あゆっぺの友釣り奮闘記~トーナメントへの道のり

鮎釣りビギナーですが、トーナメントをめざします
皆さん、応援してくださいね


テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ




根尾川大会の傷?を癒すべく

次の日に板取上流へ向かう気持ちでいっぱいだったのに


翌日起きたのは、なんと10時だった ( ̄▽+ ̄*)



外を見ると、曇り空で

小雨が降っていた。


日曜だし、人はまだ多いやんな。

明日にしようかなぁ


そう思っていたけど

バンガローさんに電話して、川の状況を確認する。


「朝、雨で寒くて、お客さまも少なかったですが

徐々に増えてきたって感じです。

でも、昨日よりは全然すいてると思いますよ」



そうか。

今日、郡上の解禁だった。音譜


そちらへ流れる人も多いやんな!(・∀・)




板取上流までは、車で1時間でいける。

向こうで着替える時間がもったいないので、家でタイツを履き(汗)

迎島バンガローさんへGO (σ・∀・)σ








今年もよろしくお願いします!


挨拶もそこそこに

今シーズン、4つめの年券を購入し





大好きなポイントへ向かう。


板取上流は、一番通ってる河川なので

あそこがダメなら、あそこってポイントが、私の中でいくつかあって


第1候補に行ってみたけど、鮎師さんでいっぱいだったんで

第2候補も第3候補も見て回り

一番、堅そうな、第4候補へ向かった。


全体的に川はかなり渇水だったけど

あのポイントは、いつもは水量が多いんで

私には、ちょうどいい感じになっているだろう。



いつもなら車が数台とまってる、あの場所には

車が1台も止まっていなくて

胸が高鳴った。アップ







超~鉄板ポイントが、ポカンと空いていた。≧(´▽`)≦


鮎師さんは、目視できる限り2人しか見当たらない。


下の方で静かに泳がせしている方と、なんとなく目が合い

ちょこんと挨拶する。


この時1時半(遅すぎ!!)



やや小雨だった雨が

釣り始めたら、ぴたりとやんだ。音譜





はぁ~


綺麗すぎて、癒される!!!!




石の上にちょこんと乗り

手前からそーっと囮を送る。



目印がふわーっと、動き

あの奥の、色が濃くなったところへ囮が行った瞬間


ギュギュんと、一番上の目印が奥まで入った!!!





いいアタリ!!


サイズも申し分ない!



水温低くて、黄色いって感じではなかったけど

いいサイズの鮎が、連チャンで掛かった。



でも、解禁2日目とあって

1番鮎は釣られてしまってるのか


続く感じではない。



遅がけスタートだったんで、

あまり同じ場所で粘らず

反応がある場所を見つけようと、ちょこちょこ移動した。








場所変えては1匹

変えては1匹


拾い釣りをしながら、ズンズン下る。



天気も良くなってきて

活性があがったのか


同じ場所でも、いい感じで連発するようになった。(・∀・)





20センチは超えててるんちゃう???(  ゚ ▽ ゚ ;)


片手でへそバリ通すのも、モタモタするくらい大きな鮎


囮に使うのをためらってしまう((((((ノ゚⊿゚)ノ



日が陰ってきて

ちょっと薄暗くなってきたんで

明るいとこ目指して、ズンズン奥まで行く。





最高に好きな感じ。о(ж>▽<)y ☆


あの岩から、ニョキっと猿さんが出てきそうだ。




ここでもすぐに掛かるだけど、なかなか後が続かない。


もうちょっと下に行こうか。






下にいらした鮎師さんと、すれ違う



…ぎょぎょ?? ヾ(@°▽°@)ノ





去年の解禁で、この場所で出逢った鮎師さんだった!!!

  ↓     ↓      ↓

板取上流で○○とも、戯れる??




あの時も、囮をいただいて m(_ _ )m

いい場所も入れていただいて m(_ _ )m


帰る頃には、また板取で会おうねって言ってくださって



やっぱり、ここで会えるなんて。




川がある限り

鮎釣りをしているかぎり


こういう出会いって、突然起こるのだなって

偶然すぎる出会いに、ウルルンきそうになった。 (。-人-。)



またここで。



そう挨拶し

きっと近いうちに会えるであろう予感を胸に

その場を離れ


黙々と私は下っていった。









綺麗だ。


川の底まで見える。








岩盤には、鮎がびっしり付いていて

中には黄色い追い気のある鮎もいて

サイトフィッシングできそうだった。目 目


ここでも泳がせしてみたんだけど

見える釣り難しいですなあせる



ちっとも掛かってくれない

て言うか、掛ける事ができない(/ω\)



そもそも、囮も周りの鮎も見えすぎてるんで

じっと待てず

私が色々無駄な操作しすぎるんだよね (・・。)ゞ



その場所を早々と諦める (;^ω^A

この奥は


去年、いい思いをした、私が滝壺と勝手に命名してる場所があるからだ。









瀬肩も釣れそうだけど


この落ち込みの下は









こんな感じになっていて


小さな滝のように、ゴゴゴーと言う流れとなっている。









真っ白になってる部分の奥へ

鮎をポンと送り込む



ドキドキする~ \(゜□゜)/


ゾクゾクする~ \(゜□゜)/



そして、待つこと数分。




ガガッ ビックリマーク


ギュギュギュギュー アップ




これは大きんちゃう??? ((((((ノ゚⊿゚)ノ



流れが強いせいもあるが

竿があり得んくらい曲がってる!!


3、4歩下って

下のトロンとした淀みまで、2匹をどうにか誘導 あせる



ここで、モタモタしたら身切れする


踏ん張って耐えて

手尻をお腹の方に手繰り寄せ

手首をクイっと、手前に引き寄せる。(゙ `-´)/




飛んでくる瞬間からわかった。


真っ黄色な鮎だという事が。



手の中に収まったその鮎は

それは見事な体高で

命懸けて飛んで来た鮎の姿は

誇り高い感じすらした。



ここで、例のごとく

曳舟を置き


岩の上で釣っては

トロンとした淀みで取り込むという事を、何回も繰り返し

何回も転びそうになりながら、夢中に釣った。



気がついたら、5時を回っていた。






えらい暗くなってしまったもんだ。


てか、もう誰もいない 

ひっそりして怖いくらいや ((゚m゚;)


今から、むちゃくちゃ釣れそうなのに!!!




夕喰みのゴールデンタイムなの?

そこらじゅうで、鮎が跳ね出した!!ヽ(゚◇゚ )ノ



滝壺も、さっきより釣れ出した。


入れたら掛かる

入れたら掛かる




おっ


こ、これって

ひ、久々のプチ入れ掛かりってやつ??? ヾ(@°▽°@)ノ





最後の30分で、なんと15匹追加でき

目印も見えなくなったんで、あえなく終了。



1時半から5時半までやって、32匹ヾ(@°▽°@)ノ


遅がけスタートの割には、上出来ちゃう?


もっと早く来たら良かったかなって思ったりもしたけど

もっと早く来ても、人がいただろうし

同じような釣果だったかもだし


1匹1匹が、本当に楽しめたんで

ものすごく心の中が満たされたし、良しとするか (*゚ー゚*)







車が止めた入川口へ戻る頃には

ほとんどの鮎師さんの姿はなく



ただそこに、いつもの板取川が流れていて

夕日が優しく川を染めていた。







昨日、1匹も鮎の顔を見れなかった私は


この景色と、川の色と、綺麗な鮎で

すっかり癒されてしまった。



やっぱり、板取上流は最高や。


やっぱり鮎釣りは最高や。





バンガローに着いて、鮎を見せると

「お、いいサイズですね!」って言われ、測ってもらった音譜


20センチ超えが何匹かあったので

鮎を売りに行って

年券分、稼いでしまった(汗)


小さい鮎は、持って帰って帰って食べたけど

最高に美味しい!!! о(ж>▽<)y ☆





聞いた話によると

この日の郡上は

場所ムラはあったものの、


釣れた場所は、午前中から50~60匹出たみたいで

水が出て、いったんリセットしたら、今後期待できそうですねっ





私は、自分の釣りスタイル的に

板取上流が好きなんで

やはり、今年もメイン河川として

一番、通う川になりそうだ。



ブログを書いてる今も

心は、板取川へ向かってる。










AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:




いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ




今シーズン初の大会となる、根尾川大会へ参戦して来た。



この日は、大好きな板取上流の解禁日だったので

申し込みギリギリまで、かなり悩んだけど


いつも板取上流は、解禁日には行かないし

根尾川大会は景品が豪華な事と(笑)

