2007-10-20 01:53:11

ぼくらの七日間戦争はもはや違う国でした

テーマ:思い出

昨日のど深夜に、僕らの七日間戦争がテレビでやってて、



すごい懐かしかった。



懐かしいといっても、僕はこの映画初めて見たのだけど、(しかも終わりの1時間だけね)



この映画、



近くの図書館にレーザーディスクで置いてあって、



まず、レーザーディスクっていうのが懐かしいですが、



それを近所の子供たちはこぞって見ていたような記憶があります。



そのことを思い出し、ものすごく懐かしかったのです。



加えて、



宮沢りえが若かったりして。



そして、教師がバンバン子供を殴っているのがカルチャーショックだった。



だって、子供VS教師でアクションシーンがあるんだから、



文化とは変わるものですね、たかだが19年で。



というわけで教師が生徒を殴り飛ばすたびに爆笑でした。



いまアレやったら大変なことになるんだろうな。



でも、ホントはやりたい人、いっぱいいるのだろうな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-10-22 00:58:29

心臓はホントにゆっくり止まる

テーマ:思い出

自己整理の一環として、書いてみようかな。



ちょっと書きづらいこと。


















父が4年前に死んでます。



末期の肺がんで、



最終的には衰弱死で死にました。



普通は病院で死ぬのでしょうが、



うちは流行りの在宅介護だったので家で死にました。



朝、起きたら母、弟、妹がバタバタしててね、



特に母親が取り乱していて、



若干、私、乗り遅れてしまいまして。



心臓に耳をやったらもう大分鼓動が遅くなっていました。



もう惰性で動いてる感じの鼓動だったんですけど、



僕の中ではセーフ!ということにしました。



寝坊で死に目に会えないなんてホント洒落にならんからね。



だから、



「いや、まだ生きてるから!」



って言ったんですよ、泣いてる母に。



でもあれはたぶん自分に言い聞かせてたんだよね。



そのまま心臓は完全に止まって。



父は逝きました。



そういう時、普通、人が何をするのか僕は知らないんだけど、



普通は泣くのかな?



でも皆さん泣いてるとちょっと泣きづらいじゃない、長男として。



それに死ぬっていうのは聞かされてたし、覚悟はしてたから。



だから、僕は、



朝食を食べたんです。(食べてたらしいのです)



あまり記憶はないんですけど。



医者の先生がそれを見ていて、



しっかりしてるなと感心したらしいですから、ホントです。



たぶん、お腹が空いていただけなのだと思うのですが・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-26 01:23:47

今も残る 迷惑メール達

テーマ:思い出

高校2年の時に携帯を初めて持った頃は、



まだガンガン迷惑メールが来ていた。



だいたい、出会い系だったりエロサイトの勧誘のメールで、



そりゃ冷静に普通に考えれば迷惑きわまりないメールなんですが、



僕にとってはそれほど迷惑なメールではなかったのです。



むしろ楽しんでいました。



授業中に出会い系の勧誘のメールが来るって、



なんだかそのギャップが楽しいじゃない。



どのメールもバカげるくらいエロエロで、アホアホだしね。



それなりに色々工夫の後がね、エロいくせに見えたりしてね。



だからそれなりに面白かったのよ。


お客様の苦情と携帯会社の発達で今はほとんど来なくなってしまったのだけど、



今の僕から言わせれば、



行かなくなった映画研究会のメーリングリストの方が断然迷惑なのです。



だからそういうメールが来なくなるようになってからは、



ちょっとなにげな寂しさがありました。



僕だけかな?



その当時はホント迷惑メールだけで楽しんでいた出会い系サイトですが、



間違って出会い系サイトに登録する時が来るとは、



思わなかったけどさ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-29 23:43:34

用水の未来は・・・

テーマ:思い出

みらいに用水をつかうかつかわないかはきみしだい、だ。来らいは本にものていないのでわからないが、きみが大人になって用水を今のままつかうか、こわすか、さいりようするのかは、だれもわからないはずだ。だが来らいをそうぞうすることぐらいはできるだろう。ぼくのそうぞうは、用水などをつかわないとおもう。用水や川の水をつかわなくても米ぐらいつくれるじだいになってるかもしれないからだ。用水や川がないのにどうやってつくるかだって。それわな、米づくりじょうができてるかもしれないのだ。米づくりじょうはいつのきせつにもせっていしてある。だから米ぶそくはぜったいにないってことだ。水はしんせんな水をつかっている。でもこれができたらくろうはしないな。米づくりはやっぱり今のままのほうがいいな。






親がちょっと遅いですが大掃除を始めまして、



その過程でいろいろと懐かしいものがでてきたりしました。



その中の一つに僕が小学2、3年生の時に書いた地元の用水路についての新聞がありました。



これは用水路の未来について書いた記事から引用しました。



面白いです。



ずいぶん先の未来を予想したものです。



偉そうなこと言ってる割には未来という漢字すらまともに書けていないし。



最終的には今のままでいいという結末!



