楽譜が読めるようになりたい!

ピアノ、ギター、ヴァイオリン、楽器を始めたのはいいけど…、楽譜が読めない、楽譜を読むのが苦手、楽譜の読み方が分からないという悩みを持つみんな、一緒に楽譜が読めるようになろう!山口あやと一緒に楽譜を読む勉強をするブログ。時々、ヴァイオリンや日常のことも。


テーマ:
なかなかブログを更新できませんでしたが、その分たくさんヴァイオリンを弾きました。自分が個人的にレッスンでみてもらっている曲と、オーケストラ公演での曲目。時間があったらとにかく練習という2週間を過ごしていました。


11月1日から3日間、福岡で「2014年第6回スペシャルオリンピックス日本ナショナルゲーム・福岡」が開催されます。

この大会は、来年7月にロサンゼルスで行われる「2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス」の国内選考を兼ねて開催されます。

スペシャルオリンピックスって何?と思った方は、ぜひ公式HPをチェックしてみてくださいね。
ブーケ2≪スペシャルオリンピックス日本 公式サイト≫

この支援コンサートが9月23日(火・祝日)、福岡シンフォニーホールで行われました。ご来場いただいた皆様、ご尽力いただいたスタッフの皆様、一緒に舞台で演奏した皆様、ありがとうございました。

スペシャルオリンピックス福岡大会のご成功を、心よりお祈り申し上げます。

クローバー

コバケンとその仲間たちオーケストラには5年前から参加していますが、最近は自分のスケジュールと公演日程が合わず、約一年半ぶりの参加となりました。

公演は福岡なので、団体で羽田から福岡へ飛行機で移動し、一泊して翌日本番という日程でした。

羽田空港で久しぶりに仲間たちと再会!


写真左はマリンバ奏者の松本律子さん。日々新しいステージに挑戦し続ける、とーってもスレンダーなりっちゃんは、なんと一児の母でもあります。凄まじい集中力の持ち主なのですが、普段のほわ~っとしてるところがまた可愛いんです。彼女のクリエイティヴな演奏活動にとても刺激を受けます。
松本律子さんのブログはこちらからどうぞ。
ブーケ2≪Blog : 松本律子 マリンバ奏者≫

写真中央はトロンボーン奏者の鈴木加奈子さん。加奈子ちゃんは視力にハンディがあり、盲導犬のナンシーと一緒に公演に参加。いつもオシャレで可愛くて大好きです。今回の公演では、歌劇「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を、オーケストラをバックにソロで演奏しました。彼女の心にしみる温かくも力強いトロンボーンの音色、ぜひ一度聞いていただきたいです。
鈴木加奈子さんのブログはこちらからどうぞ。
ブーケ2≪Blog : Kana's Diary≫

このオーケストラに参加するメンバーは、個々で活躍されている方が多く、会うと皆からたくさんのエネルギーをいつもいただいていますベル

そして、このオーケストラに参加する時の楽しみの一つ、伊豆栄さんの特製お弁当アップ羽田でスタッフの方が配ってくれて、飛行機の中でいただきました。とても美味しかったです、ご馳走様でした。


福岡空港に着いてから練習会場へ移動するまで、たくさんのスタッフの方たちがしっかりと誘導してくれて、とてもありがたかったです。

公演前日のリハーサルは、アクロス福岡のイベントホールで行われました。


アクロス福岡の施設がとても充実していて驚きました。福岡シンフォニーホール以外にも、同じ施設内にきちんとしたイベントホールがある。しかも施設自体が巨大なわけではないので、とてもコンパクトに必要な物がうまくそろっている感じです。

リハーサルを終えてホテルにチェックインした後、夕食会場へ。

夕食会には、スペシャルオリンピックス日本名誉会長の細川佳代子さんもかけつけてくださり、大変盛り上がりました。

小林桜子プロデューサーを始め、細川佳代子名誉会長、マエストロ小林研一郎先生、ヴィオラトップ阿部伸也さん、コンサートミストレス瀬崎明日香さん、政治家の故・上杉裕之氏の奥様のヴァイオリン奏者上杉理香さん、ヴィオラ奏者でフライヤーとプログラムを作ってくださっている立花志明さん、アナウンサー朝岡聡さんなどなど(全員書ききれず申し訳ありません…)スピーチされ、それぞれの想いを語りました。

