2009-01-18 01:55:44

海外ドラマみはまると抜けられなくなるぜ

テーマ:テレビ

さっきロストシーズン2と、



24シーズン6を見終えました。



ロストシーズン2の最終回に、



24の23話と24話。



酒飲んで頭痛いのになぜこんなに頑張ったか。



明日どうしても取りたいものがあるから。



3時間分。



明日の大相撲中継をどうしても録画したかった。



なぜか。



輪島とデーモン閣下が出るからです。



俺の記憶違いでなければ、



輪島が両国に帰ってくるのは、かなり歴史的なことなのでは?



北の湖の念願がかなうって。



記憶違いだったらもうもうしわけないですけども。



というわけでその要領を稼ぐため、無理にみた。



明日バイトなのに。



ロストは最終回なのに気になりすぎる。



しかも間があくとストーリーなにがなんだかわからなくなるからな。



シーズン2と1がそうだったから。



DVDでシーズン3、そして4まで見てしまおうか。



24は前回よりは気になる終わりではないけど。



ジャックは強すぎるけど。



ブラッティ・マンデイとの比較をやりたいんですが、



やはりそこは格の違いを感じました。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-01-14 16:53:31

僕も遺伝子の操り人形なんだろうか

テーマ:

モラル・アニマル〈上〉 ロバート ライト、Robert Wright、 小川 敏子 (単行本 - 1995/9)



授業で発表をするために読みました。



ってそれ、11月の話なんですけど。



英語の授業ですが日本語版をかりて、予習したんですね。



ついでにこの授業でのレポートにも使わせてもらいました。



この授業なかったら読めなかった本で、



絶対自分では読まないジャンルの本だったので新鮮でした。



読むのに時間かけすぎて内容ぽろぽろですけど。



進化生物学、ダーウィニズムだっけ?



そこらへんも少し曖昧ですが・・・



内容としては合コンで話したくなるような。



女性と男性の違いとか、生物学的な違い、遺伝子レベルでの違い。



一夫一婦制は女性にこそ有利だ!とか、



レイプされると受精率たかいとか、



言いたくなる人多いんじゃね。



つい最近、NHKで男と女の違い、みたいな番組やってて、



それともつながるなーと思いました。



ただね、危険な部分も感じる。



そりゃ、理論、生き残ってきたものが答えなんだから、



つじつま合うよなーっていう気もするんですよね。



自然淘汰って時間と量が半端ないから納得せざるを得ないって言うか。



で、これはレポートにも書いたんですけど、



淘汰されることは不幸なことなのか?



淘汰されて消えてしまうことは不幸なの?



結婚しない生き方もいいんじゃないか、みたいなことを書いたんですけど。



結婚できない男まっしぐらな男が言えた台詞じゃないですね・・・



本がいままでの10倍速く読める法 (知的生きかた文庫)/栗田 昌裕

ついでに。



年末年始、思ったほどお金を使わなかったので、



大学で買いました。



一年前に図書館で借りた本が文庫で出ていたんで、



この本はもっていたほうが効果的かなと、



やっぱ本を速く読めると便利だろうと。



まんまと作者にはまってしまっただけかもしれませんが。



再チャレンジしたいなと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-10 01:53:44

そりゃへこみますペコみます

テーマ:愚痴る

水曜日、二日にやっていたゴットタンの新春スペシャルを、



見逃していたことに気付きかなりショックでした。



キス我慢とマジ歌という豪華スペシャルだったのに・・・



何故だ!



と思ったら友達と夜通し遊んでいたんだ。



じゃしかたない。



録画忘れた俺が悪い・・・



テレビ欄はきちんとチェックするべきでした。



ハードディスクがいっぱいで録画が苦しくなってるのが苦しいぜ。



レポートやらないと・・・



英語で書くのめんどくさ!



彼女ほしいよー!



