• 12 Dec
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(田中真之)

      あやめ十八番ブログをご覧の皆様。小生、田中真之というものです。こちらのブログにお邪魔するのは昨年の「長井古種 日月」以来二度目となります。現在、あやめ十八番 第七回公演「霓裳羽衣」チームは怒涛の稽古を行っております。今公演の大きな特徴の一つに「キャストは全員男性」という事が挙げられます。全員男だとやっぱ楽しい!一体感もあるし何だか部活みたいで、不要な気遣いや余計な自意識を持たずに稽古に励めるゥ!などと吠えておったのは昨日まで。小生、一つの結論に達してしまいました。それは…「部活は全員男でいいけど、教室まで全員男なのは嫌だ」ということです。気がつくと小生は、あやめ霓裳羽衣 第十八工業高校の体育館(稽古場)を泣きながら飛び出していました。するとそこには…あやめ十八番のアプサラス(天女)、大盛り茉利子さんと金子侑加さんの神々しいお姿が…(下手:金子さん  上手:大盛りさん)「ありがとうございます」小生、手を合わせ拝み体育館(稽古場)へと戻りました。もう泣いたりしません。今回、残念ながらお二人はあやめ十八番劇団員でありながら出演こそ出来ませんがキャスト以上に公演のお仕事を頑張っておられます。本当に感謝です。初日まであとわずか。キャスト・スタッフ一丸となってやばい作品に仕上げます!どうぞお楽しみに!ロックンロール!○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(田中さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      2
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(尾崎宇内)

      【本日の稽古場日誌】みなさま初めまして、今日の稽古場日誌の担当の尾崎 宇内です。あやめ十八番さんには今回初参加です、よろしくお願いします。稽古場は、かなりイイ雰囲気だと思います。常に笑いが絶えず、緊張感も途切れず。ではでは、今の稽古場を支えてくれている方々を、少しだけご紹介したいと思います。こちらは演出部の2人と舞台監督さんです。休憩中にも関わらず、綿密に打ち合わせをしてくれています。ケガや事故のないように、彼らが様々な角度から見守ってくれています。この3人がいてくれるおかげで、僕たちは安心して稽古できます。いつも本当にありがとうございます。こちらも入念にディスカッションを重ね、休憩中も音合わせをしてくれている、音楽隊の皆様です。今回の劇中音楽はすべて生演奏で、まるでライブハウスのような衝撃が稽古場を包んでいます。彼らの生演奏は本当に素晴らしく、聴くたびに毎回鳥肌がたちます。どんな曲かはお楽しみに。まだまだあんな人やこんな人も紹介したいのですが、次の方にバトンを託したいと思います。稽古も残すところあと2日、裏も表も一丸となって稽古に臨んでいます。見応えのある作品になると思います、ぜひ劇場までお越しくださいませ。尾崎 宇内○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(尾崎さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      1
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(田口真太朗)

      こんばんは。霓裳羽衣稽古場日誌、今回担当させていただきます。田口真太朗です。あやめ十八番さんの公演へは2回目の客演となります。皆さんには「しんちゃん」と呼んでいただいています。しかし、今回はもう一人のしんちゃん、雨宮慎太朗さんがいるんです。顔合わせではどちらが、真の真ちゃんかということを競うという話になっていましたが、霓裳羽衣が面白いので対決はどうでもよくなりました。完。というわけで霓裳羽衣、本番まであと一週間を切りました。具体的なことはあまり言ってはいけないので抽象的にいいますとマジヤバイです。昨日は衣装合わせもあったんですが、マジヤバいです。完売回も何回かあるようで、本当にありがたい限りです。あと一週間、贋作女形劇もがき続けます。劇場でお待ちしております。○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(田口さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      2
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(佐藤修作)