解禁前の根尾川に入れるので、下見なしの試合になるし

皆、同じ条件で、サラ場に入れるとの事だったんで


結果というよりは

解禁を楽しむくらいの気持ちで参加しよう!と思い、エントリーした。







根尾川って初めての河川だったけど

家から1時間で着いちゃった。






受付で、運命のクジをひく。







Aの31…。


正直、よくわからないけど

後ろから数えた方が早いって事だけはわかったあせる




受付後、「あゆっぺどこ?」って漁協の方に聞かれたんで



「Aです(・∀・)」と答えると



スタッフさんの顔が一瞬 


( ̄□ ̄;)  となり



私もつられて


( ̄□ ̄;)  となった。



その後、ちょっと沈黙が続き


「可哀想に…。一番釣れないエリアかも…」と、言われてしまい


「そ、そうなんですか(^_^;)

皆、同じ条件なんで、なんとか決勝に残れるように頑張ります!」


意気込みを伝えたあせる









競技説明を聞き

ブロックごとに車で移動する。


決勝エリアは、目の前の一番釣れるとこだったけど

予選エリアは、車で20分ほど上流らしい(ノ゚ο゚)ノ


そう言えば、初めて大会に出た時は

竿も曳舟も忘れて、タモしか持って行かなかったな~


その時も車で移動で

自分はAなのに、Bの車に着いて行ったなぁ~とか


懐かしく思い出しながら

間違えないように、前の車に後を必死についていく(゙ `-´)/







どこまで行くねん!ってくらい、車で上流まで行き

やっとこさ着いた、Aエリア。



こういう大会も新鮮だな。


その場で初めてエリアを告げられる。


橋から橋までの、約1.5キロくらいの距離だけど

自分の直感で上か下かを決め

直感で、その日のパターン

川のパターンを探らなければいけない。


技術もさることながら

普段の川見のセンスも問われる。



そう、まぐれはなく

本当に上手な人が勝ち上がる大会だなと思った。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




私は、上流へ車を走らせる途中に

最下限の橋の荒い瀬をなんとなく発見していたので

あそこ、溜まってそうと思っていたけど


クジが36人中31番と後ろだったんで

空いてるとこしか入れないので、どうしようかと

囮配布ギリギリまで悩んでいた。


すると、私の目の前の方が


「タモ!腰に刺さってないよ」 と、教えてくださり


(  ゚ ▽ ゚ ;)


今回は、竿と曳舟はちゃんとあるけど

タモを忘れるなんて、何してるねん!!!って

久々にやっちまったって思って、急いで車に戻った。叫び


車を置いた場所は、エリア最上限付近になるのだけど

囮配布場所まで戻る際に、よさげな場所を発見できたんで

空いてなかったら、あそこに入ろう!と、短い時間で決断。


ゼーゼーハーハー言いながら、囮をもらい

エリア上限を目指す。DASH!




3時間の試合だったけど

まぁ… どこも竿が曲がっていまへん ( ̄□ ̄;)


平水より20センチくらい渇水らしく

かなり渋そうなイメージだったとは思っていたけど

こんなにも釣れないなんて。



ポイントとしては

チャラも、ちょっとした瀬も、分流も、トロも混在してるような

いい場所に思えたのだけど

本当に鮎が見えない。

て言うか、ハミあとが見つからない!!(/TДT)/



時折、群れ鮎が足元を、さーっと巡回していくのだけど

トロやヘチの深みに入れても

群れについていく感じもないんで


チャラで泳がせてみたり

分流に行ってみたり

瀬に入れてみたり

色々やってみたけど

どんなにやっても、最初の1匹が、掛からないのだ。(/ω\)



一番、色が濃くて

一番、直感で良かったと思えるところで、かなり粘り


そこで、やっとこさ1匹掛かるも…


なんと、アマゴが釣れてしまい( ̄▽+ ̄*)

2匹の養殖は、完全に色が変わって来ていて…(ノ_-。)



3時間、1匹も鮎の顔を見る事もなく

まさかのボーズで、時間切れ。(ノ◇≦。)



アマゴしか舟に入っていなかったが

検量へ向かう、トホホ (_ _。)





込み、2。

こんな切ない大会は久々だ。(T_T)



他の方も渋そうな顔で

残りの10人まで、なんとボーダー3だった ( ̄□ ̄;)





皆さんの検量を見ながら

アマゴとちょっと戯れた(なんのこっちゃ)




最後の10人で、びっくりする展開に。


かなり下限まで行った人が釣って来ていたのだ。


一番釣った人は、24匹 ((((((ノ゚⊿゚)ノ


やっぱり、下だったんか…。



Aブロックの決勝進出者が、その場で発表された。


ボーダーは5あせる


3匹釣れば決勝だったのに

3匹がどうにもならなかった。


時速1匹が、あんなに遠かった。


まだまだですな(*v.v)。



そのまま、車で決勝エリアへ移動し、昼からは決勝観戦。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




決勝は、鉄板ポイントである、本部前


どうみ見ても、入れ掛かり間違いない雰囲気だった。



決勝は1時間半

20匹くらいいくんちゃうか???



ここからはiPhone電池切れ。

一眼レフを積んでいたんで、写真でどうぞ(知ってる方がいらっしゃるかも??)






ポイントは広くないんで、竿1本間隔だが






鮎はうじゃうじゃ跳ねている。


皆さん、いいところに入って、楽しそう。






開始早々、掛かる








掛かる






入れ掛かり~



羨ましい!!!!ヽ(゚◇゚ )ノ





お!

こんなところに、鷲見さんビックリマーク

去年、シードで勝ち上がり、決勝から。


前半はウロウロと、苦戦してそうだったけど…







目の前には、エンテイ下を諦めた餌取さん(えとちゃん) 目


丁寧に泳がせています!!目 







1時間半


そこらじゅうで、掛かる







気持ちいいくらい掛かりまくる。



は~


決勝、出たかったなぁ~






決勝進出は、なんと19匹が3人で

早掛け対決。






1位は、まだ鮎釣り始めて3年くらいの、ホープ

渡辺さんというお方が

来年の中スポ杯の出場権を得られましたクラッカー



決勝で、一番荒いところで

一番掛けていたので、皆が認める1位 クラッカー



早掛けでは、自分が決勝で入った対岸側に入って

1匹を確実に取り、ギャラリーから拍手が沸き起こった。






5位入賞の皆さん。

来年のシード権獲得、おめでとうございます。音譜





お楽しみ抽選会では

皆が当たったんじゃないの?ってくらい、景品が出て





私も、こんなにGETしました。グッド!

タダでは、帰りません ( ̄ー ̄)




根尾川大会は、ジャンケンで竿が出る事でも有名。


じゃんけんは、見事、初戦敗退( ̄▽+ ̄*)




終わってみると


ボーダー5だったAに比べると

他のエリアは

Bエリアはボーダー15匹

Cエリアはボーダー13匹と


なかなかの釣果だったので

本解禁は期待できるかもですね。(*゚ー゚*)


大会運営のスタッフの皆様、お疲れまさでした。m(_ _ )m


川相的には、好きな感じだし

やっぱり、負けたら悔しいし

また、来年リベンジしたいなー。



てか、この後に板取上流の爆釣情報を聞いてしまい


この日、1匹も鮎の顔を見れなかった私は

次の日、郡上の解禁ではなく

板取上流へ向かう事に決めたのだった。( ̄^ ̄)














AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ




6月1日は、長良中央の解禁だ。


中央は、長良川本流と、板取川の下流域も管轄になる。


ここ2年くらい、中央の解禁に行ってるが

平日でも人がいっぱいなんで

入るところを外すと、悲惨で


去年もおととしも

何箇所かグルグル回って、

丸1日やって、20匹くらいだったあせる



今年は、ダム湖産の鮎を入れてるという情報や

試し釣りでものすごく釣れたという噂も囁かれたりして


平日、仕事で解禁にいけない方たちは

気になって仕事に集中できなかったみたい( ´艸`)




今年は、3時には現地に着くつもりでいたので

前日に、年券を買いに矢島さんへ向かう。






やっぱり落ち着くな~







昼過ぎにお邪魔したけど

まだ解禁前だというのに、入れ代わり立ち代わりで

年券を求めて、鮎師さんがひっきりなしだった。


今年3つめの年券を握り締め


「今から、川を見てきます。

また、夜中に来ます!(`・ω・´)ゞ」 と、軽く挨拶し、

板取へGO(σ・∀・)σ





超~渇水 ( ̄Д ̄;;


確か2年前も渇水だったけど

その時より、チャラチャラに見える





偏光サングラスをかけ

橋の上から、身を乗り出して

川の中をじーっとみてると


結構、鮎がみえる!!!ヽ(゚◇゚ )ノ


それに、サイズもいいし

遊んでいるというよりは、石について

激しく追ったり追われたりしてる!! ヽ(゚◇゚ )ノ






解禁の日は、本流へはいつも行かないので

板取か、鮎の瀬にしようと思っていたけれど


最初は、板取に入ってみて

困ったときの鮎の瀬パターンでいいかな≧(´▽`)≦



自分なりに、いくつか入る場所の候補を見つけ

家に帰って少しだけ、仮眠を取った。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



2時に家を出た。


矢島さんで囮を買い、本命ポイントへと車を走らせる。





3時に現地到着。DASH!


