中目黒 英語xアドラー 子ども英語教室&アドラー勇気づけ講

☘ 20年後に英語で楽しく「考えられる」「伝えられる」子どもを育てる中目黒の少人数制英語教室。「楽しみながら、将来、使える英語の基礎を身につける」ユニークなレッスン。

☘ 自分を大切にしながら育児をもっと「楽に」「楽しく」するアドラー勇気づけ育児講座。


20年後に英語で楽しく「考えられる」「伝えられる」子どもを育てる


ひとりひとりを大事にする中目黒・祐天寺の少人数制英語教室です。


将来、使える英語の基礎を楽しみながら身につけるためのユニークなレッスンを展開しています。


自分を大切にしながら育児を「もっと楽に」「もっと楽しく」するアドラー心理学をベースとした勇気づけ育児講座(ワークを通じた体験型学習)を開催中です。




ホームページは → こちら



NEW !
テーマ:

東京都目黒区中目黒で子どもの英語教室&アドラー勇気づけ講座を開催しているA+SMILEの田中彩子です。

 

 

 

レッスンで子どもに英語を教えるときには、少しでもやる気を高めてほしいと思っています。

 

自分の子どもに英語を教えるときにも実感していることですが、子どものやる気を引き出すためにとても効果的な方法があります。

 

それは、「子どもに自分で教材や学習の中身を選ばせる」ということです。

 

子どもが自分で自分のやることを選べれば、子どもにとってその学びは「自分が好きでやっていること」になります。

 

「やらされている」感も減り、自主的に取り組む意欲が出てきます。

 

 

 

私は、この方法は、今すぐに明確な目標(英検試験、英語圏への引っ越し前の英語マスターなど)のないお子さんには最適の方法だと思っています。

 

英語は生きている言語なので、子どもの興味関心の対象が何であれ、すぐに学びに結びつけることができるからです。

 

具体的な実践例については、6月24日に開催する週末アドラー勇気づけ講座「子どもの自信とやる気を引き出す言葉がけ&家庭学習(詳細は → こちら)でお伝えする予定です。

 

 

 

ただ、そうは言っても、教える側にとっては、「いつもいつも、子どもが同じようなことを選んできても困る」という場合もあります。

 

そういうときには、子どもに選択肢を与えつつ、それでも子どもが「自分で選んだ」と感じられるような誘導もできます。

 

昨日のオンラインレッスンでは、レッスンで行うアクティビティも、宿題も、そんなことを繰り返しました。

 

昨日のレッスンの詳細は → こちら

 

 

 

教える側の都合だけではなく、学ぶ側の立場も、できる限り大事にしていきたいと思っています。

 

 

 

A+SMILEでは、

 

「各種英語レッスン」や、「育児や人間関係全般に役立つ、アドラー心理学勇気づけ講座」

 

を開催中です。

 

レッスンや講座の最新スケジュールはこちらをご覧ください → こちら

 

 

 

矢印ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

 

 

日経DUALに取材・掲載されました!

 

「アドラー流 子どもを英語嫌いにさせない方法」

記事は → こちら

 

「英語を遊びに!アドラー流家庭学習のポイント」

記事は → こちら

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京都目黒区中目黒で子どもの英語教室&アドラー勇気づけ講座を開催しているA+SMILEの田中彩子です。

 

 

 

私たちは皆、さまざまな人間関係に囲まれて生きています。

 

 

 

家では家族、夫婦、親子の関係。

 

親戚や義理の家族との付き合い。

 

職場に行けば、上司や部下との関係、同僚との関係。お客様との関係。

 

学校では、先生やクラスメート、先輩後輩との関係。

 

子どものいる人は、ママ友づきあい、先生との関係。

 

ほかにも、友人同士、昔の上司部下、昔の同僚、昔のクラスメート…などなど。

 

 

 

 

私も今年は子どもが入園し、幼稚園の役員になったので、「人間関係」が増えました。

 

園児の母として日本の幼稚園を経験するのは初めてのことなので、びっくりすることも山ほどあります。

 

役員だからこそ見えてくる複雑な人間関係もたくさん。

 

私の仕事を知っている方からは、こういう場合は何か良い方法はないのか?と相談を受けることもあります。

 

 

 

 

そして、英語教室をやっていると、生徒さんとの関係も重要になります。

 

生徒さんが子どもであれば、その保護者とも関係ができます。

 

そうすると、勉強法や学習習慣について、保護者の方から、こういう場合はどうすればいいですか?と質問を受けることも多々あります。

 

 

 

 

勇気づけ講座でも、育児の悩みを話してくださる方が多いので、そこでまた、質問を受けます。

 

アドラー心理学では、こういう場合はどういう声がけをすればいいのか、など。

 

