ジェイブログ AKBG & 坂道シリーズのファンサイト

AKBGと坂道シリーズを俯瞰的に冷静に眺めるサイトです。
他のブログとは違う視点で考察していくのでよろしく。


テーマ:

自分が運営の人間で意思決定の裁量があり
誰かを抜擢する場面に遭遇したとする。


誰を抜擢するのかもちろん色々と考えるだろう。


あらゆる指標なんかも参考にしながら
この子なら伸びるだろうと期待して抜擢する。


結果的に期待に応えてくれる子、残念ながら
期待ほどには伸び切れない子など様々かもしれない。


今まで秋元グループのそれぞれの抜擢を
眺めながら個人的にその総括があったりする。


特に中長期にグループの中核を担える人材を
育てようと思ったらそれこそ大変なこと。。。


そういう意味では運営をあからさまに
批判することは出来ないなとは思う。


それぐらいファンに響く響かない、外の世界に
訴求出来るかどうかなんて容易に分からないから。


プロ野球の一流選手でも10回打席に立って
3本打てば立派な成績と言われるもの。


ましてや全く土俵が違うアイドルの人事で
推したら全部人気メンバーなんてありえない。


そういう意味ではよくやっているかもね。。。


Bingoで麻友を大抜擢した、大声ダイヤモンドで
珠理奈を大抜擢した、UZAで咲良を大抜擢した。


あるいは島崎なんかもあるタイミングで一気に押し出された。


逆に指原なんかは運営の推しもありつつも
ファンが主導で押し上げたという側面が強いかな。。。


総選挙というイベントを最大限に活用したという意味で
優子と似た軌跡を描いてきたかもしれない。


要は最初に運営が推してファンが共感し支持するか
ファンが押し上げて運営に認めさせるか?


まあ色々なパターンがあったりする。


そんな中で前者のパターンを考える。


今グループの中心にいる彼女達だって
当初はまだ未知数のメンバーに過ぎなかった。


大事なのは抜擢されてからその期待に
応え続けたかどうかということなんだよね。。。


それは明確に指標で結果を出し続けることであり
並大抵では立ち行かないぐらい困難な道でもある。


あらゆる試練に打ち勝ってなおファンの求心力を
保ち続けることの難しさを改めて感じたりする。


瞬間風速的には跳ねてもすぐに失速してしまう。


そもそも抜擢したものがまったく回りに響かない。


今まで様々抜擢人事を見てきたけどそれこそ
結果は千差万別というほど異なったものになった。


とにかく10代前半の思春期の未成熟な時期に
敢えて大抜擢することは大きなリスクもある。


早熟の余りにその後の成長曲線を巧く描けないなど
大抜擢による弊害も同様に含んでいるから。


最近はNMBでも山本彩加という子が大抜擢されている。


これに関しては賛否両論あるんだろうけど
まずはどんどんとチャンスを与えてみては?


そこからまた跳ねるかどうかはこの子の
プロ意識と自覚に掛かってくるものだからね。


ファンもそういうものをちゃんと査定しながら
運営の推しが妥当かどうかをちゃんと審判してくれる。


欅坂の平手が強烈に推されている現状だって
彼女のその意識の高さが偏見を打ち破っている。


ファンの支持もありつつ推されるわけで
いい意味で彼女の周りに擁護の波が形成されている。


それだってちゃんと彼女の態度だったり姿勢を
ファンが見守りつつそこに支持を与えているから。。。


どんなに周りが神格化して持て囃そうとも
本人が謙虚すぎるほど謙虚だからね。


ちゃんと自分の置かれた贅沢な環境を自覚しつつ
なお周りにも目を配れる冷静な視点も失っていない。


こういう子なら運営だって安心して未来のグループを
牽引する者として信頼を持って任せられるだろう。


とにかく中長期でしっかりと骨格を持った
アイドルグループにする為には人材育成が必要。。。


そしてその為には反発を招いてもしっかりと
ある程度の期間はリソースを割いて推すべき。


そして定期的に結果の査定をして継続か否かを判断する。


一方でそこに対して許容して応援してくれる
箱推しもちゃんと育てていかないといけない。


つまりグループの未来の抜擢の為に敢えて
その推し方にも理解を示し支持する人達の存在。


そこをファン同士の対立に持っていってしまえば
結局は大抜擢への擁護も無く世代交代も頓挫する。


AKBGがこの数年間停滞した原因を分析して
是非これからのグループ運営の刷新を期待したい。


それでは、また。


以上



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近特に感じるようになったのはAKBの運営の
なんとも言えない冷たさというか残酷さかな。


