愛の話

テーマ:
私はよく愛してると言う

人が重いと思う言葉をサラッとゆうから
よくびっくりされるし
男性には
ホレてると勘違いされるww

もちろんホレてるから言う事もあるけど…

それだけぢゃ無く


愛おしいと思う全てに


私は愛してると言う


父さんには電話を切る時かならず愛してるとゆうし

友達としょーもない長電話してバイバイゆう時も

ぢゃあね愛してるよって言う

応援してくれてる人達にも
心を癒してもらったら

愛してるよって言う


でも私の愛してるは


けしてまわりに重く受け取って欲しい訳では無い

ただ私が伝えたい人だから


思ったら言うようにしてる

愛おしいものは愛おしい

好きなものは好きとゆう

沢山の愛をしっかり伝えたい


それは、闇に飲み込まれ死んでしまった母に


あの時伝えれなかった分……


父は言う


寂しかっただけが理由ではないと


でもあの時浴びるくらい愛を伝えれたら


何か変わっていたんぢゃないかと….


私と母はよく似ているから…


だから母が死んだあの日から


私は愛を大袈裟な位伝える様になった…


だからよく周りに

「なんでそんな簡単に愛してるとか言えるの?中々そんな重い事言われへんし愛が何かもわからない」

と…

私はいつも言うのは…

【いつかこの世が終わる時

愛してるが最後の言葉になったら

それ以外何もゆうことは無い】


って


だから私は


あの日言えなかった言葉を


浴びるくらい人に伝えます


私がポックリ死んだ時


みんなが愛に包まれるようにwww


いや、死なねーよ( ゚д゚) 、ペッww



人が皆、愛を素直に言えますように



AD