たくさんの方がお話しされましたが、一人一人のお話がとても心に刺さり、多くの人がより一層、明日の演奏会を最高のものにしようと、胸が熱くなったと思います。素敵な時間でした。


公演当日。

ホテルをチェックアウトしてホールへ。

午前中は舞台でゲネプロ(ゲネラルプローベ=通し稽古)です。福岡シンフォニーホールは音響も素晴らしく、天井にはシャンデリアが美しく煌めく、とても贅沢なホールです。


舞台側からの眺めです。


ゲネプロが終わると、開演までは自由時間です。アクロス福岡の隣の公園でお弁当を食べました。曇りで、暑くも寒くもないちょうどよい気温と、吹き抜ける優しい風。とても気持ちがよかったです。

楽屋へ戻り、楽譜や楽器のチェックをしたり、舞台用の服に着替えます。

このオーケストラの衣装はドレスではなく、いつもTシャツなんです目 この日のために作られたスペシャルオリンピックス応援用のTシャツを着用します。

了承を得ていないため、美女二人のお顔を見せられなくて残念!

本番が始まってしまうと、撤収まで時間がないため、楽屋では仲間たちと記念撮影ラッシュ。


そして開演。

精華女子高等学校吹奏楽部の素晴らしいバンダのファンファーレから始まり、朝岡聡さんの華麗なトークで舞台転換の多さを全く感じさせない素晴らしい流れで進行し、瑞宝太鼓の大迫力の素晴らしい演奏あり、演奏していた自身も感動の中、無事に終演しました。



◆◆演奏曲目◆◆

・歌劇「アイーダ」より「凱旋の行進曲」/作曲:ヴェルディ
・「チゴイネルワイゼン」/作曲:サラサーテ
・交響詩「フィンランディア」/作曲:シベリウス
・「パッサカリア」より「夏祭り」/作曲:小林研一郎
・「斬進打波」/作曲:時勝矢一路
・「レクイエム」ニ短調 K.626より「ディエス・イレー」「ラクリモーサ」/作曲:モーツァルト
・「ピアノ協奏曲第23番イ長調」K.488 第2楽章/作曲:モーツァルト
・「アカシアの径」/作詞:鈴木薫 作曲:多田武彦
・歌劇「トゥーランドット」より「 誰も寝てはならぬ」/作曲:プッチーニ
・荘厳序曲「1812年」/作曲:チャイコフスキー
・「アルルの女」第二組曲より「ファランドール」/作曲:ビゼー(アンコール)

終演後はバスで福岡空港へ向かい、飛行機で羽田へ。空港到着ロビーで解散となりました。

クローバー

今回の公演に参加して、自分にプラスになることや感動がたくさんあり、本当に参加してよかったと思いました。色々あり全部は書ききれませんが、一部だけでも記録として書いておきたいと思います。

・コンサートミストレス瀬崎明日香さんのヴァイオリンが劇的に変わっていたこと。
・オーケストラ全体の質が上がっていたこと。
・病気によりハンディを負った仲間が舞台で一緒に演奏できたこと。
・オーケストラの仲間が個人的にやっている慈善事業について詳しく聞くことができたこと。

明日香さんのヴァイオリンが劇的に変わっていたというのは、以前も素晴らしかったのに、それ以上に更に素晴らしくなったということです。ローマに留学されてから、たくさんの事を学び、研鑽し続けている努力の賜物なのだろうと思います。

音程の取り方、楽器の鳴らし方、音楽のもっていきかたなど、とてもとても素晴らしかったです!

よい刺激というのではなく、雷雷に打たれたように衝撃的でした。それに比べて(比べるのもおこがましいですがあせる)私のしている練習なんて、練習と言えない程度の物かもしれないしょぼんもっともっとヴァイオリンとしっかり向き合いたい、もっと上を目指して努力しようと思いました。

オケのメンバーが個人でやっている慈善事業について聞けたことは、とても刺激になりました。

何かしたいな、なんて思っているだけで、何もしていない私ってなんなのっパンチ!と、自分に腹立たしいやら情けないやら。

本来ならできるはずのことを、私は全然やってないな、と自覚させられました。やれることやろうよ!と気合い入りました。

他にもたくさんの人からたくさんの気づきをいただき、有意義な時間を過ごしましたキラキラ感謝感謝です。


今回の公演でお世話になった皆様、ありがとうございました。そして福岡の皆様、ありがとうございました。今度はゆっくりと旅行で訪れたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

山口あやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。