新潟ライブその2

テーマ:
そして。


2日目のライブ In 新潟市内

舞台は40年という長い月日、ジャズが楽しめる老舗として愛される
「Jazz Flash」さんへ

入った瞬間にレトロな雰囲気と年季の入った大きなイギリス製のスピーカー

なんとなく勘でここは凄い音が鳴るだろうな
と気持ちが高鳴ります

そしてマスター本人がPAを準備してくださいましたびっくりびっくり

「うちは難しい機会がなくてね簡単なPAなんだけども。。。」

そそくさと手際よく準備する姿はもぅ私の会話から声質や今夜のライブを想像し、音作りの準備が出来ているという証拠

私からは何も言わなくても良いという安心感

すごいなぁ。。。

音を出してみると勘が的中

そぅそぅこの音が欲しい照れ照れ照れ


あとは、今夜のライブに集中するだけで良い

長徳寺さんのライブも思い出に残る素晴らしいものだったので、昨夜と同じ曲は一曲もやりたくない

という私のワガママに浅川さんも阿部さんも同意見。。
このバンド本当に愛してるぅぅぅおねがい


毎日が勝負出来る素晴らしいメンバーにただただ感謝いたしますラブ

ステージに上がる瞬間
心のスイッチがパチッと入りました
{D5399BAD-1AD3-4665-B1A3-34DA6DCBB789}

平日の中、沢山の方にお越しくださって、とても嬉しかったです

自分もそうなのですが、無名の。。しかも日本人女性ボーカリストを聞きに行くというのは結構勇気がいることだと思うんです

初めてお会いするリスナーの皆様からは
ジャズを知り尽くしている。。。感がヒシヒシと伝わってきました笑


私なりのスタンダードの解釈で委縮せずに堂々と歌おう

私はエラにもジュリーロンドンにも、ビリーホリデーにもチェットにもなれるわけなどないんだから。。


そんな気持ちで歌うことに身を任せました

{72CD9ED7-54D6-4949-95FF-4C25679AD65E}


ほぼ記憶喪失です笑

気づいたらライブは終わってましたおねがい

最初の曲は
Summer time〜
アンコールの曲はセーラームーン

このセーラームーンは後に、浅川氏&阿部氏からブーイングをしっかり頂きました笑

しかし、それだけ中身をスタンダード中心に勝負してたんです照れ

最後くらい息抜きさせてデレデレ


特に私が印象に残った曲は
スティーブドブロコスの Butterfly
クルトワイルのLost in the stars & Speak low

未だかつて聞いたことのない浅川さんの斬新なアレンジでお送りしました爆笑


ライブが終わるとマスターから
「一杯どう?」
とお声をかけて頂き爆笑

「ウィスキーロックで。。。チュー
と恐る恐る言うアタイ←ライブ中以外は基本的に地味です


それをググっと飲み干した後

「日本酒飲める?」って

調子に乗って
「もちろん!!」

出てきた日本酒はこの世のものとは思えないほどうまーーーーーーーびっくり

蔵元が近くにあってねたまたま手に入ってね
春までゆっくり飲むんだよ。。と。。

いいのか!そんな大事なもの!

しかしながら、かなり沁みました笑い泣き

そしてマスター手作りのサラダ!
Flashさんのチョリソーも辛くてすごくお酒に合うの笑い泣き

天国いっただーデレデレデレデレデレデレデレデレ

お客様お一人お一人とゆっくりお話させて頂きながら

皆さんの感想を直に聞きながら、次へのステップへの道筋を探した貴重な時間


そんな中、どうしても心残りが。。。

マスターアナログ盤でチェットベイカー聞きたいなハート

ほろ酔いの私は思い切って聞くと

いいよ!!って大好きなチェットをかけて頂きました!

うん爆笑不思議〜!
目の前にいるよねチェット爆笑爆笑


この音でチェロが聞きたい!!
と直感で思いました

その事を伝えると。。

そしたら、僕の一番の宝物なんだよ。。
ってとあるチェロ奏者のレコード

曲はバッハ。。。


空間と音が溶けて行く〜〜〜〜

年代も性別も国籍も関係なく演奏と音がそこに存在しました


鳥肌がたって。。バッと
横目に浅川氏と阿部氏を見たら同じく天国に逝っていましたラブ

 お越しくださいました皆様
Flash マスター佐藤さん、奥様、スタッフのおじちゃん笑
本当にありがとうございました!!

{EAD3A8FE-5A4D-4921-AA2A-E2E73B4D36DC}



そして2日目、企画してくれた素晴らしいパーカッショニスト阿部梓穂さん、浅川太平さん
I love you!!!

すぐまた東京でこのメンバーで本番です❤️

「今日の一言」
私と手袋と帽子とマイケル
休みの日これに限ります


































AD

コメント(2)