      どーも!今回、ブログを担当させて頂きます、四次元ボックスの佐藤修作です!1991年6月26日生まれの25歳です。あやめ十八番には、初めて参加させて頂く新参者であります。えー、こういう、稽古場日誌、どういうことを書けばいいのか、本当に迷いますね。笑僕の勝手な、あやめ十八番の印象は、「和風でなんか男がカッコいい感じのお芝居で、稽古場は、笑いなんか一切なしの妥協を許さない団体」というイメージでした。そういったイメージであやめ十八番さんの「霓裳羽衣」に参加しているわけですが、まぁーー、和気藹々しております。稽古場が男だけというのもあるんでしょうかね。休憩中に、腕相撲やったり、筋トレしたりと、各々楽しいと思ったことをやり倒したかと思えば、芝居に没入している、そんな部活のような稽古場となっており、日々愉快痛快でございます。稽古もこれから佳境に入って参りまして、今回の「霓裳羽衣」がどこまで面白くなるのか、最終到達点が未だに謎です。笑さぁて、そんなわけでですね、僕、日芸出身なんですよ。話は急に変わります、ご注意を。日本大学藝術学部演劇学科演技コースを卒業したワタクシなんですが、なんと、今回、直属の先輩がお二人いるのです!!梅澤さんと原口さん。そして、大学同期の劇作コースの鈴木美波。僕としては、外の現場で、日芸の人間に会えることの嬉しさは、半端じゃないです。四つ葉のクローバー見つけちったんじゃねぇか!?みたいな幸せですね。んー、いや、もっといい例えがあったはず。笑普段ならば、大学でも被らない先輩方とお芝居できてることが楽しみで仕方がないです!そんな先輩方もいれば、この座組にはワタクシ含め25歳メンツも多数いるのであります!ほれ!!雨宮、菅山、笹木、鈴木、佐藤、山本。こやつら、同期なのです。ガチャガチャとしてますが、疲れたりした時、彼らと話したりするとやーっぱり落ち着きます。僕らは、稽古場で若手と呼ばれてはいますが、お互いに誠心誠意、先輩方に負けないように芝居を作っていこうと、誓った仲であります。(まだ、誓ってはいないです。)本当にバラエティ豊かな座組だと思います。結局のところ。笑完売回もでまして、俳優陣、テンション上がっております!!男だけの女形、東京芸術劇場にて、刮目してくださいまし!!それでは、佐藤修作でした!!どろん!・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(佐藤さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      1
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(菅山望)

      初めての方は初めまして。お久しぶりの方はお久しぶりでございます。あやめ十八番には2年ぶり3回目にお世話になります、菅山望(すがやまのぞむ)と申します。24さいです。苦手なことは字を書くこととブログを書くことです。今冬は何卒宜しくお願い申し上げます。あやめさんで稽古場日誌を書かせて頂くのは三年ぶり…『長井古種 かすり乙女』の時以来です。なつい。何書きましょうね。お稽古のことを書くにも僕、ずっとお稽古場のロビーでケータリングのお菓子食べて、出番が来たらお稽古場に入って覚えた台詞を喋って、終わったらまたロビーでお家から持参したお弁当を食べて、終わり。みたいな。写真も別に撮らないし。お酒でも入れば勇気も出て、共演者の皆様の隣に行って『一緒に撮ってください』って言えるんですけど、酒気帯び稽古する訳にもいかないし。そんで急に『今日稽古場ブログお願いします』って制作スタッフの女の子(男ばかりの稽古場においての、癒し。)から伝えられて慌てる、と。今回のあやめ十八番の戦場である、東京芸術劇場の向かいにございます、イチオシご飯屋さんをひとつご紹介させて頂きたいと思います。本当は誰にも教えたくなかった穴場なのですが、これ以外に書くアレが無いので苦肉の策です。僕が芸劇に小屋入りするときは必ず行くところです。この際皆様行ってしまえ。流行れー!“蕎麦屋『大黒そば』”さんです。芸劇のお向かいにある立ち食い蕎麦屋さんです。お勧めは春菊そばですが、がっつり行きたい時はイカかき揚げそばでもいい。ここのお蕎麦は立ち食いの域を遥かに越えた美味しさなのですよ、お値段は立ち食いの域なのに。営業時間は6:30-16:00なのでお気をつけくださいね、夜はやってないんですよ。あ、僕演劇界立ち食い蕎麦部・書記なんですよ。この場を借りて自己紹介っていうのもナンなんですが。そして演劇界大衆食堂巡り部・副部長 演劇界自炊部・部員でもあります。都内に点在する、古き良き美味しきお店を知りたかったら僕にご連絡下さいね。一緒に瓶ビール飲みましょう。いぇい。地味なブログだなぁ、掲載許可降りるのかなこれ。でも制作スタッフのあんちゃん(星亜沙美さん)に、好きなこと書いてくださいって言われたしな。仕方ないよ。趣味なんて食しかないんだもん。お稽古はすごくいい感じで進んでますのでご安心くださいね!・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(菅山さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      2
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(美斉津恵友)

