2008-12-30 23:42:39

僕も年末にやっと変

テーマ:独り言

いろいろ書きたいことはあったんですが、



M-1のこととか、



ほかにもあったんですが、



どんどん日がすぎ、もういいかー、



と思うことが多くなっています。



クリスマスもいつの間にか終わり、



年末まっさかりになっていますが、



働いているからでしょうか、



クリスマスも年末もそこまできにせず過ごせています。



いつもは25日が終わって年末モードになるのが気持ち悪くてしょうがないんですが、



僕は。



今年はそんなこともなく。



なんか、ふわふわせず、普通に過ごせている感じ。



テレビや新聞だけがどんどん盛り上がっていますが。



明日もバイトだし、あんま関係ないすね。



そうか、働いてれば例年あんなに苦しむ必要もなかったわけで。



いままで働かずにいすぎたのが悪かったんだということが判明。



曜日が逆に分からない、いつもは寝すぎて分からないんですが、



今は番組が特番だし日曜祝日関係なく働いてるもんで、わからなくなっています。



夜、眠くなるしね。



夜中起きてられない。



おかげで録画の番組がたまるぜ。



正直、もう少し、年末働かなくてもよかったなーと思うね。



人足りてるし。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-12-22 23:55:01

愛ってなんなんだ、笑っていいのか?

テーマ:テレビ

イノセント・ラブ最終回、



週刊新潮のテレビ批評で、



韓国ドラマのようであるというのを見たのですが、



確かになーと思います。



韓国ドラマ、ちゃんと見たことないけど。



韓国ドラマの悲劇感っていうのかな、



あれって韓国ではこんなの作ってるんだー、みたいな見方もできて、



それはそれで楽しめるんですけどね。



日本じゃそれもできないし。



今日なんて一歩間違えたらコント、



っていうかコントでもないから笑えもしないし、



でも記憶なくなった姿なんて笑いにしたら相当面白いのに。



とか思いつつ。



記憶なくなってからの下の処理はどうしてるんだろうね、



デートにでかけたときの下の処理はどうしてるんだろうね、



だってあんなんじゃ、絶対一人でトイレなんて行けないじゃないか。



そういうのが気になってしかたなくなって。



クドカンを経験したあとだと、



ああいう悲劇のなかでも笑いが欲しくなってしまうし、



物足りないなー、と思ってしまいました。



変なドラマだったなーと、最終的に思いました。



唯一イノセントラブだねーと思ったのは妹をかばうお兄ちゃんかな、



まあ俺は妹と仲悪いけど。



堀北真希の評価が下がらないといいですが。



悪いのは脚本とか監督とか・・・



まあ平気かな、次の仕事も決まってるみたいだし、映画とか。



あと裏で波乗りレストラン、また総集編みたいなのやってました。



11月のやつはバイトとかあってちょこちょこしか見れなかったんだけど。



マスターと、松下由樹の大人の恋がなんかいいなーと思ってしまった。



ああいうのもいいなーと。



俺も少しは大人になったのかしら。



憧れます、あれ。



愛に関しては数段波乗りレストランのほうが上じゃないかなー、うん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-21 01:11:29

流星の絆最終回

テーマ:テレビ

内容に関係する日記ですので、



録画してまだ見ていない人は読まないほうがいいと思います。



って、誰もこの日記見てないから関係ないか。



というわけで最終回でしたが、



僕は犯人は設楽かと思ってて、



母に犯人、三浦友和?



と言われても、そうではないと思うけど・・・と答えてしまいました。



で、予想はまったく外れたわけですが、



んー、



なんというか落ちるところに落ちたなーという感じもしますねー。



逆に意外性がない、というか・・・



ただ、本を読んで結果知ってる人は、違う楽しみ方ができたのかなーとも思う。



犯人をただ悪い奴に書いてないんでねー、



面白いシーンもあったし、あの人で笑ったシーンもあったから、



そういう意味では兄弟達の気持ちがわかるというか。



憎みづらい。



複雑な気持ちに。



違いが知りたいんで、本を読んでみようかなー。



そして今日、



ブラッディ・マンデイの最終回、見てないしなー。



なぜかM-1今日だと勘違いし、



録画したらオーラの泉とれてるしなー。



疲れてます。



書きたいことはたくさんあるんですけどねー、



書くことなく、日がどんどん過ぎてます。



今年は近年まれにみるくらいクリスマス感がなく終わりそうです。



クリスマス感がないのに平気だからねー。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-09 20:03:17

K-1グランプリ2008決勝戦

テーマ:格闘技

バダ・ハリが天国から地獄でしたね。



あれだけ解説者も紀香さんも準決勝までは大絶賛だったというのに。



ていうか視聴者もそうですね。



多くのファンががバダ・ハリに尊敬の念と応援の気持ちを抱いていたと思うんですが。



ああいう裏切られ方は、初めてというかねー。



なぜ、ダウンされてあれだけクレーバーに戦える男が、



あんなことをしてしまうんだろうと、



不思議でならないというか、うーん、もったいないぜ。



考えうる最悪の負け方ですよね。



あれ、ダウンで負けても、判定で負けても、



バダ・ハリの価値は落ちる余地がないですから。



唯一の価値の落ちる負け方。



そんなにイライラするのだろうか、ボンヤスキーは。



確か、ボンヤスキーはボブ・サップにも同じように、倒されたとこにパンチもらってますよね。



チャンピオンのころだから、4、5年まえか。



僕はボンヤスキーを応援していたのですが、



それでも、やはりはっきり白黒、お互い出し合って決めてほしかったですね。



一つ疑問に思ったのは、



反則に対して、イエローカードを出したあとに、



ボンヤスキーがダメージで試合が無理となって、



角田師範の裁量みたいな感じで、レッドカードが出たことですね。



反則にはすでにイエローを出しているわけで、



そのあとさらにレッドを出すっていうのは、どうなんだろうと。



サッカーとかならありえないことだから。



あの時点までの判定でボンヤスキーの勝ちにして、



その後の処分は話し合って決めるのが筋ではないのかなーと、



ね。



まあ、詳しいことやルールブックをきちんと読んでいないんで、



あれはルールブックにのっとったことなのかもしれませんが。



とにかくあれだけ押していたバダ・ハリがいなくなるのは、



Kにとっては相当ダメージでかいですよね。



シュルトとやらせたり、ヘビー級のベルトだって持っていたわけだから。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-09 19:49:41

読売ウィークリー最終号

テーマ:

先週、読売ウィークリーの最終号がでした。



週刊朝日、サンデー毎日、アエラ、週刊新潮、週刊文春、



そして読売ウィークリーと、



僕が大学の図書館で読んでいる総合週刊誌の一角が休刊というのは、



まことに悲しいですねー。



とくに、小田嶋さんという人が書いている、テレビ批評がとても好きだったんですが。



というか僕は総合週刊誌のテレビ批評が好きなんですけどね。



自分と違う批評でもこういう見方があるんだと楽しかったし、



結構厳しい意見をずばっと言ってるのは、テレビを見る参考になったんですが。



鳥居みゆきの狂人芸を批判してたのが心に残っています。



僕はまわりにそういう人がいないからゲラゲラ笑っていますけど。



そこまでは笑っていないか、最近は。



あと、ウィークリーは、中学受験系の記事とか多かった気がします。



30代、40代、がターゲットだったのかしらね。



そこは関係ないのであまり読んでいませせんでしたが。



今週から読む雑誌が一つ減るっていうのは、



その時間を何に使うかね。



週刊ダイヤモンドでも読もうかしらね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。