The Libertine

テーマ:

新しい映画のご紹介!


theLibertine


リバティーン(The Libertine)


17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵の壮絶な一生の記録。

彗星のごとく現れ、美しく燃え尽きていった男の人生を演じるのは、世界中を魅了し続けける稀代の人気俳優、ジョニー・デップ。

破天荒な才覚と突飛な性向で周囲を畏怖させ、『17世紀のロック』との呼び声高いセクシーな伝説の男を、デップが渾身の演技で魅せる。

共演は怪優、ジョン・マルコヴィッチ。

演技派との呼び声高いサマンサ・モートン。

音楽に『ピアノ・レッスン』でも大変高い評価を得たマイケル・ナイマン。

最高のスタッフとキャストが集結し、王政復古時代の英国をスクリーンに見事再現した傑作!




Story

1660年代。

王政復古のイギリス。

天才詩人との呼び声高いジョン・ウィルモット・ ロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、数々の傍若無人な振舞いのため国王 チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の怒りを買い、追放されていたが、三ヵ月後に恩赦を受け、ロンドンに戻ることになる。
一緒に向かう妻のエリザベス・ マレット(ロザムンド・パイク)のスカートの中に手を差入れるジョン。
馬車の中、2人は愛を交わす。

ロンドンへ戻ったジョンは、演劇談義に花を咲かせる悪友たちがたむろするバーに立ち寄る。

そこで自分が追放された武勇伝を語り、拍手喝采を浴びる。そしていつものように芝居小屋へ繰り出す。

これがジョンの以前と変わらぬロンドン生活なのだ。
舞台が始まると消え入りそうな声で台詞を吐く女優に客席は大ブーイング。

しかしジョンは彼女の隠れた才能に気付き楽屋を訪ね、自分が演技指導したいと申し出る。
その女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)はジョンの熱意に押され、しぶしぶ引き受けることになる。

翌日から一対一の舞台稽古が始まった。2人はいつしか惹かれあうようになっていた。

やがて舞台初日。
情感のこもったエリザベスの演技に、会場は騒然となり拍手喝采を浴びせかける。

彼女は様々な誘いを断り、楽屋でジョンを待ちわびるが彼が帰ったと聞き失望に打ちひしがれる。
その夜中、遂に自分の気持ちを爆発させてしまったジョンはエリザベスのアパートまで馬を駆って戻っていく。

「もう自分の気持ちを抑えるのはヤメだ!」と雨の中、絶叫しながら。
英仏の関係を改善するため、フランス大使を招く歓迎式典が迫っていた。

チャールズ二世は式典で上演する戯曲の執筆をジョンに依頼する。
「私のためにシェークスピアを超えるものを書いてくれ」と。

しかし、彼が舞台で披露したのは、王政をセクシャルに揶揄した衝撃的な内容だった。

当然のごとく 再びロンドンから追放され、追っ手から逃げ回る生活を送るジョンだったが--。
果たして彼は、恵まれた容姿と才能を持ちながら、なぜこれほどまでに破滅的な人生を選んだのか?
そして、エリザベス・バリーとの恋の行方は?



映画公開を待ちきれないアナタ!

公開日は1週間後の 2006年4月8日 ですよ!




あやむしのコメント:

 とうとう出ました、ジョニー・デップの最新作!

思えば私のデップ熱(そんなにマニアじゃないけど)は「シザーハンド」から始まってたなぁ。

幼いながらも彼の演技に圧倒され、その後もデップの作品を見続けました。

彼が一躍有名になったのは「Pirates of the Carribean」からですが、私が特に良いと思うのは、あの巨匠・ティムバートンとのコラボレーション作品!

ファンの間ではティムと言えばデップ、デップと言えばティムと言われる程。

シザーハンドもそうなのですが、他に「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」などもありますよ。

しかも実は、つい最近公開された「コープス・ブライド」でも、主役の男性ヴィクターの声優もやってるんです。

ジョニーデップは常に一風変わった役柄に挑んでいるので、今回の作品も楽しみですね!

AD