GWのお出かけ②

テーマ:
この連休も、公園で野球やサッカーをしまくりたかった息子。叶わぬ時は家の前でキャッチボールやドッチボールをしていました。

児童クラブで上の学年のお友達と遊ぶようになってからさらに野球熱が強くなりました野球
小学生男子ってこんなものでしょうか男の子男の子

先日は私にとっては懐かしい「県民の森」へ。
(正式に「宮城県県民の森」というそうです)

小さい頃よく連れて行ってもらい、アスレチックをした場所。小学校1年くらいだと少し難易度の高いアスレチックもあり、ドキドキしながらやったものです。

アスレチックは当時より修復されてきれいに頑丈になっていますが、構成はほとんど変わっていないような。
懐かしくて、息子が目の前でやっていることが不思議な感覚を覚えます。

{20E07128-B515-4A7C-AE94-0330CBDF4BA4:01}

{B8ACEFCC-6F6F-43B2-A96C-8BFE3E7AD7F4:01}


でも、県民の森にはボール遊びができるような広場はありません。息子的にはそれがいまいちだったみたい。
ボールを強く投げたり蹴ったりしないという約束で、ちょっとだけニコニコ

{27A010E2-ADA4-4E87-AE02-514AE62FB2CC:01}

{738FF808-B18B-4D49-8FFC-3871826484CC:01}

入り口近くには、こんな迷路のような?場所もあって、ここでも遊んでましたチョキ
{815608D6-9B89-4FA4-B608-0A339982083D:01}

アスレチック、2週くらいすると大人も汗かきますガーン

お弁当持参でお金のかからないオススメの遊び場ですよ~!!



AD
連休中、夫が仕事だった休日に、息子と二人で出かけたのは「地底の森ミュージアム」
電車と地下鉄を乗り継いで、長町南駅から徒歩5分。

仙台市の富沢遺跡から発掘された2万年前の旧石器時代の遺跡を中心にしたテーマミュージアムです。
{A0463C2D-D745-4A4E-BC42-4504EBA01E95:01}

ゴールデンウィークでイベントも多く、ほどよく賑わってました。
「氷河期の森」チャレンジしたのは「森のクイズラリー」。


{8CFDEA74-C120-45D4-89C2-0D563522504E:01}



木の実や西洋タンポポを採集する、氷河期の植物の葉をスケッチする、咲いているスミレの花の色を確認する、などのミッションに楽しそうに取り組んでました。

旧石器時代のことに親近感が湧いたところで、石器作りにも挑戦。


石器はどんなことに使われていたのか、などのお話を聞いたあと、石を鹿の角を使って、コツコツ叩き尖らせる。
20分くらいで叩き続けて完成。
{5C8CBEEA-1883-4789-8B7B-72B7F8A28931:01}

できた石器は名前を書いてお土産に。
{8382845F-34B6-41A1-ACBB-A34FAF375E9D:01}




こんな木の実のストラップもつくり、
{9148107C-A012-47E8-87EC-26A54C185E9A:01}

帰りのランチでは、自分で成し遂げたあれこれを、なぜだかとても厳しい顔で撮影してましたプンプン
{D164EA79-7BDB-4197-BA29-EBBA5652C523:01}


今回は学校でもらったどこでもパスポートを初めて使いましたビックリマーク
地底の森ミュージアム、体験型で私も旧石器時代のことを学べてすごく面白かったです合格
{5527D26A-5E69-44BF-B8D4-C0C8FA1D544D:01}





AD

1年前に保存していた記事

テーマ:

しばらくアメブロから遠ざかっていましたが、先ほど1年前に保存していたブログ記事を読んだら消せなくて。


息子が年長になってからのこと、記録として残したいので公開します。

ここからさらに1年前たち、いまや息子は小学生。

一年間色々ありました。これまでのブランクを埋めるように書いていきたいものです。


宝石赤2013年6月に書いてなぜか公開していなかった記事宝石赤

仙台も梅雨入り。

また冬眠してしまいました。

なんとも、つれづれすぎて。
公開していることも恥ずかしくなるペースです。

おかげさまで家族みなとっても元気です。

息子は3月に5歳になって、4月から年長さんになりました。

春が来た頃から、また公園通いがはじまりました。
4~5歳のこどもって、こんなに外で遊びたいんだ!って感心するほど
お休みの日は、ずーっと公園にいる息子。

私が一緒に行くのはそのうち半分くらいで、
あとはパパと一緒に
たくさんのスポーツ系グッズをかかえて出かけていきます。

おかげで、近所の公園はだいぶ開拓して
自分たちなりに公園の評価もあるらしく、気分ややりたいことに応じて行き先を決めています。

広域では、仙台市内・宮城県内、小1時間で大きな遊び場がたくさんあるので
あちこち出かけます。
お弁当持っていくと、1日遊べますね。



そういえば、先日の日曜日、公園から帰ってきたら
「あ!あしたR子ちゃんとデートだ!」っていうものだから。

「どこで?!」
「えんていで。」だって。

翌日、
私  「今日デートできたの?」
息子 「ううん。よていができたから、オレに」
私  「なんの予定?」
息子 「○くんたちと、とっくんの」


デートの約束しちゃうんだね。
園庭でもデートできるんだね。
オレっていうのがかっこいいんだよね。
急に入る予定もあるんだね。
特訓もするんだね。

とか、涙が出るくらいほほえましいポイントがたくさんあって。
かわいくて、ちょっとたのもしくて。

 

赤ちゃんの頃を知っている方には
「もう来年小学生なの?!」と言われますけど、私だってそう思う。

人の子の成長は早いっていうけど、自分の子の成長だって私の想像よりもずっと早いんです。
振り返れば、なのかもしれませんけどね。

おおきくなるの、もっとゆっくりでいいよ、って思う。
そんな育児がさせてもらえていることにも感謝の気持ち。

AD

8月に出産の予定です。

テーマ:
1年以上お休みしたブログです。
また書いてみようと思ったのは、
息子が小学生になり、
8月に第二子が産まれることになり、
他にも色々自分のために書いておきたいと思ったからです。

小学生の子を持つ母になってからいくつかの洗礼がありました。
小1の壁、第一弾、というところでしょうか。

そして、夏の出産に向けて。
息子を産んでから6年経ち、妊娠出産に関することからすっかり離れてしまっていたような感じがしています。

世の中も医療も、働く女性や子育て支援をめぐる環境もこの6年半のあいだに大きく様がわりしましたね。

そんなことを色々書いていけたらいいです。


綱渡りな事例発表

テーマ:
photo:01



先週のある日、宮城県の環境審議会に出席したあと、
同じ県庁内で行われた
「ワーク・ライフ・バランス推進にセミナー」で事例報告をしました。


このセミナー自体は14時30分にスタートしていて、当社の事例発表は15時40分の予定。


私が出席していた審議会は、15時30分に終了予定。
移動して10分後にプレゼンせねばならない、というスケジュールです。

審議会会場の会議室の外に
セミナー担当課の職員の方が迎えに来てくださっていたのですが、
「予定より少し早く進行しています」とのこと。


入ったときには、私の前の、もう1社さんのプレゼンがまとめ的なところに差し掛かっておりました。
最後の3分くらいしか聞けず、なんだか会場の空気感もつかめない状態でスタート。

ご一緒する皆様にご挨拶もできないままに、
そして全体像をつかめないまま、自社の話だけをすることのむずかしさを実感しました。

ご依頼をいただくことには、可能な限り「ことわらない」を信条にはしてるのですが、
いささか無謀な動きでした。
(それでも、当初の予定よりは精一杯調整いただいたのですが・・・)


でもとらえ方によっては、
苦労した話と、いま抱えている課題などを赤裸々に自由にお話できたのはよかったのかもしれません。



息子に今日はこんな午後だったんだーと話したら
「知ってるよ、朝言ってたもん」とクールに言われまして。

あ、そうだよね。
今日は綱渡りスケジュールなんだ、と言ってあったんだ。

あっさり言われて、おかげでクールダウンできました・・・。

続きを語る会。

テーマ:
photo:01


秋の、日本女性会議でご一緒した皆様と、
「分科会の続きを語る会」をようやく開催できましたビール

忙しいみなさんの予定が、12月のある一日だけぴったりあったのだけど、
私の都合で延期にしてしまい、満を時して⁈の会になりました。

話題は「続き」にとどまらず、人材育成から新しい事業アイディアまで、脱線しつつ広がってビックリマーク
30代~40代の女性リーダーが、会社を越えてつながれたら…と思っていた場を、
こんなふうにしなやかにキャリアを積む方々とつくれたことが嬉しかった音譜
ぜひ継続しましょ、ということになりました。


お店は、
錦町公園近くの「酒の穴 鳥心」さん。
http://www.entatsu.co.jp/torishin/

参加メンバーのUさんが、プロデュースしてくださって、
「どぶろっく」というどぶろくのような日本酒にはじまり、写真のデザートまで、
オトナ女子も大満足のお食事とお酒でしたラブラブ

