あゆっぺの友釣り奮闘記 ~鮎と戯れて

色んな川でたくさんの鮎と戯れ、友釣りの楽しさを発信できたらなと思います


テーマ:

 

 

いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ

 

↓      ↓       ↓

 

 日本ブログ村 鮎釣りブログへ

 

 

 

 

 

 

球磨川大鮎にむけて
そろそろ仕掛けを準備しようとしていたところへ


ブログを読んでいた先輩鮎師さんが
わざわざ新しく買わなくてもいいように、
仕掛けセットを送ってくれた (/TДT)/

 

 

 

 

封筒でちょこっと入ってるかと思いきや

小包で来ちゃった。

 

何が入ってるん??? 目 目 目

 

 

 

 

 

九州用の仕掛けセット一式。 ラブラブ

 

出来合い仕掛けや、使っているハリや

九頭竜で練習すると行っていたんで

九頭竜用の仕掛けまで入ってる (ノ゚ο゚)ノ

 

なんか、心の中がジーンとしちゃった   (*v.v)。

 

 

 

 

ハナカンまわりも、こんなに・・・・ ゚・(ノД`)・゚・。

 

こんなけあれば、充分でしょう ( ̄ー☆

 

 

 

 

ハリは、これで巻きなさいという事だったんで

時間ある時に巻こう!

 

見よう見まねで、張り切って大鮎用仕掛けを作った。

 

 

 

 

 

天上糸の下に、オレンジの糸が接続してあったので

同じようにやってみる。音譜

 

これは、シンカーバージョン用かな??

 

 

 

この仕掛けを持って
九頭竜で練習しようと
朝、4時に家を出た。

 

この前に行ったポイントは、ドロかぶりで
ハミあともなく
午前中、ウンともすんとも言わなくて

2時間歩き回って、ボーズ叫び

 

このままでは、1日やってポーズかもと思えたので
くるくる移動して、

 

まったく初めてのポイントに入った。

 

橋の上から見たら、

そこだけ、一箇所の鮎が溜まっていたのだ!

 

そんで、川原に降りてみると

石にハミあとがあったのだ ビックリマーク

 

 

 

 

すると、開始10分 音譜
 

さっきまでのは、なんだったの?ってくらい
いきなり、いいサイズの鮎が掛かってくれた (*^_^*)

 

 

 

 

 

まだ、綺麗な鮎が掛かってくれた!!音譜

 

よし、これから入れ掛かり???

 

そんな時、大鮎大会中止の知らせを受けた(ノ_<)
 

なんとなく覚悟はしていたけど、

台風直撃だし、しょうがないかな。

 

ちょっとショックだったけど
せっかくなんで、楽しもうと思った
( ̄ー☆

 

 

 

 

こんな、トロンとしたところで、

いきなり掛かってくる!

 

 

鮎はまだまだ綺麗で、

まだ若い鮎もいたし
いずれも、サイズが23センチ以上で
ポツポツ釣れだして

 

ひょっとして、これから本当に入れ掛かり?( ´艸`) と


期待に胸が膨らんだ。 音譜

 

 

 

 

体高あって、やる気満々の立派な鮎さんですな! ≧(´▽`)≦

 

 

しかし・・・・

 

時期的に、一箇所で粘っても、そう続かないので

気になっていたところまで、とことこ歩く。

 

 

 

 

 

超~川幅狭くて

7メートルでも長いくらいのとこ

 

きっと、竿抜けやろって思ったら

ドンピシャだった!! 音譜

 

 

 

縦竿で、軽くカミトバシ気味に囮を泳がせてると

ギュギュギュギュンと、竿をひったくられた。 ((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

 

おっとっと!!  

 

むむむむ!!!!!!(゙ `-´)/

 

 

下の方に、ちょっとしたプールがあったので

そこに落ちるようにして

落ち着いて、寄せてみる。

 

 

 

 

この日の一番鮎!!

 

尾ビレが長くて、お尻もキュッとあがって

顔も精悍で

まぁ~かっこいい鮎さんだこと (*゚ー゚*)

 

それに、チャラチャラだったんで、走られまくって

よく引いた事(笑)

 

曳舟に貼ってる、メジャーで

動いてる鮎をちょこっと測ってみたけど

28センチはあった!! ヽ(゜▽゜)ノ

 

普段なら、この鮎を囮にしないのだけど

前回の復習も兼ねてるし

この鮎を囮にしたら、

更なる大物が釣れるんちゃう?って期待が膨らみ

バタバタ暴れる鮎に、ハナカンを通し

サカバり打って、慎重に川へ・・・・

 

 

でも、この日イチの鮎をオトリにし

同じようなくぼみに入った時、ギュギュんと掛かって


この日一番凄いヒキだ! \(*`∧´)/

きっと大物だ!( ̄へ  ̄ 凸  と覚悟して

 

ワクワクと、怖さと、期待と

なんか、わからんような気持ちになって

慌てすぎたのか


竿を早く立て過ぎてのが悪かったのか、

穂先が一気にふわっと軽くなって

竿を持ち上げたら、仕掛けがなくて???

 

 

あれ?目印どこ?? ( ̄□ ̄;)

私は誰?ここはどこ? (-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

 

なんか、真っ白になって

 


急いで、竿を確認すると

なんと、穂先が折れていて・・・・強制終了(T . T) 

 

 

 

 

まさかソリッド?って、思うかもしれませんが

 

この時期、私は珍しいかもしれませんが

FTフォースに、ソリッド穂先で今までやって来ました。 (^_^)

 

なんか、これに慣れちゃうと、これがしっくりきて。

 

仕掛けも、年中、フロロ0.3だし。

この仕掛けとこのバランスが、

自分に合ってると 勝手に思ってやってきて

多分?合って来たように思う。

 

今まで九頭竜でも、この竿で、このバランスで

どうって事なかった。

坂東島や、北島でも大丈夫だった。

 

ここより、はるかに強い流れのポイントだったのになぁ

 

まぁ、掛かるサイズが、今まで最高でも26くらいだったけどあせる

 

 

この日、こんな、チャラチャラだし

こんな大きな鮎が掛かるって思ってなくて

ちょっと、竿操作も雑というか、

鮎の大きさに対して、この穂先って事を頭に入れてなくて

慎重になってなくて・・・・ 

 

 

 

チューブラの替え穂も持ってくるの忘れちゃって

まだ、日も高いのに帰る事になるなんて

反省しまくり (ノ◇≦。)

 

いいペースだったし
まだまだ釣れそうな感じだったんで
もっとやっていたかったなぁ〜 (T . T)

 

穂先も折れて
心も折れそうだけど
今日イチは、28センチくらいあったから

、良しとするか(笑)

 

仕掛け送ってくれた先輩、

本当にありがとうございましたm(_ _)m
 

おかげで、大きなの鮎に出会えました!

 

 

九州遠征はなくなったけど

終盤、まだまだ大鮎に出会えるかもしれませんから
大事に使わせていただきますね!

 

 

 

 

虫対策万全にしたから、ヌカカ攻撃にも会いませんでした(笑)

 

 

 

 

 

 

その他のアツイ記事

入れ掛かり情報の数々、

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:


いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ

 

↓      ↓       ↓

 

 日本ブログ村 鮎釣りブログ

 

 

 

 

九頭竜の大鮎との釣行の興奮さめやらぬまま

 

台風が来る前に、板取へ行っておきたくて

プチ釣行を決行。 ラブラブ

 

板取上流までは、1時間ちょいで行けてしまうんで

時間短縮のため、家でタイツも履いておく

 

どこも渇水だというんで

比較的上流の、水量の多いポイントへ向かった。

 

 

 

 

さすがに、平日。

向こうの方で、水遊びをしてる人が数人いるだけで

鮎師さんは、誰もいない(*´艸`*)

 

てか、このポイントで

あまり人に会った事がないな。

 

天気が既に怪しいけど、大丈夫かいなあせる

 

 

 

 

 

シーンと静まり返った、板取川

バシャバシャしたら、鮎が逃げそうなくらい静まり返ってる。 目 目 目

 

私の心臓の音と

遠くで、ひぐらしの音だけが聞こえてくる

 

なんて贅沢なんだろう。 (*゚ー゚*)

 

 

1匹目は、いつもこの淵から狙う。

 

そーっと、囮を手のひらから放す

 

 

 

静かに泳がすこと、数分。

 

一番、下の目印が

水面を行ったり来たりしていたのに

 

一瞬にして、全部の目印が奥まで潜った音譜

 

 

 

 

むっちゃ綺麗。 ラブラブ

 

大鮎をあんなにたくさん見たばかりなんで

これくらいのサイズの鮎が、可愛く見える(笑)

 

この淵で、なんと4連発続いて

ちょっと、嬉しくなってしまった

 

 

でも、嬉しいのは束の間

案の定ぴたっと、止まってしまった。 (あるあるですなあせる

 

 

 

 

ちょっと、攻めてみますか。

 

ここは、普段だとなかなか、水量が多くて

オモリつけないと、沈まないようなとこだけど

この日は、ちょうどいいくらいだった。

 

 

なんか、ゾクゾクする。 ( ̄ー☆

 

この掛かるかもしれないなんとも言えない時間

いったい、何に例えられるんだ??

 

日本語のどんな表現で表せらると言うの???

 

 

 

囮がグンと軽くなって

向こうの濃い色まで泳いで行った ( ̄ー☆

 

来るかも!!

 

その予感は的中した。 ビックリマーク

 

 

結構、走りまますな!

FTフォースが勢いよくしなるビックリマーク

 

むちゃくちゃ引いたんで

もっと大きいと思ったけど

23センチくらいかな?

 

でも、まあ尾っぽが、立派な事!!!

さて、ここから入れ掛かり???≧(´▽`)≦

 

いつも、気持ちだけ先走るんだけど

そんなに甘くないですな あせる

 

なんと、2時間、ぴたっと止まってしまった。 (  ̄っ ̄)

 

 

はー DASH!

 

水がキラキラして綺麗。 (〃∇〃)

 

釣れない時間が長くても

なんか、やっぱり癒されるな。

 

 

よし、ちょっと移動してみよう!! (・∀・)

 

 

 

上流まで歩き、こんなとこでやってみる。

 

川遊びのカップルさんに

不思議な感じで、ガン見されながらの釣り ( ̄▽ ̄)

 

カガミから落ちたとこで、縦竿で泳がすと2連チャン。 音譜

 

カップルさんから、拍手いただくも

でも、それっきり音沙汰なし。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

時間がないんで、場所移動。

 

 

 

 

お気にいりポイントへ来ちゃった音譜

 

いつもはそれなりに人がいるんだけど

台風前とあって、鮎師さんは一人しかいなかった。 グッド!

 

 

夕方から仕事があるんで、出来て2時間かぁ。

 

 

ここは、石に泥がかぶってるとこが多かったんで

歩くのに、難儀した。

 

何度も転びそうになりながら

やっとこさ、足場の安定する場所で竿出すも

 

天気が怪しく、

さっきまで見かけた鮎師さんもいなくなっちゃった。

 

ちと、心細くなってきたんで

1匹だけ釣れたら、帰ろうか。

 

 

 

そう思ったら、

案外、簡単にその1匹が掛かってしまって

鮎師のサガなのか

さっき、自分で決めルールを撤回し

 

もう1匹釣れたら帰るか、に変更 あせる

 

 

でも、これがいかんかった。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

この元気な鮎で

その2匹目が、すぐ掛かったのはいいんだけど

取り込みするのに、ちょこっと石の上を歩いてしまい

 

 

スッテンコロリンY(>_<、)Y

 

なんと、石に滑って

尻餅ついて

頭も強打  ドンッ

 

イナバウワーの様にふんぞり返って頭を、コンって打って

大きな星が見えた気がする。 (ノ◇≦。)

 

帽子は流れそうになり  (ノ゚ο゚)ノ

どうにか拾ったら、また転んで 

全身、びしょびしょに濡れて ((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

竿はどうにか持っていたので

囮を回収しようとしたら、

掛かり鮎もバレずに一緒に回収できた。

 

 

 

2匹回収できたんだけど

 

 

尻餅ついたせいで、タモが風船みたいに曲がってしまった ( ̄□ ̄;)

 

曲がってしまったタモみて

なんだか、情けなくて泣きそうになった (ノ_<)

 

 

誰もいない川で 

打ちどころ悪かったら

一歩間違ったら、次の日、鮎師さんが来るまで

発見されないパターンだったかもって思うと、ちょっと怖くなって・・・・。

 

極度の怖がりのくせに

シーズンのほとんどを、単独釣行にしてる私。

 

人がいない時は、川原で釣るか

絶対、遠くに誰かいるようなとこで釣りをするようにしていたのだけど

 

あと1匹釣れたら・・・・とか

そんな、考えで

普段決めてるルールを破ってしまって

帰り道は、思い切り反省しっぱなしだった (ノ_<)

 

 

その日、仕事に影響はなかったけど

次の日は、体中痛くて

頭もなんとなく痛いし

転ぶ時、全身に力が入ったせいか

ムチウチみたいな感じで、首が痛くなって・・・・。

 

足や、お尻にアザが出来て

尾てい骨は、未だに痛かったりするし

何やってんだか・・・・ (ノ_<)

 

釣りは帰るまでは釣りって言うし

怪我したり、誰かに心配や迷惑をかけたら

せっかくの釣行もパーになってしまうんで

 

残りのシーズン、気をつけて

気を引き締めて釣行しようと、本当に反省した釣行となった。

 

 

 

 

皆さんも残りのシーズン、気をつけてくださいね。

 

 

 

 

その他のアツイ記事

入れ掛かり情報の数々、

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 

 ↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ


 


 


 

九州行きを決めたのは

今から2ヶ月ほど前。


 

トヨタカップの岩手行きを決めた頃


 

ブログの先輩である又左さんに


 

9月19日に球磨川で大鮎チャリティーを予定してます。(・∀・)

くまもんもゲストに来るかもです。

あゆっぺもどうですか?(^-^)/


 

と、いう、メッセージを頂き


 


普通なら


 

ありがとうございます。

ちょっと遠すぎなのと、球磨川は私には…

機会があれば…って返事を返すのだけど


 

あの時の私は、なんか変だった(笑)


 


くまもんに会いたい!( ´艸`)

こういう機会でないと、九州にも行けないので

参加させていただきます! m(_ _ )m


 

と、返事してしまったのだった ≧(´▽`)≦


 


 

九州復興割りというのがあって

調べてみたら、むちゃくちゃ安かったのだ。ヾ(@°▽°@)ノ


 

名古屋~熊本までの往復チケットと+3泊4日の宿泊費で


 

なんと、35000円 音譜   


普段の70%引きで行けちゃうと言うのだ!


