「シンデレラマン」を観た。

20050929_2336_000.jpg

1929年世界大恐慌~。って歴史でも習いました。まさにあの時代、

不況で仕事をなくしたボクサー役・ラッセルクロウかっこよかったで~す。


ワタシが好きなシーン。

元・ボクサー(ラッセルクロウ)には妻と3人の子がいて、

競争率の激しい日雇いの仕事にありつけない日もある。

食うものに困る毎日、ある時長男がソーセージを万引きしてきた。


父とソーセージを返しに行った帰り、

長男はつぶやいた。

「友達の○○クンは、昨日、遠い親戚のおじさんちに預けられた。

 家のゴハンがないからだって」

父は子供に言う。

「どんなことがあっても、お前達をよその家にはやらないよ」

長男を抱きしめると、その子は緊張の糸が切れたように抱きじゃくった。


息子が万引きした理由は、単にソーセージが食べたかったから、

だけではなかったのだ。


さて。貧乏からはい上がるボクサー、という点では同じな、

「ミリオンダラベイビー」。

あれは、つらかった~。

あんなに映画でつらい話、見せなくてもいいんじゃないか~と

思うほどつらかった~。

生と死について考えさせられることもあり、賛否あるだろうけれど。


それはそうと、妻役「ブリジットジョーンズ」だった~。

(ホントの名前はレネーゼルウィガー。)

今回は誠実でけなげな妻・母親役でがんばってた~。


あれ、実話なんですってね。


★人気の日記ランキング

★日記ブログランキング    

☆お笑いブログランキング