表立ってはスルーを貫いてファンに不誠実な態度は
相変わらずだけど裏側では厳しい処置をしているのでは?


そう感じるのはスキャンダルの噂があった子達が
どんどんと卒業を発表していることもある。


それが自発的にとは思えないのが怖いよね。。。


裏側でまさに運営のメンバーへの粛清が
実行されているのではと勘ぐってしまう。


そしてそこに血が通ったやり取りを感じさせず
組織の足を引っ張る人間を容赦なく切り捨てる。


そんな非常さが垣間見れてしまう。


そしてそれにより失ったファンの信頼を
回復できるような錯覚に陥ってしまうのでは?


でもそれは逆効果だよね。。。


寧ろメンバーを使い捨てとばかりに切り捨てて
まったく資産として扱わない組織への不信。


その方が余程ファンには醸成されてしまうだろう。


もう色々と対応が面倒とばかりに問題を起こした
メンバーの再起なんてまったく配慮もしない。


それどころかちゃんとスキャンダルに厳しい
運営を演出してファンに示しているかのようだ。。。


でもそんな事じゃないんだよ、ファンが求めているのは。


人なんて誰でも過ちを犯すもの。。。


大事なのはその時に開き直らないで真摯に謝罪して
そこからもう一度信頼回復に努めることでは?


それがあれば大概のファンは許すんだよ、当たり前だけど。


逆にそれでも許さないなんて狭量なファンは
切り捨てても何の問題もないんじゃないかと思う。


今運営がやっていることって実は最悪の手だよ。


表立っては何事も無かった様にスルーしながら
裏では容赦ないメンバーの切り捨てを実施している。


そんな組織にファンはどうやって信頼を持てと言うのか?


乃木坂の松村の件を例にしてもちゃんと
運営とメンバーがファンに背を向けなかった。


それがファンに通じたからこそその後の
乃木坂の躍進にこの件が足を引っ張らなかったのでは?


誰もあの松村の件を許容したわけじゃない。


その後の対応に反省を感じて受け入れただけ。。。


そこを履き違えちゃいけないんだろうと思う。


乃木坂が松村の件からまるで別のグループに
なったかのごとく変貌を遂げたと写る。


実際にあれから表立って一切スキャンダルがないんだよね。


人気がどんどんと上がり注目されるにつれて
絶対にそういった事へのリスクがあるにも関わらず。


それってやはり運営の姿勢とかメンバーの意識とか
あらゆるものが刷新された証拠なのでは??