      美斉津恵友です。あやめ十八番に出演させて頂くのは、これで7回目なのですが、今回何かがおかしいのです。 稽古場に女性の姿が見当たらないのです。これまであやめの舞台を華やかに彩ってきた、女優というエレメントが、どこをどう探しても見つかりません。明らかに360度を野郎に囲まれています。どうしたというのでしょう? 10万年後の、女性がいなくなった世界に来てしまったのでしょうか?ロシアで秘密裏に開発されたもしもボックスを、現場を知らぬ高級官僚がスナック感覚で作動させてしまったのでしょうか。 そもそも、女性というのは形而上学的な存在で、我々が概念として捉えていただけなのでしょうか。 いくら考えても答えは出ません。有るのは只、見渡す限りの髭と筋肉の唸る音。無闇矢鱈と己の優位性を誇示する、野生の雄の姿です。 もう諦めて、この状況を受け入れるしかありません。皆さんだったら、こんな時どうしますか?並み居る漢どもの中に、何か共通点を見出だしたくはなりませんか。 僕はなります。 そして見付けました。同級生という拠り所を。これが、この座組における、82/83年生まれの男達です。左から(敬称略)梅澤裕介…1982年2月25日塩口量平…1982年5月25日和知龍範…1982年6月7日島田大翼…1983年1月8日美斉津恵友…1983年1月18日β…1983年3月11日丸川敬之…1983年9月9日 厳密に言うと学年が違う梅ちゃんと丸には、微妙な距離感を醸してもらいました。別に仲は悪くないし、お互いに興味も有るけど、最後の最後で噛み合わなそうな82年度生の5人は、それでも連体意識を強める為に、腕を組んでみています。 数多いる演劇人の中で、これだけ生まれの近い人間が、一つのカンパニーに集った奇跡を、夜空の星々に感謝致しましょう。 そして次に目立つのが、これを持った人は、生涯に渡り、出会う人出会う人に『いくつぐらいあるんですか?』と聞かれ続けるであろうもの… そう、身長。タッパです。 今年は、近年稀に見る当り年で、有力な大型選手の補強に成功しています。こちらも左から(敬称略)金塚真一(180㎝)…PG 視野が広く、常にプレーの起点となる。丸川敬之(181㎝)…SG パスの中継や、アウトレンジからのシュートを担う。塩口量平(181㎝)…SF ドライブインで相手ディフェンスを切り崩す生粋のスコアラー。小林弘幸(183㎝)…6th Man 終盤の勝負どころで活躍する、メガネのシューター。原口紘一(186㎝)…PF 攻守に体を張り、チームを縁の下から支える。小坂竜士(189㎝)…C ゴール下を支配する、チームの要。大森茉利子(155㎝)…P 撮影協力。 この稽古の間に、なんとかこのメンバーで、翔陽戦後のロッカールームを再現したいので、虎視眈々と隙を伺っていこうと思います。 他にも、探せば色々共通点は有るかも知れませんが、自分が絡んで無さそうなものに関しては、割りとどうでもいいので、今後の稽古場日誌で、誰かが何か見付けてくれる事に期待します。 この群れのボスの座を巡る争いは、これから更に熾烈を極めるに違いありません。果たして我々は、五体満足な状態で本番を迎える事ができるのか。皆目見当もつきません。  ・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(美斉津さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745    

      2
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 《来春》あやめ十八番次々回公演

      あやめ十八番、来春公演情報を本日解禁いたしました!!あやめ十八番 第八回公演『ダズリング=デビュタント』2017年4月19日(水)~23日(日)@都内劇場次回公演「霓裳羽衣」会場内限定で、特別先行予約を実施致します!本日の情報解禁は、以上となります。今後とも是非ご注目ください!!

