伊豆高原「怪しい少年少女博物館」のブログ

レトロで可愛くて気持ち悪い。伊豆高原「怪しい少年少女博物館」の展示品などを紹介します。


テーマ:



怪しい少年少女博物館1階の懐かしの玩具コーナーに展示しているバンダイ製のたいやきくん



ソフビ素材で腕をぐるぐる回せます



正面から見ると、なかなかのファニーフェイス



顔の部分が外れるようになっていて、中にはあんこではなく可愛い魚(鯛?)の形をしたスポンジが入っています。お風呂で遊ぶ事を考えて作られたのでしょうか?実用性も考えられています。レトロなメカ好きの私としてはゼンマイ仕掛けで腕を回しながら泳ぐようにしてもらいたかったな~と思います。でもそうしたらバランスが崩れ、可愛くないたいやきくんになっちゃったかもね



胸にバンダイのマークが入ってます



1階の懐かしのファッションと雑貨のコーナーには、たいやきくんのぬいぐるみも一緒に展示しています。こちらの方がアニメにより近いイメージです



ソフビのたいやきくんを展示している懐かしの玩具のコーナー。ソフビのたいやきくんは弊館には3つあります




表面は「およげ!たいやきくん」



裏面は「いっぽんでもニンジン」

「およげ!たいやきくん」のシングル盤。日本一売れたシングルです。B面は「いっぽんでもニンジン」で、こちらも子供達に大うけ。ぬりえが付いていた事も売り上げにつながったようです


およげ!たいやきくん

まいにちまいにち ぼくらはてっぱんの~ うえでやかれて いやになっちゃうよ♪

子供向けの歌のはずなのに、会社から飛び出したサラリーマンの哀歌のメタファーにもなっていた「およげ!たいやきくん」の歌を皆さんご存知ですよね?

およげ!たいやきくんは、1975年にフジテレビの子供番組「ひらけ!ポンキッキ」の挿入歌として発表されたものです

作詞は高田ひろお、作曲・編曲は佐瀬寿一です。子門真人の代表曲として知られていますが、75年10月の放送当初はフォーク歌手の生田敬太郎が歌ったものが流されていました。味わいのある歌詞と覚えやすいメロディーはたちまち反響を呼び、すぐにレコード化が決定されます

発売を決めたのはキャニオンレコードでしたが、生田氏は別のレコード会社と専属契約をしていた為、同年12月より子門真人が歌った物に放送を差し替え、レコードも子門真人が歌った物が12月25日にリリースされます

シングルのB面は、なぎらけんいちが歌う「いっぽんでもニンジン」(作詞:前田利満 作曲・編曲:佐瀬寿一)で、こちらも子供達に大人気でした。実はこの歌も別の歌手が歌った物があるようです。「いっぽんでもにんじん」のタイトルで、前年の75年のキングレコードのLP「ひらけ!ポンキッキ」に三浦けんいちと言う歌手が歌った物が収録されています

両面A面と言っても良い「およげ!たいやきくん」のシングルですが、2016年現在、日本で最も売上枚数が多いシングルとしていまだにその記録は塗り替えられていません。発売前の予約だけで30万枚、現在までにオリコン調べで454万枚以上、実際は500万枚以上と言われています

1976年2月の時点で既にキャニオンレコードはプレスもしくは出荷数で370万枚を達成したと発表した程でした

オリコン史上初のシングルチャート初登場1位、11週連続1位、歴代シングルランキング1位の他、1976年の第9回全日本有線放送大賞特別賞、第5回FNS歌謡祭最優秀ヒット賞の受賞等、歴史に残る偉業を遂げたのでした


子門真人

子門真人は1966年に藤浩一の名前で歌手デビューをしますが、しばらくは鳴かず飛ばずの状態だったそうです。71年の仮面ライダーの主題歌「レッツゴー!!ライダーキック」が番組の人気と共に130万枚と言われる大ヒットをし、以後子門真人と改名。数々の特撮やアニメの主題歌・ヒーローソングを歌い、水木一郎やささきいさおと並んでアニメソングの御三家と称される存在になります

谷あきら等別名義で歌っている場合もありますが、特撮物では仮面ライダーアマゾンやキカイダー01・イナズマン・電人ザボーガー、トリプルファイターやジャンボーグA・ファイヤーマン・流星人間ゾーン・アイアンキング等のオープニング主題歌も歌っています

アニメでは皆さんご存知のガッチャマンの歌やゼロテスター・侍ジャイアンツ・ライディーン・UFO戦士ダイアポロン等のオープニング主題歌等を歌っています

子門真人は、たいやきくんでは抑えて味わい深く歌っていますが、ビリビリとくるハイトーンが持ち味で正にヒーローソングにうってつけの人だったと思います

一度聴けば覚えてしまう程特徴のある声なのですが、本人の姿が露出するようになったのは、やはりたいやきくんの歌からでした。アフロヘアーに眼鏡に髭を生やしたいでたちはやはり、一度観れば忘れられないインパクトがありました


印税の話

空前の大ヒットをした「およげ!たいやきくん」のシングルですが、子門真人は5万円、なぎらけんいちは3万円の買い取りを選択してしまった為、いくら売れても両人に印税が入ってくる訳ではなかったそうです。子門真人はみんなにその存在が認知されるきっかけとなった71年の「レッツゴー!!ライダーキック」でも2万5千円の買い取りにしていたようで、商売面では随分人のよい人だったと言えそうです


子門真人さんは93年に引退されますが、メタル好きの私としては引退される前にハイトーンを活かしたメタルの名曲カバーアルバムを是非出して欲しかったな~と思います
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。