今日やっていたセレぶり3、名作の予感。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-07 00:25:10

教育テレビの思い出、そして僕の

テーマ:テレビ

ETV50周年ということで、



昨日から教育テレビ特集番組をやっていまして。



今日九時からやっていた教育テレビの逆襲はとても面白かったです。



教育テレビって結構とがっているんだなと。



かなり真剣に見ていました。



太田が加山雄三の若大将のような虚構の世界から、



ビートたけしがそんなの嘘だといった世界になった80年代という、



話をしていましたが。



その続きで言うと僕は今の世界は、



そんなの嘘だ、っていうのはホントなのかい?



ってなって、



虚構の世界がホントなのか、嘘だっていう世界がホントなのか、



っていうのに挟まれているような感じかもしれないなと。



まあ、最近とにかく僕がテレビ見ながら疑ってることが多いってことなんですけどね。



とまあそんなこと考えていたら、押井守が嘘の世界とリアルの世界、



アニメは前提として嘘というのがあるからできることがあるっていう話をしている映像がながれていて、



ちょっと俺が考えていたことに繋がったような機がして嬉しかったです。



確かに視聴率は取れないと思いますが、



振り返ってみると大分ディープで、勉強になります。



まとめてくれると見やすいし。



糸井重里の番組とか、すごいことやってたしね。



精神の兌換性、主語を取り戻すっていうのが、



いまいち噛み砕けませんでしたが、



面白かったです。



勉強になりました。



死ねには心がないが、殺すには心があるっていうのも、新発見だった。



もっと尖がって欲しいですね教育テレビ。



小学生の頃、風邪ひいたりすると、



午前中は教育テレビを見るのがすごい楽しみだったんだよなー。



で、午後がすごい退屈だったんですが、



いつの頃からかいいともが楽しくなり、ワイドショーが楽しくなり、



再放送が楽しくなり、



午前中起きなくなり、



人は大人になるんでしょうか。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-05 23:15:57

勇気のチカラってちょっとださいなーと、まず

テーマ:格闘技

08大晦日のダイナマイト、録画したやつを見終えました。



まず良い点から。



中村大介と所の試合は衝撃的でした。



本当に何が起こってるのかわからくて、



僕の寝技感、関節技感をごっそり変えてくれました。



解説もついていけるわけがない。



まさか所が寝技で負けるとは思っていなかったし。



あんなことできるんだと。



おかげであの試合だけ未だに消さずにハードディスクに残してあります。



あの大舞台であの動き、



十分人生変わっただろうなー。



所も僕は結構好きなんですが、それを軽く乗り越えてしまいました。



打撃がどの程度なのかはわからなかったんですが、今後はきちんと注目したいと思います。



次、K-1甲子園、これもすごい楽しめた。



去年見たときよりも、今後の可能性が見えました。



準決勝の試合では、お互い打ち合う、魂のぶつかり合い、



器用にさばこうと思えばさばけるだろうけども、そこは打ち合うっていう若さのとこに、



熱くなれました。



その分、決勝ではやや疲れも見えましたが、



これはダイナマイトではなく、これだけで2時間イケるんじゃないか、



ああ、準決勝と決勝の2試合でそこまでは無理か、



そこが高校サッカーとかの違いでもどがしいですが、



これだけでコンテンツとして十分だと思う。



さらにこれは未来への投資でもあるから。



強い選手を作るっていうのはもちろん因縁、ドラマが作れる。



いいねー、きっと世界大会みたいなのもやる気でしょう。



うん、いけると思います。



あとMAX代表の佐藤とキシェンコの試合もさすがMAXブランドという印象。



佐藤は負けたけど、十分、MAXの質のよさは伝わったし、よかったと思います。




こっからはちょっと厳しい意見。



まずバダ・ハリ。



てっきり出場停止になってると思いきや、試合に出ていて驚きました。



規定にそういうのがないから出場停止にできなかったみたいで、



ファイトマネーの没収だったりベルトのはく奪が罰だったと今知ったんですが。



んー、谷川さんが複雑なのはわかるが。



やはり彼はまだ出てはいけなかったのではないかなーと思います。



これが僕の意見ですね。



テレビ局が出せといったのだろうか。



まさか負けるとは思っていなかったですが。



さらに言うと、12月頭にグランプリで死闘をした選手を大晦日に出してしまうっていうのも、



僕はあまりいい感じがしないんですよね。



バダ・ハリ、ちゃんと練習してたんだろうか、



相手、総合だから余計練習なんてする気にならないんじゃないかと。



グランプリの時のようなモチベーションで。



まあ、そこは不確定要素多いですが。



選手のことを考えると反対ってことで。



でも、やはりなくならないのかなー、これ。



次、大晦日、大衆向けのファイトはんーーって感じでした。



覆面直してるときに負けた筋肉万太郎、



ミルコが昔戦ったマスクマン、マスカラスJrだっけ?



あの人はマスクずれませんでしたよ、負けたけども。



チェ・ホンマンも予測の範疇って感じ。



ドリームの流れの青木の試合だったりに勝てようもない。



お祭りの雰囲気はでますが・・・



そろそろほんと、やらなくてもいいと思うんですよねー。



尺を稼ぐための試合ならいらないと思います。



桜庭と田村の試合も、



僕は桜庭派だったんだけども、



なにせこの二人の因縁っていうのが昔から言われていますが、



いまいちピンとこないんですよね。



UWFを知らないからでしょうか。



だからいまいち乗り切れなかったし、



中村大介の試合をみたあとだとやや物足りなく感じてしまう。



まあ、そういう試合ではないんだろうけどね。



田村の体があんなにしまっていたかなーというのが発見。



こっからはさーっと。



マーク・ハントがパンチでダウンとられるっていうのはショックですねー。



蹴りでダウンするのは見たけど。



好きな選手なんでぜひ復活してほしいですが。



去年負けこんだからしばらくは無理かなー。



青木はすごいですね。



簡単に見えるのがすごい。



昔、桜庭を僕が憧れて見てたように、



今の高校生とかは青木がヒーローなんだろうなー。



最後にちょこっとやったセーム・シュルト、



いいんかなーこんな扱いで。



総合できるっていうのはすごいが。



てかもともと総合か。



でも、まだスーパーヘビーのベルト持ってるよね?



そう考えるとこの試合はなかなかかなり違和感感じる試合ですね。



シュルトは怒らないのかな、扱いに。



総合の打撃も馬鹿にならないって。



そういう試合も多かったですね。



長くなったんでこれくらいにします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-01 00:38:50

年越しリンゴ

テーマ:テレビ

料理はちゃくちゃくと上手になっているんですが、



それでも、包丁使いに僕は苦手意識があり、



その中でも、



特にリンゴの皮を剥くのが、



怖いので、



いつも、



そこだけは親に頼み剥いてもらっていたのですが、



今日自分で剥いてみたら、



割とひやひやすることもなく剥くことができました。



下手なりに包丁使ってれば、



上手くなるんだなーと、



これからは問題なく自分で剥けますね。



今年の大晦日はひさびさに家でテレビを見て過ごしました。



ガキの使いをメインに見ながら、



紅白はチラ見して、



ダイナマイトは録画しました。



ガキの使いは、



19時代のゴールデンタイムに、



武藤と健介の試合を見せてくれた、



放送してくれたのは、



とても嬉しかったです。



プロレスの可能性をみたようなね。



千秋が出てくるくだりとか、



立派なエンターテイメントプロレスやないか!


と。



ハッスル超えてるんじゃね?



みたいな。



ハッスルほとんどノータッチだったんでわかりませんけど。



笑っちゃいけないのほうも面白かったです。



カウントダウンを忘れてしまうのも納得。



僕はなんとか気付いて、



その瞬間だけテレ東のオーケストラのカウントダウンをなんとか見ましたけど。



紅白はジェロって歌うまいなーということに感心。



あとは、他局の宣伝しまくってるなーNHKと思いましたね。



日本テレビのポニョ、スタジオジブリ。



私は貝になりたい、TBS。



あ、あれもあったな、花より団子の主題歌、まあそれはしょうがないか。



羞恥心、ありふれた奇跡、フジテレビ。



テレ東とテレ朝の宣伝もしたのかな??



どうなのかな?



ちょっと毒はいてるけど。



番組の最後で堀北真希が出ていたことをしってややショックな面持ちです。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。