アヤコレット ブログ

ピアノと唄のアヤコレットの良品生活。生活の細部を大切に日常を丁寧に生きることにこだわり続ける毎日をつれづれに


テーマ:
恋するミラノ
この曲は20年くらいにパリ11区に住んでいたころに作ってずっと歌い続けている曲です。パリなのになんでミラノ?って思う人多いみたいですが すみません。ミラノというのは人の名前です。パリ11区はアフリカや中東からの移民が多く住む地区で 犯罪も多かったですが いろんな文化がミックスして刺激的な場所でした。肉屋の前を通ると 生臭い むせかえるような本物の獣臭がただよってくるような・・広場に立つ市場が終わった後 八百屋さんの捨てていったバナナをその辺の子供が拾って食べていたり・・日本ではあまりみられない光景が新鮮で 今でも子育て終わったらまた帰りたいなと思う心の故郷みたいなところです。 さて、先日 mela marshさんというロサンゼルス出身の現代アーティストにお会いしました。カーマ・スートラという作品名のオブジェが印象的でした。あなたはどんな音楽やってるの?と聞かれ どんな音楽やってるって言葉でいうのはとてもむつかしいのでこの音源を聞いて頂きました。なんだか、たぶんほめてくださってるとおもうのだけど ユニークという単語が気にったので ありがたく受け取っておきました。

わたしは 自分の音源をほとんど聞き返すことをしません。大好きだった高田渡さんだって 聞かないって言ってたもの。「あれはう〇コ」みたいなもんだから。。と高田渡節で言ってくれて妙に納得した覚えがありました。だけど melaさんに聞いていただくのに久しぶりに自分の音源を聞きました。なによりも驚いたのは早口言葉か?というほどの早口で疾走している自分。。そしてなによりも感動したのは一緒に一発勝負で演奏してくれたミュージシャンのすばらしさ。サックスの福島君 ドラムのsachi-Aさん モジュレーションの庄司さん ベースの守屋さん 彼らのおかげで奇跡的に記録に残されたこの音源が残っていることがとてもありがたいなぁと思ったのです。また彼らと作品作る機会があればいいな。いやまたぜひともお願いしたいと思いました。あと何枚作れるかな。人生は思ったより短い。父母に教えてもらったこと。そう思うと 今すぐにでもとりかからなきゃと日々ピアノにむかっています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今年も決まりましたよー

イラスト:nakaban

8月18日金曜日 curious piano jazzy night vol.7 @試聴室

塚本真一×アヤコレット×工藤冬里

cb 守屋拓之 ds 菅沼雄太 スペシャルゲスト g 山田民族

 

今年も決まりました。画家でもあり絵本作家でもあるnakaban さんが第1回目の時に描いてくださったピアノのイラスト。これに見覚えがある人もきっといるはず(きっと少しは)

 

普段では絶対にすれ違わなさそうな異色の顔ぶれのピアノイベント。

暑い夏、アヤコレが大好きなミュージシャンと毎年お届けしている

自主企画ピアノイベントです。

足しげく通ってくださるお客様のおかげでもう7年目になりました。

中には飛行機で駆けつけてくださる方もいたりしてありがたいです。

いつも聴きにきてくださるお客様方、本当に感謝しています。

あなた方のおかげでこのイベントが7回も続けられてることが素直にうれしい。

独断と偏見に満ち満ちた今宵1回限りの最後のセッションも楽しみにしていてください。

私もあれが一番たのしみなのです。当たりあり、ハズレあり・・ayacollette/tori kudo/tsukamoto shinichi

何がでるかな・・・異色の顔合わせ。いや・・共通点 意外とあるんです。

 

塚本真一トリオのいつまでも聴いていたくなる珠玉のピアノトリオ

引き出しが多すぎて何が出るか開けてみないとわからない怖さと面白さ!

玉手箱を開けるような工藤冬里のピアノとパフォーマンス

アヤコレも新曲を用意しています。

好きなミュージシャンはたくさんいすぎて みんなにお声をかけたい処ですが

時間枠とギャラが払えるのか?とかという不安もよぎりつつ・・

今年は大好きな山田民族さん(ギター)にスペシャルゲストで出演をお願いしました。

 

あぁ・・今年も生きて会えてよかったね。と

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

8月18日金曜の夜 あけておいてください。

 

vol.3 shinichi tsukamoto triovol.1 tori kudovol.5

yamadaminzokuyuuta suganuma/takuyuki moriya

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アランフェス協奏曲、思い出したように聴き始めたらはまってしまった。数週間、家事の合間を縫っては いろんな人のバージョンを聴き比べている。ギタリストによって随分と印象が違う。あたりまえだが ギタリストが捉えている曲のイメージが一人一人かなり違うからそうなるんだろうけど、「あなたはここをこう弾くのね、それは私の好みじゃないな」とか 「あのもったいぶった弾き方は好きじゃない」とか「テクニックはすごいけど、なんか威圧的で疲れる」とか 好き嫌いでついつい聞いてしまうので それはなるべく、なるべく排除して(これが大人になってもなかなかむつかしい!) 一人一人のギタリストが頭で描いてるアランフェスを想像しながら聴くのが一番いい。あなたのことはよく知らないけど あなたのアランフェスには会ったことがある。みたいな。顔が一人一人違うようにそれぞれのアランフェス。ギタリストの性格がすごくあらわれるから面白い。有名なテーマのところもいいけど 一番好きなのは曲の始まり方。何かが起こりそうな予感。チェロがメロディを一瞬奏でたと思うとギターの細かいパッセージがさざ波のように押し寄せる。曲全体を一人のギタリストがどんなふうにキャンバスに描いて行くのかアランフェスの中を一緒に旅する。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。