テーマ:
 
     自由な世界
  ~Under the black timber~
    (黒い流木の下で)



作詞・作曲 私

演奏 私






スマホの方は
下の写真をタップし、youtube画面右下の矢印をタップすれば歌詞を見ながら聴けます♪






音量小さいですm(_ _)m







この曲は、私の大好きなバンド
NIRVANAの、故カート・コバーン
の人生を想いながらつくりました。



ちょうど私自身が精神的に
たいへんつらい状況にある時期
だったという事もあり、

なかなか独特な曲になりました。



6曲めの『クレアの花園』と
同時期につくった曲です♪

(グランジやパンクの曲では
なく、弾き語りです)











曖昧な異才・・・

尚、その人の若さ限りなく


濡れた手の平すぐに離さずに

そこからずっと動かない







「子供っぽい以外
何ひとつ隠さずにここまで来た。」



そう言った君の声 届けばいい



響き渡れば森の中









光が差し込む窓で
小さな鳥が鳴いてる

僕は、その景色を見ながら
また少しだけ笑うけれど









そこには君がいて
まだ誰かを見てる

この青い絵の中には
悲しみが溢れてる






悲しみが溢れてる






そこには君がいて
まだ誰かを見てる












Under the black timber.



終わりのない自由のいまは・・・





少し無理があるイイワケ・・・














泣いたりしない未来
過去から今に続く言葉通り

そのままでもいいから


忘れずに生きて行きたい

あの部屋で















もうひとりの君の声
どこからか聞こえてくるよ

遠く、向こうにそびえ建つのは





扉・・・ 少し開きかけの





未来への









そこには虹色の
イメージが動いてる




君と手をつないだ



けして離れないように








君と離れないように









吹き荒れる魂の
激しい嵐の中で
 
 
 







ではまた(^^)
 
 
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。