てか、なんも見えへんし( ̄▽+ ̄*)


車も1台止まってるだけで、余裕であの場所に入れそう!


人が来たら、すぐに動けるように

今のうちに着替えて置く。





1時間もすると、足元が見えるまでになったので

曳舟を川原に置きに行く。





対岸側は、3、4人ほど鮎師さんがいらしゃったけど

こっち側は、さすがに貸切り


なんか、もう竿を伸ばしてる方がいたので

準備したほうがいいかなって、気持ちが焦ってしまい車に戻る。



めっちゃ寒かったので、カッパを羽織る。



4時。



ちらほら人が増えてきた。


ちと早いかなと思ったけど

囮にハナカンを通して泳がせてみる。





は~

朝焼けが綺麗だ。(〃∇〃)


てか、大会でもこんな時間に釣った事ないやん!

自分自身に突っ込んでみる( ̄▽+ ̄*)



…シーン目目



早朝から張り切ってみたけど

甘くありませんな。( ̄ー ̄;


やる気と釣果は、決して比例しませんな( ̄▽ ̄)=3




時間が早すぎるって事もあるかもだけど

水温はそこまで冷たくないし

湖産が効いてるなら、瀬なら掛かると思ったんだけど


待望の1匹目を確保するまで

なんと、1時間半もかかってしまった(/TДT)/




やっとこさ、タモに入ってくれた鮎

おチビちゃんだったけど、強烈なあたりだった。


さすが、長良中央の鮎

この引きがたまらなくて、中毒になってしまう


ここから、ポツポツ追加でき

1時間でツ抜けヽ(゚◇゚ )ノ



まあまあ、いいペースちゃう?ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ






10時くらいいなると

水温もあたたくなってきて

気持ちいい風が吹いてくる。


川がキラキラして、心地いいな。

これでもっと掛かったら、最高なんだけどな。


今日はど芯より、ガチャガチャの方がいいのかな?



芯よりは、その横のよれたとこ

大きな石の裏の白泡のたったとこ

チャラチャラとドーンとした流れがぶちあたるとこ。


そういう所を、ねちっこく狙ってみる。


天然のおチビちゃんも混じるけど

解禁にして、大きなサイズとも対面できた





しっぽがキュッと上がって、カッコイイ!!


鱗も細かくて、本当に綺麗。




順調だと思った矢先

このナイスな鮎を、根掛かりしてしまうY(>_<、)Y


頑張って取りに行こうとしたけど





水深があり、そこそこの流れ


左手を奥まで突っ込んで、なんとか取ろうと試みたが

ハナカンの上でプチん(/TДT)/



なんと、この日


順調に掛かってるにも関わらず

根掛かりしては切る、という事を

このあと、なんと4回もしてしまい



もおぉぉぉぉーーーーーー!!!


な、何やってんだ、私ヾ(。`Д´。)ノ



舟に鮎が増えていかないしっ ヾ(。`Д´。)ノ!!!!!



6回目の根掛かりは

どうにか取りに行けるところだったんで、慎重に歩いて

無事、鮎を救出したけど


すっかり囮が弱ってしまった。(ノ_-。)


困ったときの養殖さん

何度、同じ養殖さんに頑張ってもらった事か…



何回、仕掛け壊してるねん!!

座って、仕掛け作り直してる時間の方が長いやん!!┐( ̄ヘ ̄)┌


てか5匹もロスするなんて、

自分が嫌になってしまう 。(´д`lll)


自分の不甲斐なさに、だんだん独り言が多くなる ( ̄* ̄ )


あかんあかん(・_・ 三・_・)

ふー落ち着こう。



何がなんでも釣ろうとするから

釣りが雑になってしまうんや。


こういう時は、休憩休憩 DASH!



12時


仕掛けも集中力も切れそうになったんで

気持ちをリセットするために、車へ戻ってちょっと休憩。






再び、川原へ戻る。


石のちょこんと座り

対岸の鮎師さんの釣りをぼーっと見ながら

あと1つしか残っていないハナカンを、張替え仕掛けに着ける。


これなくなったら、強制終了やな。

トホホ (T▽T;)



ずっと、瀬の中や

ガチャガチャを狙っていたんで

ここからは、瀬肩をやってみる。



ここなら根掛かりしても取りに行けるだろう。


ちょうど上にいた鮎師さんもいなくなったんで

じりっとカニ歩きで釣り上がってみる。



根掛かり多かったんで

ハリスを少し短めにして、針も軽めの3本に変えてみた。


活性があがったのが、時間帯なのか、針のチョイスなのか

やっぱり場所なのか

1時間ちょいで10匹以上かかってくれた。ヽ(゚◇゚ )ノ




おおお


これは、いけるかも!!!!!≧(´▽`)≦




4時から釣っていたが

ちっとも眠くなかったし

疲れていてなかったんで

何時まででもできる!って思ったんだけど



なんと、この時間くらいから

風が強くなり始め


竿を出すのがやっと。((((((ノ゚⊿゚)ノ



ここまで1回もバレなかったのに

この風のせいで、掛かっても竿がグラングランして

1回でキャッチできなくなってきた。\(゜□゜)/



バレリーナ復活!!! ( ̄▽+ ̄*)



座って囮にハナカンを通す時も

肩にしょってる竿が、風で吹き飛ばされそうになる Y(>_<、)Y



これは、無理にやったら

竿を折ってしまうパターン???( ̄□ ̄;)



どうにもこうにも

こんな風では、まったく釣りにならないんで

後ろ髪ひかれる思いで、2時半に強制終了








終わって見たら

5匹のロスがあったにも関わらず

43匹の鮎が舟に残ってくれていた。クラッカー






解禁から、こんなコンディションのいい鮎もいましたよ!



って事で

トラブルは多かったけど

なんとか釣りになって、ホッとした。(-。-;)


自分が決めた場所が当たって、嬉しかったし

付知も和良も、修行のような釣りで


鮎師さんの助けがなかったら、成り立たないような

情けない釣りをしていたので


この釣果には大満足だった(・∀・)



て言うか


丸1日、釣る日は

適度な休憩も必要やな~と思えた1日。


普段、たった一人で釣る事がほとんどなので

誰とも話さず

ご飯休憩も取らないし

ただ黙々と釣りしてしまいがちだが


あれ?って思ったら

ちょっと深呼吸して休憩したり

景色を見たり

仕掛けもかえてみるとか、試してみないとね。



いつも同じ事学んで帰るはずなのに

いざ、川を前に竿を出してみると

どこか忘れてしまって、

必死になってる自分がいる (*v.v)。



流れを変えたれけば

ムキにならない事だ。( ̄ー ̄)


川も逃げていかないし

鮎もそこにいるのだから。


焦らない焦らない

一休み一休み、   ですな (*゚ー゚*)。




いよいよ、今週末は郡上、板取上流が解禁する


中部でいうと、根尾川、下馬瀬も解禁するし

もうちょっとすると、大好きな白川も解禁で

忙しくなりそうо(ж>▽<)y ☆






AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:


いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ





和良の特別解禁へ行ってきた。


和良と言えば、今まで1年に1回行くか行かないかの

岐阜の中では、チョット遠い河川に入る


でも、今年は年券があるのだ音譜




去年、和良のレディース大会の景品でいただいたのだ。m(_ _)m





前日からすごい人だよという情報が入っていたので

3時に家を出る。


5時に着けば入れるとこがあるだろうと思ったけど、甘かった…。




銀座と呼ばれる病院裏は、竿ひとつ間隔


そこから、結構下の方へとトコトコ歩き






こんな感じの場所が

一箇所ぽかんと空いていたので、曳舟を置く。



平水より20cmほど、活水だという和良川



目の前のこのポイントは、川の半分まではくるぶしくらいの深さだ。


私が一番苦手なチャラチャラポイントあせる



活水の時は、水深がある場所がいい事はわかっているが

そんな1級ポイントは、どこも満員御礼だった。






5時から竿をだし、釣りはじめるが

1時間、ウンともスンとも言わない( ̄▽ ̄)=3


何回も根掛かりして

何回も取りにいく。


いきなり囮が弱るパターンやん (  ゚ ▽ ゚ ;)



釣り方を変え、上飛ばししてみたけど

まったく反応もしてくれない( ̄▽ ̄)=3


上の鮎師さんも

下の鮎師さんも掛かっていない。


上のおじさんとなんとなく目が合い


「釣れてるかい?」というおじさんの口パクに


(・_・ 三・_・) と反応する



どうも私だけ釣れていないワケではないらしい。

チョット?安心する( ̄▽+ ̄*)





私の後ろで釣っていた鮎師さんに

どうですかって、話しかけに行く。


「釣れんね~

鮎が見えんからね~」

「そうですよね。鮎見えませんよね~」




その時、気づいた

偏光サングラスしてなかった ( ̄▽ ̄)=3



そりゃ、鮎、見えんハズや ( ̄ー ̄;



曳舟を置き

車までトコトコ戻る。





車までの道のりで

色んな鮎師さんとお話ししたが

皆、首を横に振るだけだった


この日、朝から小雨が降っていた。

ちょっと肌寒い。

カッパを頭まで被って、偏光をかけて再びポイントへ。



活水というだけでなく

天気や水温のせいもあるとも思え出して

焦る事ない、これからだなって思えるようになった。(*゚ー゚*)






朝のポイントへ戻ってくる。


あ、上にいたおじさんがいなくなってる( ̄ー ̄)


こんな早い時間から、場所移動か。

厳しいんやな…叫び



でも…

こんな場所でも、鮎はいるはずだ。


動けないなら

そこで掛かる鮎を見つけなきゃいけない。



このポイントで唯一、色が変わってる場所は

奥のヘチのところだけ。


竿を思い切り横に倒して

そこに囮が入るようにしたら、やっと1匹目が掛かった(ノ^^)八(^^ )ノ



この囮で循環が始まる?って思ったけど

どうも釣れるとこは、同じみたいで


あの草の下に囮が入った時だけ掛かるのだ( ̄ー ̄)


て言っても、2時間で3匹だけどY(>_<、)Y



それに、釣りにくいのなんの…

何回も木に仕掛けを引っ掛けそうになる(-。-;)


もう釣れへんのかな…(><;)


そんな弱気な事をぼーっと考えてる時

ポケットの中で、iPhoneがブルンと鳴る。


フェイスブックのメッセージが届いた合図だ。


「上で釣ってます」



???





上を見上げると

さっきのおじさんの場所に

名も知らない鮎師さんが、泳がせしていた。


はて、どなたでっしゃろ?| 壁 |д・)



私の殺気を感じたのか、その方がコクっと会釈してくれる



私は、誰だかわからなかったけど

何か言いたげな感じだったので、その方の方へ向かった。


すると、その鮎師さんはニコっと笑い

「朝、友達申請したものです。(^∇^)

偶然、ここが空いてたんで

さっきから釣っていました。

よく見たらあゆっぺさんが下にいるんで、

びっくりしてメッセージしちゃいました(・∀・)」



そういえば、朝、囮屋さんで

二人の鮎師さんに声をかけていただいたんだが


フェイスブックの友達申請していいですかって言われたので


誰だかわからないといけないで、

わかるようなメッセージ入れておいてくださいね、と話したばかりだった。ひらめき電球


そのメッセージが、「上で釣ってます」って事だったワケだ




こういう偶然もあるんだなぁ~

こんな広い川なのに…って思いながら


また、自分のポイントへ戻ろうとすると



「オヤ、あります?」という、

お約束?のようなありがたいお音葉が…(T_T)



付知の記事はまだ書いてなかったので

これも、すごい偶然なのだけど

オヤを分けてもらう事まで連チャンで続くなんて


これってデジャブ?って、一瞬、かたまりそうになった。


朝、5時から鮎の顔をまだ3匹しか見れてなかった私


心折れそうになりかけていた時だったけに

本当にありがたい言葉だった(ノ◇≦。)



「結構渋いですが、大切な囮、大丈夫ですか?」

「はい、今、10匹以上釣れてると思いますんで」



「えええええ!!!!いつの間に????」



朝の1時間ぼーずで

その後の2時間で3匹しか釣ってない私は

1日でやっとツぬけかも!と思っていた頃だったんで


さっき、入ったばかりのこのお方がが

1時間ちょっとで10匹も釣られていた事にびっくりだった。(ノ゚ο゚)ノ


曳舟を持って、お言葉に甘える(。-人-。)



「大丈夫です、どの囮もそんなに使っていないので

いいオヤをもらってやってください」


「は、はい…」


「あそこにね、群れがいるんですよ

そこしか釣れないんですけど、結構、いい型がつれまして」



そう言って、曳舟からピチピチのオヤを2匹分けてくださった



「本当にありがとうございます。

これで、絶対変わる気がします!」







その言葉どおり、囮を送ってすぐに

また、あのヘチで1匹すぐに掛かった。


後ろを振り返ると、

鮎師さんもちゃんと見ていてくれていたグッド!



黄色くて、ぬるっとプリっと

スイカの匂いがプンプンする、いい鮎だ。



そこで3匹追加するも

やっぱり釣れる場所が限られていたので続かず



鮎師さんに、ありがとうございますと

ペコリと挨拶し


下のガチャガチャの瀬が空いたので

場所移動する事にした。






分流がひとつになってるような場所

真ん中に立つと

右岸と左岸、両方、狙える


深くて膝上くらいの場所だったが

充分な水量だし


タナと、トロンとしたとこが混在する

いかにも釣れそうなポイントに見えた。


対岸で釣っていた方は

私が入った時には既に20匹以上釣ってるとのことだったので

なんとなく期待が持てた。


むっちゃ釣れそうやん。ヽ(゚◇゚ )ノ

むっちゃラッキーなんちゃうん??о(ж>▽<)y ☆



後で聞いた話だが

ここは私が入る前に、人が入れ替わり立ち代り

散々、叩いていたらしいあせる


釣る前に聞かなくて良かった(^▽^;)

なんの先入観もないので

気になったタナめがけて、囮を送る。




ギュギュんアップ


目印がひったくられる







場所と囮


やっぱりここでも、同じ思いを経験した。


変わってすぐにいい型の鮎が掛かり

そこから、面白いように連チャンした。






瀬の中というよりは

その横のトロンとしたところでよく掛かる。


見た目はキツそうに見えても

石がゴロゴロしてるので、掛かってもタナで止まってくれて

取り込みも比較的スムーズだった。




ぽてっとして、香りが強烈!


解禁から、こんないい鮎に出会えるなんて!

和良川、最高!!≧(´▽`)≦




場所変わって2時間

17匹追加出来たところで

用事ができたため、2時に強制終了。



もっと時間があったら

もっと、和良鮎と遊べたかな?


後ろ髪引かれる思いで

和良川を後にしたのだった。



和良は、高く買い取ってくれることでも有名だけど

この日は、今年の初和良鮎なんで

持って帰る事にした。







活水で場所ムラもあったみたいだけど

よかった場所は80匹とか釣れたみたい!!



本解禁は、2週間後の6月11日(土)音譜


今から、こんな鮎が釣れるなら

今シーズン、どうなっちゃうの???



また、平日にのんびり来たいなー(*゚ー゚*)



そう思いながら

今日も鮎師さんとの出会いによって、釣らせてもらった事に感謝した。m(_ _ )m




もっと上手くなりたいな。


私がオヤありますかって言いたいな。



そればかり考えて

途中、鹿をしきそうになりながら( ̄□ ̄;)!!

