ゆーちゃんひーちゃんが寝る前に必ずするのが絵本の読み聞かせ
1人1冊、私も選ぶので、毎晩3冊の絵本を読んでいます
今は同じ本を繰り返し持ってくる事はほとんどなく、その日の気分で選んでいる様子

まずはこちら~100かいだてシリーズ
元々「100かいだてのいえ」を持っていて、そちらももちろん好きなのですが
本屋さんでこのミニ版を発見し、開きやすいのでこちらの方がよりよいみたいです!
細かいイラストの中に色々な物を発見できる所と、階段を指でなぞるのがまた楽しいみたい





ゆっくとすっくシリーズ
生活に密着した事を優しく教えてくれるゆっくすっくシリーズですが、こちらは行事
日本の主な行事をクイズぽく教えてくれます





「ママがおばけになっちゃった!」
2人はおばけが出てくる絵本はすごく好きです!
ママがくるまにぶつかっておばけになり、4歳の男の子に会いにくる話なので感情移入しちゃいます
読んでる母が涙が込み上げてくるところもあり、ブッと笑ってしまうところあり
素敵な絵本です





「とけいのほん①」
この本のおかげで、とけいの読み方が少しわかるようになってきました
「とおせんぼ とおせんぼ いま なんじか おしえてくれたら とおしてあげる」
という言葉が好きみたいで、普段で言ってます
最後に、とけいのほん②をみてごらん
で終わるので、ゆーちゃん欲しがってとけいのほん②も買いました
こちらは時計の読み方の難易度が高いので、時計の読み方を教えるというようなものに
使うのではなく、そういった読み方をするんだ~位で流して、絵本の世界を楽しんでもらえたらな
と思っています





「しりとりしましょ!」
たべものあいうえおシリーズで、「あっちゃんあがつく」も持っています
食べ物のイラストがとってもかわいくて、しりとりでどんどん繋がっていくので楽しいです
4歳7か月の2人がたまにしりとりをしますが、言葉がどんどん出てくるので、この絵本の
影響もあるのかしら?





3歳のお誕生日にまとめて買った72冊の図鑑
3歳代は自ら持ってくる事がほとんどなかったのですが、4歳代になって持ってくるようになりました~
蝶や花、そして雪の結晶が好きらしい~





こちらは私が本屋さんで手に取って良いわぁ!と思った本
「ぼくのニセモノをつくるには」
ロボットに僕になってもらってやりたくないことやってもらおう!とロボットに「僕」を
説明するのですが
人間ってこうやって成り立っている
というのがわかりやすく解説されていて、なかなか口では説明しにくいところも書いてくれてて、母のお気に入り





最後にこの本
「おこだでませんように」
こちらも母が、たくさんにお父さんお母さんに読んでもらいたいな~とお勧めしたい本!
という私もコーチから贈っていただいた本なのです
いつもいつも怒られてばっかりの男の子の気持ちを書いた本です
子供の気持ちに寄り添ってあげなくっちゃ!と思いなおせる本です
つい怒っちゃった時は、母がこの本を読んで反省です





↓↓↓クリックしていただけるとブログ更新の励みになります(*^▽^*)


にほんブログ村

AD

浅草花やしき

テーマ:
5月15日、家族で花やしきに行ってきました
浅草は三社祭をやっていて道中とても混み合って賑わっていましたが、花やしきに着くとすいていました~
4歳以下は付き添いをしないといけない乗り物がほとんどなので、一緒に乗って楽しみました♪
メリーゴーランドとスワンという乗り物は2人ともすごく気に入って4回ずつ程乗りました!
フリーパスだと何回も乗れるからいいねぇ





ゆーちゃん、お父さんと初挑戦の「ビックリハウス」
出てきたとき本当にビックリ顔になってた~(笑)
そして今日のゆーちゃんはすごいぞ!お化け屋敷も初挑戦!!
乗り物に乗って暗い中進んでいくらしい~
ひーちゃんはビビりさんなのでどちらも全拒否
待っていようね~どうだったか聞いてみようね!
そして無表情で固まって出て来たゆーちゃん、、安堵からか泣き出した~(笑)
挑戦したこと、中では泣かなかったこと、すっごく褒めておきました
ひーちゃんは、ゆーちゃんの様子を垣間見て、しばらーくはビックリハウスもお化け屋敷も挑戦しないだろうな~(^^;)
母個人的にはシラサギというこの乗り物が好きでした~



お昼ご飯は一旦外に出て、居酒屋でコロッケや唐揚げを注文し親は酎ハイも♪
この日はとっても暑かったから、酎ハイが美味しかった~
午後は、屋外ステージでやっていた、歌やダンスショーを楽しんだり
ちびっ子タクシーに何度も乗ったり



ゲームセンターでも遊んだり
最後はパンダさんに乗ってお散歩を楽しみ、おやつにポテトやポップコーンを買って帰りながら食べました



花やしきはこじんまりとしていて、4歳児にはもってこいの遊園地だわ~



先日幼稚園で描いてきてくれた母の顔
上がゆーちゃん作、下がひーちゃん作



しまじろうで、じゃんけん
最近ようやく後出しがなくなってきたかな?←後出しして負ける事が多かった(^^;)



しまじろうのひらがな書くやつで、シールに転写し
お父さんにメッセージカードを書きました♪



この秋にある幼稚園のバザーの手作り品の中の1つにアイロンビーズもあり
我が家も買ってみました!
アクアビーズが得意の2人ですが、アイロンビーズの方が難易度高い!!
小さな突起に筒状のアイロンビーズを置いていくのは、大人でもかなりの集中力がいります!