 楽天のポイント使ったら、3万円ちょいで行けちゃう!!!


 


 

連休が入るんで、一応、押さえとくだけ押さえておく!!


 

ポチ 三 (/ ^^)/


 


 

この時期、台風とか心配なんで

万が一、中止とかなったら

観光とかしたら、ええか。(・∀・)


 

それくらいの軽い気持ちで、参加表明したのだった。


 

その大会とは


 






はじめて、大会の話を聞いた時も

チャリティーって事は聞いていたのだけど

改めて、大会要項を読んでみた。




釣り人としての支援の仕方を考え、
熊本内水面漁協へ熊本で大会を開催することで
入漁料収益を応援、全国に名だたる球磨川の大鮎をアピールし、
大アユ釣り大会を催す事で、

熊本県の魅力と地域の活性を図り、

熊本復興に役立たれるようチャリティ大会の収益金の中から

保険料おとり代、大会経費を差し引いた全金額を

義援金として熊本県へ寄付致します。



 

趣旨が素晴いいですね!!

 

私も微力ながら、なにかできる事があったらいいな。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 


九州行きも決まり

大会日時が近づくにつれ

仕掛けと竿をどうするか

そればかりを、考えるようになった(^_^;)


 

一応、先日、練習で九頭竜に行った来たけど

球磨川って、異次元っだよ って、皆、口を揃えて言う。叫び


 


 

一応、川辺川も大会エリアなんで


 

私は、川辺川のヘチで

皆さんの邪魔にならないように、大人しく泳がせます と言ったけど


 

ヘチでも27センチクラスが、普通に掛かるで~って言われ


 


 

仕掛けも


 

0.6通しでいいでしょうか?って、地元の鮎師さんに聞くと



泳がせで、トロ釣るだけなら、多分大丈夫でしょうが

少し流れのあるとこに入られれば、苦戦するかと(^_^;)

0.8~1.0通しだと、安心です。

ハナカン糸は、3~1.5号ナイロンです。

10号針巻かないと、いけませんよ~



( ̄□ ̄;) 



シンカーバージョン、見ました

強そうな竿ですね!十分だと思いますよ。

やっぱり、球磨川に来たら、瀬で綱引きを楽しみましょう(笑) 




((((((ノ゚⊿゚)ノ




もうこの会話の段階で、異次元ですな 叫び 叫び


 


家にある、タメの効く竿と言えば、FTフォース


そして、なぜかシモツケのシンカーバージョン!!!


 




 


今でこそ、竿を折らなくなったけど


 

2010年に鮎釣りはじめて

2011年から単独釣行を始めた私は

もう、むちゃくちゃな釣りをしていた(/ω\)


 

根掛かりを取りに行くのも

竿を高く上げずにそのまま取りにいって、ポキ (ノ゚ο゚)ノ


 

試合の下見に大会前日に、穂先をポキ  (>_<)


 

試合中にも穂先をポキ \(゜□゜)/


 

九頭竜でも、上州屋カップで強風の中、FTフォースをポキ Y(>_<、)Y


1年に一回は竿を折っていた (/ω\)


 

3年ほど前、

九頭竜によく通っていた私に

ブログの先輩である鮎原人さんが、

お嫁に出す?と言って、

シンカーバージョンを譲ってくださったのだ (。-人-。)


 


 

そう言えば、鮎原人さんの前でも折ったし(/ω\)


 

この竿なら、あゆっぺでも、まあ折れる事はないって言われあせる

いつか来るであろう、その時のために大事にしまっていた竿。


 


 

あの頃は、

九頭竜で1回使ってみて、硬すぎてよくわからなくてあせる

川には持っていったけど

結局、使わなくて…(というより、よう使えなかったあせる


 


 

去年もおととしも

九頭竜は1,2度しか行ってなかったので

すっかり出番がなくなっていたのだけど


 

ここに来て、やっと日の目を浴びる日が来たのだ!!!( ̄ー☆




でもでも。


 

シンカーバージョンとFTでは

まったく感じが違うし

それぞれ、仕掛けを作らないといけないかなぁ。


 


 うーん。( ̄* ̄ )


取り込みは、寄せるしかできないし


今まで、年中フロロ使いの私。あせる


複合とかは、この5年で5回も使ったことがない。Oo。。( ̄¬ ̄*)



オモリも何号持ったいったらいいか、さっぱりわからん ┐( ̄ヘ ̄)┌



大鮎ハンターの皆様 

迷える子羊?に、アドバイスを (/TДT)/


 

あ、大鮎チャリティー大会ですが


釣りビジョンさんにも

全面協力して頂いてるみたいですヾ(@°▽°@)ノ


 ↓      ↓      ↓


http://www.fishing-v.jp/event/?i=726




大会申し込み締め切りは9/12までです。


興味ある方は、一度、お問い合わせしてみてくださいね。

 

 ↓        ↓         ↓

http://www.fishing-v.jp/event/?i=726




あと、2週間もないので

あと1、2回、九頭竜か、付知か白川あたりで

取り込みの練習と

シンカーバージョンの感触に慣れておこうかと思ってます(*゚ー゚*)


 

3泊も滞在するんで

熊本の別の河川か、鹿児島まで遠征するかも( ´艸`) 





たった一人やし、どうなる事やら…


 

でも、今からむっちゃ楽しみです ヾ(@°▽°@)ノ


 

すでに、エントリーされている方は

現地でよろしくお願いしますね m(_ _ )m

 

 

 

 

その他のアツイ記事

入れ掛かり情報の数々、

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村













 


AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:



 

いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ







郡上で撃沈した数日後


シフトを変更して欲しいと、職場の人から連絡があったので

急に、平日がポカンと空いてしまった。



こういう時は、気軽にいける板取か中央に行くことが多いが

なんとなく、遠出したくて


2河川で迷ったあげく

私一人でも比較的安全な、九頭竜のあるポイントへ向かった。



九頭竜と言えば、ドドーンの中で

立ち込んで釣りするイメージが多いけど


3年ほど前に、何度か九頭竜へ出向いた時に

女性でも川原で安全に釣れるポイントをいくつか発掘できたので

かなり楽しんだ事があった。



あれから、あそこには行ってなかったけど

ここ最近、九頭竜で大きな鮎が釣れてるって聞いたので

練習?がてら、ちょっくら行ってこようって気になった。



練習というのは


実は、9月19日に、球磨川大鮎チャリティーに参加するのだ( ̄▽+ ̄*)



この事については、また、別記事に書こうと思う。





大鮎仕掛けをポケットに詰め込んで

朝、4時半に家を出た。







暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいい。



ちょっぴり、秋の気配ただよう中、

鼻歌混じりに、ハンドルを握る手もだんだん、力が入ってくる。



自宅から約2時間で九頭竜へ到着音譜









全体的には泥もかぶっていたけど


ところどころ、こんなハミアトの岩があったりして

一気にテンションが高まる。音譜







数日、雨が降っていないので、渇水気味


私にはちょうどいい水量で

一番、深くて膝上くらいかな。



最初の1匹を掛けるのに、1時間もかかったあせる





しかも、貴重な1匹目はかなり大きくて


手じりそんなに長くないのに、魚があがって来なくて

自分と鮎が、なかなか近づかない(笑)



やっとこさ、慎重にタモに入れてみると






ギョギョっ!!!



