KONKATSU in the world

婚活するなら、マーケットを広げて世界へ。

日本で相手が見つからないなら世界に行ってみるのもいいかも?

ということで世界婚活しフランスでパートナーと出会い結婚しました。

結婚、婚活、恋愛をテーマに世界でパリでLOVEについて考えてます。


テーマ:


東京で、アメリカから来た美味しい(?)コーヒー屋に行列ができて話題を呼んでいる

と思っていたら、そういうおいしいコーヒーや、質のいいファッション、質のいい暮らし

を支持する、若い男の子のことを

「サードウェーブ系」と呼んでいるそうな。。


この記事がとても興味深かったのでリンクを張っておきます。

https://cakes.mu/posts/9079



この、サードウェーブ系のことを、ちょっとネットで見て行くと

あれ?

どうもなんだか



ニューヨークのヒップスター



パリのBOBO


の東京版のことじゃない?


と思えたのでした。



パリから見てみると、この「サードウェーブ系」の周りで起きていることに

不思議な点がいくつもあるのだけれど

重大な理由もある気がして見逃せません。



その重大な理由というのは

やっぱり、

東京人は消費に飽きたり、疲れて来ているな

ということです。



そして

不思議な点は、


「なんで、アメリカのコーヒーが美味しいって話題になるの?」

ということです。


私はコーヒー派ではないので、味については良くわかりませんが
10年前、ニューヨークで一年間遊んでいた時に

「アメリカのコーヒーはまずい」

というのは常識でした。


イタリア人の友人なんか、毎日、自作したエスプレッソコーヒーをボトルで持ち歩いていて

「アメリカのコーヒーは、靴下の搾り汁だ」

と嘆いていたくらいのレベルです。


ちなみに、このフレーズは、ヨーロッパでも常識のよう。



あの消費大国アメリカが、このままの生活は「なんかおかしい」とようやく気がついて

美味しい食や、コーヒーを追い求め始めたりしている動きがある ようですが、



日本人の多くの方々は、それまでのアメリカの日常食のレベルを知らなさすぎる。。。


「靴下の搾り汁コーヒー」だけでなく、ニューヨークで買うリンゴは、プラスチックのようにピカピカと
てかっていたし、ちゃんとしたご飯って、お金をちゃんと出さないと食べられない感じでした。

(わずかに、当時から質のいい食品を売る店が現れて、支持を受けつつあったけれども)

お菓子なんて、とてもじゃないけど食べ物じゃないようなものばっかりだったし。。。


アメリカは実際、今どのレベルまで一般の人たちの食や生活習慣が変わって来ているのか、

ぜひ自分の目で確かめてみたいです。

その変化にぜひ驚かされたいと思っています。


だってね、環境破壊とか考えてない人が普通に山ほどいたからです。

その考えてなさは、日常生活の中で「ぞっとする」ほどのものでした。


例えば、

当時、マクドナルドでセットを頼むと、2センチくらいの厚さくらいの数のナプキンをくれたり

レストランのトレイにいくと、前の人が一回手を拭くのに使った人のナプキンの数も
尋常じゃなかったり…

「一枚だけで十分手を拭けるのに、なぜあなたは10枚以上の紙を使うの?
そして、真ん中にある8枚くらいの紙はほぼ新品のままなのに、それをゴミ箱に捨てるって
どういう神経?」 

ほぼ新品のまま、捨てられた間にはさまれたナプキンを見た時に、
こうつぶやいたことを今だに覚えています。それくらい衝撃だったのです。


ニューヨークでは、こういう状況は日常茶飯事でした。




話をコーヒーに戻しますが、

日本には、「ブルーボトル」というアメリカから来た新しいコーヒー屋より

美味しいコーヒーを出す店は山ほどあるんじゃないでしょうか?




