2010-01-31 22:31:55

場所後に大相撲がこんなに盛り上がるとは。

テーマ:格闘技

大相撲の理事選というものがこれだけもりあがってるってだけでも、



十分貴乃花親方が出馬する意味があったんじゃないかなーと思うこのごろです。



ここ何年か、



選挙のなかった時期は、



新聞に小さく書いてあるくらいでしたし。



ニュースで出馬した人間の顔が見れるなんてことはありえませんでしたので。



いいことでしょう。



協会にとってはあまりニュースにしたいことではないのかもしれないけれど。



あまり新聞を読んでいないので、大きなことを言えませんが、



ニュースを見てる限り、選挙があるのは貴乃花親方のせい、みたいな感じの報道なんですが、



たしかに一因としては、そうですが、



二所ノ関一門からは結局二人しか出馬しないわけで、



もともと二所ノ関一門がもっていた枠3つは貴乃花親方がでても問題ないわけで。



それでも選挙があるのはそれに乗じて高砂一門と時津風一門が協力して、



候補者を一人増やしたからっていう。



そこをニュースではあまり言っていないような・・・



これって一門ってものを理解するのにだいぶヒントになる気もするんだけどねぇ。



あと、8年前だっけ、その時に選挙があったことと、



それに関連して無所属の部屋があるってことをもっと報道してもいいのになーと。



貴乃花親方は一門も壊す気なのかなー。



壊す壊さないではなく、どちらもできるように借りを作らないってことなんだろうと、



僕は思いますが。



一代横綱なのもそういうことなんだろうし。



次に理事長になるとしたら九重親方だろうから、



貴乃花親方としては、そこを乗りこえるためにどうするか、ってことだろうか。



いろいろ深読みしてしまいます。



懸念があるとすれば、



会見が少し気持ち悪いんだよなー。



なんというか、不器用さというか真正直さがですぎているというか。



いまは割とメディアが味方だからいいけど、



敵になったらそこらへんを叩かれそうな気がする。



相続問題のときとか、洗脳問題みたいな時の感じで。



そして、朝青龍問題ですね。



おれはどうせ平気だろうってたかをくくっていたんですが、



いままでとは少し辞めろって意見が多い気がして。



そういえば、暴力問題で引退した横綱いたなってことを思い出す。



双羽黒。



今日やってたジャーナルではそこにまったく触れていませんでしたが。



で、ウィキペディアで調べてみたら、



あくまでウィキペディアですけど、



僕がもっていた印象と少し違う印象をうけ、



朝青龍問題と絡めると少し違うかって思いました。



親方との確執ってね。



まあ、でも横綱を辞めさせる例はあるってことすね。



僕の個人的な意見からいえば、



ここで解雇してしまうと、



白鵬がむくわれない気がするのです。



白鵬どころか全力士それでいいんかいって。



優勝した場所後に引退って、



ちょっと勝ち逃げみたいなんで。



もういまさら品格っていうのもね。



ただ事件が事件だからもはや品格の問題でもないのかもしれないけど。



で、俺の意見ですが、



次の場所、優勝しなかったら引退。



なんてどうでしょうか。



強さで横綱にした横綱なんだから。



そしてまぎれもなく成績の面から言えば、まちがいなく大横綱を解雇していいのかっていう。



これで優勝されたらもうしかたない。



これが現代の横綱なんでしょう。



品格ってことばも曖昧ですから。



その人のキャラづくりというかね。



そういうことのような気がするので。



それを支持できないなら、その横綱のファンにならなきゃ良いんじゃないかって。



そうじゃないなら、やはりどんなに強くても品格がなければ、横綱にするべきではないんですから。



そして3月場所も客が入るっていう。



あと例によって朝潮、高砂親方叩きですが、



この人も隙だらけだからなー。



図太いといえば図太いんでね。



もったいないです。



そして、皇司、潮丸の今後の親方としての仕事に期待いたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-01-24 03:32:34

人生色々、性癖も色々。

テーマ:
パワー系181/墨谷 渉


図書館の検索で測量と検索したらでてきた本で、



おー、なんじゃこりゃ!



と思ってみたら、すばる文学賞だったので読んでみました。



エロと暴力と文学との関係について要研究です。



なぜ、これが賞をとるのかがわからないわけで。



つまらないとかではなくて、



たとえば前知識なしに読んだとして、



で、この変態エロ暴力小説がなんなのでしょうか?



え、文学賞とってんの?!



