農業女子になる!

2017年4月から福井で農業女子をはじめるアヤカンの園芸記録。


テーマ:

その2は講演内容になります。

録音したわけではないので、若干の言い回しの違いはお赦し下さい。


中村さん:以下N

草壁さん:以下K

ぶっちょカシワギさん:以下B


B 「中村君はいつ頃から職業っていうかイラストレーターって意識したん?」


N 「僕はね~、小学生くらいん時からなりたかってん。

   ゲーム世代やからさ、ゲームに出てくるキャラクターとか作ろうって思ってて。」


N 「ほんで、芸大(大阪芸術大学)行って、ず~っと絵を描いて・・・

  3回生になったら、就職活動あるやんか。

  ほんでいろんなゲーム制作会社を受けにいったんよ。

  そしたら、ちょうど僕が3回生の頃ゆうたら、ときめきメモリアルとかが

  PCソフトだけじゃなしに、ゲームソフトとして売り出されてた頃なんよ」


B 「あの恋愛シミュレーションゲームね。告白されたら勝ち!っていうね。」


N 「そうそう。それってつまりさ、『女の子』が描けなあかんねん。

  『女の子が描けない人はいりません』って言われて。

  でも、僕それまで女の子の絵なんか描いたことなかってん。

  キン肉マンとか、そういう世代やしさ。」


B 「じゃあ、それをきっかけに、女の子を描き始めたんや~。」


N 「ん~、そうやなぁ。」


こういうやりとりがあり、中村さんが女の子を題材にし始めたきかっけを話されました。


N 「あと、僕が絵に対する考え方を変えた大きな事件があったの。」


B 「なにそれは?」


N 「大学生の時、おばあちゃんに自分の絵を見せたんやんか。

  そしたら、自分の孫の絵やから一応、『佑介、すごいな~』って言ってくれてんけど、

  明らかに意味がわかってなかってん。自分のいいと思ってた見せた絵が、

  おばあちゃんには理解のできない代物になってしまってたことがショックでさ。」


K 「芸大生の中だけで生活してたから、感覚が一般人の感覚ではなくなってたんやね。」


N 「うん、そうやねん。前衛的な芸術ってカッコいいし、それはそれでいいと思うのね。

  でも、イラストレーターっていうのはそれではあかんねやって思った。

  芸術家とイラストレーターって違うからさ。

  芸術家は芸術のわかる人に発信すればいいけど、

  イラストレーターは大衆に向けて発信しなきゃいけないんだよね。

  それに気づかされた事件やったなぁ。」


B 「なるほど、4年間で『芸術的な』、『マニアックな』方に染まっていって、

  麻痺した感覚を修正して行くきっかけになったんや。」


このあたりで、自分で持参したリプトンミルクティーを出す。

つまり、ミルクティー(500ml)が2本。(もともと1本はスタッフさんが用意)

好きなんだねぇ、ミルクティー。


それからスタッフさんがストローを出すのを忘れており、(この辺がユルユル)今更ながらストローを渡される。

草壁さんは、すでにストロー無しで飲んでいました。


そして、持ってきたイラストのデータをじゃんじゃんプロジェクターで見せる見せる。

私にとっては、いや会場のみんなにとってもそれは『お宝』でした。


中村さんのテーマで一貫しているのは『かわいい女の子ラブラブが描きたい』ってこと。


今でこそシンプルに描かれていますが、2000年~2002年頃の作品は、

背景とか風景とか、もの凄く緻密な線や点でいっぱいでした。

描写が細かいっていうか、写実的っていうのかなぁ。

でも中村さんは、細かく描けば描くほど「絵、うまいなぁ」って言われるのがイヤだったそうなんです。

ただ単純に 「うっわ、この女の子かわいい!付き合いたい!」って言われることが、最高の誉め言葉だったとか。

(そんなこと言う人いるのか?)


自分のプロモーション用に描いた50枚以上の作品をHPに貼って、お声がかかるのを1~2年待っていたそうです。

そう。「くもの巣を張り巡らして、獲物を待つ」ように。


その「くもの巣」にかかってくれたのがアジカンだったそうです。

そこからジャケを作るきっかけになったんだそうです。


こうやって、裏話を聞いてからジャケットを見ると、なんというか本当にありがたみや、重みがありますね。


また長くなったので、アジカンのジャケット裏話を~その3~に書きます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アヤカンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。