      4
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(金塚真一)

      こんにちは!初めまして、金塚真一です。皆さまにはシニルと呼ばれております。今回あやめ十八番に役者として初参加でございます。よろしくお願いします!堀越さんの描く台本の面白い事。台本を読んだだけで、一冊の小説を読んだかのような充実感があります。めちゃくちゃ面白いです!現在立ち稽古でミザンスをつけて行ってます。本当に震える作品になると思います!今からすでに震えます!まだまだこれからもっと面白くてなるでしょう!!年末でお忙しい方も多いかと思いますが、是非、是非、是非!劇場までお越し下さい!左>塩口量平さん、笹木皓太、熊野善啓さん左、演出助手>鈴木美波さん、出演>山本周平さん写真は本日の物ではございませんが、ある日の稽古風景でございます!それでは、劇場にてお待ちしてます!・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(金塚さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      1
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 「霓裳羽衣」アフターイベント開催のお知らせ

      いつもあやめ十八番ブログをご覧頂き、ありがとうございます。 12月17日より開幕となります、あやめ十八番 第七回公演「霓裳羽衣」 平日お昼の回(千秋楽を除く)限定で終演後、アフターイベントが決定しました!詳細は下記をご覧ください! 《12月19日(月)14時》堀越涼・花組芝居入座10周年記念アフタートークあやめ十八番代表、堀越涼が俳優として女形を学んできた花組芝居。堀越涼と花組芝居同期の座員があやめ十八番に初めて揃った今公演、同期三人組の花組芝居入座10周年を記念して、アフタートークを開催いたします。同期ならではの話や、稽古中の裏話など、ここでしか聴くことができない内容盛りだくさんでお届け致します。 <出演>小林大介、美斉津恵友、堀越涼<司会>丸川敬之、二瓶拓也<ゲスト>北沢洋(以上、花組芝居) 《12月20日(火)14時》音楽隊ミニLIVE生演奏にこだわり続ける、あやめ十八番。第一回公演から続く、あやめ十八番で大人気のアフターイベントが「霓裳羽衣」スペシャルver.として登場。あやめ十八番の作品世界に欠かせない、音楽隊の生演奏を存分にご堪能ください。本編で登場する楽曲は勿論、ダンスパフォーマンスとのコラボ楽曲も予定しております。 <演奏>吉田能(花掘レ)、丸川敬之(花組芝居)、田中真之、塚越光(INNERSPACE)島田大翼(オペラシアターこんにゃく座) <ゲストダンサー>梅澤裕介(梅棒)、ミヤタユーヤ ※各回15分程度を予定しております お陰様で、残席わずかの回も増えてきております。お早めのご予約をお待ちしております!!! あやめ十八番 第七回公演「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト⚜ご予約はこちら⚜公演詳細はこちら

      3
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(山本周平)

      あやめ十八番ブログを閲覧いただきありがとうございます。今回、あやめ十八番初参加、そして初めてブログを担当いたします、山本周平です。本番まであと22日!みなさまはいかがお過ごしでしょうか?急に寒くなりましたので、お体には充分気をつけていただけたらと思います。僕は毎日イソジンと、温かいお風呂に入ることは欠かさないようにしたいと思います。さてさて稽古ですが…日に日に、ぞわぞわごわごわした舞台が作られています。すごいことになっています。小学生みたいな感想ですが、すごいです。今すぐにでもお見せしたい…!そんな気持ちを抑えてですね、さらに良いものをお届けできるよう頑張りたいと思います。何枚か写真を撮りました。まず一枚目!あやめのお芝居にはもはや欠かせない存在となりました、吉田能率いる楽隊のみなさんです!かっこいいですね!ロンドン辺りで活躍していそうなオシャレな佇まいに、ただただファンのように写真を撮ってしまいました。劇中曲を全て担当されています。芝居と合わさったときの感動が尋常じゃないです。とても気持ちのいいところで曲が流れるんだまた!くぅー!こんな音まで楽器でだせるんだぁ…というところにも注目して楽しんでいただけたらと思います。エキサイティングでエキセントリックな稽古のあとは、みんなでごはんです。楽隊のメンバーである、島田さんご贔屓のネパール料理屋さんに行きました。「ネパール料理って何料理ですか?」と大興奮の大森さん(あやめ十八番の構成員)でしたが、ほぼほぼインド料理でした。島田さんいわく、毎日料理の味が違うとのことでしたが、とても美味しくいただきました。お通し的なかんじで出てきた、ネパール版もやし炒めが美味しかったです。今日の味付けは、当たりだったらしいです。あとはカレーが特に最高でした。はて…?カレー…?唐突ですがみなさま、カレーといえば…インドですよねえ!というわけで、チラシを貼っていただきましたー!お店の雰囲気にもばっちし合います。お店の方の笑顔もバッチグーです。そんなアットホームな雰囲気に、丸川さんもご満悦なようで。わんぱくな笑顔がたまりませんね。ささやかな時間ではありましたが、現地の空気に触れることができて、とても素敵な時間を過ごすことができました。今回のお食事はかなり稀な経験でしたが、今日に限らずお稽古場以外で見聞きしたものも、「 霓裳羽衣 」の本番に繋がっています。人生も、世界も全部ひとまとめにして、とってもとっても素敵な舞台になるよう、一所懸命がんばります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。以上、山本による稽古場ブログでした。・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(山本さん扱い)⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      3
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(熊野善啓)