ってなるってことですね。



俺が選考委員になれることはないと。



選考委員になるためにはどういう知識がいるのか、ってことですよね。



べつになりたいわけではないですが、じゃないとこういう小説読んでも心から楽しめないんだろうなと。



人のある部分だったり、心だったり、そういうことなんだろうって気はしますが。



同じ文学賞で蛇にピアスもすばる文学賞とってるんですが、



同じエロさでもパワー系ののエロのほうが僕は読みやすいです。



男目線だからかな。



あと、変態小説って書いたんですが、一般論ではそうだろうってことで、



僕自身はそこまで変態感を感じなかったんですよね。



だってみんな変態じゃないか、性癖って色々じゃないか、ってことを、



知ってたっていうのと、



変態さが、ぐちょぐちょなほうではなく、むしろそうじゃないほうにいってるから、



あれ、もしかしてそっちのほうが、進化系なのかもな、とか、



少し思ったりしたんでね。



小男とでかい身長の女性が出てきて、



小男は自分の小ささに大変なコンプレックスを抱いているんですが、



僕は小さいですけど、そこまでコンプレックスないんですよね。



だからこの小説を読んで、小さいやつはコンプレックスあるんだと思われると少し困りまっす。



まあ、でもこの前合コンしたとき、あと5センチ身長あったらって少し考えたりしてしまったので、



これってコンプレックスなんだろうか。



女性におれはどんなに強い女性であろうとぼこぼこにされない自信があるんだけど。



そこはどうなんだろうなー。



でも180こえた女性と戦った経験もないし、



金的とかあったらぼこぼこにされるだろうか。



基本性質がSなので絶対嫌ですが。



そういうSの小さい男をぼこぼこにしたい女性が出てくる話です。



そういう意味では、



女性が読むべき小説なのかもしれませんね。



強くなりたい女性は必須かも。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-01-22 22:46:35

寅年だけに、トライな年にとか言う人は多い。

テーマ:

負ケ猫ノ遠吠エ!!!!!!-寅年です


いろいろ書きたいことあるんだけども、



なんやかんや書かないで過ごしています。



遅れましたけど、今年は寅年なんだなと。



2週間前に年賀状を書きまして、



その年賀状に目標とか書いたりしたんですが、



何書いたっけなー。



ああ、そうだ、日本の英雄にならなきゃ。



誕生日までに。



あと、



週に一回は走る。



お金貯める。



ほか、いろいろ。



意識するのは、



自分がやればできることと、そうでないことをわけて目標をたてようと。



意識してみようと。



それをできないならどう考えても俺の責任だからね。



歌舞伎と寅を合わせたような絵を描きたかったんですが、



歌舞伎も寅も、



そして絵も、ろくに知らないので、



なかなか思い通りにいかないものです。



先週、「いままでの過去のダメさをすべってリセットさせるカラオケ」をやり、



相当だしきったのですが、



次の日の夜、風邪をひくっていう。



リセットしたのに、次の日がもうすでにダメっていう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-11 01:21:42

もう二度と安全処理のしてないカミソリを買わない

テーマ:愚痴る

僕は安全カミソリでないカミソリだと、



100%怪我をする人間だと、



昨日、確実に判明し認識したので、



ここに、



もう二度とケチって安全じゃないカミソリを買わないことを、



心に決めたのでした。



以前、旅行先の風呂屋でケチって買った安全処理してないかみそりで、



指を切り、血が止まらなくなるという事件に続き、



今回も買って、使って、1ソリ目で負傷。



眉間から出血。



あきらめきれず、再度挑戦するも、



蓋を取るときに中指負傷、血止まらず。



負傷率、100%だってばよ。



刃の大きさに関わらずもう、安全カミソリじゃなきゃ俺はダメな人間なんだと。



さて、ほぼ使っていない3本の安全じゃないカミソリ(っていうと語弊があるかもだけど・・・)、



これってカッター代わりとかになるんだろうか・・・



でも、



蓋とる時に負傷するなら、



使い方云々関係なく怪我するよな・・・



ってことに気付く。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-09 02:01:17

ブックオフの出張買い取り

テーマ:独り言

大掃除していましたら、



本を大量に捨てることになり、



もっと探してみるとゲームやら、



プレステ1のソフトとスーファミのソフトね、



そしてVHSのビデオやらわんさか出てきたので、



今日やってたもののけ姫もありましたジブリがいっぱいシリーズやら、



ディズニー計のやつ。



50点以上あるし、



とりあえずブックオフに売ってみようかと。



もって行くには多すぎるし、ってことで出張買い取り。



18時に来てもらい、18時45分に終了。



80点に値段が付き、1500円。



その間、どこにいて何をしていればよいかわらないので、



玄関前で作業を続けるお兄さんを観察していました。



売れないと思った本が売れたり、



売れると思った本が売れないから驚きますわ。



おととし買ったファインボーイズが何故売れるんだろう。



売れなかった本を見てみると、



日焼けがひどいとか、少しでも敗れてると無理みたいすねー。



サイン付きでもカバーが少し破けてると中も見やしないし。



以前、ブックオフの特集かなんかで、



バイトがなぜ買い取り商品の判断をできるのか、



みたいなのを見た記憶があり、



中身ではなく外見で判断するっていうのを見たことがあり、



ああ、その通りなんだなと。



ビデオも同じで、



アラジンのビデオをシリーズで持っていたんですが、



そんなの関係なく、フィルムに傷っぽいのがあれば無しで、



そうじゃないとありで。



そこは融通きかせてシリーズで買い取ったほうがよいのでは?