 

 

 

質問を受けたときは、私のお答えできる範囲でお答えしています。

 

そういうとき、私の答のベースとなるのは、アドラー心理学をベースとした勇気づけ。

 

私が開催している勇気づけ講座は、講座では、大人同士の関係でも、大人と子どもの関係でも、あらゆる人間関係を円滑にする考え方のヒントを12のステップでご紹介しています。

 

 

 

 

勇気づけ講座の12の章のなかでも、私が特に役立つと思う章のひとつが、第10章です。

 

第10章では、

 

「あたりまえの価値を再確認する」

 

ための理論やヒントを学びます。

 

 

 

この章でお伝えしている理論は、私が最初に勇気づけ講座を学んだときに、まさに

 

「目からうろこが落ちた」

 

内容でした。

 

 

 

今まで考えたこともなかった理論なので、これまで、特に子どもに対しては、その真逆のことをしていました。

 

そして、

 

子どもが不機嫌になる → 私も不機嫌になる。

 

というサイクルをたどっていた気がします。

 

 

 

でも、10章の理論を学んで、これを実践していくと、これまでは子どもと喧嘩になっていた場面でも、お互い不機嫌にならずに過ごせることが増えてきました。

 

自分でも、びっくりしました。

 

 

 

10章の内容はおそらく、多くの人にとっては常識とは逆の考え方なので、私はこれを、できるだけ多くの講座でお伝えしたいと思って活動しています。

 

 

だから、私の開催する勇気づけ講座では、10章が多く登場します。

 

 

今年はじめに「育児に特に役立つ6章」として3回連続の講座を開催した時も、

 

春休みに開催した講座も、

 

6月に開催する週末講座でも、

 

10章をお届けしています。

 

 

6月には、育児団体向けのミニ講演も行いますが、そのときも10章の内容を掘り下げたワークを自分でつくり、お届けする予定です。

 

 

 

勇気づけ講座でお伝えする章は相互に関連しているので、

 

「いつも10章の内容を実践していればうまくいく」

 

というわけではありません。

 

 

 

また、勇気づけはマニュアルではないので、ただ覚えて実行するものでもありません。

 

 

 

それでも、アドラー心理学にまったく馴染みのない方や、まずはとっつきやすいところから学びたい方には、10章は非常に役立つ章だと思います。

 

 

 

私の大好きな第10章。

 

次回の勇気づけ講座では、この10章が登場します!

 

詳細は → こちら

 

 

 

次回の講座は、「自分と子どもの自己肯定感を高める方法」という切り口で考えていきますが、

 

10章は単体でも、日々の育児や人間関係に応用でき、とても役立つ考え方です。

 

 

 

人間関係を円滑にしたい方、勇気づけ講座に興味のある方、お申し込みをお待ちしております!

 

 

 

矢印ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

 

 

日経DUALに取材・掲載されました!

 

「アドラー流 子どもを英語嫌いにさせない方法」

記事は → こちら

 

「英語を遊びに!アドラー流家庭学習のポイント」

記事は → こちら

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京都目黒区中目黒で子どもの英語教室&アドラー勇気づけ講座を開催しているA+SMILEの田中彩子です。

 

 

昨年から、英検2級の試験には英作文が出題されるようになりました。

 

マークシートではなく、問題文を読んで、自分の考えをまとめて書く力が試されます。

 

これにより、英検2級のハードルは高くなりました。

 

 

 

今回導入された「ライティング」は、ある程度のライティングテクニックが必要とされる分野です。

 

やや難しいところがある反面、、ライティングのテクニックさえマスターすれば、実力のあるお子さんであれば比較的点が取りやすい部分でもあります。

 

 

 

今回ご案内するのは、

 

「英検2級のライティング対策をしたい方(大人・子ども)向けの特別オンラインレッスン」

 

です。

 

 

 

レッスンでは、ZOOMというオンライン会議システム(登録・通話無料)を使用しながら、

 

★英検2級のライティングで求められるテクニックの説明(お子さまにも分かりやすく説明します)

 

★添削(リアルタイムで添削や説明をします)

 

★弱点強化(おひとりおひとりに合わせ、ポイントを説明し練習します)

 

を行っていきます。

 

お互いに顔だけではなく、パソコン画面もリアルタイムで共有しながら、対面レッスンに限りなく近いレッスンを受けていただけます。

 

 

 

<レッスンの流れ>

 

(1) レベルチェック:事前課題にご自宅で取り組んでいただき、メールでご送付いただきます。

 

(2) オンラインレッスン60分(テクニックの説明、事前課題の添削、説明、改善点の個別指導)

 

(3) 新しい課題にご自宅で取り組んでいただき、メールでご送付いただきます。

 