いったい、何センチあるの???ヽ(゚◇゚ )ノ




私、手が小さいですか?ってよく聞かれるが

手は男の人顔負けなくらい、大きいあせる


親指から小指まで、ピンとすると、23センチもある(/ω\)



そんな私の手で、ヒレから測っても

23センチは余裕で超えていたので

親にするのが怖くて、使わずに舟にあせる



なんと、こんな事が3回も続き

さすがに、養殖弱ってきたので

大きな鮎を、怖がらずに使おうと決心 あせる








流れ的には、こんな何ともないようなゆるいタナ


川原からでも余裕で

曳舟をおいての釣りスタイルなんだけど



親が大きいので

掛かった時に下竿になったら

ドンブリしちゃうと思ったんで


なるべく囮を、自分より正面か

もしくはカミに。




途中、ものすごいアタリで

何回もハリス切れしちゃったあせる



バラシはしょうがないと思ったのだけど

8.5の一角、ハリス2号で切れちゃうんて、どんなん???



掛かるのに

舟に鮎が増えていかない焦りから

大鮎の先輩とかにラインした



サカバリ、深く刺しすぎなんじゃ??


皮が硬いから、引っ張り合いっこして切れてるかも!


斜めに打ってみ!


取り込みは、抜いたらダメ

カミに竿を寝かせるように倒して、鮎が近づいて来るまで待つ!


ミチイトつまんで!!!




そう言えば

こんなやりとり、何年か前もやったっけ。(・・。)ゞ



あの時も教えてもらって

やっとこさ、どうにか26センチを釣り上げたのだった。



3年たって、すっかり忘れちゃって

竿をすぐに立てちゃってた(^_^;)



去年、ニジマス釣った時

竿を寝かせて、寄せてタモに入れたやろ!

その感覚でやってみ(・∀・)



そうかヽ(゚◇゚ )ノ


あの時  ( 純湖産鮎と、ヒレピンの思い出  )



バシャバシャ跳ねるニジマスを、

鮎の仕掛けで、2匹も取り込んだんだった( ´艸`)







タナでカミ飛ばしきみに、囮を泳がせてると

同じとこで、ギュギュっと掛かる。



今度はバラさへんで!!!!(゙ `-´)/




竿尻をぐっと、前に押して

竿の穂先を、頭の上でくるっと回すように後ろに倒す


舞のような動作ですな (そんなええもん違う??)



いい感じに、2匹がカミに走ってくれた!!(ノ゚ο゚)ノ



むむ!!

ここから勝負や!!!( ̄へ  ̄ 凸



自分に近づいて来るまで、待ったらいいんやね!!!



そう思って、一箇所でぐっとこらえ

2メーターくらいまで寄って来たのに

あまりに重いので、親鮎の顔すら上がってこない



あれよあれよで、下竿に。(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)



おっとっと!!!!

ちょ、ちょっと待っておくんなまし!\(゜□゜)/




下に置いてある曳舟の上下を

何度往復した事だろうかあせる


プールになってるようなとこで

とどまってくれるのを待って

やっとこさ、ミチイトを掴む。


タモに入れる前に、ポチャン( ̄▽+ ̄*)



もおおおおおお!!!!!ヽ(`Д´)ノ



なんど、叫んだ事だろう



こんな事を繰り返しながらも


午前中、どうにか10匹ゲットあせる



ツぬけしてないのに、

サイズでかすぎて、舟がパンパンになって

囮缶に鮎を移すという、初めての体験をした。







午後からも、同じとこでしか掛からないので

ほぼ動かずの釣り


私の雄叫びだけが、こだまする。



平日で良かったあせる



貸切で良かったあせる




23センチくらいの鮎が釣れても

小さく感じるくらい、感覚がおかしくなって


25センチクラスでも、

親にするのが段々、慣れてきた(笑)



大きな鮎を囮にすると

当たり前かもしれないけど、サイズアップするという事も

経験の中で知るという、貴重な時間が過ぎていく。




そして、今日イチラブラブ




ヒレがでっかい!!!

背中もポコっとして、迫力満点!!!



よく走る鮎

負けじと、私も踏ん張る。



切れないように、切れないように。

バレないように、転ばないように。



そればかり考えての、この1匹



感動した!!!!о(ж>▽<)y ☆






ああああ(〃∇〃)



こんな迫力ある2匹の画像を、

カメラで収める日が来るとは!!!



言葉にならない感激と興奮とで

自然と手が震える




帰りの事を考え

5時に竿を仕舞った。






全部で、18匹の九頭竜鮎が遊んでくれた。


サイズが大きかったので、大満足!!




フロロの0.3で、一度も切れなかったし

トラブルもなかった。ヾ(@°▽°@)ノ



0.6通しの仕掛けも、お守りで持って行ったんだけど


一回も使わずじまい≧(´▽`)≦




川に立ちこまず

川原でもこんな豪快な楽しい釣りができるなんて!!







そして、一番でかかったあの鮎は…



自己最高の、27.5センチ!!(ノ^^)八(^^ )ノ



口を、ちゃんと0に合わせたら、

28センチに見えなくもない??   | 壁 |д・)







サイズが大きすぎて、全部、乗り切れんかったけど


こうやって並べると、迫力あるな~ヾ(@°▽°@)ノ



23センチクラスは、2匹くらいで

あとは、全部それ以上だった。


平均25センチサイズが、コンスタントに釣れるというのは

あながち、噂だけではなかったなぁ



周りの鮎師さんも(・∀・)

そこそこ、大きいサイズを掛けていたように思う!







なんか、雰囲気はすっかり秋な感じの九頭竜だったけど

自分一人汗だくで

まるで運動会(笑)


面白い釣りができたな~




釣りは面白かったんだけど…。




普段、手袋する私は

この日は、なんとなくしなかった


手袋しない日は、日焼けクリームとか、虫除けスプレーするのに

この日は、なんの対策もしなかった



そのせいで、


手がパンパンになって、大変な事に!!!(T_T)




ムカカっていう、小さい虫に何十箇所もさされ

夜、眠れないくらい、痒くて

次の日には、自分の手じゃないくらいに晴れて、

指も曲げれない状態に(/ω\)



3日くらいで、やっとここまでなったのだけど






お見苦しい画像で、申し訳ありませんm(_ _ )m




あれから、ネットで調べたら


ムカカって1ミリくらいの小さな虫で

刺されてる時は気づかず、

いつの間にか刺されてたっていう感じみたいで

群れて行動してるらしいので

刺された時は、何箇所も刺されてるそうだ ((゚m゚;)


毒性は、かなり強烈で

市販の薬では効かない

ステロイドが有効との事。


釣り場でもよくいるそうなんで

皆さんも気をつけてくださいね!