ヒヤヒヤ、峠を越えて

家路に着いた。
















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ





付知解禁から1週間後の日曜は

レディース大会の日でもあった。


今年は思うことがあって、エントリーしなかったんだけど

まめちゃんが出ると言うんで、応援がてら付知へ向かった。



さすがに大会会場へ着くと

なんで出なかったの?って、色んな方から聞かれたりして


ちょっとその場から離れたくなり


橋の上からまめちゃんにエールを送り


大会が終わるまで、他のポイントで時間を潰そうと思った。





は~(〃∇〃)


相変わらず、綺麗だこと。

この景色をぼーっとみてるだけでいいや!って思えてくる。






まだ着替えてなかったので

サンダルだけ脱ぎ

石に座り、足をダランと水に浸ける



ぼーっとしてるだけでいいや!って思っていたけど


鮎師さんたちが

しゃがんで鮎にハナカン通したりしているのを見てると


やっぱり、「鮎と戯れたい!」って思ってしまう







あと3時間くらいで大会は終わりそうだったんで

その間、ちょこっとやってみよう (・∀・)


そう思って、着替え

準備し、張り切って川に立ったのだけど…



渋い渋いって言われているこの時期の付知


渋いから釣れないのか

私がよう釣らんのか


まったく、釣れないY(>_<、)Y



1時間やって、なんとボーズ!!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



これではいかん!と思い

いつものあゆっぺポイントへ向かうも




日曜なのに、いつもの常連さんもいない( ̄□ ̄;)!!


嫌な予感あせる


1週間前より、だいぶ水量も減ってるし

色もちょっと悪い気がする。



この前よく掛かった、鉄板のヘチを狙ってもピリっともせず





まめちゃんがプチ入れ掛かりした、瀬をやっても

うんともすんとも反応なし \(゜□゜)/


なんと、ここでも2時間ボーズ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



今日、レディース大会、厳しいやろな…って思いながら

大会会場へと向かった。



会場だったポイントへ向かうと

まめちゃんがてっちゃんと川に立っていて





えとちゃんが満面の笑みで、迎えてくれて

ちょうど今から釣りをするところだった。


聞くところによると


1位、2位の方は、なんと込み12匹の好釣果((((((ノ゚⊿゚)ノ

3位の方も、込み11匹、接戦だった。



えとちゃんのお弟子?さんの高校生の子は初参戦で

しかも鮎釣りも始めたばかり。

付知の解禁の時に、形にしないと!って、

えとちゃんが特訓していたくらいだったのに


なんと9匹釣って、堂々の6位入賞だとかクラッカー


そりゃあ、えとちゃん嬉しいはずだわ~と


見ていなかったけど、結果に興奮してしまった。



今日の付知だったら、私はよう釣らんかったと思うので

本当に、この釣果にはびっくりした。




3時間ボーズを食らってる私あせる


入賞された方の好効果に触発され

よく釣れたという大会エリアの空いてるところで、竿を出してみる。







…  …( ̄ー ̄)


つ、釣れないんですけど…( ̄ー ̄)



あ、鮎って、どうやって釣るんでしたってけ…。((((((ノ゚⊿゚)ノ



途方に暮れそうになった時に

やっとこさ、待望の1匹が掛かるも

その後続かず、1時間で3匹しか釣れなかった( ̄▽+ ̄*)



今日は、ツぬけも、させてもらえませんかの~。(´д`lll)



そんな、私の背中が、よほど哀愁漂っていたのか

後ろから声をかけてくださった鮎師さんが

どんどん、私に向かってこちらに来られて


「オヤ、使ってください」と、私のタモに

ピチピチのオヤを、数匹入れてくださったのだ(T_T)



「いいんですか\(゜□゜)/」 と私


「はい、解禁でたくさん釣ったので…」 と、YASさん(優しい鮎師さんの略、DAIGO風)


「全然、釣れなくてトホホでした」


「今日は、さっぱりですから、もう帰ります」


さっぱりって言っても、結構、舟に入ってるいるそうだけど


「あの…いつもは、どこで釣られるんですか?」


「いつもは郡上が多いんですけど…

あ、そうそう。

板取、あゆっぺさんのブログで見て行きたいなとずっと思ってました。

どこがいいですか?」


「あ、去年、サルと会った場所とか

よく行った場所は、○○ってポイントです。

バンガローさんで一度聞いてみてください!

川もむちゃくちゃ綺麗だし、鮎もきれいなんで

きっと、お気に入りの場所になると思います!」


「ありがとうございます!

本当にいつも写真が綺麗で気になってました!

今年は、是非、行ってみようと思います(・∀・)」



そんな会話をして、その名前もわからないYASさんは

爽やかに去っていった・°・(ノД`)・°・




この囮で循環が始まるかな?



そう思うとワクワクしてきた。



せっかくだから、場所も変えよう!(`・ω・´)ゞ




この日は、水深のあるところがピンポイントに釣れていた。


ちょっと下っていくと、水深があって

流れがぶち当たって渦になってるポイントが、ポカンと空いていた。





こんないい場所で

こんないい囮で釣れないなら

修行しなおしじゃ!(゙ `-´)/



そう自分に言い聞かせ

ピチピチの囮にハナカンを通す。


なんて事はない。


出し掛かりっていうの?

すぐに1匹目が掛かった (・∀・)




やっぱり、囮と場所って大事やなぁ


わかりきっていた事を、再確認する。



さっきまでののは、なんだったん?


そう思えるくらい、順調に掛かる。


入れ掛かりって感じではないけど

こんなに掛かる事が嬉しいなんて



数時間前まで

泣きそうだったのに

この数分の出来事で、帳消しになってるんだもん。


鮎釣りってマジックやな


てか、自分って単純やなー(*v.v)。





目印が見えなくなるまで、夢中に釣り

竿を収めた






あの親切な鮎師さんの囮から循環が始まった


あの囮がなかったら

今日の釣果も

この充実した気持ちも味わえなかっただろう。





そんな事を思いながら

眠い目をこすって、ハンドルを握る。


途中、あまりにも眠いので

仮眠のつもりで横になったのだけど

本気で寝てしまい\(゜□゜)/


家に着いたのは10時だった( ̄□ ̄;)





名もわからない鮎師さん

大事な鮎を分けてくださって、ありがとうございますm(_ _)m


板取でお会いできたらいいですね。




その時は、私が「オヤありますか?」って、言いたいな。 о(ж>▽<)y ☆


















いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ






フェイスブックなどで

有田の解禁情報を

他人事のように読んでいた私。


いつも解禁は付知って決めてるし

解禁3日目くらいの平日って、今年も思っていた。


付知の解禁は5月14日の土曜だった。


3河川同時解禁とあって、いつもより空いていたようだけど

銀座には、夜中でもまるで昼のように明るかったという。




この時期にしては型のいい鮎がたくさん釣れたとの情報が

あちこちで聞こえる


あえて、耳を塞ごうとしたけど


1年ぶりの鮎友からのラインに胸が高鳴る



「久しぶり、あゆっぺ

 明日の日曜、付知行くんだ。

 あゆっぺも来てる?」


まめちゃんからのラインだった。


まめちゃんとは1年に数回、釣行した事がある。

解禁とレディース大会の時くらいだけど。


付知の解禁は2回、一緒に竿を出した。


去年は、まめちゃんが忙しくて

レディースに出れなくて

中央で会ったきりだったので、実に1年ぶりの再会だ。


この機会を逃したら

まめちゃんに、1年会えないかもしれない。


そんでもって、月曜に今年の初釣行を予定したけど

天気予報では雨だという。



これは、行かなあきまへんな


そう思ったら、居てもたってもいられなくなった。


なんも用意してなかったけど

仕掛けは、1年分くらい作ってある。


ベストの中を整理し

真夜中の指差し確認をし

早めに寝た



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



朝、6時


今年から何故か師匠になって特訓したると意気込んてる、Oさんから

「今どこらへん?」って、連絡が入って飛び起きた


「今から出るとこでやんす

現地に付くのは、8時くらいかも!」っていうと


「重役出勤ですな」と言われ、慌てて車を走らせる。





原満さんで、日釣り券を買い

目の前の淵がどんな感じなのか、ちょっくら拝見音譜





相変わらず、ここっていいポイントだな。


お?

あのお方は?





セシリアさん!


