ロッケンリライテッドの中の人の blog

神戸市長田区に本拠地を置くFCRokkenの姉妹チーム【ロッケンリライテッド】の中の人です。
新規チームとして2017年から神戸市4部リーグに所属することになりました!

神戸市長田区に本拠地を置くFCRokkenのナベアツblogです。2016年から神戸市サッカーリーグに参戦します。

テーマ:

負けた2試合に「満足した」という感想を残したのには他にも理由があります。いろんなエピソードがあって。。。

 

いわゆるサイドストーリーというか。

暇なのでちょっと書いていきます。

 

<サイドストーリー①>

FWで起用しているゆうやの話。

 

今シーズン始まる前。

チーム編成をこれから考えていくという時期に、ゆうやから直接連絡がありました。

 

「今期はFWで勝負させてください」

 

シーズン当初は選手個々の希望を聞いてチャレンジさせていましたので、もちろん良いよ!と二つ返事で答えましたが、今期センターFWにはダイスケを考えていましたので、

 

「けど、ダイスケいるよ?」

 

という話をしたのを思い出します。

 

チームとしては昨年の編成からの進化を探っていて、シーズンオフにはいろいろとチャレンジしようと考えていました。

 

その中のひとつにダイスケセンターFWというのがあり、彼の成長を考えた時に、誰に競らせようかというのがありました。

 

私としては、仲ちゃんやゆうちゃんをダイスケと競らせて伸ばそうかと考えていたのですが、ゆうやの登場でじゃあやってみようかとなったわけです。

 

ただゆうやのFWは未知数でした。

もともとは昨年度左SBで起用していて、SBか左のハーフかと考えていた中でFW起用は希望を聞くまでは考えていなかったわけで。

 

おそらくそれは他のメンバーとしても同様なので、

ゆうやとしては早く結果を出して周りを認めさせる必要があったと思われます。

 

そんな中でFW起用。

「俺がやってやる!」という精神的な強さを私はFWには求めていたので、ゆうやの性格的には適任だし、ダイスケとは正反対のメンタルなので競らせたら面白いかなと思っていました。

 

ただリーグ序盤はダイスケの控え。

ゆうやはそれにも文句を言わずにひたむきに取り組んでいましたね。

 

だいすけのFWとは違い、受けてさばくプレーが上手くゆうやが入ることでアクセントが変わるなというのが試合で徐々に見られるようになります。

 

そして神戸市O-30代表での成長。

ここに入ってからゆうやはFWとして1UPしたように思います。

 

裏に抜け出してゴールを決める経験を代表でさせてもらったことにより、より具体的に自分の形を掴んだのではないでしょうか。

 

どちらかというと飄々としていた昨年度とは違って、チームの為に頑張るというところもどんどん出ています。

 

そして練習試合ROKKEN戦でのゴール。

もはやゆうやがFWとして起用されても誰も驚かなくなりましたし、自分の居場所を掴んだなあと、思いますね。

 

今後の定位置争いも、非常に悩ましい・・・w 嬉しい悩みです。

 

 

<サイドストーリー②>

SBしんごの話。

 

今期のうちの目玉補強、ゆうちゃん・ダイキ・まさき・しんごの4人の中でただ一人スタメンから外れてしまった男・・・。

 

しんごは不運にもシーズンオフのチーム編成のタイミングでチームに合流することが遅れてしまって乗り遅れてしまいました。

 

特に同い年のダイキとまさきがポジションを掴む中で、しんごとしても思うところは有ると思います。

 

能力的には問題はありません。

スピードがあり、勢いにのったトリッキーなドリブルと華奢な体に似合わないパンチのあるキックはチーム内でも非常に期待されています。

 

ただ監督が起用しない。

 

練習中に見せる軽いプレーに「そういう選手は俺が一番嫌いな選手だ」と叱責されるシーンもあったり。。。

 

冗談はさておき、なかなか起用されないところに関してはやはりチーム編成に乗り遅れてしまったという点が1番大きいですね。

 

良い選手であることはわかっていますが、

競っている選手がゆうちゃんやダイスケ・しょーた・タケ・ダイキという今やリライテッドの主力選手で信頼を完全に得ている選手たちなので、そこを上回ることを求められていますし、なかなか思うようにいかないという感じで。

 

ただ、そんな中でも腐らずに頑張ってくれています。

 

前節でも、やっとのことで得た左サイドハーフの出場機会をチーム事情により、サイドバックにポジションを落とされてしまい輝く機会を逸してしまったし、

 