      11/24(木曜日) シンシン…シンシン… 何の音かと起きてみれば、外は雪が降っていました。本格的に冬になって参りましたね。 どうも、こんにちは。人よりチョットだけ髪の毛の少ない者、熊野です。 稽古もどんどんと加速度的にその熱を高めている訳ですが、あやめ十八番の大きな特徴として、読み稽古、つまり台本の読み合わせをする稽古をじっくりとやります。この日も、前日の読み合わせのダメ出しから稽古はスタートし、演出の堀越さんから緊張感のある言葉がいくつも飛び出しました。 僕は髪が数本ハラリと落ちました。 個人的にいつも凄いなぁと思うのは、この読み合わせの熱量や緊張感です。時に本番さながらの臨場感があり、また役者それぞれが"負けるまいぞ"と影響し合う様をみるだに、この場に居られて良かったなぁと、実感するのでした。 読み合わせもそこそこに、今度は立ち稽古に入って行きます。実際に立って動いてみる稽古ですね。 今回、インドの神々がいろいろと出てきます。ってかインドの神々がいる所ってどんなんやねんといった事で、こちらはかなり難産な感じでしたが、最終的に光明が見えたところで笑点お開きまた来週となりました。時に牛歩、時にリニアモーターカーのような速さで、稽古は進んでいきます。きっと、驚きの仕掛けがたくさん用意されておりますので、首を長くしてお待ちくださいね。(左>和知龍範さん・石田迪子さん・大森茉利子) 最後に、前回ゲイシャパラソルに出演されていた、石田迪子さんが稽古場に遊びに来てくれました。なにぶん男ばかりの座組ですから、何人かは変なはしゃぎ方をしていました。ああはなりたく無いなと心に強く思いました。秘するが花というヤツですな。そんな事を思っていると、また髪の毛がハラリと落ちました。なん…だと……??!!みなさんも、お身体ご自愛下さいませ。僕は毛生え薬を飲みます。 ではまた ・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(熊野善啓さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      3
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(吉田能)

      こんにちは、音楽監督の吉田能です。おかげさまで今作も、このポジションであやめ十八番の作品に関わらせていただきます。よろしくお願い致します。 さて、音楽の話をしたいところなんですがネタバレになりかねないし、そもそもネタバレになるほど出来上がってもおりませんで、それはまたの機会(があれば、ですが)といたしまして。 今日はとってもおめでたい日でした!『霓裳羽衣』完本です!!完本というのはつまり、台本が全て書き上がるという事です!わーい!!!!▲現人神・堀越の最高傑作に群がる下々の民 完成した台本を我先にと奪い合い、稽古場の空気が殺伐としたところで神・堀越による作者本読み。これはあやめ十八番の稽古場の大きな特徴かもしれませんね。作者自らが、細かなニュアンスの解説を交えながら全て読んでみせます。ここで喉を使い切るつもりか?と言わんばかりの熱演です。 ▲作者本読みに感銘を受ける民 今度は役者の皆さんで本読み。今更ながら男ばっかりなので、全員が声を揃えるとかなりの迫力です。ここに音楽加えたら、けっこう凄まじい空間になりそうな気がします。僕は楽隊としての出演ですが、ちょっとだけ台詞ありました!どんな風に舞台に出てくるのか、お楽しみに! ▲真剣な眼差しで台本を読み解く北沢洋さん 稽古後は「今日ばっかりは飲みたい」という堀越神の一声で一同飲み会へ。大いに盛り上がる中、台本を書ききった堀越神はこの笑顔でございました。本当にお疲れ様でした!! ▲ちなみに、今日着ているのはパジャマだそうです。ガチの。  ここから稽古もさらに加速していく事でしょう。壮大なスケールで描かれるインドの神々と少女の物語!どうぞお楽しみに!!! ・○*・○*・○*・○*・○*・○*・ あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト ご予約(吉田能さん扱い) ⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      4
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(丸川敬之)