セシリアさんも、レディース大会か上州屋の大会くらいしか会わないから

ちょこっと話したかったけど


後ろ姿に、「よ、女前!」っと軽くエールを送った。





そのすぐ下流は、こんな風に混み合っていて

解禁だなーって、実感が沸いてきたのだった(・∀・)





Oさんと、Hさんとの待ち合わせ場所は、道の駅だったんで

通り道である島田橋で、一旦ストップ


この光景も、解禁ならでわですね音譜





水が高いって聞いていたけど

平水に戻りつつある。


残り垢でらいやで!って、前日、行った人に釘刺されたけど

ちょっと白っぽい気がするような、そんな感じの川の色



私の苦手な、残り垢ねらいですかぁ!!!



心の中で不安の雄叫びをあげ

待ち合わせ場所へGO (σ・∀・)σ


Oさんも、Hさんも

昨日、釣った場所は動けなくて、面白くなかったと言う。


あまり釣れんでも、人の少ないとこがいいというんで


あそこしかない!って思って

いつものポイントへ、私がナビした。






ほら


ほらほらほら






囮缶が沈めてあるだけで

向こうの方に、数人鮎師さんがいるだけで


ここは、いつ来ても貸切き状態




釣れるかは別として… ヾ( ´ー`)





しかしまあ、綺麗だこと。(〃∇〃)


あの奥の色の濃いとこが釣りたくなったんで

竿を伸ばし、仕掛けを穂先につけた。


曳舟の紐を腰につけ

川の真ん中までズンズン進む。


水が綺麗だから、勘違いするけど

こう見えて結構深かったりする。




腰の位置まで水が来て

ドライだけど、ひんやりした。


残り垢って

あの、奥の色の濃くなってるとこやんな。( ̄ー ̄)



一昨年

残り垢って言葉は知っていても

どこ狙うん?って、わかっていない事を分かってしまって

むちゃくちゃ悩んで


しらっかわの郡上で、何度も何度も練習したっけ。


今も分かっているとは言えないと思うけど

なんとなくあの辺な気がするなーってところへ

そーっと囮を誘導させる。




シーン


( ̄ー ̄)


嫌な予感がする


(・_・ 三・_・)


あかんあかん


囮に自分の意思をい押し付けるんじゃなくて

自由に行ってもらえるように、サポートするくらいの操作をしなくちゃ。




そして、開始数分


目印がギュギュって、走る。ヽ(゚◇゚ )ノ


一気に頭が真っ白になった。ヽ(゚◇゚ )ノ


取り込みは相変わらず、下手っぴだけど

へんてこ取り込みでいいから、

記念すべき1匹目を何がなんでも回収したい。( ̄ー☆




よいしょ!


流れが強くなかったせいもあって

スムーズに鮎がタモに収まってくれた。





おおおお



解禁から、こんないい型の

追い星くっきりの鮎に出会えるなんて!



初鮎との感激のご対面を果たしたあとは

スリスリしたい衝動をくっとこらえ、囮を送った。


入れかかりタイムに突入するかも!という、期待感で

竿を持つ手もプルプル震えてきた。



すると、同じ様な場所で4連チャン、パタパタっと掛かり

ぴたっととまる。( ̄∇ ̄+)





少し下流へ横歩きすると

こんな風になっていて

この下は急な段々瀬になってる。


岩のきわきわと、その奥が黒い


真ん中は、かなり深そうなんで

黄色い大きな石の上にのって

ズームを伸ばし、竿を85にして、

仕掛けもちょい長めにして、泳がせてみた。



キュイーン音譜


竿は弧を描くように、曲がり

思い切り、のされそうになるけど

お腹で固定するようにぐっと、耐える。(゙ `-´)/


問題はここからだ。


あの下は、キツイ段々瀬

落ちたら、取り込めないだろう。

鮎とのやり取りに時間かかりすぎても

身切れするだろうし


この体制で、えらいこっちゃ\(^_^)/


どうにかこうにか、やっとの思いで取り込んだ鮎も

綺麗な真っ黄色の鮎で写真に収めたかったが

この体制では、流石にアイフォンをポケットから出せない。


すかさず、すぐに送り出す。


こんな感じで、9時から始めて

1時間くらいでなんとかツ抜け


この調子やったら、帰る頃は曳舟満タン??( ´艸`)


そう思って場所を移動しようとした時

まめちゃんから、連絡が入る。


一旦、川原に出て

まめちゃんと1年ぶりの再会を果たし

再び川へ。



日も照ってきて

手は焼けそうなくらい、日差しはあったかいんだけど

どうも、体が冷えてしょうがない。


腰まで入っていた時は

水の冷たさで麻痺していてわからなかったけど


どうも、ボンドで修理したはずのお尻の部分から

水が染みて来ていたらしく


興奮してプルプル震えてると思ったけど

寒さでプルプル震えていたのだったヽ(゚◇゚ )ノ


ウェーダーは持ってきていないんで

これで今日やるしかない。


身体をあっためるために、車で暖房をつけちょっと休憩(笑)


まめちゃんが2時間しか一緒にできないって言うんで

再び川に戻る。


無理して奥まで入ることない、川原でやればいいんだ( ̄ー ̄)


まめちゃんの下に入らせてもらって

ちょっと竿を出すんだけど

竿を持つ手の震えが止まらない(笑)


この微妙なバイブレーション釣法?が良かったのか

ここで3匹追加。


楽しい時間はあっという間にすぎ

まめちゃんが帰る時間になった。




キツイ瀬で、コンスタントに掛けていたまめちゃん。


竿頭ちゃう?って思って、鮎を見せてもらうと


「半分くらいバラしちゃった」と、チョット悔しそう。





立派なアマゴも釣れ

また会おうねって、約束し

大満足な感じで帰っていった。


私は、体の震えがいよいよMAXになってきたので

休憩がてら、

てっちゃん&えとちゃん達のいる田瀬の方に行ってみることにした。



結構上流まで車を走らせ

グルグル回って、いつものてっちゃんポイントでてっちゃんを見つけ

女子高生を指導しているえとちゃんも見つけ


のんびりした時間をすごし


再びあの場所へ。





ちょっと日が陰ってきた頃

Oさんが、私の入ってた場所でプチ入れ掛かりしていた。


もう1回だけ、やってみようとまめちゃんポイントで竿を出してみるが

3匹追加できたのがやっとで

寒さに勝てず、リタイヤ・°・(ノД`)・°・



前半、順調すぎるって思っていたけど

寒いのは、釣りにならないって改めて思った。(ノ◇≦。)


OさんとHさんは、温泉にいくと言うんでここでお別れする。


皆、似たりよったりの釣果だったけど

のんびり、いい釣りができたって言って貰えて嬉しかった。



帰りの車の中

アクセル踏む足が

異常なほど、ガタガタ震えるんで

コンビニであったかいコーヒーを飲んで、暖房つけて運転した。







夕日に染まる付知川を見ながら

今年も始まったんだーって、しみじみ思った。





帰り道


付知峡があまりにも綺麗だったので、途中で車を留め

本日、出番のなかった一眼レフを首にぶら下げ、トコトコ歩く。







もう5年も付知に来ているが

ここを歩いたのは初めてだ。








木漏れ日がやさしい






綺麗…!



しばし言葉を失う。


釣りだけして帰るのではなく

その道中も楽しむ事も、鮎釣りの醍醐味だ。


あまり釣れなかったけど

身体は冷え切っていたけど


一気に温まった気がする。(*゚ー゚*)






さあ


アツイ、シーズンが始まりだ。


いつも、あっという間に終わってしまうんで

今シーズンは

1回1回の釣行を、本当に心から楽しもう!



