謹賀新年!

テーマ:
明けましておめでとうございます口笛

2017年もどうぞよろしくお願いいたしますドキドキ

{0C6C7044-8716-4818-AFA6-2B0B069E6849}



2017年今年のビックイベントはズバリカナヘイびっくり
5月頃にセカンドアルバムをリリースする!
でございますてへぺろうさぎ


ファーストアルバム
「Can we do it?」から1年と半年、有難い事にこの機会を頂きましたカナヘイきらきら

これも、皆様がCan we do it?を手にとって頂いた事によるものです

本当にありがとうございますラブラブ
デビュー作品です
ぜひ引き続きよろしくお願いいたしますカナヘイピスケ



ファーストアルバムから私自身も環境や自身の変化を感じつつ、2016年は沢山の出会いと挑戦がありました

わがままな企画を応援してくださった皆様、ミュージシャン、ライブハウス店長、スタッフの皆様、本当にありがとうございましたつながるうさぎ

今年も沢山楽しい企画を作って行きたいと思います

お付き合い、よろしくお願いいたしますカナヘイハート


さて今回のブログはセカンドアルバムについて少し触れてみようかと思いますとびだすピスケ2

セカンドアルバムのテーマは
kurt weill集です

クルトヴァイルは1920年代〜、活躍したドイツの作曲家
フランスとアメリカに亡命し、ジョージガーシュイン、アイラガーシュイン(ジョージガーシュインの弟で作詞家)、ブレヒトなどと交流を深めつつ、独自の音楽感を築き上げた作曲家です

彼の著書は日本ではほとんど手に入れることは出来ないです

数少ない資料やクルトヴァイル自身の作った音楽から人物像を想像し、さらに私たちの現代の感覚でその楽曲たちをアレンジ、演奏し体現しながら表現を生むこと

それが、テーマです

そもそも、なぜクルトヴァイルだったのか。。


彼の生きた時代から約100年の年月が経とうとしています

クルトヴァイルの曲を聞いていくとその時代の歴史的背景やファッションや音に時の流れのサイクルのようなものを感じたのです

今を生きる私たちはどんな時代だろう?
人間はどこに向かうの?

クルトヴァイルの曲たちは歴史の中に実在した1つの答えのように深く私の心を打ちました


クルトヴァイルという名は知る人ぞ知るという感じであまり表には出てこないですが、その楽曲たちはスタンダードの中にもたくさんあります


約100年も前に作られたのに全く古びたメロディに感じさせない、むしろようやくスタンダードと呼ばれ聞ける時代になったのかもしれません。
恐ろしく凄まじい楽曲たちです
あの時代にもぅこの音楽が完成されていたのか。。
と思うと鳥肌がたちます

セカンドアルバムでは皆様ご存知のスタンダード楽曲から、誰も手につけなかった名曲まで新たなクルトワイルの世界を楽しんで頂ける一枚になっています



レコーディングに参加してくださったメンバーは
浅川太平さん(ピアノ&アレンジ)
竹内直さん(テナーサックス、フルート、バスクラリネット)
Ayuko(ヴォーカル)
スペシャルゲスト 齋藤徹さん(コントラバス)


夢のような共演者です

中でも齋藤徹さんとの出会いは衝撃的で、出会って音を出した瞬間からこのクルトヴァイルプロジェクトへの参加を切望してしまいました

出会ってからあっという間に、レコーディングの話をしてしまい、ご本人はさぞ驚いたかと思います

徹さんと出会うきっかけをくださいました
横濱エアジンうめもとさん
徹さんとショーロのアルバムも出されています、かみむら泰一さん本当にありがとうございます

齋藤徹さんご本人は闘病中であり
「私は伺えない可能性もあるので、よろしければ他のベーシストを探されても」

とお気遣い頂いた中

「徹さん以外は考えておりません。代わりはいないので、もしお越し頂けないようなら3人で録ります」

と半ば脅しのような。。。笑

徹さんごめんなさい〜
(今回のプロジェクトをお誘いするにあたっては、かなりキンチョー)

それほど徹さんの存在は大きく唯一無二な音色です


今回のレコーディングはみんな同じ部屋での録音です

{DA615806-C857-459B-ACD6-CF455FFA3011}


私にとっては、色々通り越してのワクワクする緊張感や状況の中、想い描いていた以上のサウンドが物語のように目の前に広がった瞬間でした


浅川太平さん、竹内直さん、齋藤徹さんとのレコーディング中、それぞれの音色の深さや積み上げてこられた音の重さに気がつけば目が潤んでいて、目の前に現代を生きぬく音楽家の持つ力と魅力に取り憑かれている自分がいました

様々な状況の中、大変貴重な経験が出来た事に深くお礼申し上げます



そして、この楽曲を録音してくださった松下さん

私と同じ歳のレコーディングエンジニアです
言葉よりも鋭い勘とミュージシャンとの距離感
まさに5人目のミュージシャンメンバーだと思います

クルトヴァイル=難解と言われる音楽家の楽曲に挑み

0.001mmの隙間をぬって出会ったかのようなミュージシャンやレコーディングスタジオや人や楽曲アレンジ

6人目のメンバープロデューサー古屋明氏

全ての条件が必然であったかのように揃い、1番大事な録音が納得のいく形で無事に終わり、歌い手として音楽家として今後の生きる道しるべを私の記憶や身体に残して頂けた貴重な時間でした

CDリリースという全ての総合作品完成するまでにはまだ別の戦いやロマンがあり、もう少し時間がかかりますが、5月頃に皆様の元にお届けできればと思っています

それぞれの願いが込められたアルバム楽しみにしていただければ幸いですニヤリ!!


⭐️今日の一言⭐️
夢から醒めるのに時間がかかるよ〜
もう少し、この夢の中で漂いたい〜


スケジュール更新しました

ayukoホームページ

http://ayukojazz.wix.com/ayuko






























































































AD

コメント(1)