一方でその数年間の間にAKBG出し続けてきた
スキャンダルの多さは言わずもがなのが悲しい。


それに呼応するように衰退の道を進むグループの姿。。。


国民的アイドルなどと過信して弛緩した組織に
蔓延する奢りが招いた帰結だと思わずにはいられない。


とにかくもう少しきめ細かいグループ管理を
していかないと本当にまずい時期に来ている。


アイドルとスキャンダル対応は切っても切れない
永遠の命題だと改めて感じる今日この頃だ。


それでは、また。


以上


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

AKBの大和田が卒業を発表したことを聞いて
なんだか今のAKBの迷走の象徴のように感じたね。


若き頃からエースーとして期待されて
多くのチャンスをもらったメンバーの卒業。。。


それはもちろん自分が犯した過ちゆえなわけで
そこに過度に同情をする気持にも正直なれない。


一方で彼女を管理する大人達の無責任さにも
同様に憤りを感じるファンの方も多いだろう。


まだまだ未成年の子という免罪符を軽々しく
使えるほどアイドルの世界は甘くはない。


残酷なことを言えばそういう事なんだろうと思う。


この大和田という子をファンが評価するほど
自分が評価できなかったのには理由がある。


それは彼女の恵まれた容姿やそのアイドル性
以前の問題というのが正直なところでもある。


やはり目に見える部分でも分かってしまう
そのアイドルとしての意識の低さが気になった。


目に見えるものが全てではないというのは
便利な言葉だが実際にはもっと残酷でもある。


意地悪な言い方をしてしまえば目に見える
ところでさえ意識が低ければ話にならない。


そういう言い方もできるから。。。


日ごろの生活態度から体型管理にいたるまで
彼女にもう少し指導が行き届いていればとは思う。


ただ今のAKBの運営にそのようなきめ細かい
アイドルプロデュースを期待する無意味さも感じる。


一方で若手の頃から育てるというのが
如何に難しいかを考えてしまうよね。。。


あなたに未来のグループを委ねたいから
是非頑張って欲しいと期待されること。


これは簡単な事じゃない。


何よりアイドルとしてのプロ意識と自覚が
ちゃんと備わっている子は少ないから。


エースを期待される子がそんな状態では
怖くて任せられないよね、当たり前だけど。


大和田に厳しくなるというよりは
これが普通なんだと思うべきなのか??


自分はグループを託されてずっとその
運命を受け入れ走り続けてきた子達を見てきた。


古くは前田敦子だったしその後を継いだ
麻友や珠理奈の成長を見届けてきた人間。。。


そして今であれば欅坂の平手がいる。


いずれもまだ小学生、中学生という幼少期から
グループの中心を担ってきた子達である。


こういう子達を見続けてきた人間には
今の若手を中々評価してあげられない。。。


頑張っているのはその通りなんだと思うけど
やはり伝わってくる覚悟が見えてこない。


でもそれは彼女達の資質の問題もそうだけど
何より管理する大人の問題も大きいとは思う。


ちゃんと期待を伝えることと同様に
その責任の重さを教えてあげないとね。。。


ちゃんと人材を見抜いて抜擢するセンスも
どこか今のAKBには欠落しているようにも感じる。


それが結果的に世代の継承を頓挫させて
期待の若手を卒業へと誘ってしまうのだろうか?


まだまだ将来有望な10代の大和田のような子が
グループを託されず旅立ってしまう今のAKB。。。


低迷する組織のまさに象徴のような現実に
なんとも言えない陰鬱な気分にさせられてしまった。


グループを牽引するような子をうまく見つけ出し
そこにしっかりと育成をしていく体制作りの重要さ。


今のAKBには何より優先される喫緊の問題ではないだろうか?


それでは、また。


以上


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

しかし最近のAKBはとにかく競争ばっかりだよね。。。



総選挙は言うに及ばず、リクアワ、ドラマで投票、CM、写真集で投票。



もう年がら年中競争してんじゃないかっていうぐらい騒がしい。



自分も本来競争は嫌いじゃないし体育会系で育ってきたから

真剣勝負とかマジの戦いみたいなのは嵌るタイプの人間。。。



だからこそある意味AKBのゲーム性やドラマ性にのめり込んできた。



ただやっぱり次第にその行き過ぎた競争社会が息苦しくなって

熱が冷めてくる自分と常に戦ってきたと言える。



なんというかもうね、健全じゃないのよ、色々と。



盲目なファン心理を利用したあからさまな煽りが露骨で

単純にアイドルを楽しめる環境が喪失して行ってしまった。



不健全だから滅茶苦茶な状態になって面白いのかもしれない。



まあそんな所も確かにあるけどね。。。



今年の総選挙もそうだったけど結局結果が出ても

ファン同士がギスギスと対立する空気感がいつも残る。



のめりこみすぎたファンが多いからこそその反動から

余計にヘイトを溜め込む悪循環をもたらしているんだろう。



本来はスポーツのような清廉さでもっと爽やかに

勝者と敗者が生まれても未来に向かって進めていたはず。。。



ただここ最近は過剰にイベントを煽るばかりでライトなファンは

そんなAKBに正直付いていけないんじゃないかとは思う。



組織的になればなるほどどんどんと手段を選ばない非常さで

勝ちに拘る陣営が増えてくるわけで当然と言えば当然でもある。



その象徴が指原や麻友のファンだし、上位に来る様なメンバーの

ファンもその情熱を最大限に利用されてしまったという側面もある。



もう総選挙には疲れきって心が離れているのに推しメンが

いるからと後ろ向きに参加するファンの姿に考えることもある。



結局そこに参加してしまった時点で受け入れているということ。。。



そういう風に運営は判断してグループの舵取りをしている。



だが実際にはファンの深層心理に疲弊とヘイトが醸成され

グループ全体を応援する風土に程遠い実態になってしまっている。



今回の紅白での総選挙はグループに色々なリスクを生じさせる。



そもそも選抜総選挙との違いは何なのか?



複数投票がしづらいというだけで本質は何も変らないんだよね。



そして両者の結果が乖離した場合にはそこからまた

余計な対立が生まれて不協和音も避けられないだろう。



更に言えば今回決定的に問題なのはAKBは48人いれば

中身は誰でもいいと対外的に宣言してしまったことでもある。



要はAKBとしてのグループのブランドとか拘りが蔑ろになる。



そんなグループに愛着を持って応援なんてできるのだろうか?



無理だよね、普通。。。



AKB、SKE、NMB、HKT、NGTから選ばれた混成部隊こそ

AKBGの代表なんだとまさにJPN48を推進する流れになっている。



もうこの流れは止まらないだろうし姉妹グループの存在意義が

益々希薄化する危険もあるほどの今回の企画でもある。



ただの年末のお祭りイベントでは済まないんだよね。



そんな中で今回の総選挙の結果は果たしてどうなるのか?



毎年3桁とか投票している自分のような人間が異常なわけで

今回のイベントこそまあより健全な方向に向かうとも言える。



それによってAKBGが得るもの、失うもの色々とありそうだ。。。



それでは、また。



以上


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の紅白での総選挙を開催することが発表されて皆さんどう感じたんだろうか?



もうAKBの矛盾に付き合ってきた多くのファンには慣れっこであり

「またかよ。。。相変わらずズレているね」と呆れている方も多いだろう。



一方で世間一般の人はさして興味も無いこんな企画にわざわざ

時間を使って投票するのかというとそれも甚だ疑問でもある。



結局このイベントに参加するのは熱量の差こそあれファンでしかない。



そう思うんだよね。。。



だって皆さん自分の周りの環境を考えてみて欲しい。



自分の家族、周りの知人、そして近しいコミュニティーで

このイベントがどれだけ話題になると想像できるだろうか?



余程の事がない限りその関心は低いと想像できるほど

今のAKBは別に国民的アイドルでももはやない影響力なんだよ。



その実態を冷静に見ているファンほど今回のイベントには冷ややか。。。



そして気になったのが麻友の反応だよね。



本心は分からないけど呆れていると思うし運営への不信は

彼女に限らず他の多くのメンバーが感じているのでは?



それぐらい配慮もなくデリカシーもない企画だなと思う。



これを楽しめる人間なんて48Gに大した思い入れも無く

ただ野次馬的に眺めているぐらいの人達だけだろう。



他は消極的でも推しメンが出ているからと参加させられる

そんな後ろ向きなファンで埋め尽くされているのではないか?



このイベントを美辞麗句で塗り固めると無名の子が

まさかのランクインで日の目を見るなんてあるのかな。。。



ただ結局こんなもの知名度勝負であって300人の

プロフィールなんて真面目に調べて投票するなんてないよ。



結局より詳しいファン達でどれだけ組織的に動けるか?



