山下亜矢香のHAPPY GO LUCKYブログ

役者(声優)、山下亜矢香の個人ブログです


アーツビジョン公式プロフィール
http://www.artsvision.co.jp/data.php?id=1038
ツイッター
https://twitter.com/AYAKA_YAMASHITA


テーマ:

年末、池袋の芸術劇場へ行きましたら

2月に共演する、美斉津恵友(みさいずけいすけ)さんと、祁答院雄貴(けどういんゆうき)さんの出演するポスターが、隣同士に貼ってあり
思わずパシャり。
《どちらも本名です》

{74AB07B9-70CE-4088-91F0-FAF7ACD4FD62}


私も、うかうかしてられんな!と思っていたら
あれよあれよ
間も無く稽古が始まってしまうなんて。汗。

只今本番真っ只中、なメンバーも多数で、
意欲的な方々とご一緒出来るのが本当に嬉しいです♪

ガッツリ心持ちの違う日々となりますが
気合い入れて参ります!

演目が演目だけに、発言に迷いますが
ただ朗読するだけではない
おそらく見た事のない作品になると思われます。

ですので是非、体感しにいらして下さいませ♪

{8D9F31DF-79E2-48C4-BE44-6C255FFE217F}

{6590EF34-F133-4271-A4AF-2D10141BC82C}

ーーー
因みに、今年初の芸劇は
野田MAP☆
こちらもかなり楽しみですっ。
{533E8158-EC36-4FCC-9AE8-196B49E59E9D}

ーーーー
公式HPは↓

--------------------------------


idenshi195 

峠三吉生誕100年 平和祈念特別公演

『朗読 原爆詩集』

原作:峠三吉

脚本・演出:高橋郁子

 


1945年8月6日。午前8時15分。

28歳の峠三吉は、爆心地から3キロの自宅で被爆。

爆風により負傷しながらも、その足で知人の安否をたずね市内に入り、

涯しない瓦礫と燃えさしの堆積を見た。

知人を救護所に見舞い、

かつて人間の娘だったはずの、それらを見た。

音楽を愛し、童話を愛し、俳句を愛した三吉が、

原爆詩人へと変容せざるをえなかった景色がある。

市井の人々の思いがある。

今、あなたの隣に峠三吉が立つ。

現在とあの日を繋ぐ誘い人として。


生誕100年を翌日に控えた2017年2月18日、

深いピアノの旋律の中、

戦争を知らない世代が語る「言葉の楽譜」による朗読劇。

体感してください。

何もない空間が、想像力によって焦土へと変わる瞬間をーー。

 


【日時】

2017年02月18日(土)

14:00/18:00

開場と受付は開演の30分前より開始。

【料金】

前売3,000円/当日3,500円(全席自由)

チケット一般発売11/29(火)20時より発売開始。


●カンフェティ

セブンイレブン発券/支払

http://s.confetti-web.com/detail.php?tid=36793&


●カルテットオンライン

チケット予約/当日精算

https://www.quartet-online.net/ticket/idenshi195-03


【会場】

新宿 経王寺

〒162-0053 新宿区原町1-14

(大江戸線 牛込柳町駅より徒歩1分)

http://www.kyoouji.gr.jp/about/access.html


【お問合せ】

idenshi195制作部

E-mail:info@idenshi195.com

TEL:080-5090-0195(留守番電話になる場合もあります)

公式サイト http://idenshi195.com

 

【出演】

麻宮チヒロ

石山千明

池田翔輝

岡田花菜

小野晋太朗

小林茜

児玉華奈

佐藤恵

竹田真季

吉田瑞樹


祁答院雄貴(アクトレインクラブ)

山下亜矢香(アーツビジョン)


美斉津恵友(花組芝居)


ピアノ:上畑正和


【スタッフ】

音 響:木内拓

演出補:山下亜矢香

制 作:保坂藍

衣装協力:竹内陽子

撮影協力:辻村美奈

制作協力:梅屋サム/小島久弥子

プロデュース協力:倉垣吉宏


【公演協力】

アーツビジョン/アクトレインクラブ/演劇集団アクト青山/演劇集団ふらっと/演劇らぼ・狼たちの教室/つきかげ座/ディーカラー/花組芝居/ピースヒロシマ実行員会/舞台芸術創造機関SAI/こもだまり(昭和精吾事務所)/堤真理子(コスモスペース)/寺脇研/東野醒子(激弾BKYU)/ホンマアキコ

取材協力:土肥幸美/なかにし鈴子/森下弘

後援:経王寺

企画製作:idenshi195


【idenshi195とは?】

idenshi195(いでんしイチキュウゴ)とは、脚本家・高橋郁子が主宰する朗読劇ユニットです。

「言葉の楽譜」と称される独自の脚本を元に、語ること・聴くことに特化した立体的な朗読空間を創りあげます。

言葉の楽譜による朗読劇の普及を目指し、出演者を固定化しないプロデュース公演を行っています。

■高橋郁子■

2001年より朗読劇の作・演出、2007年よりアニメーションの脚本を手がける。

「言葉の楽譜」を元に、新しい朗読劇のスタイルを確立。

人間の内面を繊細に見つめる描写に定評がある。

代表作

舞台:『潮騒の祈り』『大樹釈尊』『ゴールデン街★青春 酔歌』『朗読能 葵上』

T V :『モノノ怪』『墓場鬼太郎』『図書館戦争』『青の祓魔師』『スタミュ』

映画:『アシュラ』


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{CF180E10-12D6-468A-B18B-D4C6E66E3D18}

お片付けしていたら、ウイッグ発見!

久々被って飛ばして写メしたら
なんと、今時のイケメン風に♪

この姿でのお仕事も、お待ちしております。
笑。

山下亜矢香
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{58196C77-08F0-441D-988A-DAFBB3E6B460}


2016年。
結構大変な事もあり、思っていた以上に疲弊していた様ですが、それ以上に
心を充たして頂き、お陰様で幸せな日々でした。

ど真ん中の複雑なピースを
生まれて初めて埋めてもらえたと感じられ安堵し

ようやっと
『私』を始めることが出来た様に思えた年。

そして
役者を目指し始めてからの、ここ20年近くの経過を
若い頃より今の方がずっと良い
頑張って来たんだね、と
褒めて下さる方も、複数で♪

とても嬉しい反面
まだ具体的に仕事に反映出来ておらず
情けなくもあり、んぐぐ。

凄まじく恐ろしい程に牛歩。亀。なめくじにょろにょろ。
それでも
スタートを切った感覚があるのも初めてで驚いたり。

期待と覚悟でないまぜの、最後の日。

今年も、沢っっっ山の素敵な方々に
出会い、お世話になりやっとこ
なんとか年を越せそうです。

いつも元気を頂いております。
有難うございます!!

こんなワタクシですが
許される限りで
来年も宜しくして頂けましたら幸いです。

皆様も、どうぞ良いお年を。
また笑顔でお会い出来ます様に(o^^o)

ーーーーーー

写真は
まんまとPPAPにハマっている母と
便乗してみた私です。
こんな服、いつ買ったんだか、、
さすが関西人。

私もいつか世界に出ます。
言霊。
言ったもん勝ちです♪

I have a dream!

みんなみんな、幸せになっちゃえばかやろぉっカナヘイうさぎカナヘイハート

{2FB5A925-F50A-4E85-9CD1-B2BD17688786}

{2EB1BD9A-EAF1-4015-A99A-59AA6F117205}

{C40E9416-021F-4BAB-8ED1-55C987A4377F}

{30F03BB3-C221-4A41-AC75-79F047B20C44}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。