釣りに夢中になるのはいいけど

残りのシーズン

虫除け対策、万全にしよう!!と、固く誓ったのだった (*^▽^*)









その他のアツイ記事

入れ掛かり情報の数々、

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村















 












いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:




いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ






東北遠征で休みすぎて

仕事に追われていた


郡上や中央が、釣れてるよとか

高原、宮川早く行かないと!とか


そんな悪魔の囁きにも耐えて

2週間ほど、竿出ししていなかったのだけど


突然、時間が作れたので

急遽、鮎釣り決行!



いつも、急に思い立つんで

ほとんど一人釣行


今年、誰かと釣りをしたのって

東北遠征の時に案内してもらった時くらいだったなぁ


そんな事を思いながら

東北の時のままの仕掛けで、なんとなく中央へ。


矢島おとりさんへ到着。



なんと、ここで、知り合いに会うわ会うわ(笑)



皆さん、同じこと考えてるんですね ( ´艸`)




最初は中央で予定していたのだけど

あまりの人の多さにパス!\(゜□゜)/


板取も通り過ぎ、上流まで行ったのだけど

上流に行けば行くほど

鮎師さんが少ない((゚m゚;)


多すぎるのも嫌だけど

少なすぎるのも不安なので


板取上流から郡上へ抜けるトンネルを通って

郡上へ向かった。






森おとりさんで、日釣り券を買って

なんとなく、色んな場所を探すのだけど




どこもかしこも満員御礼クラッカー







やっとこさ着いたこのポイント。




川相的には、好きな感じなのだけど

今着いたばかりなのに、もう帰る鮎師さんがいるあせる



聞いてみたけど


朝から4時間やってボーズだとか (  ゚ ▽ ゚ ;)



か、覚悟しないと、あきまへんか???( ̄□ ̄;)








でも、1匹目は、早かったあせる


サイズは、そこまで大きくないんだけど

強烈な引きだった。


ふー。

なんとかボーズは免れた DASH!




こんな感じでポンポン釣れるといいなぁ…


そんな呑気な事、考えていたのだけど



ここから、2時間ウンともスントも言わない(  ̄っ ̄)





ポイント移動



ちょっと、上流まで歩いた。


結構、はねてるのになぁ…




…( ̄ー ̄)


… …  … ( ̄ー ̄)



2時間、ウンともスントも言わない(/ω\)





てか、4時間で1匹って、どうよ????( ̄▽+ ̄*)






場所移動。







郡上に来た!って感じのような、ポイント音譜




平水なら、絶対、ここまで入れないけど

この日は、余裕でここまで歩いて来れたあせる







ドドーンの流れに、恐る恐る、囮を送る。



ああああ、ドキドキする!!!!о(ж>▽<)y ☆



掛かっって欲しいような

掛かったらどうしようって言うような、なんかヘンな感じ??




釣れても釣れなくてもいいや。(・∀・)


普段ならここのポイントに、刺す事すらできないんやから。




うん、むっちゃ贅沢やん

そう思うようにしよう!!!(・∀・)




目印だけ目で追う。

あまり、たるませないように、イトのハリ加減だけ注意する。


ここで、根掛かりしたら

貴重な1匹がパーになるもの。










そんな簡単に釣れてくれませんなぁ…



そりゃあ、こんな当たり前のような場所が

ぽっかり空いてるって事は

渋いって事だもんねあせる




てか、私、矛盾してますな(笑)


釣れなくてもいいのか、釣りたいのかどっちやねん!!!


一人ノリツッコミを入れる。( ̄▽+ ̄*)




独り言がどんどん大きくなる。あせる


ひょっとしたら、あの1匹で終わるかも?って諦めかけた時



竿がギュギュンとしなって、

準備してなかった私は、竿を落としそうになったあせる







おおおお!!!



その場で立っていられなくて

なんども転びそうになりながら

なんとか取り込んだ1匹


ここまで長かった!!!!(/TДT)/



さ、ここから入れ掛かり???ヾ(@°▽°@)ノ






そんなミラクルは起きるわけもなく



 




後ろをむいて、この角度から2匹追加し






鮎師さんがほとんどいなくなる時間


こんなタナで、1匹追加し


この日は、5匹で終了あせる





時速1匹も行かないなんて…。(/ω\)




帰り道

私の背中が哀愁で漂っていたのか


全然知らない鮎師さんに声掛けかられた


「大丈夫、俺なんて今日7時間やって、やっと1匹やから(笑)」



慰めさめられちゃった(*゚ー゚)ゞ



それにしれも、郡上でいい思いしたことないなぁ~(ノ_-。)


今まで、1日で20匹釣った事ないかも。(/ω\)



タイミングとかもあるけど

近いのに、遠い川になってしまってるのは

苦手意識があるからだろな。


年間1、2回になってしまってるし(*v.v)。




いつまでも苦手苦手言ってたらあきまへんな!!!



そんな風に、自分自身を奮い立たせ

車に乗り込む(゙ `-´)/



帰りの道は、いつにも増して

一人反省会で、興奮してしまった。


独り言がさらに大きくなって、

電話の着信も気づかなかないほどだった(笑)













その他のアツイ記事

入れ掛かり情報の数々、

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村








いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ  









かなり照れくさいのですが

ここからは、カメラマンさんの写真で、あの日を振り返ります。



文章は短めですが


川にいるような気持ちになっていただけたら嬉しいです(*゚ー゚*)



某有名カメラマンによる、本格的な写真ですので


できれば、パソコンでご覧になることをオススメします。








絶好の釣り日和。


青空の下、石の上に座って仕掛けをセット。


誰もいない貸切の川



のんびりスタート音譜










さ、行っておいで。


ひんやりしたが、脳天まで突き抜ける



囮が手から離れる瞬間。


今から、循環の釣りの始まりか。








どうにかこうにか、野鮎ゲット音譜

タモに収まってくれた。音譜



やはり、鮎って本当に綺麗だ。


水の中だと、もっとキレイに見える。



水中撮影ならではの構図。


板取上流の水の透明度が際立つ。









場所移動。


慎重に、慎重に…





 


転んでしまったし あせる



こんな事はしょっちゅう

苦笑いの私。


あーあ、また、アザが増えるな汗




たまにはいいとこ見せましょう。( ̄ー ̄)






おお?


掛かったか????







むむっ(゙ `-´)/







むむむ!!!!(゙ `-´)/





 

 


でかい!!!!