だとするならベースのファンも多くて支持基盤が強い

上位のメンバーがそんなに変るとも思えないんだけどね。



指原、麻友、山本、柏木このあたりは結局上位に来るだろう。



まあ分かるだろうけど順位なんてもう拘る必要が無い子達。。。



麻友なんてファンの実数として数千人が見えているわけで

たとえ一人一票だろうが関係なく強いに決まっている。



他のメンバーにしても強大なファンの実数が可視化されている。



そんな面子がまた上位に名を連ねるイベントに何の意味があるのか?



ファンがまた頑張って押し上げても正直?だろう。



特に麻友のファンなんてもういい加減にしてくれって感じかも。。。



でも厳しいことを言えば企画に乗って投票するなら

それは残念だけど受け入れたという事になってしまうから。



それに対しては不平を言っても余り建設的ではないとは思う。



いずれにしろ色々と矛盾を抱えてここまでやってきたAKBが

この局面である意味破壊されようとしているのは間違いない。



それはAKBではなく48G全体でひとつのグループなんだと

世間にもファンにも認知させるような布石でもあるだろう。



頑ななまでに48Gと一線を画して総選挙にも参加しない

46Gとの差別化を強調する意味でもこのイベントは大きい。



結局はトータルのプロデュースの一環として今回の

総選挙イベントを見て行ったほうがいいかもしれないね。



まあこのイベントに参加する方もほどほどにして欲しいかな。。。



余り熱くなってもいい方向には中々いかないと思うので。



自分もまあほどほどにします。



それでは、また。



以上


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は年末の大舞台である紅白歌合戦に出場する面々が発表になりましたね。