      「あやめのお稽古」どうも!丸川です!!!霓裳羽衣!げいしょううい!!絶賛稽古中でございます!!写真をとるのをよく忘れるわたくしではございますが、今回はわりととれたんじゃないでしょうか!?さあさあ、稽古の様子を見ていきましょう!お、なにやら談笑中でしょうか。おっ、さっきとあまり変わらない写真ですね。連写だ。田中のまーくんです!彼は僕と同じ役者ギタリストです!僕よりいいギターといいエフェクターをもってます!これは塚越さんですね!!顏出しNGなわけではないです。彼もマルチな才能の持ち主でございます!おお!我らがバンマス!吉田家長男、能!!あやめの楽隊にはなくてはならない存在でございます!!稽古してますねー!!うちの小林先輩がいます!りょんりょんの同期が今回全員でてるのは、素晴らしいことですね!あやめ女子ーズ!OLさんみたいです!今回は男子ばかりなので、やはり女子がいるとテンションがあがりますね!てなわけで、どうでしたでしょうか!?まだまだ色んな人がいますが、写真をとりきれませんでした。今回もよりすぐりの役者達を集めて公演に望むわけでございます!!そんなみんなを見るには、池袋へ行くしかない!!!是非是非お待ちしております!!霓裳羽衣ー!!!丸川でしたー!!!・○*・○*・○*・○*・○*・○*・あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(丸川敬之さん扱い)⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      3
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(ミヤタユーヤ)

      11/16の稽古日誌を担当させて頂きます、ミヤタユーヤで御座います。いつの間にやら新参者とは言えない参加回数となりました。あやめ十八番の舞台上にて生きられますのも、ご覧の皆々様のご愛顧、ご厚情の賜物で御座います。誠にありがとうございます。そして。最高神・堀越様の恩寵の賜物で御座います。誠にありがとうございます。…今回の作品はインド神話を題材にしておりますもので、座組内に新しい宗教用語が浸透しつつあります。最高神、なんて言うのもその一つ。インド神話には神様がとんでもない数出て参りますのでね、位が細かく決まっているのです。さて、稽古は今回から立ち稽古に入りまして、いよいよ男と男が体でぶつかり合う段階となって参りました。若い衆を中心に場ミリ。笹木氏(左)、金塚氏。(右)あ、いかん。いきなり年上だ。雨宮氏(左)、山本氏(右)あ、いかん。今日から参戦のやまもん、全然顔写らんかった。言葉少なに作品作りに向き合い、各々が粛粛とパフォーマンスを高めていく。男と男の濃密空間。さながら何かのスポーツ選手達。ストレッチをしてジックリと身体を温める方。筋トレで一気にギアを入れる方。試合前のラリーの様に台詞合わせをする方々。和を保ちつつ、眼は真剣。沸々と湧き上がる熱意。心地よい緊張感。これは良い稽古が出来そうです。今回初共演のβさん(左)と。なんじゃこのユルさ。記念撮影みたいになっちゃった…。兎に角!あやめ十八番の男祭り「霓裳羽衣」!!!熱い舞台をお魅せ致しますよー!・○*・○*・○*・○*・○*・○*・あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(ミヤタユーヤさん扱い)⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      5
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(北沢洋)

      稽古5日目、稽古あたまにキャスティング発表。20人以上の男衆集めての「霓裳羽衣」。ここまで配役入れかえての読み稽古を続けてきました。パズルの組み合わせは幾通りにもなります。本日より配役が決まっての読み稽古。一行読むごとに細かいダメ出しが演出家から飛びます。演出家堀越涼は読み稽古を極めて重要視します。すこぶるハイテンションで場が進んで行きます。左から、北沢洋さん、和知龍範さん、笹木皓太「あー、楽し。」色んなタイプの野郎が集まって、仕上がりにワクワクしてます。左から、原口紘一さん・佐藤修作さん可愛い女子が出てなくても「あやめ十八番」は魅力的です。「花組」でも野郎ばかり、「あやめ」でも野郎だらけ。アタシャすでにお腹イッバイです。あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(北沢洋さん扱い)⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      3
      テーマ:
  • 11 Nov
    • ≪制作部より≫「霓裳羽衣」Confettiチケットセンター販売開始のお知らせ

      あやめ十八番次回公演「霓裳羽衣」。お陰様で、沢山のご予約をいただいております。 現在、以下のサイトで行っている通常のチケット販売以外に、https://ticket.corich.jp/apply/76745/ カンフェティチケットセンターによる販売が開始しました。枚数限定にて、割引価格でご購入いただけます。46名限定!一般3,800円(全席指定・税込) → 【指定席引換券】3,300円さらに100Pゲット!ご予約⇒http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=36700& カンフェティチケットセンターによる販売はいくつかのメリットとデメリットがあります。 【メリット】・特別割引価格でチケットを購入できます!・カンフェティで販売されている他公演のチケット購入にも使える、共通ポイントがたまります (購入価格の1%)。・ポイントは、以下のような使い方があります。(詳細はこちら)・次回公演や他公演でのご利用。・電子マネーや商品券に交換。・途上国の子どもたちに「BCGワクチン1人分」が寄付。・チケットを購入しますと、託児サービスをご利用いただけます。毎週火曜~土曜の12:00~17:30の間、託児実施場所でお預かりします。詳しくはカンフェティ託児サービスをご参照ください。 ≪デメリット≫・手数料がチケット代以外にかかります。・一般前売り券のみの扱いです。※学生割引・高校生以下割引チケットの販売がございません。メリット・デメリットを検討されたうえでご利用いただければと思います。~~≪WEB予約の注意事項≫・ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。≪電話予約の注意事項≫・払込票番号を予約時にお伝えしますのでメモをご用意下さい。・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。・予約有効期間内に、払込票番号をお近くのセブン-イレブンのレジまでお持ち下さい。「霓裳羽衣」チケットフォームhttp://s.confetti-web.com/detail.php?tid=36700&予約後すぐに、お近くのセブン-イレブンでチケットを受け取れます。※指定席引換券の発行となりますので、ご観劇日当日受付にて引換いただけます。(開演60分前より受付開始)代金はチケット受け取りの際にセブン-イレブンでお支払いいただきます。【カンフェティチケットセンター】Confetti(カンフェティ)・・・観劇ポータルサイトWEB予約 http://confetti-web.com/電話予約 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)

      テーマ:
  • 07 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(雨宮慎太朗)

      こんにちは。今回あやめ十八番に出演しますレティクル東京座並びにLIVEDOG株式会社所属の雨宮慎太朗と申します。...長い...それはさておき、今回「しんたろう」が2人いるのですが、金髪の方が田口真太朗くんで、肌の色が黒い方が雨宮慎太朗です。すぐ分かります。あやめ十八番には【長井古種 かすり乙女】以来、実に!!3年ぶり2度目の出演です!!!本当に本当に嬉しい。皆様御愛顧の程よろしくお願い申しあげます。さて、本日のブログでは稽古風景を写真で振り返りますっこちらは、今回初参戦の小坂竜士さん。素敵なバリトンボイス(たまに美輪明宏さんだなあと個人的に思ってる)で周りを沸かせております、演じるたびに笑いが絶えません。迫力おばけです。しかも身長は189cmと今回トップ!その存在感は舞台上でも遺憾なく発揮されること間違いなし!こちらは、花組芝居より右から二瓶拓也さん北沢洋さん小林大介さんあやめ十八番常連の洋さん、熱演です。防寒対策バッチリすぎる状態でこんなに熱演して、熱くないのかなあと思ってました。しかし、大ちゃんも負けてないです。見てください。このコーヒー。ひしゃげてます。あまりの迫力に、カップも恐れをなして縮こまっております。一流の俳優は無機物にすらも影響を与えるのです。嘘です。実際は演じるのに熱が入った結果握りつぶしながら台詞を喋ってただけです。稽古終わりのツイートでも「髪は振り乱しました」と豪語していた彼のパッションはとどまることを知りません。立ち稽古になったら地面とかが割れないか心配です。稽古3日目とは思えないほど熱い稽古場で、一丸となって作品に向かっております。稽古3日目で既に面白くて、もうこれからどうなっちゃうんだろう。その面白さ─あやめ十八番の新たな挑戦(前作とはガラリと雰囲気が変わりますよ!)に、貢献できるよう尽力します。雨宮慎太朗(@snt8876)でした!!また劇場で!!!!(ミステリアスなオーラが漂う島田さんについてはあえて語らず、読者の方の想像に委ねます。世界中の楽器が弾けるらしいです)あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(雨宮さん扱い)はこちらをクリック⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      2
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 【霓裳羽衣】お祝い花について