(4) オンラインレッスン60分(課題の添削、説明、改善点の個別指導)

 

(5) 以下、(3)と(4)の繰り返し

 

*「改善点の個別指導」は、特に改善すべき内容のテキストや演習問題を講師が独自に作成し、受講者おひとりおひとりに合わせたサポートを行います。

 

*必要に応じ、オンラインレッスン以外にも、メールによる指導を行います。

 

 

<A+SMILEのレッスンの特徴>

 

★「英作文のプロ」が指導

翻訳歴14年の日英翻訳者、英語教授法国際資格TESOL取得講師が教えます。

 

★おひとりおひとりの状況に合わせたレッスン

完全個別指導(ご兄弟などのご要望がある場合を除きます)です。受講者の方が改善すべきポイントに合わせた課題や演習問題を独自に作成し、弱点を克服してより良いライティングにつなげる指導を行います。

 

★英語のみのレッスンも可能

帰国子女のお子さまなど、日本語よりも英語が得意な受験者の方向けに、英語のみのレッスンも可能です。

日本語のほうが得意だけれどリスニングも同時に強化したい受験者の方は、日本語と英語を織り交ぜたレッスンもご相談ください。

 

★アドラー心理学の勇気づけを取り入れたレッスン

アドラー心理学を学び、勇気づけリーダーとして各種講座開催も開催中の講師が、受験者の方のやる気を引き出すレッスンを行います。

特にお子さまのレッスンはお任せください!

 

★ご都合、ご予算に合わせたカスタマイズレッスン

お子さまのレベルやご家庭のご都合に合わせ、最適のプランをアドバイスさせていただきますが、その後、余計なレッスンのお勧めは一切いたしません。

受験生がお子さまで、保護者の方がご自宅でフォローできるような場合には、保護者の方がレッスンを一緒に受けていただくことも可能です。

 

 

 

<料金>

 

★はじめてコース:下記(1)~(4)までのパッケージになります

  8000円

★しっかりコース:下記(1)~(4)のほかに、下記(5)を週1回x4回

  22000円

★ばっちりコース:下記(1)~(4)のほかに、下記(5)を週1回x8回

 34000円

 

*45分のレッスン、週2回コースなども承ります。ご相談ください。

 

 

(1) レベルチェック:事前課題にご自宅で取り組んでいただき、レッスン前日までにメールでご送付いただきます。

 

(2) オンラインレッスン60分(テクニックの説明、事前課題の添削・説明、改善点の個別指導)

 

(3) 新しい課題にご自宅で取り組んでいただき、レッスン前日までにメールでご送付いただきます。

 

(4) オンラインレッスン60分(課題の添削、説明、改善点の個別指導)

 

(5) 以下、(3)と(4)の繰り返し

 

*「改善点の個別指導」は、特に改善すべき内容のテキストや演習問題を講師が独自に作成し、受講者おひとりおひとりに合わせたサポートを行います。

 

*必要に応じ、オンラインレッスン以外にも、メールによる指導を行います。

 

 

 

英検2級ライティング対策オンラインレッスンは、現在満席です。

 

6月4日の試験以降、お申し込みを受け付けます。

 

次回試験前にはレッスン枠がいっぱいになることが想定されますので、早めに取り組まれることをお勧めします。

 

 

 

お問い合わせ・お申し込みは → こちら

 

A+SMILEの他のレッスンのスケジュールは → こちら

 

 

 

<講師>

 

田中彩子

 

学生時代に通訳、大学卒業後は日系・外資メーカー勤務を経て、翻訳会社に翻訳者として勤務。

フリーランス翻訳者として、政府省庁の仕事を中心に、あらゆる分野の日英・英日翻訳を手がける。

 

プロ日英翻訳者、「英作文のプロ」。

修士・博士論文、各種エッセイなど英文校閲経験も豊富。

​​

英語教授法国際資格TESOL取得後、子どもと大人向けの英語教室を立ち上げ、さまざまなレギュラークラス・単発レッスンを実施中。

 

アドラー心理学について学びを深め、勇気づけリーダーとしてアドラー心理学の講座も開催中。

 

米国コロラド州Doherty High School、慶應義塾大学卒。

​英検1級、TOEICベストスコア980、英語教授法国際資格TESOL(180hr)A1(最高レベル)。

​アドラー心理学育児講座SMILEおよびアドラー心理学ベーシック講座修了、アドラー心理学勇気づけリーダー。 

 


 

矢印ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

 

 

日経DUALに取材・掲載されました!

 

 

「アドラー流 子どもを英語嫌いにさせない方法」

記事は → こちら

 

「英語を遊びに!アドラー流家庭学習のポイント」

記事は → こちら

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)