秋元グループからはAKB、乃木坂、欅坂という結果になりました。



正直言うとこの結果に驚きはまったくないです。。。



まあ至極妥当というか選ばれるならこの組み合わせしかないですから。



それも冷静に俯瞰しているからこそ見える残酷な現実。



もちろんファンごとに思い入れがあるわけで自分のグループこそ

至高だという気持もあるとは思いますけどね。。。



今回の選定は今のグループ全体の勢力地図が残酷に反映された結果です。



それも48G、46Gという新たな枠組みが形成されてファンに認知される

そんな大きな端境期になる一年になったと振り返って思います。



乃木坂の台頭とそれによる46Gのブランド化、更にはそこにうまく

乗っかる形でプロデュースされた欅坂の大躍進はまさに見事でした。



乃木坂の躍進のベースはすでに去年辺りから着実に進んでいました。



そしてまさに今年デビューした欅坂の台頭が教えてくれたもの。



グループプロデュースはこうするべきというまさにお手本のような

一年を欅坂は体現してしっかりと結果を出し続けてきましたから。。。



それもかつてのAKB、そして乃木坂の多くの経験をベースに

良いところを手本に、悪いところを反面教師に出来たことも大きい。



一方でサークル化とシリーズ化のプロデュースの違いが

AKB以外の他の姉妹グループに厳しい結果をもたらしています。



要はAKBGという大きな枠組みに取り込まれたグループとして

ひと括りに集約された存在とみなされているという現実があります。



一蓮托生、相互扶助しながらの活動を長年続ける中で

いつの間にかAKBとその姉妹グループは切り離せなくなってしまった。



結果的に乃木坂と欅坂のように独自にグループが活動をして

オリジナリティーを築いていくのに比べてハンデを抱えてしまった。



握手会も総選挙も常に行動を共にしてきたわけですからね。



そんな偏見が今回の紅白で露骨に示されています。



今回の投票イベントには恐らく多くのファンが不満を抱えているはずです。



またこんな年末にさえ競争をするのかと。。。



ただそれは結局ずっとAKBをAKBGとして扱ってきたツケでもあります。



一緒だからこそそこから選抜を選べばいいと安易に考えられてしまう。



実際にはそこにそれぞれのグループを応援するファンがいるのに。。。



もちろんAKB単独で応援したい人にも不満が出ますよね。



誰の得にもならない企画をこんな大イベントで世間に披瀝してしまう。



はっきり言うと世間なんてAKBの一イベントにさほど関心など無い。



それに対してしっかりと配慮しないといけないのに相変わらず

話題になればいいとばかりに炎上路線で突き進むAKBGの姿。。。



個人的にももういい加減にしてくれって感じもあります。



それと同時に余計に坂道シリーズを応援している心地よさを実感する。



古参ファンとしてある意味義理にも似た感情で見守っているような

自分でもそうなんですから割とシビアな人なんかは流れちゃいますよね。。。



今回の紅白の結果は色々なものをファンに教え現実を突きつけました。



そろそろAKBも実態を伴った姿に戻るべきでしょう。



AKBという巨大なブランドが一人歩きしていつのまに虚像が

大きくなってしまい身動きがとれなくった様は正直見苦しいです。



一度そういった負の連鎖を断ち切って再生への道を進んで欲しい。



その為にはある意味のリストラと痛みを伴う改革が不可欠です。



それができなければAKBもその姉妹グループも呉越同舟の元に

徐々にそのエネルギーをすり減らし共倒れになってしまうでしょう。



乃木坂と欅坂は今や手本とするビジネスモデルを持つ

アイドルグループとしてちゃんと認識することから始めないと。。。



緻密な握手会ビジネス、楽曲や映像に対する作品への拘りなど

AKBが忘れてしまった大事な要素を今ちゃんと受け継いでいます。



スキャンダルへのグループとメンバーの意識なんかも違いますね。



過去のAKBがなぜ世間の偏見を打ち破ってあれだけ支持されたか?



もう一度ファンも考え直したいものです。



ということで改めて出場する3グループはおめでとう!!



素敵なパフォーマンスを期待しています。



それでは、また。



以上



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

欅坂の新曲「二人セゾン」のMVを何回も観ている。



とにかくどこで切り取っても感じるものがあって、そこに散りばめられた

多くの物語があってまったく飽きない内容に嘆息するしかない。。。



そして冬の物悲しい季節にもどこか明るくセンチメンタルな

曲調が絶妙に観るものをエモーショナルな気分にさせる。



これはハマル人、絶対に多いよな~~



とにかく光を駆使した映像美と絶妙な静止と躍動のシナジーで

空間の中の刹那の一瞬を切り取る手法は秀逸だね。



秋元先生も本当に欅坂に夢中なんだろうなって思うよ。



それをなぜAKBでもやってくれないんだろう???



そう考えてしまうファンがいてもおかしくない。



やらないんじゃなくてもう今のAKBではやれないが正しいのかな。。。



今の欅坂を観ているとまさに全盛期の2010年前後を

髣髴とさせる清楚さと清廉な世界に満ち溢れている。



まさに国民的と呼ばれるようになってどんどんと

世俗に飲み込まれて大衆化してしまう前のAKBと似ている。



だからこそまだ何色にも染まっていないこのグループに

プロデューサーとして彼が夢中になるのは当たり前なんだよね。



こんなにインスピレーションを刺激されて創作意欲を

掻き立てられるグループなら面白いに決まっているもの。。。



自分がプロデューサーなら楽しくて仕方ない。



このMV中でも中心に平手がいたけど他のメンバーにも

ちゃんとフィーチャーしてバランスよい仕上がりになっていた。



よもすれば平手しか光が当たらずに他のメンバーへの

不遇感へと転化する危険もあるけどそれを上手く排除している。



だからといって芯がないわけでもなくしっかりと欅坂の中での

平手の成長ストーリーも描き続けている印象を与えた。



グループ全体の調和を意識した描写との絶妙なパラレルの世界。。。



それを点で繋いでシリーズ化しているから多くのファンが

変な不満を感じずに箱推し的感覚で応援できるのかもしれない。



この曲もうまくプロモしていけばスマッシュヒットする可能性が高い。



それぐらい今の季節にぴったりのウィンターソングになりそうだね。



しかし前段でも言ったけどもうこういった清廉な世界観を

AKBGの中で描くのは難しいんだろうなとは思う。



それぐらいもうAKBからかつてのそういった面影を感じることは出来ない。



まさにハイテンションのような世俗的な大衆ソングとして

アプローチしていく方向に益々シフトしていくのではないか??



