「中井政嗣」千房社長

テーマ:

いま見たテレビmemo。


「カンブリア宮殿」テレビ東京。22時~

きょうのゲスト: お好み焼き 千房 社長 中井政嗣さん。


ピラミッドの逆三角形。

経営者がイチバン下。



話術の達人。講演会多数。


具体的な数字が説得力を生む。


いちいち、店で起きた問題を相談してくる店長がいた。

中井さんは言った。

「その話なら、あした、辞表をもって話しに来なさい」

そのワケは、

店長なのに、対処の仕方をいちいち社長のじぶんに言いに来る。

「それなら、アルバイトで十分だ。」


「きれいな花には蝶々が、ウンコにはハエがたかります」


部下をぐちる社長や上司がいる。

答えは明白・・「トップがウンコだからです。」


「ひらがなでしゃべりたい。」

中卒の従業員にわかるように。



いま、目の前の人に好かれるようにすがる思いでしゃべってます。

(司会の村上龍と、小池栄子に。)



「ええやんけ」人材育成術。



※上司が見本を見せる。

※小さな目標を持たせる。


新人の小島くんに対して。

※サラダのまな板を常にきれいに。


そごう横浜店の椛島店長:「小島、ええやんけ。ええ調子やで」

些細なことでもとにかくホメる。


千房はどんな若者でも育てる、見捨てない。



というVTR明け

中井社長:「椛島ええやんけ。」



遅刻、夜逃げする若者をクビにしない。(別格、想定内、落ちこぼれをえこ贔屓)


非行少年、落ちこぼれを採用することで・・・・

幹部が育つ。


その子を育てているようで、その子によって、幹部が育てられている。


”共に育つ「共育産業」や。”




あした22時は「ガイヤの夜明け」。外食産業、人手が足りない。