2017-02-22 12:54:29

ひしあまぞん

テーマ:辞書
予測変換でヒシと打ったら予測変換でヒシアマゾンと出てきた。

気になり辞書で調べても出てこなくて、なんだろうとネット検索したら競走馬の名前だった。そういえば力士の名前も最近はサクサク出てくるもんなぁ。やはり固有名詞はネットが強いのか。
2017-02-19 22:00:46

とん

テーマ:辞書
とん【頓】
〘名〙
①(形動) 突然であること。急であること。また、そのさま。とみ。〔羅葡日辞書(1595)〕
②(形動) にぶいこと。まぬけなさま。とんま。
*洒落本・卯地臭意(1783)叙
「織介おりすけはとんにして、その味はひ苦し」
③仏教で、修行の階程を経ないで速く悟りを開くことをいう。また、それを説く教え。
*末燈鈔(1333)一四
「かれは漸・頓の中の頓、これは頓のなかの頓なり」
小学館 精選版 日本国語大辞典

「突然、急」と、「早く悟りを開く」はわかるのだけど、なぜその間に「にぶい」とか、「間抜け」という意味があるんだろう。漢字の印象からだと間抜けとかの印象かなり強いのは、頓馬という言葉のせいだろうか。頓じたいは早いっていう意味っぽいので、早いバカなのか、早い秀才なのか、ということなのかなぁ。
2017-02-17 02:31:30

負け勝ち

テーマ:辞書
しゅ‐えい【輸贏】
〘名〙 (「しゅ」は「輸」の漢音で負の意、「贏」は勝の意) 勝ちと負け。かちまけ。勝負。ゆえい。
*翰林五鳳集(1623)四・賭花囲碁〈梅陽〉
「莫㆑怪輸贏猶未㆑決、千金価在㆓一枝春㆒」
 〔白居易−放言詩〕
小学館 精選版 日本国語大辞典


勝負のカッコ良すぎる言い方。特にえいの字がカッコ良すぎる。カッコよすぎて、鼠と読んでしまいそう。いざ、尋常に輸贏!っていつか使いたい。
2017-02-15 12:38:14

ゲーム

テーマ:辞書
たほい‐や【━屋】
〘名〙 静岡県などで、山畑でイノシシなどを追うための番小屋。やらいごや。
小学館 精選版 日本国語大辞典


たほいやという辞書を使ったゲームがあることを知る。先人すごいな、なんかもう一捻り欲しいなと思ってたんだけど、こうすると面白いゲームになるんだなぁ。だいたいのこと先人がやってる。勉強になります。
2017-02-14 03:17:18

あなぐりばん、なかぐりばん

テーマ:辞書
あなぐり‐ばん【孔刳盤】
〘名〙 工作機械の一つ。仕上げ面のよい孔をつくるために、きりで下孔をあけ、リーマで仕上げる機械。リーマ盤。えぐり機。
小学館 精選版 日本国語大辞典

なかぐり‐ばん【中刳盤】
〘名〙 中ぐり用の工作機械。縦型と横型がある。〔自動車読本(1947)〕
小学館 精選版 日本国語大辞典


平仮名で見ると可愛い印象なのに、ゴリゴリの工作機械。そのギャップがある。

たぶん、可愛いと思うのは、にんじゃりばんばんの影響もあるかもしれない。



2017-02-14 02:57:49

相撲大好き芸人

テーマ:テレビ
日曜もアメトーーク、相撲大好き芸人、録画したのを見る。面白かった。ようやくやってくれたという。朝青龍の頃のガラガラの観客席とかなんか懐かしく感じました。木曜日に相撲大好き芸人ディープ版もやって欲しい。
2017-02-11 01:35:57

むぐな

テーマ:ありそうで、ない言葉
1.ムクドリの亜種。

2.警察に職質された時に使う偽名。


カタカナのムグナだとモロッコに実際にある村らしい。
2017-02-08 01:52:15

パンクロマンチック

テーマ:辞書
パンクロマチック
〘名〙 (英panchromatic) 紫外部から赤外部までの可視光線のほとんどすべてに感光する黒白写真フィルムの性質。また、そのフィルムや乾板。汎色乾板。パンクロとも。
小学館 精選版 日本国語大辞典


大辞典では、パンクロックの次に載ってた言葉。パンクロマンチック!って、テンションあがったら違かったって、話。
2017-02-05 21:48:30

ぼいこくる

テーマ:辞書
ぼい‐こく・る【追━】
〘他ラ四〙 (「こくる」は接尾語) むりやりにおいだす。おいやる。おいはらう。おいこくる。
*談義本・教訓続下手談義(1753)二
「立回る者をば即座にぼいこくってやるがよいぞや」
小学館 精選版 日本国語大辞典


すごいたくさん告白する、みたいな言葉として普及しそうな響きがありますし、デスボイスで叫んだら気持ちよさそうな感じもある。デスボなら意味とも合いそうな。ボイコクレーーって!

ボイコットすることをぼいこる、と言ってもいいかもしれない。

ぼいこれ、ボイトレ、ボイコクレー。
2017-02-03 23:03:30

きゅうと

テーマ:辞書
きゅう‐と【窮途】
〘名〙
①行きづまりになった道。
*扶桑集(995−999頃)九・対策及第後。伊州蔵刺史以新詩見賀。不勝恩賞兼述鄙懐〈菅原淳茂〉
「窮途泣㆑血幾兼㆑秋。今日歓娯説尽不」
*俳諧・鶉衣(1727−79)拾遺
「猶奥の院へ参らむといふに、こよなうさかしき道なめり、老の歩の及ぶまじければ、只やみねと人々いふ。されど阮籍が窮途にこそとどまらめと笑ひて登る」
②せっぱつまって、どうにもならない困難な状態、または立場。困窮している境遇。
*性霊集−九(1079)永忠和尚辞少僧都表一首
「況乎。如今。行年七十。筋骨劣弱。窮途将迫。残魂余喘。能得幾時」
きゅうと【窮途】 の 哭(こく)
(中国、晉の阮籍が、足にまかせて行ったところ、道のはてに至って、はげしく泣いて引き返したという「晉書−阮籍伝」などに見える故事から) 人生などに行きづまって悲しむこと。自分の志をのばせないで悲しむこと。窮途まさに慟哭す。
小学館 精選版 日本国語大辞典


キュートの同音異義語でこんな言葉が、あるなんて。

°C-uteとキュウソがコラボしたら、キュウトネコカミになるのかもしれない、解散するんだから絶対ないけれども。

°C-uteは窮途になって解散するわけではない、というきゅーとギャグも言える。

中国の阮籍って人のエピソードも冷静にみるとすごい。激しく泣くって。何歳だよ、竹林の七賢。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。