つまりこのグループに過度のアイドル性や清廉な世界を

どんなに期待してもそのような流れにはなってくはくれないのだろう。



それを受け入れるか?必死に抗って元に戻そうとするのか?



自分はもうそこへの拘りを捨てて単純に清廉な世界の

素晴らしさに浸れる喜びをしばらくは噛み締めたいと思う。



MV中の平手の鬼気迫るダンスシーンを眺めるたびに

この子の今後の成長を期待している自分を感じながら。。。



二人セゾン、素晴らしいです。



まだ聴いていない方は是非手に取ってみて下さい。



それでは、また。



以上



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

麻友の写真集が好評の中で多くの方々に
観てもらっているようで何よりだ。


今回の作品の意義って恐らく新たな彼女の
魅力に惹かれてファンになる人が増えること。。。


アイドルのまゆゆしか知らない人に
渡辺麻友個人をちゃんと知ってもらうこと。。。


そういう意味では刺激的な作品ではあるけど
その意欲はしっかり内容から伝わってきた。


数字に関しては色々と比較されると思うけどね。


ただこれはもう前のブログで書いたように
仕方ないことだし気にする必要もない。


大事なことは彼女個人がこの作品を通じて
生まれ変わった自分を披瀝できるか?だろう。


そんな彼女の現在地と未来。。。


正直自分は僅かな不安もあったりする。


今のままの状況が続いてAKBに在籍していても
麻友のポテンシャルを引き出すのは難しい。


そう感じてしまうのはやはり彼女以外の
色々な世界を自分も体験してしまっているから。


先日のキャバすか学園は久しぶりのセンネズで
ファン界隈は盛り上がっていて自分も嬉しかった。


でもそれは言ってしまえば身内の中のドラマで
過去の幻影を懐かしがっているだけでもある。


残念ながら今から麻友と珠理奈のドラマを
このグループで築くのは非常に難しい。


そういう風にグループを運営してきたわけで
それは正直どうにもならないし仕方ない。


心配なのは麻友がこうやってAKBへの貢献と奉仕を
暗に求められてしまう雰囲気そのものだろう。


厳しい現実を言ってしまえば彼女には
女優としてまだ外の世界での厳しい経験が少ない。


もちろん貴重な経験は沢山しているし
それが麻友の糧になっているのは間違いないけど。。。


特に彼女が目指す舞台女優の世界は果てしなく深い。


編集が利かない中でリアルな自分の演技を
観衆に披瀝してその審判を受ける過酷な世界。。。


だからこそ本番までに血の滲む稽古をして
一流の役者に揉まれながら研鑽する必要もあるだろう。


そういうことがAKBのアイドルをしながら両立できるのか?


自分もずっとこのグループを眺めてきて
その両立に苦労している子を沢山見て来た。


敦子だって優子だってそうだったよね。


だからこそ彼女達も決断をして外に飛び出していった。


最近は乃木坂のメンバーの活動も追っているから
彼女達を見ていると羨ましい環境に思える。


外仕事の大事な場面ではグループ活動を
後回しにして集中させてもらえるからだ。


今回のシングルでも大きな舞台を控える生田は
時期が重なる握手会を免除されている。


こうしてもらえれば彼女だってその期間は
舞台に集中して最高の状態に仕上げられるだろう。


これが握手会と重なりながら両立をさせるのは
物理的に可能でも質の意味で懸念も出てくる。


そういう意味ではやはり今のAKBの現状で
麻友が外仕事に集中できる環境にはなりにくい。


もっと彼女には色々な経験をして欲しいと思う。


せっかく有り余るポテンシャルを持っていても
それを鍛えたり披露できる場がなければ厳しいから。。。


この間の嫌われ松子で観た乃木坂の若月の演技も
まさにアイドルを捨てた迫真の演技だった。


どれだけこの作品に彼女が集中して松子という
人間の深遠を曝け出した女性になりきったか?


彼女は乃木坂の人気メンバーと言っても
知名度で言えば麻友には比べようもない。


でもそんな事は実際には舞台の経験という視点では
余り関係ないし経験値はどんどんと蓄積されていく。


こういう外の厳しい世界で揉まれていく内に
知らず知らずに能力が上がっていくものだから。


キャバすか学園に麻友が出演している様を
眺めながらも色々と考えてしまう自分がいた。


ファンが余計な心配をする必要もないくらい
事務所含めてちゃんとケアされてればいいけど。。。


どうにも今のAKBでは旅立ちの準備がちゃんと用意されて
功労者を送り出す体制になっていないと写るのが心配。


これから苦戦するAKBを立て直すために麻友が
都合よく人柱になることだけは避けて欲しいと思う。


もちろん来年の総選挙出馬なんて論外だろう。


いずれにしてもファンとしてはただ麻友の意思を尊重し
その未来を見守っていくしかないという感じだね。


この1年が彼女にとって是非充実したものになることを願って。


それでは、また。


以上



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

欅坂の3rd「二人セゾン」が正式に公開されましたね。



いい曲ですね、本当に。。。



最初タイトルを聴いたときにはイメージが沸かなかったですけど

実際に歌詞を含めて改めて聴くとその世界観が理解できました。



例の騒動で心配でしたが衣装も非常にお洒落でクールですし
軍服テイストと2次元的要素で洗練されたイメージです。



しかし毎回本当に欅坂はいい曲をもらいます。



感覚的なことだったものが最近は実感としてあります。



そんな楽曲ですが今回はミディアームバラードでしっとり

冬の季節に聴きいれるようなそんな曲調になっています。



最初から繰り返しのタイトル名が入り印象に残ります。



繰り返しのフレーズのヒットの法則なのかな?



自分が好きなのはBメロからサビに入る部分のメロディーと

そこに乗る歌詞の絶妙なコラボレーションですかね。



今回のテーマはタイトルのセゾンにあるように「季節」です。



季節って本当に不思議な存在ですよね。



毎年のように春夏秋冬が繰り返されていくそんな中でも

その季節ごとに人々の様々な人生やドラマが展開されていく。



まさに季節というデコレーションがアクセントになる。



淡い恋心と青春時代の哀愁が蘇ってるくるような心地よさ。。。



もちろん等身大の若者世代にもリアルな世界として

この楽曲が強烈な共感と共に入ってくるのではないでしょうか?



落ちサビのところの桜に関する表現もいいですよね。



枯れ行く桜の木々にも満開の桜を想像できるか?と問いかけ

明るい未来を想起することの意義を聴者に抱かせる。。。



物悲しい冬から新たな旅立ちの春に向けたメッセージと

それを人々の出会いや別れとリンクさせることにシナジー。



春夏で恋をして秋冬で別れていくその一瞬の刹那に

精一杯青春時代をかけ抜けていく男女の恋模様。。。



この季節というワードから色々な創造を掻きたたせてくれます。



以前ブログでも48Gと46Gの対比を映画に例えていました。



48Gは豪華絢爛で刺激的なハリウッドで46Gは精緻で叙情的なフランス映画。。。



今回の「二人セゾン」もまさにフランス映画のような抒情詩でしたね。



セゾンもフランス語ですし。



さあ、改めて欅坂の新曲が始動して活気を帯びてきました。



この曲もかなりいい感じで一般にお披露目されそうです。


乃木坂の「サヨナラの意味」も大躍進してひとつの壁を越え

新たな境地に踏み込んでいくそんな端境期に入ります。



乃木坂と欅坂というシリーズ化して独立したグループが

それぞれの世界観を確立して独自の魅力を伝えていく。。。



そんな中でファンもこの両方を楽しめる環境が整ってきました。



まだまだ坂道シリーズの躍進はこれからですね。



それでは、また。



以上



二人セゾン (Type-A CD+DVD) [ 欅坂46 ]
¥1,419
楽天


二人セゾン (Type-B CD+DVD) [ 欅坂46 ]
¥1,419
楽天


二人セゾン (Type-C CD+DVD) [ 欅坂46 ]
¥1,419
楽天



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。