大きすぎて、親にできなかったあせる






また転んで









立ち上がって







根掛かりして…。






切れて…。あせる



まさか、全部撮られているとは思わなかったので

思わず、目が合った時には


「切っちゃいました」と口パクで伝えたが



普段の私って、もっと黙々と釣りしてるんだろうでけど

こうやって笑うんだって

自分自身意外だった。(*゚ー゚*)



鮎釣りって、自然と笑顔にさせてくれるんだね。








川の音だけが聞こえる中で

ハナカン周りを直す


この静かな時間が好きだ。




 



さ、気を取り直して

午後の入れ掛かりに期待しましょうか。






あんなに川歩きが苦手だった私。


これくらいの流れなら、あまり転ばなくなった。



この5年で、ちょっとは逞しくなりましたぞ (・∀・)







大好きな大岩の下のポイントで。



風が気持ちいい。

川がキラキラ光って、美しい。


誰にも邪魔されないこの時間

いつまでも続くといいな。






お、黄色い鮎 ヽ(゚◇゚ )ノ







真っ黄色ビックリマーク


テンションあがりますな о(ж>▽<)y ☆





おお


ホンマにカタログみたい(^_^;)


上手な人に見える(^_^;)







しかし、ホントにいい瀬だな。


それにこの透明度。


ずっとここにいたいくらいだ。



 


日が暮れだして

少しだけ、パタパタと釣れた。


いずれもサイズが大きくて

取り込みモタモタしちゃった。







思うように掛からないなぁ…


いつもこういう時は

深呼吸して、空を見上げる


そして、マイナスイオンをたっぷり吸って

気持ちの切り替えをする。



ふー。


釣れても釣れなくてもいいや。


この贅沢を味わえただけで、明日から頑張られる!!!






あんなに遊んだのに

ちょっぴり寂しい。


物足りない寂しさではではなく

ちょっとの間、川に来れないのかという現実と向き合う時間。


程よい脱力感と

充実感でいっぱいになった心


ありがとう、板取川

ありがとう、綺麗な鮎さん。


また、すぐに戻ってくるからね





皆さん、どの写真が良かったですが?


板取上流に行きたくなったのでは??( ´艸`)

よかったら、感想を聞かせてくださいね (^-^)/







その他のアツイ記事

凄い写真の数々、

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村



















いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ  








*東北遠征の前の釣行になりますあせる

 



 



馬瀬の釣行以来、2週間くらい釣りに行けてなかった。


今はすっかり立ち直ってしまって

あんなに凹んだのが嘘みたいだけど

東北に行く1ヶ月くらい前までは、


なかなか

よし鮎釣り行こう!って気持ちになれない時期が続いていた。




もし行くなら、新規開拓した板取上流の、ひっそりポイントかな~と

なんとなく考えていた時


情報収集の為に

なんとなくぼーっと、フェイスブックを見ていて


ある方の投稿でピタっと手が止まった。目 目



尊敬するあのカメラマンさんが

板取上流へ撮影に行かれると言うのだ音譜



そうだひらめき電球


何がなんでも鮎釣りにこだわらず

一眼レフ持って、

プラっと、板取上流へ行くのもいいかも!と思って


久しぶりにカメラのチェックとかしたりなんかして

ちょっと、気持ちがウキウキした。



ただお会いするだけでいいと思い、連絡をしてみると


もう板取での用事は済んだみたいで…あせる


ちょっとしたやりとりをしたのだけど


思ってもみない言葉が返ってきた (ノ゚ο゚)ノ



「あゆっぺの勇姿、撮影しましょうか」


「え???? (-_\)(/_-)三( ゚Д゚)」



こんな急な展開は予想していなかったので

急いで、仕掛けを準備し、バンガローへ向かった。



こんな急な展開だったけど

こんな急な展開がでなかったら、


よし、アユ釣り行こう!ってなかなか思わなかっただろうから

なんか、ありがたかった。(・∀・)



でも、こんな急な展開だったので

まったく川の状況はわかっていなかったので


約束の時間より早めにバンガローに向かうと


もうそのお方は、約束の時間より遥か前に到着されていて

いつでも準備OKな感じで

笑顔で私を迎えてくださった。あせる



どこにしようか、結構、悩んだ。



やっと釣れだした時期でもあるけど

渇水気味だったこの時期

一押しは、かなり上流のあのポイントだろうな。


ロケーションって大事だし。


せっかくのご厚意を無駄にしたくない。





という事で


アマゴが釣れたあのポイントに決定。


今日も、貸切でありますように… (。-人-。)






釣り日和、撮影日和のこの天気。


それに、人っ子ひとりいない


まさにパラダイスラブラブ









はーーーー


なんちゅう綺麗なん。


ずっとここにいるだけで、癒される!!!!!о(ж>▽<)y ☆




てか、全部がポイントみたい!



やっぱり、板取上流が一番、好きかも!!





ふー気持ちいいDASH!


馬瀬は泳ぎたくなるくらい綺麗

板取は飲みたくなるくらい綺麗



ホント、全然、飲めるし!!



興奮して火照った体を、冷たい水で冷やす。


ドライの外からでも

ひんやり感が伝わって、この天気にはちょうどいい。




石の上に腰かけ

仕掛けをセットする。



カメラマンさんは、結構遠くから

色んな角度で撮影してくださっている。

 

かなり、遠くなので

まったく緊張しないで、普通に釣りができた



一匹目から結構大きかった







ひょえー

立派な、尾っぽだこと!! ヾ(@°▽°@)ノ

前に来た時も思ったけど

身体全体が黄色くて

体高もあって

尾っぽが大きくて、本当に立派な鮎だ



すぐに次が掛かるかと思ったけど

なかなか、思うように続かないあせる






ゾクゾクするような、タナ

よだれが出そうな流れ


一人占めのこの瀬を

何往復したことだろう。


気が付けば、お昼をすぎていた。

舟の中の鮎は、ちっとも増えてないけど…(//・_・//)



ちょっと休憩しよか。



ちらっと、カメラマンさんと目が合う。



てか、最初に何時までとか決めずに始まったけど

いったい、何時まで大丈夫なのだろう。目


いったん、竿をたたみ

上流へもう一度戻る合図を送る。



木の影で涼みながら

ちょっとした会話をした。


撮影は2,3時間くらいかなと思っていたのだけど



あれ?もう終わるの?って言われ


いえ、普段は飲まず食わず、出さずの休憩なしです(*゚ー゚)ゞ って言うと


あはは、その方がいいな。

普段のあゆっぺを撮りたいので、おかまいなく、と。


私の思うように釣ってくださいと言われちゃって…(*゚ー゚)ゞ




機材は大げさかもしれないけど

丸1日、普段の私を撮りたいと。

普段、某メーカーのカタログ撮影される、超有名カメラマンさん。

鮎カタログでは特に有名で

憧れている方、ファン数知れず



いつも、テスターやプロの方を撮られてるので

被写体、私で大丈夫なの?って、

ちょっぴり不安になった(/ω\)



てか、丸1日で本当にいいの?