と思ったりしたんですが。



スーファミが結構さばけたのは良い誤算。



破けてると説明書はいらないみたいでしたが。



端末でいったいなにをチェックしていたのだろうか。



プレステのソフトもディスクが少し汚れる、



説明書ないとアウトみたいで。



面白かったのは、



ポケットステーションという、



プレステのメモリーカードなんですが、



どこでもいっしょというゲームとセットのアイテムがあるんですが、



それを資料を取り出し、PS2のパーツみたいなページを見ながら、ながなが調べていたことですね。



言うタイミングを逃したのと、



どこでもいっしょのソフトが買い取りからはずされてたので、



いまいち買い取りの基準がはっきりしなっかったので見守っていました。



80点で1500円、まあ、いいんかなー。



特典の出張買い取りを申し込んだ人に対する500円券をもらいそびれた気がするのが、



心残りです。



さて値段のつかなかったものどうしようかしら。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-04 00:39:45

四が日でも五が日でも六が日でも、いいと、思うよ

テーマ:独り言

みんなでせーので明日を休みにすればいいんじゃないかなー、



って思うんだけどなぁ。



やはり、ぬけがけするやつが出るからダメなんだろうか。



はい、



ようやく休みあけで仕事に行くことのつらさを、



少しは感じることができましたよ、と。



おかげで正月休み前後で、していたヒゲ伸ばし実験も終わり。



ひさびさにヒゲそりました。



長くすると剃るのもなかなかむずくて。



鼻を切りました。



唇付近からもヒゲが生えてることも知りました。



ただし、まだ大掃除は完了せず・・・



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-02 02:05:37

聖霊を精霊だと思ってしまうとさらにわけわからないイメージになる

テーマ:
現代人はキリスト教を信じられるか―懐疑と信仰のはざまで/ピーター・L. バーガー


これほどまでにからっぽな感じの年越しは、



初めてだっていうくらいな感じの年越しでした。



あまりにすることなく、



手持ちぶたさな感じのため、



年越し1時間で本を読み始めるという。



おかげで、借りてから2ヶ月近くたっている本をようやく読み終えましたが。



眠い朝と疲れた帰りの電車で読んでいたということもあるでしょうが、



なかなか理解できないことが多く。



新聞にのってたから興味もってウキウキで借りたんですけど。



わからない。



この本自体、神なんて、いないっしょ?の一言でふっとんでしまう、



つまり無宗教者にとってはそういう本にもとらえられてしまうわけで。



わけわらなくなってくると、そのことが頭をよぎっていきます。



ごちゃごちゃいっても、いないっしょ?



みたいな。



これが無宗教の不寛容なドグマチストだろうか・・・



ドグマチストの意味わかってないけど・・・



信仰に迷ったりしてるそういう人が読むべき本なのでしょうねぇ。



キリスト教をどういう風に信じているのか、



それを理解するにはキリスト教の基礎知識が必要でした。



すくなくとも聖書の内容くらい知っていないといけなかったかな・・・



勉強になったのは、信仰に迷うことがあるっていうことですね。



その理由は、わりと無宗教者にとってもシンプルで、



というか無宗教者が神を信じない理由だったりするので、



僕の場合、それでも神を信じるっていうのがいまいちわからなかったわけですが。



そういえばキリスト教っていったっていろんな宗派があるわけで、



それって迷っているっていうことの証明だよなと。



そこに気付けた部分はありました。



それがあるなら、無宗教であっても、神の存在を疑うことがあっても、



いいわけで、



というか、あるべきなわけで、



神というとおおげさかもしれないけど。



未知の存在というかそういうものの存在をまったく信じない、



これっぽっちも信じないっていう態度っていうのは逆に不自然だよなと思いました。



信仰してる人が神の存在を疑うように、



無宗教者が神の不在を疑うこともあるべきことではないかなと。



別に信仰するとかまでいかないにしても。



無宗教であり続けるにしても。



まあ、とにかくたまにはこういう分からない本で負荷をかけないとなと、



そういう一身でなんとか読み終えたのですよ。



次は読みやすい本がいいですが。



というわけで今年もよろしく。



年明けでエロ寂しいことをした僕ですけど。



エロ寂しく、エロひどい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。