友達の結婚。

photo:01


カナダ在住の大切な友人が、久しぶりに帰ってきました。
結婚したよ!という嬉しいニュースとともに。

突然の報告に、
おめでとうより、なにより、「え!!!!!」「さきに言ってよー」などと失礼な私。

会う人みんなにそういわれるそうですが、
カナダからメールでの報告じゃなくて、直接言いたかったとか。

それも、らしいな。
いろいろ聞いていていずれは、と思っていても、嬉しいものですねぇ。

19歳で一緒に富士山に登り、
広島に旅行に行ったり
新潟の友人を一緒に尋ねる旅をしたり
バイト先の安比まで追いかけていって一緒にスキーしたこともあったなあ。

結婚したときも、息子が生まれたときも、
彼女からもらったたくさんの愛は、いっぱいいっぱい語れるけど。

こどもに英語を教える仕事もしていたこともあり、息子もだーいすき。
前回帰国したときは、ミニ英語教室になってたな。
photo:02


お土産、ありがと。

向こうでの新婚生活が楽しそうで、うれしくなってしまいました。
いつの日か、ウィスラーで一緒に滑りたいです。

photo:01


こんな交流会に参加しました。
21世紀職業財団が主催で、東京でも開催したものの仙台版のようです。

プログラムは

◎第一部
”いま”の経済の中心でご活躍の女性役員の方々3人のパネルディスカッション

◎第二部
奥山市長、昨年まで資生堂の副社長でいらした岩田さん、東京からいらしたゲスト(大企業で管理職をなさりダイバーシティーを推進してきた先輩たち)を交えた参加者の交流会

と贅沢な二本立て。

以前お会いして以来、
そのさばけていながらあたたかいお人柄に惚れてしまった、プルデンシャル生命保険執行役員の深沢ひとみさんのお話をお聞きしたくて参加しました。


他のパネラー方々お話も含め、マネージメントのスタイルや業績や成果への意識、部下育成への思いなど、
どの言葉にも豊かな経験に裏打ちされた強い説得力がありました。
photo:02


交流会では、もう一度会いたいと思っていた方々、実は同じ町内のものすごく近所に住んでいらしたことがわかった某会社の女性役員の方などとお話できて、楽しかったです。

たくさん名刺交換もさせていただき、面白い出会いもありました。


いろんなことを乗り越えて働き続ける女性はまだ各社で少数です。
こんな交流会があれば、気付きや学びや刺激がたくさんある。
これは、続きをぜひ!ということで、事務局の皆様にお願いしてみたので、またあるといいな。





iPhoneからの投稿
常盤木学園高等学校の3年生、約200名(女子ばっかり!)に
「女性のキャリアを考える」というテーマでお話してきました。
photo:01



いつも気にかけてくれる同世代の方からのお声掛けで、
かなり迷ったのですが、お受けすることにしました。

ご一緒したスタッフの方のお話だと、
いまの高校生はとても素直なので、こちらの言ったことを
本当に素直に「そうなんだーそういうものなんだ」と聞いている、とのこと。

そ、それってずいぶんと責任を感じるのですが・・・。
私の話は、私の場合、ということで聞いていただければとお話しました。


高校生の反応はとても素直で面白かったです。
聞いてくださった皆さんや、先生や就職関係のスタッフの方からご質問もいただきました。
アツイ感想もいただきました。
photo:02



30代って、結婚や出産、育児など
大きな変化を伴うことが多いものですが、高校生のときはとおいとおい将来だと思っていたなあ。

なにより、私自身が、自分の仕事やこれまでを客観的に振り返る時間をいただけことはありがたかったです。
自社のことを話すことはあっても、自分のことを話す機会はそれほどないので。

誰かのために、と話すことは、
それなりに準備もしますし、覚悟も必要ですが、
そのプロセスを含めて結局一番自分のためになっている、と思うのです。

ありがたいことです。

新しい年に。

テーマ:

電車に乗って夫の実家に向かう途中、
山の神ばりに、「えきでんやるからー」と叫ぶ息子。

photo:02


いとこに「ちょっとこうえんではしってからいくからー」と電話して笑われたそう。

photo:03


夫とふたり走って行ってしまったので、こんな夕暮れの中、待ちぼうけ。

photo:04


ゴールしました!

新しい年が、楽しいことがいっぱいの毎日でありますように。
年賀状は喪中でお送りできませんでしたが、みなさま今年もよろしくお願い申し上げますビックリマーク

iPhoneからの投稿