日を笑顔で、精一杯に生きていること。
嬉しそうに夢を語る子供たちがいるといること。
「自分が感じたカンボジアを、カンボジアのことを知らないたくさんの人に伝えたい」 という想いで活動中。

学生国際協力団体CREDO 
「繋がり、深まる、笑顔の輪」をコンセプトに カンボジアの中等教育の発展の為に学校建設に努めている学生団体。
カンボジアといういつもと違う日常。 そこで出会う子供たちは日本の子供たちと何も違わなかった。
Hp:http://wearecredo2.web.fc2.com/index.html



【 イベント詳細 】
日時:7月29日(日)
13:00~17:00

場所:花博記念ホール
(最寄の駅 鶴見緑地)

入場料:高校生以下 無料
大学生 1000円
社会人 2000円

定員:250人

主催:高校生国際ボランティア団体WITH

後援:NPO法人ペイフォワード倶楽部

【 申し込み 】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0efc1106201271
※お申し込みフォームはこちらからお願い致します。

※お申し込みフォーム以外からのお申し込みは
with.international@gmail.comに

お名前
メールアドレス
電話番号
職業
所属団体名

を記載の上お願いいたします。

【 タイムスケジュール 】
12:30 開場
13:00 スタート
司会のあいさつ
WITH紹介 ペイフォワード紹介 ゲスト紹介
13:30 へむりさん
質疑応答
14:10 休憩
14:25 学生団体
パネルディスカッション
(SIVIO、CREDO,Brainhumanity
質疑応答
15:15 倉崎憲さん
質疑応答
16:05 司会終わりの言葉
16:25 終了

■□■□■□■□■

高校生国際ボランティア団体WITH

高校生が ボランティア活動を通して 成長する場となり 社会に貢献することで より良い世界を目指す

【HP】 http://82.xmbs.jp/withivhss/
【twitter】 @WITH_HSV
【mixi】 mixiキーワード『うぃずる』で検索!
【ブログ】 http://ameblo.jp/with-international/
【問い合わせ】 with.international@gmail.com

□■□■□■□■
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

『歩みの太陽になる!』堀川 歩さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります