あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

鮎釣りビギナーですが、トーナメントをめざします
皆さん、応援してくださいね


テーマ:
 いつも、ぽちっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  こんなでっかい鮎、初めて釣りましたヽ(゚◇゚ )ノ 

 

 

 今でこそ、あゆっぺ杯の出来事を笑って振り返れるけど

 この1週間前は、上州屋カップで撃沈した私だった


 大会では、失敗ばかりやらかしちゃうし

 残念な結果しかブログで報告できない自分自信が情けなくて

 こう見えても、少しばかり凹んでいたのでした (*v.v)。

 

 でも、IMTAな私ヾ( ´ー`)

 

 凹んでても前に進まないって思い

 皆さんから頂いた貴重な意見やアドバイス、

 大会で学んだ事、発見した事をすぐ試したくて

 あゆっぺ杯の庄川遠征までの1週間の間に

 なんと、3河川も行ってしまってました


 川から帰ってきたら、疲れちゃって

 なかなか、更新できませんでしたが、

 順を追って、おさらいしたいと思います 


 …

 

 まずは、大会2日後の火曜。


 もともと、この日は、

 去年ブログで知り合った、長野のギョンさんが

 友達を連れて益田に遠征に来るって事を

 前々から、聞いていたので

 都合が合えば、合流しようと思っていた


 そして、都合が合ってしまったため(笑)

 レディース大会&上州屋カップでも一緒だった、セシリアさんを誘い

 現地へ向かう事にしたのでした。

 
 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 

 喫茶店?で日釣り券を買う(笑)


 「君たち2人分のオトリは、釣っておいてあげるよ」

 

 来る前、確かそんな言葉を聞いたような気がしたので(笑)

  オトリは買わずに、川へ向かう(汗)

 

 ギョンさんは、すでに2時間前に川に入ってる

 充分なオトリを確保してくれてるに違いない(爆)

 

 川で、ギョンさんと再会する。

 

 「どんなかんじ?」

 

 長野の4人組もそうだけど

 遠くの方で竿を出している、釣り人に聞いてみても

 イマイチ、釣れてなかったみたい。あせる


 曳き舟を渡した時、

 「あゆっぺ、すまん!」と、顔が言っていた感じがしたけど

 その理由は、後になって気付いた叫び

   
あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 比較的、緩やかな流れ。

 でも、起伏は激しい感じがした。


 数歩あるくと、腰まで浸かったり

 ちょっと下がると、膝までになったり

 そんな感じの川相。


 どこがいいかなぁ…


 あまり釣れてないって聞いたから

 皆から少し離れた場所で、竿を出す事にする。

  

 益田川って、石がヌルヌルして歩きにくいって聞いた事あったけど

 確かに、何度も転んでしまった(いつもの事??)

 

 そして、前のめりに転び、

 大きな石を見て気付く。

 

 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり


 およよ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


 益田のアユって、でっかいって聞いていたけど

 ハミアトも、なんか、むっちゃでっかい気がするぞ!!目


 今まで、ハミアトなんて、意識した事なかったけど

 最近は、何気にチェックするようになった音譜


 ゆったりした流れの中に、ゆっくり入ってゆく。


あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 鮎がキラキラしだした 音譜

 

 よ~し、今から入れ掛かりやね! o(〃^▽^〃)o


 そう思って、舟からオトリを出す


 目 目 目


 あれれ?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 養殖さん、1匹しかいない?? ( ̄□ ̄;)


 も、もしかして、1匹、逃がしちゃった???


 いやいや、そんな事はない (・_・ 三・_・)



 あ ひらめき電球

 

 「あゆっぺ、すまん (。-人-。)」の顔は、そう言う事だったのか…


 

 …だ、大丈夫かな。(・・。)ゞ

 1匹だけって、やった事ないし…

 

 いかんいかん (・_・ 三・_・)

 こんな弱気では!!


 頂けるだけでも、ありがたく思わなくっちゃ!(`・ω・´)ゞ


 私が釣って、皆さんにお返しするくらいの気持ちで頑張ろう!!!

 

 

 そう思い直し、オトリを送る


 トロンと淀んだ流れの中に、2つくらい筋があって、

 川の色が変わっているとこがある。


 そこの中に、オトリが、す~っと入って行っってくれた

 そして、じわじわ上がっていった。


 風が強かったので、竿を両手で支える

 

 オトリが元気なので、

 糸もちょうどいい感じに、たるんだ感じになって

 意識したわけでもないけど、

 上飛ばしな感じ?になった気がした (やっぱり気のせい?)

 

あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 

 あ、この感じ、掛かるぞ


 そういう動きって、なんとなくわかるよねっ ひらめき電球


 思った瞬間、やっぱり、糸がグンと落ちる ビックリマーク

 

 竿もグンと下がる ビックリマークビックリマーク


 お?待望の1匹目ですかぁ???? \(゜□゜)/


 ここで、数分間、綱引きが始まるDASH! ゛(`ヘ´#)

 

 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり


 

 …


 …    …   ( ̄ー ̄)


 あのぉ…

 ビクともしないんですけどあせる

 

 根掛かりでもあるまいし。


 風もそうだけど

 なんか、むっちゃ重くないでっか?(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 川の流れが強くないので、

 のされる心配はないけど

 なかなか、こっちに寄せられない ヽ(;´ω`)ノ


 うううううう ヽ( )`ε´( )ノ

 どうにかこうにか、踏ん張り

 やっとこさ、手前まで寄せる事ができた。

 

 ここで、急に鮎に近づくと

 2番あたりを、また、折ってしまうので 叫び

 慎重に寄せて、取りこむ


 ふ~ (^^ゞ


 早いうちに掛かって良かった~ DASH!

 

 タモに入った鮎を見てみる


 ぎょぎょぎょ (-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 なんか、むっちゃでかくないでっか??Σ(゚д゚;)


 こんなん、オトリになるのでっか??? (@ ̄Д ̄@;)



 今まで、こんな鮎は、

 他の方のブログの中しか、見た事がなかったので

 かなり、ビビってしまった。( ̄Д ̄;;


 片手でサカバリが打てないくらい、でっかいし あせる


 

 上州屋カップの経験のおかげで

 仕掛けとハリを、自分なりに工夫したので、

 切れなかったのはいいけど


 こんなんで、またでっかいの来たら、

 どんぶりしないかなぁ ((゚m゚;)

 

 掛かるの、嬉しいようで怖いんですけどぉ… ( ̄_ ̄ i)


 

 恐る恐る、オトリを送る。


 

 むむ??  ( ̄ー ̄;

 

 今釣ったばかりの鮎なのに

 あんまり、ひょいひょい泳いでくれないぞっ(汗)


 潜水艦のように、どーんと潜ってくれるのはいいけど

 こんなんで掛かるんかいな… あせる


 

 今までこんな大きなオトリを使った事がなかったので

 竿操作が難しくて

 おまけに、元気いっぱいに泳ぐって感じでもないので

 なんか、どうやったらいいか全然分からなかったけど

 

 また、さっきの流れに入って行ってくれたので、

 糸を風に任せる感じで、立て竿にし、

 その状態をキープした


 下手に竿操作できないのが、かえって良かったみたい(・・。)ゞ

 

 また、上飛ばしな感じになったっぽい (やっぱり気のせい??)



 

 すると、来ました。

 

 2匹目げっと グッド!


 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり


 またもや、ビックサイズ!ヽ((◎д◎ ))ゝ


 掛かりどころが悪かったけど

 なんとか、元気です あせる


 こんな感じで、短時間で

 5匹もでっかいの、釣っちゃいました 合格

 

 バラシは2回。

 

 のされて、身切れした感じでした

 でも、ドンブリはなかったです (*^.^*)

 

 なんか、まだまだ掛かりそうな感じだぞ~ 


 楽しくなって来たところへ

 遠くにいる、長野組から電話が…

 

 なんか、皆、思うように釣果が伸びないらしい


 なんと、この時点で、私が竿頭みたい (//・_・//)


 場所移動すると言う事なので

 転ばないように、皆のもとへ戻る


あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり
 

 後半は、地元の先輩鮎師さんから教えてもらったポイントへ行った


 朝霧橋ってとこの、上下


 ここって、定番の場所なのかな?


 着いた時には、それなりに人もいた。

 釣れそうな予感がぷんぷん 合格

 

 アタリを見渡し、橋より上流を目指す。


 前半、まだボウズと言ってたセシリアさんも

 一緒に上流を目指す。


 どうか、2人して入れ掛かりますように…(。-人-。)

 

 そして帰る頃は、「楽しかったね~」って笑ってますように…。(。-人-。)


 …

 

 橋の上は、3つくらい川が分かれていて

 一番大きな真ん中の本流は、いかにもって感じだったので

 最初は、一番手前のチャラチャラを狙ってみた


 すると、一発!

 また、黄色いのが掛かる!うお座

 

 やっぱり、サイズは大きい。


 でも、さっきより、流れのある場所のせいなのか

 それほど、ボテっとした鮎ではなかった。


 チャラチャラなとこで、2回ほどバラし

 根掛かりもしてしまったあせる

 

 幸い、糸も切らずに済んだし、オトリも救出できたけど

 自分で場所を荒らしてしまったので

 本流へ行ってみる事にした


 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり


 「こんな瀬では、釣った事ない!」って言ってたセシリアさん。

 真剣そのものです。

 構え方も、様になってますよ (σ・∀・)σ


 橋の下で入れ掛かったギョンさんの、個人レッスンを受け…


 竿がグニャーと曲り…

 

 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 

 皆の視線が集中する中、

 お見事、取り込み成功!クラッカー


 こんな笑顔みると、こっちまで嬉しくなってしまう (=⌒▽⌒=)


 

 私は、橋の真下

 瀬オチを狙った


 2匹バラしたけど、4匹取りこめた 音譜


 

 帰る時間になり、竿を仕舞う。


 あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

 

 ギョンさんと私、セシリアさんの、3人分のアユを、タモに入れる。


 遠くから来たセシリアさんと、長野の方へ

 鮎をお分けする事ができた。


 

 私のこの日の釣果は、10匹あせる


 バラシは多かったけど、

 あんな大きな鮎で、一度も切れなかったのは、

 自分としては、貴重な経験になった


 

 上州屋カップの時の、皆さんのアドバイスのおかげです

 ありがとうございます m(_ _ )m


 

 釣果はたいした事ないけど

 1匹1匹、大鮎との綱引きを楽しめたので、大満足の1日となった


 次の日、筋肉痛になったのは

 言うまでもない(爆)


 なんと、この次の日も、セシリアさんと

 朝から神通に向かったのでした。

    

    神通川釣行記へ続く…

   

   

    *この日の模様は、ギョンさん  の記事でもアップされています

    私達の写真は、ギョンさんに撮って頂きました (*^.^*)

 


    


    


 




いいね!した人  |  コメント(20)
PR

[PR]気になるキーワード