私の心配を知ってか知らずか


これが私のライフスタイルです。と力強いお言葉を頂いた。


今まで、お話した事はあったのだけど

いつか、私を撮りたいと思っていて

こういう機会を実はずっと待っていたよ、と言って下って(/TДT)/


この機会、出会い、時間を大切にしよう!と思った。(*゚ー゚*)







気が付けば

朝9時半~6時半まで

ご飯も取らず、夢中に釣りを楽しんだ。



そして、そんな私を

優しく、ファインダー越しから見つめてくださっていた(。-人-。)








丸1日釣って、ツ抜けがやっとで

数は出なかったけど


こんないい鮎と出会えた。







あの日の一番鮎。

 

23センチ以上あるし、この体高なんで

親にするのが怖くて使わないまま、曳舟に入れちゃった≧(´▽`)≦

 

帰りにバンガローでサイズを測っていただいた。


23.5 あせる



もうちょっと大きく感じたけど

やっぱりこの大きさだと、

同じようなサイズが掛かったら、どんぶりしてたかなぁ~( ̄▽+ ̄*)





やっぱり自然って気持ちいい

川の音って、なんであんなに心地いいのだろう。



帰りの運転中は、反省ばかりだったけど

思わずにやけている自分がいる。



自然ていつもそこにあって

何も変わらず、大きな懐で迎えてくれる。



また、甘えに行こう。(*゚ー゚*)



この日の釣行をきっかけに

東北に行く決意も固まったのだった。







*次の記事は、

 いよいよ、カメラマンさんの本格的な写真のお披露目です(/ω\)


 

 当たり前ですが、全部、私なので

 ナルシストか!ってお声をいただくかもしれませんが

 むっちゃ釣りが上手な人に見るえるので、耐えれるかと…あせる


 でも、板取上流に行きたくなること、間違いなしでずぞ(σ・∀・)σ



 台風であまり川に状況が宜しくない時は

 次の画像をみて、釣りにいった気分になってください(笑)

 



 その他のアツイ記事

 凄い写真の数々、

 鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村  






いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ





東北遠征最終日



この日は秋田の川を予定していた。


帰りは飛行機なので、搭乗時間を考えると

1時くらいまでしか釣りができない。


かねてから約束していた、鮎師さんの案内で

秋田の河川へGO (σ・∀・)σ






のんびりした田園風景が、癒してくれる音譜






てか、今日も天気が微妙???( ̄ー ̄;


今日は、雷なりませんように… (。-人-。)






はじめましての囮屋さんは

いつもちょっぴり、わくわくする (・∀・)






元気いっぱいの囮を買う








囮屋さんの目の前は

むちゃくちゃ渇水で

超~チャラチャラだったので


水量の多い場所めざして、上流へ向かう







少し車を走らせると

こんな感じに、よさげなポイントに着いた。


鮎の瀬にちょっと似てる??


目の前の当たり前の瀬肩からやってみるのだけど

うんともすんとも言わないあせる



東北来ての鮎釣り

和賀川、雫石川と、桧木内川


遠征して3河川、5日目となるが

釣り方忘れたんちゃうか?ってくらい

毎回、1匹目に苦労した( ̄Д ̄;;


1時に帰るのに、これではツ抜けも厳しいか???


9時に竿出しして、初めて釣れたのは

10時を過ぎてからだった (/ω\)



当たり前のところをやめて


橋の真下、

気を付けないと、穂先を折ってしまいそうな所の

色がコッテリしてる場所で、静かに我慢の釣りをしてると



ぎゅぎゅぎゅぎゅーーーーーーんと


ものすごい引き ((((((ノ゚⊿゚)ノ



大物か??????






サイズは普通だったのだけど

あまりの引きに、3歩も4歩も下ってしまった。


こういう釣りは、今季は初めてだ。


てか、なんて凛々しいお顔なん???(〃∇〃)




同じ場所でポツポツ、追加


むっちゃ続くって感じではないので

また最初のポイントへ移動。





むっちゃ天気になってきた!


こんな感じのザラ瀬

大好きな感じで、貸切状態。


なんか、さっきより釣れそうな予感がするんだけど気のせい??






あの石裏とか

その横とか

白泡立って、消えかかってるとことか…



当たり前のとこが

最初に来た時は、全く掛からなかったのだけど







なぜか、すぐに掛かった目 


しかも、大きいサイズが連発する。ヾ(@°▽°@)ノ


 

囮が良かったのか

時間帯なのか

水温なのかわからないけど



毎回、その場で踏ん張れないくらい、のされる(゙ `-´)/



湖産は掛かる前のやりとりが楽しい

海産は、掛かったあとの引きずり回される感じが楽しいと

よく聞いていたけど


今回の場合、後者だ



本当に、掛かったあと

ものすごく走られて

一回もその場で、すぐに抜けなかったあせる


私の腕力がへなちょこなせいもあるけど



毎回 「ちょ、ちょっと待ってくれ!!」と叫びながらの釣り≧(´▽`)≦


こんなに、竿がぐにゃーと曲がる感触は

今シーズン一って思えるくらい、楽しい о(ж>▽<)y ☆





さすがに同じ場所では、ピリっとしなくなったので
ずっと気になっていた、ヘチもやってみる



今、立っているところの真後ろになるんだけど

こんな感じに、川の色が全然違う。目 目



ヘチギリギリに囮が走った瞬間、瞬殺






身体全体、真っ黄色な鮎が釣れたヽ(゚◇゚ )ノ

尾っぽも、むっちゃ発達して

まあ、ご立派な鮎だこと!!



ここで、一気に4連チャン。DASH!



楽しすぎて、時間を忘れてしまう。


あかん、また来ないとあきませんか????






惚れ惚れするような、いい鮎だ


同じ川なのに、真後ろで釣るだけで

こんなに色も変わるなんて、不思議


鮎は、その時の川、水質の状況により保護色になるって言うけれど

こういう事なんや~って、体感できたかも!



知識で知るより

体感で知る喜び


これって大事だよね




桧木内川は「角館の桜まつり」で有名なとこらしい。


桧木内川の流域には工場もダムもないため、
自然のままの川と栄養を蓄えた土から流れ出す清らかな水が
質の良い水苔を作り、
それを食べて桧木内川の「殿さまあゆ」は育つ


 






「殿さまあゆ」と呼ばれるこの鮎

武家屋敷通りを武士が歩いてた時代から、
桧木内川では天然ものの鮎が釣れたらしい

 

江戸時代に

角館を治めた佐竹北家に献上された記録が残ってるそうな


そんな事からついた「殿さまあゆ」

商標登録されているみたい!!



むっちゃ食べてみたい!!!!!



時計をみると1時を過ぎていて


この日案内してくれた鮎師さんたちが

向こうから手を振って、終わりの合図を送ってくれている。


名残惜しいけど、コクっと頷き

竿をしまう。(*゚ー゚*)



この物足りない感じが、なんとも言えない


ちょびっと寂しくて

けど充実していて。(*v.v)。



東北遠征最終日に

こんな楽しい釣りができて、本当によかった。




途中で荷物を送った


オークションで落札した物や、レディース賞の景品などで

3個口になってしまって、ちと笑ってしまった≧(´▽`)≦







急いで支度し

空港に向かう。



途中の道すがら

あまりにも楽しかった5日間の思い出が次から次へと脳裏をよぎり

鼻の奥がつーンとなった。(ノ◇≦。)







帰りの飛行機は、あまりにもあっけなく(笑)


余韻に浸ってる間もなく、名古屋に到着。


飛行機って、便利で早いですな~




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




4泊5日の長い遠征は

こうやって終わった。


まるで子供の頃に戻ったように

夏休みを満喫たかのような、楽しい日々


こんなに笑ったのは、どれくらいぶりだろう。







思い切って東北にまで来て、本当によかった。

凹んでいた事が、まるで嘘みたい(笑)