こんなこと書いてたんだなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-04 23:59:48

カードダスの思い出

テーマ:思い出

僕はカードダス でお金が人間を変えてしまうということを学びました。



小学生の時、仲良かった子が、一回20円のカードダスをやっていました。



僕はお小遣いとかもらっていなかったので、どんなカードがでてくるのか見ているだけでした。



その日はたいしたカードは出てこなくて、どうでもいいカードばかり出てきていました。



そして、友達の残金が10円になり、できなくなりました。



そんな時、僕は落ちている10円玉を見つけて、拾いました。



それを見ていた友達はその10円と俺の10円でもう一回カードダスをやろうと言ってきました。



良いよと軽く返事をしてしまった僕ですが、これがいけませんでした。



やってみると、出てしまったんですよ、良いカードが。



シールになってて、キラキラ光るカードがよりにもよって出てきてしまったんですよ。



そのカードをどっちがもらうか争いが起こったのですが、



お前の金は拾った金で元々お前の金じゃないだろ!



という一言を言われ、悔しかったですけど引き下がりました。



拾ったのは、僕なのに・・・



その時、お金って人間を変えるなぁ、恐ろしいなぁと子供ながらに思いましたとさ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-30 12:13:53

君はホウネンエビを知っているか?

テーマ:思い出

ホウネンエビ



出会い

中学三年の夏休みに、理科の自由研究を何にしようか悩んでいた僕が、とりあえず田んぼで水をすくってみると、↑の絵のような生き物が取れました。図鑑で調べてみると、ホウネンエビという生き物だということがわかりました。



生態

飼ってみると結構かわいかったです。目とか泳ぎ方とか。詳しいことは図鑑で調べてください。あまり詳しく調べていないレポートのことをあまり覚えていませんので。



伝説

ホウネンエビが多い年は、豊作になるという農村伝説があるとか、ないとか・・・。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-15 23:51:43

赤い金魚の伝説③

テーマ:思い出
新しい水槽に金魚を入れると、水槽に入れた壷の穴の中に引きこもって

しまいました。

以前のように水槽の中を悠々と泳ぐことはなくなり、一日中壷の中でじっ

とするようになりました。

あんな大怪我をしたのだから当然で、桶にフタをしておけばと申し訳なく

なりました。

正直、金魚はもう長くはないと思ったんですけど、壷の中でしぶとく生き

ていました。

金魚が引きこもってから何ヶ月かたって、金魚が少しづつ壷から出てく

るようになりました。

驚いたことに左側の鱗がなかった部分に鱗が復活して、傷も小さくなっ

ていました。

金魚ってこんなに回復するのかって関心しました。

その後も驚くべき回復力をみせ、傷も完治して、水槽の主の座に返り咲

きました。

その何年か後にその金魚は死んでしまいましたが、よく生きたなって思

います。

たかだか水路で捕まえただけなのに、金魚は我が家の伝説になったの

でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-14 13:00:00

赤い金魚の伝説②

テーマ:思い出
金魚の体長が8cmくらいになり、我が家の水槽にはかかせない存在に

なっていたある日、事故が起こりました。

母が水槽にぶつかり水槽を壊してしまいました。

水が漏れてきてしまうので魚をすべて大きな桶にうつしました。金魚も無

事非難させて一安心していました。

でも魚って跳ねるんですよね。

桶にフタでもしとけばよかったんですけど、そこまで気がまわらなくて。

気付いたら桶の外に飛び出てしまった無残な魚達がいました。

息がある魚を探してる時、金魚が植木蜂の側でジタバタしてるのを発見

して急いで桶にもどしました。

金魚の体はすごい傷ついていて左側の鱗のほとんどは剥がれてしまっ

ていました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-13 02:37:47

赤い金魚の伝説①

テーマ:思い出
前住んでた家の近くには田んぼがありました。

小学生の頃はそこの細い水路で良く魚を捕っていました。

網をセットして50メートルくらい手前から棒でガチャガチャやって追い込

んで魚を捕まえました。

クチボソやフナがたくさん捕れて家に持って帰って水槽で飼っていまし

た。

ある時小さな赤い金魚を捕まえました。

2cmくらいだったかな。

始めはホント小さくて、かなり弱そうでしたが、水槽に入れて育て始める

と知らない間に大きくなっていきました。

そして水槽のヌシ的存在になっていきました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-14 02:21:19

酔っ払いごっこ

テーマ:思い出
幼稚園くらいの頃、弟と酔っ払いごっこというのをしていました。それは一人がベロベロに酔っ払った上司役をやって、もう一方がそれを介抱する酒に強い部下の役をやるという遊びでした。で、二人とも酒に強い部下の役がやりたくていつも軽い喧嘩になっていました。あの頃の僕は自分が遺伝的に酒が飲めないなんてことも知らずにそんなくだらない遊びをしてたんですね。あの頃の僕に言いたいわ。
「お前は酔っ払いでも酒に強い男でもないんだぞ!酒飲めない男なんだぞ!酒飲むと頭痛くなるだけなんだぞ!」てさ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。