次の試合ではスタメンあるよと監督に言われていたのにも関わらず、ギリギリでメンバーがそろい外されてしまったり・・・。

 

普通なら年齢的にも腐ってしまいそうですが、チームの為と我慢してくれていました。

 

そしてこの練習試合。

 

玉津とROKKENの試合を見ながら、SBのしんごのところ来るぞと言ったら「わかってます。極力守備を考えてこうしてこうします。」と。

 

よく見てるなーと思ったし、本来は攻撃の選手でありながらSB起用になることをしっかり自分で消化して対応しようとしていた。

 

本当は前で起用してやりたいけど申し訳ないな、と言ったら

「試合に出れるならどこでもやりますよ。僕は。」と。

 

華奢で弱そうに見えるし、練習でもまだ軽いプレーはあるのだけれど、練習試合では臆せずに戦っていた。

 

タフだったな。非常に良い守備と攻撃だった。

こういう選手がいずれ大事な場面でチームを助けることになると思います。

 

<サイドストーリー③>

左に戻ったダイスケの話。

 

「あいつは縦しかないぞ。」

 

そう言われて完全に封じ込まれた試合からもうすぐ1年が経ちます。

 

昨年度のチームではそれしか対抗手段がなかった。

準備する期間もなく、ある意味でそこに頼らざるを得なかった。

 

監督としても他の手段を構築できなかった反省もあり、

今期は左サイドのダイスケという手段を捨ようと考えていました。

 

実はシーズンオフに「俺をFWで使ってください」と言ってきたのは、ゆうやだけではありませんでした。

 

ダイスケも(その当時にしては)珍しく、

「監督、俺のFWを見てください」と言ってきました。

 

私のチームビルディングの考え方とダイスケの希望がマッチしてダイスケをFW起用することを決めることになりました。

 

リーグ第3節まではセンターFWの基軸はダイスケ。

ダイスケもセンターFWになったことで相手に向かっていくメンタルを鍛えようと頑張っていましたね。

 

先にも述べたように私はFWには「俺が決めてやる」という強いメンタリティを求めています。

 

練習でシュートを外した際には「このポンコツFWが!」と叱責することもありましたし、試合においても「おまえが決めなくてはいけない」と何度も言ってきました。

 

そんなこともあってか、ダイスケは自分のメンタルをこの9か月ほどで改善してきました。

 

昨年と比べれば圧倒的に強くなった。

「俺が点をとってやるんだ」という強い部分は試合においても見え始めてきました。

 

ただこのチームでセンターFWとして起用するのは初めてで、センターFWはセンターFWとして求められていることもあり、新たな課題とダイスケは向き合うことになります。

 

それも練習の中で自分で考えて取り組んでいるように見えました。

今期のリーグ戦であまり得点数が伸びていない点も、最大の強みであった左のダイスケをチームとして失って、新たなストロングを探る過程で致し方ないと思っていました。

 

そこはダイスケの成長ともに改善されていくのだろうなとも考えていましたし、監督としても我慢だなと。

 

そうして我慢の日々が続きます。

 

迎えた第4節。

チームとして少し編成を変える必要性が生まれ、どう考えてもダイスケを左で使うしかないとなった試合がありました。

 

「ダイスケ、左サイドで今日は頼む。」

 

渋々・・・(笑)といった感じで受けてくれましたが。。。

この渋々・・・というところが成長したところなんですがねw

 

ただこの試合、左サイドでダイスケは躍動します。

完全に相手の左サイドを破壊。

またゴールを奪うという気持ちのエッセンスも加わりスケールアップしているようにも見えました。

 

そしてチームとしての少しずつの成長も起因しているように思います。

ダイスケの左の使い方が昨年度と大きく変わってきています。

 

成長したダイスケと成長したチームが生み出した新しいダイスケの左。

 

後ろから見ていて電気が走ったのを覚えていますね。

「これはいける」となりました。

 

そこからは説得に次ぐ説得です。

「監督、おれはもうサイドなのですか・・・」

常、聞いてくる成長したダイスケ。

 

ダイスケ、おまえはすごいんだよ。

おまえの左は2部を倒すのに大きな武器になるよ。

 

説得に次ぐ説得です。

 

「わかりました。やってやります。」

 

そういうことがあっての練習試合だったわけです。

 

試合前に、今日はダイスケどんな感じ?と聞いてみると、

 

「俺は今日2部レベルの守備に挑戦して、やってやろうと思っています。」

 

頼もしくなったダイスケがそこにいました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。