      あやめ十八番ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 次回公演「霓裳羽衣」公演への祝い花について、お客様よりお問い合わせがございましたので、こちらでもご案内いたします。 【可否について】受取り可能でございます。お送り頂いたお花は劇場ロビー内に飾らせていただきます。事前にご連絡頂く必要はございません。 【配送日時】12月16日(金)13時~20時※上記日程以外にご希望の場合は、制作部(ayame18.ticket@gmail.com)までお問い合せください。 【配送先】〒171-0021東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場シアターウエストあやめ十八番 制作部宛080-3170-3879 【お花のサイズについて】スタンド花、アレンジメントなどお送りいただくお花のサイズに指定はございません。 【お花の回収について】スタンド花ご注文のお客様>会期終了後の回収もあわせてご注文いただきますようお願い申し上げます。⇒回収日時:12月21日(水)18時~20時 【その他】・期間中は制作部が責任をもってお花のお手入れをさせて頂きます。※お花の状態によっては、期間終了前に下げさせて頂く場合がございます。・置き位置指定はできません。 以上となります。不明な点がございましたらお気軽に下記までお問合せください。 あやめ十八番制作部ayame18.ticket@gmail.com*********************次回公演「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエスト公演詳細はコチラ

      1
      テーマ:
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(和知龍範)

      こんにちは、和知龍範(わちたつのり)と申します。変な字面ですがガチ本名です。あやめ十八番さんには四回目の出演となります。どうぞよろしくお願いします。さてさて本日の稽古はみんなで読み合わせ。僕が前回出演した『ゲイシャパラソル』は勝手知ったる仲の人が多かったのですが、今回は半数くらいがお初ということもあり、読み合わせからしてとても新鮮。今までのあやめに無いテイストがどんどん加わっており、堀越先生がこれをどう料理していくのか楽しみでなりません。稽古後は、夜空の下で少々語り合いました。こちらは梅澤裕介さん。笑顔と人柄が素敵なナイスガイです。あやめには数年の時を経て二回目の出演。和知と同い年ということで、勝手に親近感を感じています。こちらはあやめ初参加の佐藤修作くん。以前舞台を拝見した時は気持ち悪い奴だなと思っていましたが(いい意味でですよ)、非常にとっつきやすい青年でした。こちらはお馴染みのメンバー。左から田口真太朗、金塚真一、雨宮慎太朗。この三人は「しんちゃん」というニックネームを巡って水面下で争っています。そしてミヤタユーヤ(写真右)が合流し、梅澤さんとダンスバトルを繰り広げました。お二人とも身体のキレや滑らかさが半端ないです。舞台上でもこのバトルは拝めるのでしょうか………乞うご期待です。さらに遅れて熊野善啓(写真右)が合流。ミヤタさんとダンスバトルを繰り広げ、圧倒的に惨敗していました。舞台上でこのバトルを拝むことは間違いなく無いでしょうが、『霓裳羽衣』、是非とも期待を胸にご来場ください。超えてみせます。あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(和知龍範さん扱い)はこちらをクリック⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      1
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 「霓裳羽衣」稽古日誌(笹木皓太)

      初めましての方は初めまして、そうでない方はお世話になっております、あやめ十八番 構成員の笹木皓太です。ついに12月本公演「霓裳羽衣」稽古初日を迎え、僭越ながらトップバッターで稽古場日誌を務めさせて頂きます。男ばかりの公演とは知ってましたが、やはりちょっとした1クラス分くらいの男が集まると、すごいです。なんていうか、圧がすごいです。これはヤバい空間が出来上がると思います。稽古後には懇親会もしました。これから1ヶ月半ばかり駆け抜ける所存ですので、どうぞ皆様みにきてくださいね。と、みんなこぞって口にしております。(左から、水澤賢人、菅山望、田口真太朗、雨宮慎太朗)M-1エントリーコンビみたいなお二人もこぞって口にしております。(左)塚越光 (右)丸川敬之明日からも気を引き締めて頑張っていきたいと思います。何遍もあれですがヤバいものになりそうですのでお見逃しなく。あやめ十八番 第七回公演贋作女形劇「霓裳羽衣」2016年12月17日(土)〜21日(水)@東京芸術劇場シアターウエストご予約(笹木皓太扱い)はこちらをクリック⚜公演詳細⚜http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=76745

      4
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。