こないだひーちゃん腹痛の為幼稚園を休んだので、母はひたすら作りました!






↓↓↓クリックしていただけるとブログ更新の励みになります(*^▽^*)


にほんブログ村
AD
第2回となるハートフルコーチ養成講座へ行っていました
講座も大事ですが、この講座と講座の間の一か月間がとっても大事!!
1回目で学んだ事をこの1か月でどれだけ活かせるか!?
私の決めたテーマは「問題が起きたとき、まず受け止める」
講座が終わってすぐはやるぞ!!と意気込んでいるものの、今までの自分にすーぐ戻っちゃうのは目に見えています
私が尊敬してやまないブロ友さんが同じくこの春から勉強を始めていて、その1つのパートだけでも300時間要すると知り驚き
私も300時間やるぞ!!と勇気をもらいました
意気込みをなくさない為に1日1時間は菅原さんの「子どもの心のコーチング」を読み、気になった部分をノートに書き、ここはこうしていこう!と空想し(イメトレ?)
250Pの文庫本を約25時間かけて熟読しました
1か月の間、いろんな問題も巻き起こりました
うまく対応出来たときもあったし、うまく対応できなくて、ギャン泣きさせた事も多々ありました
その事は日記に書いて、夫に相談し、次同じパターンが来たときはこうしよう!と決めたりしました
私がハートフルコーチ養成講座に行こうと思った1番のきっかけは、子どもがギャン泣きをしたとき、私の中の怒りのスイッチが入り、「泣くな!!!!!」大声で怒鳴り散らし、怒り狂う事があり自分でも止められないのでそれだけはやめたいと
思った事でした
この1ヵ月間、その状態にはなりませんでした
本を読んでいるおかげで毎日ハートフルコーチが私の中に入ってくるから、私自身とても心穏やかでいられました
グズグズしていても、心に余裕がありました
ギャン泣きされても、怒りのスイッチが入る事は1度もなかったのです
その怒りのスイッチが入る原因は、私は自分の過去、親や幼少期の過ごし方に関係にあると思っています
けれど私の親はもう亡くなっていますし、過去は変えられない
変えられるのは自分だけ
自分の心の奥底にある、過去を引きずっているその気持ちを、消化出来た気がします
ものすごく黒い縛りから解放されて心が軽くなりました

ハートフルコーチ養成講座でも、この一か月間とても良い方向に進んでいると発表する事が出来ました
(今回は泣かずに言えた~)
他のお母様方の話しは、他人事とは思えない話しばかりで
小学1年生には1年生なりの、5年生には5年生なりの、中学生には中学生なりの、高校生には高校生なりの
親との確執?があり、思春期に入った子供こそ、その確執が深いものになり、その溝がなかなか埋められない
4歳という娘の母である私は、早い時期にここに参加する事が出来て感謝です
ハートフルコーチ養成講座では、参加する目的、そして6か月後の目標を何度も問いだされます
「私は、娘達の1番の理解者になる為に、いつでも娘の立場になって考える事が出来るよう参加します」
いつも私は、私の中の考えが1番で、2人が泣くのは、お母さんにわかってもらえないから!が多いです
娘が大人になった時、「お母さんは私達の気持ち、いつもわかってくれてたよね♪どんな時も味方でいてくれたよね♪」
と言ってもらいたいから、そう言ってもらえるよう日々努力します

コーチングの学びは今回も傾聴
「人の話を聴く」とはこんなにも難しいものなのかと、また実感
すぐに主観が入り、口をはさみたくなる、アドバイスがしたくなる
そうしちゃいけない!と思うと、今度はただ単調に相槌を打つだけになってしまう
私の今回の課題は
「家事などをしていて時間に追われている時も、一旦手を止めて、笑顔で子供の話しに耳を傾ける」です
私は時間軸で動く人間なので、あと○分までにここを片付けて、○分までに晩御飯を作って~と時計を見て
計算しながらいつも動いています
なので、途中で止められるのがとっても嫌!!
けどね、子供には子供の時間が流れているわけで・・・
「笑顔で」もポイント!
これつけておかないと<`ヘ´>こんな顔で聞いちゃう事になっちゃうからね

講座が終わり駅に向かっていると、その駅に夫とゆーちゃんひーちゃんがいました~
夫は東京ドームシティにある、観覧車やメリーゴーランドに乗せてあげたりして遊んだのだそう
2人はとっても楽しかったみたいで、今日あったたくさんの楽しいをおしゃべりしてくれました(*^▽^*)
私は早速傾聴♪
そんな楽しい時間を作ってくれた夫に感謝♪





今回25時間かけて読んだ「子どもの心のコーチング」という本
子育ての基本が全て書かれている本です
菅原さんが書いた本はたくさんあります!
どの本を読めばいいか迷ったら、ぜひこの本を手に取って下さい
例えばこんな事が書かれています
17、今日から禁止語と命令語は使わない
「ダメ、ダメ」「やめなさい」「いい加減にしなさい」「早くさっさとしなさい」「しょうがない子ね」
これらの言葉は、子供にストレスを与えるだけでなく否定的なセルフイメージを育てます
できていない事ではなく、できていることを探す目に切り替えて認める
その時子供は愛されていると感じます
禁止語と命令語言いまくってます・・子供を1人の人として認めていない証拠だ・・
子供の事を愛したいのに、こんな言葉掛けをしてたんじゃ子供に伝わらない・・できているとこ探ししよう!!
気づきが盛りだくさんな1冊です




↓↓↓クリックしていただけるとブログ更新の励みになります(*^▽^*)


にほんブログ村
AD