だから、わざわざあの店に行列を作ってまで行くのは

やっぱりただの流行に流されている人がほとんど、に見えてしまう。


どうも、行列を作っている人の中には

ヒップスターやBOBO風のファッションをした男子が多いというのも

結局、ファッションだから。


という風に見えてしまう。


形からなんても入る日本人、という一面を見てしまったような気がするんです。



でも、消費には飽きて来ている。

でも、それはどうやったらいいか分からない。

だから、形から入ってみよう。なんかおしゃれだし。


という風に・・・。



「消費に疲れているのだけれど、
それをどうしたらいいか分からない」



その日本人の本音が、「サードウェーブ系」と名付けられて
注目されている今、これが流行のスタイルだけで終わるのか、

仕事の量まで減らして、不真面目でも面白く生きて行こうとする日本人が
増えて行くまで変化するのか?

今後の変化が楽しみです。


ちなみに、パリのコーヒーもかなり不味い。

そして、イタリアのコーヒーは、コーヒー嫌いの私がコーヒー好きになったほど激ウマです。



























AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日ブログに書いた、フランステレビ番組のことを

連載中のCAKESにも書かせてもらいました。


テロの話だけでなく、日本で話題になっていた「ろくでなし子」さんが逮捕された件について

この番組が世界で初めて取材したようです。


CAKESの記事中には、せっかくなので、その時の様子も載せていますよ。

https://cakes.mu/posts/8426


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2人の日本人が、ISILに殺害された事件。

その直前に、フランスでも新聞社襲撃のテロが起きました。


同じテロリストの事件でも、

「日本とフランスでは、反応が随分違う」


そのことを知ったフランスのテレビ番組が、日本に若いジャーナリストを送り込んで

東京の道端で若い人たちにインタビューする様子が放送されました。



image



インタビューをしてみて分かったのは


多くの日本人が、ある言葉を発することを発見したようです。




image


「迷惑」


テロと迷惑がどうつながるのか?

後のインタビューで分かることになります。




image


まず、日本のことを紹介する歳に流れる映像がこれ



image




image


そう、日本のアイドルです。

AKBですよね?

日本には特殊なカルチャーがあることは、もうバレてますね。




image


日本でも、もちろんメディアで話題になった事件ですが…



特に、若い人たちにインタビューでは・・・




image


image



image


若い人たちから聞かれた意見は

「いい迷惑だ」

「おかげで、これから日本が標的にされる。
他の日本国民に迷惑がかかる」

「危ないところに自分で選んで行ったのだから、
自分の責任でなんとかしてほしい」

というものがいくつもありました。

こういう日本人の意見があること、初めて知ってびっくりしました。




もちろん、他にもあった意見としては

「自分には関係ないと思っていた出来事が、身近になって考えざるをえなくなった」

「家で家族とテロについて話したことなんてなかった。今回の事件にびっくりしている」


というものもありました。




それにしても、フランスメディアが気になる程「迷惑」という言葉が

インタビューに出て来たのは事実でしょう。



なぜこう日本人は思ってしまうのか?


TBSのニュース番組でも専門家たちにインタビューをしていました。



image


ちょうどこの日、ニュースでゲストとして招かれていたイスラム専門家の方


この方によると

「最近では、フランス新聞社テロ事件がありましたが、

日本人にとってみたら遠い国の出来事は、他人事としか感じられない。

日本は他の西洋の国ととても違う文化を持っているので、

まず外の事件を理解するのには難しいのです」


とズバリ答えていました。



今回の日本人殺害の件で、

いざ、他人事でなくなった日本人は、

迷惑だ」

と思ってしまう人も少なくない。


なんだか、このテレビで日本人の本音を暴いて見せられたようで

驚いたし、なにより、ショックでした。


日本人は日々の仕事に追われて毎日が戦争のようなので

それどころじゃない、のでしょうか?

それとも、平和ぼけというやつなのでしょうか?


パリにいる私は、もうこれは世界戦争がはじまったくらいの感覚なのですが

そんなこと、日本にいたら、やっぱり遠い世界の話のままなのでしょうか?



最後に後藤さんのお母さんにもインタビューしていました。



image

「なぜ、記者会見であなたは『ご迷惑をかけました』と謝ったのですか?」

の質問に、後藤さんのお母さんは


「相手方(ISILのこと?)に刺激を与えたくなかったので、

怒りはあったが、本心は隠してコメントをした」


と答えていました。


このコメントにも、フランスのテレビ側は「信じられない日本の精神」と感想を述べてました。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