鮎釣りの最大のリハビリは、やっぱり鮎釣りやなぁ







来年もトヨタカップが開催されるなら、

これくらいの時間かけて、色んな河川を巡ってみたいな。



また、行きたい河川が3つも増えちゃったし

熱中症で行けなかった、米代とかも行ってみたいし。




キラキラした思い出を作りに

来年、また東北へ行こう




東北の鮎さん

その時まで腕力鍛えておくから、また遊んでね。('-^*)/








その他のアツイ記事

鮎釣り情報は、こちらからポチ →  にほんブログ村  









いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ





遠征初日


秋田まで遠征の予定で朝、5時に目覚ましをセットしていたのだけど

トヨタカップの敗者復活で

猛暑の中、ペットボトルを忘れたのが、ダメだったのか

軽く熱中症にかかってしまい

何もできない状態に(/ω\)



お昼くらいまでぼーっとして

やっと復活できたのが2時



岩手にいた私は、ちょっとでも竿を出したかったので

地元の鮎師さんのアドバイスを元に

比較的近い、雫石川という川へ向かった



 



囮屋さんまでの道は

相変わらず晴天で

ぶっ倒れそうに暑かったのに





囮屋さんに着いた頃には、雲雪があやしくなってきて… あせる





3時に到着した私に

「今から釣るんか~」と、苦笑いの店主さん(;^ω^A



 



雫石川も女性は半額だった!!


「行ってきます!(・∀・)」

ピチピチの囮を2匹買って、急いで川へ向かう。あせる


 



着替えて、竿を出し始めたのは3時あせる


天気はいいのだけど、嫌な風と

一雨振りそうな雲が迫っていた。


できて、2時間くらいかな??





人っ子一人いない川へ、はしごを使って慎重に降りる。


平水の30センチ減ほどの、超渇水だった雫石川


川へ降りて、くるぶしくらいの水量と

ゴロゴロした石の多さに、ちょっと戸惑ってしまったあせる



一番色が濃い、水量のあるポインとを探ってみるのだけど

1匹目がなかなか掛からない!\(゜□゜)/



なんども転びそうになりながら

岩盤のようなところで、鮎が跳ねたのを確認できたんで、

そこで泳がせてみる



ギュギュん 目目


FTフォースが、勢いよくしなる 目目


おっとっと、なかなか大きいか(ノ゚ο゚)ノ


貴重な1匹目。

慎重に取り込むで!!!!(゙ `-´)/







よっこらしょ


開始、1時間もかかって、やっとこさ釣れた貴重な1匹


なかなかのええサイズですな~



よし、これを使って

今から入れ掛かりや!!!ヽ(゚◇゚ )ノ



なんとなく、ポイントがわかった

なんとなく、釣り方(パターン)もわかった気がする。




丁寧に丁寧に。


元気いっぱいの天然鮎は

今さっき掛かったばかりの岩盤付近に戻ろうとして

また、そこでギュギュんと竿がしなった



うん、このパターンやね ( ̄ー ̄)



あいにく、早く竿を立てすぎたため

この1匹をバラしてしまったあせる


あまりにも親が大きいので

1回のバラシは、体力的にダメージを食らってるようだった。



イマイチ、泳いでくれない。( ̄ー ̄;


潜ってもらうために、背針を付ける



さ、行ってくださいませ(。-人-。)



そうやって囮を送った瞬間、ゲリラ豪雨が( ̄Д ̄;;



ちょっとくらいの雨なら、続けるんだけど

雷まで鳴って、ビビってしまった ((゚m゚;)


しばらくしたら収まるかなって思ったけど

空がぴかっと光るので、怖いのなんの。Y(>_<、)Y



そんでもって、この川

あっという間に増水して、鉄砲水も出ると聞いていたんで

たった一人の私は、そっこー竿を仕舞った。





着替えた頃は、土砂降りで

一旦、その場を離れて帰る気満々だったけど

1時間もすると小雨になって

名残惜しくて、もう一回川を見に行った。


川に戻った頃にはすっかり雨があがり


何もなかったように、川がそこにあった。



雨宿りしてたっぽい鮎師さんが

ポツンと竿を出されていた。


ちょっとは増水したんかな。



なんと、東北遠征1日目は

1匹で終わってしまった≧(´▽`)≦



また来なさいっと事ですな。


 

ま、こんな旅もいいんちゃう?( ̄▽+ ̄*)

 


この日は、盛山冷麺をたらふく食べて

東北最後の夜を過ごした。



その他のアツイ記事

鮎釣り情報はこちらから → にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


↓      ↓       ↓


 日本ブログ村 鮎釣りブログへ









決勝は2時間


20名の選手が、たった今準決勝で抜かれたばかりのエリアに入る。


気温もピークに達していて

見ているだけでも倒れそうなくらいだった。




壇上に、豪華景品が並ぶ音譜






決勝進出者の20人の選手に、もれなく景品が手渡せるのだけど


豪華すぎて、びっくりしてしまった。(ノ゚ο゚)ノ







1位の車にもびっくりだけど


2位の選手は、竿が(そこそこお高い竿でしたヽ(゚◇゚ )ノ)







一際目立った、タイヤ(笑)







いや~すごいのなんの。


来年、本気で頑張っちゃおうかなって思った人も多いのでは???





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




決勝は、時間に余裕があったので、

持っていった一眼レフでも写真を撮りました。


ここからは一眼レフで、雰囲気をお楽しみください。










 



































*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆





表彰式






なんと、順位の発表の前に

レディース賞の発表があった音譜






まさかまさかの、レディース賞あせる


お米と、マルチハンガーと、がまかつのタオルと…






な、なんと、特別賞のトロフィーまで(/TДT)/



予選釣果では、他の選手に1匹差で負けていたのだけど

敗者復活の総合釣果で、レディース賞を。


そして、あの敗者復活で

女性ではトップだったみたいで、特別賞をいただきました(ノ◇≦。)



頑張って良かった。


岩手まで来て、本当に良かった!!!




続いて、表彰式。


優勝は2年連続、このお方…




去年の覇者、伊橋真一さんクラッカー



なんと、初日、予選敗退で

敗者復活からの、準決勝からの、決勝で

見事、前人未到の2連覇 クラッカー




 

2位、3位の選手も、2桁釣果で、素晴らしい成績!!!クラッカー






来年のポスター用の写真をパチリ。


来年も、3連覇目指して頑張ってください!!ヾ(@°▽°@)ノ




こうやって、岩手でのアツイ2日間が終わったのだった。




本当に、楽しかった大会。


東北の優しい鮎師さんたち

愉快なFCの皆さん。

何から何までお世話になった、みゆきさん


そして、あゆちゃんの時からブログ友達で

ずっと、お兄さんのように?心配してくださってた、又左さんこと、鈴木さん。

 

やっとお会いできて、嬉しかったです。(*゚ー゚*)


トヨタカップまだ間に合います?って聞いた時から

まるで、自分のことのように色々と気にかけてくださって

私が居心地よく、なんの心配もなく

今大会を過ごせるように、段取りしてくださって

凹んでいたのが嘘のように笑って、はしゃいで


忘れることのできない思い出となりました。


本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m






 ↑ この日にあったと思えない、ノリノリの皆さん ( ´艸`)



こんなに笑ったのは、何年ぶりだろう。



この余韻を浸りながら、東北遠征は続くのであった。
















いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。