そう心に言い聞かせ

眠い目をこすり、家路に着いたのでした。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆





久々の投稿で

ロングになってしまいましたが


今シーズンも、笑顔で釣りできたらと思います。(*゚ー゚*)


綺麗な川

やさしい囮屋さん

川に凛と立つ、たくさんの鮎師さんの姿

追い星くっきりの鮎を

なるべくたくさん、写真に収めたいと思います。




皆さんにとっても

楽しい濃いシーズンでありますように m(_ _ )m














いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

テーマ:


いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ







すっかり春ですね~


相変わらずののんびり更新で

イベントで、色んな方から


「いつブログ更新するの?」

「楽しみにしてるよ」


そんなお声をたくさん頂きまして


書きたい気持ちと

書かなきゃいけないような気持ちと

書きたいときに書けばいいやって気持ちがごっちゃになって


なかなか

ブログと向き合えずにいたけれど


この間、冬眠していたようで

ちゃっかり、イベントには出没してました







3月のダイワフィッシングショー


会場が家から10分なんで、行ってきた



Fショーで、気になっていたけど、触れなかった袋タモ


思う存分、触ってきた( ´艸`)


赤がお気に入り







会場も広かったんで

竿も思う存分、ブンブンしたり




4月にはフィッシング遊さんのイベントへ行き










初日、小沢兄弟さんのトークショーを聞いたあと


お楽しみ抽選会に参加し


珍しく?景品GETできなかったんで


リベンジするがごとく、翌日もフィッシング遊さんへ。





イベントの前に


我が家恒例の、桜と猫の撮影会を決行







天気が悪かったけど

次の週まで桜が持たなさそうだったので

嫌がる猫たちをケージに押し込んで

撮影ポイントをグルグル巡る






片手で抱っこしながらの撮影



動き回る猫の奇跡のショット







桜と猫って合いますな。



ちょっとは、腕があがったかな?と思ってたけど

天気が悪かったら、今のカメラではこれが精一杯





竿より、ウェアーより

カメラが欲しい!って、思ってしまった( ̄▽+ ̄*)




そんなこんなで

急いで、家に戻り

また、フィッシング遊へGO (σ・∀・)σ


余裕だと思ってたけれど

日曜とあってか、道が混んでていて

着いた頃にはトークショーが始まっていた ((((((ノ゚⊿゚)ノ




ものすごい人でびっくり\(゜□゜)/


抽選会、危うし ((゚m゚;)



村田満さんのトークは、相変わらず面白くて

ずっと笑いっぱなしだった。


前日より人が50人ほど多かったんで

抽選会の倍率も上がってしまったわけだが


ちゃっかり、景品GETグッド!





あちこちで、鮎まつりがあったり

渓流の釣果報告があったり


予約した竿を取りに行くよという話や

そろそろ仕掛け作りますといった話を聞くと


またこの季節になったのだなーって思う。



私の解禁は、いつも6月なんで

まだ他人事のようだし

いつも、エンジンがかかるのが遅いけど


今年はとにかく楽しく

去年行けなかった川、できなかった事

体験してみたい事、挑戦したい事を

やっていきたいなーと思う。












いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ





今までで一番、滞在時間が短かったけど

このコーナー、もうお約束なので


鼻水をすすりながらでも

ミッション?を果たすべく


綺麗なお姉さんを追っかけましたよ。







1.白い制服が眩しい、オーシャンルーラーガール音譜 



       





2.ショーパンにブーツ姿がお似合いだった、 Hapysonガール音譜 








3.アイドルみたいにキュートな、ブルーストームガール音譜


        




4.コスメ売り場の美容部員方みたい!バニーウォークのお二人音譜

          





5.けん玉チャレンジではお世話になりました、TICTのお二人音譜







6.女子アナさんみたい。お肌プルプル ZEALのお姉さん音譜








7.ロングの黒髪が素敵!笑顔さやわかな、ダイワガール音譜







8.やっぱり今年も外せません、ジャッカルガール 音譜








9.これだけ一眼レフ、個人的にはこの方に1票。 あおりねっとのお姉さん音譜 









10.大本命?なんと、あの車メーカーから! 女優さんのような NISSANレディ 音譜



今回、いつもより写真が少なかったんで

さりげなくロゴを入れたりしちゃったけど

気づいていただけましたか?


今年は、今まで一番露出が少なかったような…

毎年、ちょっとずつ大人しく?なってきてる印象。


コスチュームを着たお姉さんたちを探すのも一苦労



今年は、ウキマロと写真を撮れなかったのが残念


皆さんの投票、お待ちしております(ノ^^)八(^^ )ノ  


って、なんも出ませんが、( ´艸`)




そう言えば、新しいDVDもたくさん出ましたよねっ


これから、DVDでイメトレして

エア取り込みしたりなんかしちゃおうかな。о(ж>▽<)y ☆





















いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:






いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ




毎年、Fショーでは

同じとこにずーといたので

必ず誰かに会ったり、声をかけらてたのだけど


今年は、一箇所にずっといなかったので

ほぼ、誰にも会わないという1日だった。


こんなに歩き回ったのは初めてなくらい、ずっとウロウロしていたので


いつもは、閉館の蛍のヒカリまでいるんだけど

2時くらいには、バテそうになった。(運動不足ですなあせる







モーターショーに行ったことがある。


車って

趣味というよりは、生活に密着してるんで

その車を乗る乗らないとか

乗り換えるとかの計画がなくても


そこに行っただけでワクワク、楽しかったりする。


試乗できたり、イメージがしやすいからなんだろうなって思う。


釣りは趣味の世界なんで

やっぱり、自分の好きな釣りや

今、やってる釣り以外には

どうしても無関心になりがちだ。


経験や体験しないと

イメージって限界がある。


どんなに趣向を凝らして

色んな煌びやかなものがあろうが

人の心を動かすのって、難しいだろうなってつくづく思った。






車が展示してあっても





あの看板、何の看板かなぁ~と思っても

鮎釣り意外興味がない私は


まったくと言っていいほど、そそられないのだ Y(>_<、)Y



だから、ひとつ前の記事じゃないけど


鮎竿が天井いっぱいにシャキーンって並んだりしても


興味がない人からすると

素通りになってしまうのは、しょうがない事なのかもしれない。



その点、マス釣り体験なんかは

お手軽だし、いい企画だといつも思う。





毎年、オープンと同時に

ソッコー完売になってしまう人気コーナー





私もはじめてのFショーで、一度だけ体験したけど

1匹も釣れなかったなぁ。(/ω\)



釣りって釣れたらオモロイし

釣れなかったらホントにつまらないけど


教えてくれる人がいるのといないのとは、全然、ちがうと思う


あの時、近くでこうやってスタッフさんがいてくれたんで

釣れなくても、しょぼんと凹む事もなく


むむむ

今度こ度は!!!って思ったもんだ。





鮎釣りって、あんなに面白い釣りなんで

気軽に体験できるような土台が整えば

もっと、盛り上がるのになぁ。



たった一人で行っても

道具がなくても

スキーやスノボのように


身体ひとつでそこに行っても、


竿やウェアが借りれて、釣り方を教えてもらえるような

そんな「プチ鮎釣り体験的」経験ができちゃうような環境があればなぁ…。




そんな事を考えながら

人の中をかき分けかき分け


人混みに酔いそうになりながら






一際目立つ、 ダイワさんのブースへ。(σ・∀・)σ








いつもお元気な、村田さんの周りには

相変わらず、人がいっぱい。≧(´▽`)≦






瀬田さんも、ひっきっりなしに

お客さんの質問攻めにあってたな~ ( ´艸`)


そんな中


伊藤さんが、今年、一押しの竿を教えてくださった。






グランドクロス!!クラッカー


セールスポイントを教えてくださいって言うと

にっこりと丁寧に解説をしてくださいました。


てか、動画に取っておくべきだった(汗)



鮎竿の究極形

一本の竿で多くのシチュエーションをカバーできる、夢のロッドだそう。


穂先2本(SMT、ソリッド、)と、(SMT、チューブラ)で

ソフトとパワーを使い分けることができ


穂持ち2本があって

穂持ちもソフトタイプと、パワータイプがあって

パワータイプは15センチ短い


1つの竿で、4つの個性的な調子と

パワーが出ちゃうそうなのだ。


↑ここまでは、説明だったのだけど


イマイチ、頭の中がハテナだった私あせる



実際、2本の竿を持たせてもらったけど

全然、違う竿をもってる錯覚に陥りそうになった。


1本でフルシーズン通せる、オールラウンダーな竿って仰ってたけど



使ってみたい!

使ってどんな違いがあるか、色々試してみたい!って、思っちゃった。



あと、もうひとつ気になってったのは



スピードフォルムの ’ポケダモ’!!合格





鮎釣り始めた頃は

袋タモを使っていたけど


曳舟を置いて川原でって、シチュエーションがあんまりないので

最近は、袋タモはほとんど使わなくなった。


でも、たまに、無性にあったらな~って思う時がある。


このタモだと、水切りも楽で

曳舟を置いたままの釣りも楽々やん!!



実際、手に取って見る事はできなかったけど


3月に愛知で、ダイワさんの鮎フィッシングショーがあるんで






家からも近いことだし

思う存分、触ってみたいと思います ( ´艸`)



ダイワさんのすぐ近くのブースで

何やら人だかりができていたので、覗いてみると

釣りビジョンのトークショーをやっていた。




てか、始まって30分くらい過ぎていた( ̄□ ̄;)!!






結構、笑いが起きていたな。

何度も、ププッと吹き出しそうになった。(-^□^-)



遡上の話とか

どこの川が気になるとか、どこの鮎が美味しいとか

鮎釣りする人も、そうでない人も

楽しめるような内容だったと思う。


ああああ


もっと、早く気づけばよかった(ノДT)



じゃんけんは見事に、カスリもしなかったけど


トークショーの中で

井川さんが、オススメしていたオーナーの新製品が気になって気になって。


今年のニューモデルのベストなんですが



オーナーは今年は出店がなかったんで

実物を見る事ができなかったんだけど


カタログが届いたって言う先輩から、画像を拝借(。-人-。)





まず、目を引いたのはデザインと色目


ブラック&ピンクは、むちゃくちゃオシャレ!!合格


そんでもって、サイズ展開目


鮎ウェアーって、女性向けのサイズってほとんどなくて

シャツとかは、Mを着てもブカブカ


ベストなんかかは、

チャンチャンコを着せられてるような感じになっちゃうパターンも多かった


今、私が愛用してるベストは

横脇下でクリクリと調節できるけど


すべてのメーカーで

自分が欲しいって思えるデザインで、

自分にサイズに合ったものが買えたら…って、ずっと思っていた。




でも、このベスト


サイズがSサイズから揃っている。ヾ(@°▽°@)ノ


色目なんかは、まるっきり女性アングラーを意識してると思うし

そういう気遣いが嬉しいですよね。



3月になると、色んな釣具店さんで鮎フェアとかあるから

実物を羽織ってみたい!!



その後は





がまかつさんに行ったり




バリバスさんで、新しいハリをもらったり





偏光サングラスとか、掛けたり






世界一周すると景品がもらえる、けん玉チャレンジを見て

私もちょっと参加してみたくなるも

自分の鈍臭ささに笑いしかでなくて叫び


子供があまりにも上手なんで、断念したり…して



iPhoneの充電がなくなったのと


マスクなしでウロウロしすぎで、風邪を拾ったのか

だんだん、具合が悪くなり

2時半ごろ、ついにダウンしそうになり撤退 カゼ



家に帰ったら

ダイワさんのカタログが届いていたけど

袋から出す元気すらなくて

熱を測ったら、38度あせる


お粥食べて、クマのように寝て

ちゃんと見たのは、2日後汗





マスターズかぁ…


去年、雨で延期になって、出場できなかったけど

全国大会を長良で見れて

なんか、むっちゃ興奮したなぁ…。


カメラ始めたばかりだったんで

とにかくシャッター切りまくっていたなあせる



改めてカタログを見ると、

少しずつだけど、鮎モードになって来る。


って事で、ちょっと元気になったんで

新しいDVDとかも見たいし

釣具店さんへGO(σ・∀・)σ







番外編 お姉さん編へ続く…








いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもポチっと、ありがとうございます (*゚ー゚)ゞ


 ↓      ↓       ↓


日本ブログ村 鮎釣りブログへ



鮎釣りをはじめて、5回目のFショー



はじめてのFショーは

それこそ、どんな感じかもわからなかったんで

エスキモーみたいにポンポンに着込んで

トランクまで持って行ったっけ(汗)


それからと言うもの

2月のこの時期は

毎年の恒例行事のように、大阪まで足を運んでいたので

ちょっとは要領を得たつもりである。





9時にオープンだけど

9時前だとむっちゃ並ぶんで

9時ちょっと過ぎた頃の方が、すーっと入れる  とか


入口に近いコインロッカーで上着を脱いで

歩き回ったら、ちょうどいい とか


トイレは中に入って

奥に行けば行くほど空いていて、並ばなくていい とか


ま、どうでもいい事だらけだけど( ´艸`)



そんでもって

いつも1番最初に行くのは、ヤマワさん






入り口からすぐなんで

むちゃくちゃ人が多かった( ̄▽+ ̄*)





お、てっちゃん

早くもお疲れ気味???



あまりの人ごみで、ロクに挨拶できない



ちょっと落ち着いてからにしようかなぁ~と思って

クルッと一周しようと思ったけど


「あゆっぺ?」と見つかってしまったあせる



お客さんの食い付きがよかったのは


スマートオモリストッカー 音譜





0.5号~3号までのオモリを

サイズ別に収納できるという、スグレモノ


好みで号数の組み合わせも可能だとか。



 

カタログで見た感じだけでは、よくイメージできなくても

Fショーってどこっよりも早く

実物を実際手に取って見る事ができるんで、いいですよね


私は、普段オモリをほとんど使う事がないけど

欲しくなってしまうのが、Fショーあるある叫び



あと、気になったのがこれ






引舟バランスシンカー 音譜





貼るだけで効果抜群、転覆しにくいんだってヽ(゚◇゚ )ノ

また、転覆しても自動で反転し、戻りやすいとの事ヽ(゚◇゚ )ノ


私は、よく曳舟がひっくり返ったまんまで釣りしてる事があるんで


お買い上げ決定かな?( ̄ー ̄)



あと、


ロッドカバーと言えば

やはりタックルインジャパンだと思うのだけど


今年は新色が出ましたね




      

                         ↑


                        これ



むむ?


遠すぎてわからん???





ファイヤー、唐草、ゼブラ、カモフラージュの4色


こうちゃんはゼブラだろうな。

私は、迷彩好きだし、カモフラかなっヾ(@°▽°@)ノ





って事で、目に飛び込んで来たシマノさんへGO (σ・∀・)σ






ここまで来るのに、もはや汗だく。(゙ `-´)/


上着脱いでよかった。あせる






シャキーンアップ



鮎竿は長いんで、すぐにどこにあるか、一発でわかる。


やっぱり、ずらっと並ぶと圧巻ですな。


鮎釣りをした事がない人も

鮎竿の前で立ち止まったりしてて


「リールがないから、こんなに長いんかなぁ~」とか

話してるたりしてたな~≧(´▽`)≦



そのあと、値段をみて (ノ゚ο゚)ノ


一瞬、ぎょぎょって顔になって ((((((ノ゚⊿゚)ノ


そーっと竿を置いていたっけ ( ̄▽+ ̄*)






今年も竿は買わないかもしれないけど

気になった竿はある。 


ひとつは、 競RSの85-88音譜


上州屋さんの実釣会で、2年連続RS小太刀を使って

本当に欲しいって思った


でも今、ズームの小太刀を使っていて、

小太刀が2本あったら、きっと1つは使わないだろなって思って買わずにいた


でも、RSのあの感じがしっくり来るってずっと思っていて


今年のカタログで、85-88が出てるのを見て

なんか、どんな感じなんだろうってずっと気になっていた。



手に取って、ぶるんぶるんしただけでは

全然わからないんだけど

軽くて、持ちやすいなーって印象。


そして、もうひとつ気になったのが







ラシュランNP 音譜


正直、カタログを見たときは

あんまり興味が沸かなくて、素通り?だったんだけど


実物をみて、一番最初に手にとってしまった。


まずは、色。


カタログでは、地味に見えるけど

実物は落ち着いた、マルサラカラー合格

マルサラって去年、ブレイクしましたよね



口紅?というか、リップスティックみたいで艶っぽくて

でも派手でもなくて。


こういう色の竿、欲しかったってずっと思っていたので

頬ずりしたくなっちゃいましたо(ж>▽<)y ☆


長さ、88、重量235と

女性には使いやすそう!


実際、ぶるんぶるんしたけど


やっぱり、


今の私には、

ぶるんぶるんしただけではわからん、

って事しかわからん  て、結論でした( ̄ー ̄)








そのあと、3名人のトークショーを聞き



歩き回って、足がパンパンになったんで

ちょっと休憩あせる





エビ釣りに夢中な子供達を横目で見ながら

のほほんな気持ちになった

                  




キャップとトレーナーには、サインがビッシリ。ヾ(@°▽°@)ノ


いつか、この子も釣りガールとなるのかなって思うと

なんか嬉しくなったりするのだけど


こういうイベントって

やっぱり、一人では来れない。


釣りって敷居が低そうで

実際は、何かのきっかけがないと、その一歩すらないという現状がある。



鮎釣りなんてもっとそうだ。


鮎竿の前で、立ち止まったりする人は多いけど

ほとんどが、そこで終わってしまう。


どうやったら

もっと多くの人が、鮎釣りに興味を持つのだろうって考えちゃったりした。




その2に続く…






いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。