今日も会社です。

マーケットで働きながら、
国のこれからを思い続けています。


テーマ:

 昨日、サイクリングが趣味という自民党谷垣議員から、自転車特区構想が提案されたようです(以下、MSN産経ニュースより引用)。

自民・谷垣氏が「自転車特区」構想

2014.9.20 19:37 
 自民党の谷垣禎一幹事長は20日、都内で開かれた都市交通改革を考えるイベント「東京サイクリングサミット2014」に出席し、「持続可能な社会を作っていくために都市交通を改革する必要がある。自転車は大きな改革の主役となり得る」と述べ、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場となる東京・お台場を「自転車特区」に指定し、自転車を利用しやすい交通システムを構築する実験場とする構想を披露した。
 谷垣氏はイベント終了後、記者団に対し、「都市の渋滞や排ガスは非常に大きな問題だ。自転車をもっと利用しやすくし、一種の交通インフラにすることで、公益のある役割を果たすことができるのではないか」と指摘。特区で自転車専用レーンの整備や交通法規のあり方を実験する必要があるとの認識を示し、「五輪の舞台となる所で、五輪のあり方とマッチするいろいろな実験を行えるのではないか」と述べた。


 でました、「○○特区」!!内容はさておき「自転車特区」ってネーミング安易すぎやしないか?wwww

 さて、意外「特区」って具体的に何か知らない方が多いのでは?予備知識を!
 「特区」とは、国の規制を外す例外を認める特別エリアのことです。全国一律に決められる国の規定が、そのエリアの実情に合わず、地方公共団体や民間の事業の妨げになっていることがあります。それを解消するのが「特区」という制度です。

 ちなみに、「特区」は大きくわけると、①国家戦略特区(この間安倍総理がつくった)、②総合特区(昔菅元総理がつくった)、③構造改革特区(もっと昔小泉元総理がつくった)という3種類が現在あります。①に関しては、今年に入り安倍総理が特区対象地域として計6か所を指定(東京・神奈川・千葉県成田市の”東京圏”、大阪・京都・兵庫の”大阪圏”、”兵庫県養父市”、”新潟市”、”福岡市”、”沖縄県”ですが…細かい指定の意図はわかりません)。
 今回は地方公共団体や民間からの要望に国が応える従来の形(②・③)ではなく、トップダウン型かつ国が協働していく形(①)に分類されることになるのかなー?という勝手な推測。地域も東京都のお台場だしね。

 で、ここからは私の意見!それは、タイトルにもある通り、「環境汚染の心配の前に、駐輪場のオジサンたちをどうにかしてくれ」ということ!
 駐輪場の見張りのオジサンたちって地方公共団体の臨時職員で雇われている=税金でご飯食べているってことです。うちの区は常駐している人数が多い!基本テレビみてぼーっとしているか、他愛のない雑談しているか…対応が良いオジサンもいますがめっちゃ対応悪いオジサンもいます。定年退職後の第二の職場なのだと思いますが、絶対人手足りすぎている!さらに、自転車撤去管理所にいるオジサンの数はもっと多い!絶対そんないらないだろ!ってくらい人がいます。
 「それでも人間が必要なんだよ!」という批判はあると思いますが、私としては住宅街が多い駅の駅近に「機械式地下駐車場」を設置すれば全てマルっと解決な気がします!なぜなら無人で大丈夫な駐輪場だから!オジサン削減は現実的なお話です。
「機械式地下駐車場」っていうのはサイクルツリーとかエコサイクルというやつで、私は2年前に自由が丘で発見して一人で感動していました( ;∀;)地下型だけでなく地上水平型、地上垂直型と、その種類は増えているようです。この動画(←クリック)で車庫入れの速さも確認できます。
 設置に高額な費用はかかりますが、駐輪場の月会員になるまでかなり待ちの状態が続いている都心部において、これは路上駐輪をなくして住環境を改善し、オジサンを雇う人件費も不要にするため、長期的にみてお得な投資だと思います。自転車使う人が増えてそれこそ環境汚染防止にも繋がるかもしれません。オジサンたちの井戸端会議にお金を出さずに、これを機にもっとやりがいのある別の仕事をオジサンたちに区から提供してあげたほうが、オジサンたちも生活に張合いがでて、今より人生やりがいをもって過ごせると思います。

 「特区」の話から逸れましたが…私も自転車ユーザーなので、自転車使いやすい都市づくりには賛成ですが、なぜお台場だけなのー?というわがままな気持ちも(笑)。だって、お台場自転車で走ることなんて日常生活でないですもん、電車が発達しているので。お台場には立派なモノレールがあるし!自転車はせいぜい住んでる区内(もしくはお隣の区まで)しか利用しませんよね?
取っ掛かりとしてお台場を選択したのはわかりますが(オリンピックの会場かつ道も広くて走りやすそうだから)、この自転車のための環境整備を東京都全域で行ってくれるのかは怪しいですよね。現実的に無理だから特区にしたかもしれないけど…今後対象地域を広げていってくれることを期待するしかないか。

 また、レンタルサイクルの発想もこういう場面で引き合いにだされますよね。発想は素晴らしいと思いますが、あれは完全観光客用。自宅まで乗れるから自転車は便利なわけで、月○○円払って家から徒歩3分の駐輪場に停められる!と言われても全く魅力感じないですもん。日常的には流行らないからやめたほうがいいと思います。

 ということで、とりあえずオジサンたち(特に対応悪い人)をどうにかしてください\(^o^)/!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード