2008-09-30 21:45:01

学校じゃ教えてやらないぜ

テーマ:テレビ

書きたいことがすごくたまってしまいました。



なぜ書かなかったんでしょう。



頭の中で考えたとこで満足していた部分がね、あったかな。



それじゃいかんので、書きます。



まず2週間前の学校じゃ教えられないの最終回について。



愛のためとやたら言っていたのが、少しくさい部分もありますけど、



まあ、許せる範囲内でした。



元陸上部の子をわざわざ戻してあげるのも、よかったと思います。



最終回だから主人公メインにしてもいいところを、優しさを感じましたね。



強いて言うならダンスのレベルがウォーターボーイズくらいあったら、



もっと良く見れたんだけどという部分もありますが、



あれもダンステクよりも愛重視っていう設定だったしね。



月9のことも後で書きますけど、



僕としてはこっちの社交ダンス部のメンバーのほうが、



友達になってみたいと思いました。



何気にスピンオフドラマをすべてみて、



リレーブログも全部読んだしね。



女の子も可愛く見えたし。



あまずっぱい感じもあるし。



なんであんな可愛い子と付き合わないのかなーと思いますね。



で最後、意味深なこと言って終わりますけど、



スピンオフドラマでほーそうなったかと。



なかなか面白かったです、はい。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-09-16 17:34:29

喪失感が伝わらないけど

テーマ:テレビ

昨日の太陽と海の教室です。



主要メンバーのハチこと濱田岳が死んでしまったのですけど、



悲しさ、喪失感がまったく伝わってこないのが、



とても残念でした。



人を一人殺しておいて、何も伝わってこないんじゃ、



ドラマの登場人物とはいえ、とても死に損な気がします。



木更津キャッツアイでオジーが死んだ時はあんなに喪失感があったのに。



何故でしょう。



というのをずっと考えていました。



何話か前から誰かが死ぬというのを示唆してたので、



ショック感、驚き感は少ないと思いますけど、



喪失感が無くなるのはおかしいのですよ。



で、いくつか要因を探ってみました。



まず、一つは見つかった遺体がきれいだったことです。



事故で海に落ちて、きっとハチはなんとしても生きようともがきまくったと思うのです。



それでもガブガブ水を飲み、ちくしょうと思いながら死んでいったのでは???



と僕はそう思いますが、



しかし、みつかった遺体がそういう顔をしていませんでした。



何か死を受け入れたようにすら見える。



テレビ的に映せなくなるからかわかりませんがそれでいいのでしょうか。



そのあと大政絢に向って織田裕二、君は現実を見なくてはいけない、



という言葉をはきますが、そもそもテレビが現実を映していないじゃないかと。



水をガブガブしながら必死に生きようと思って死んでいった人間の姿が、



テレビ的に映せない、見せられない、っていうのは、



このドラマで言ってる生きろ、ってことの全否定になるんじゃないか?



と。



そこが死ぬべくして死んでいったように見えて、喪失感が感じられない、というのがまず1つ。



2つ目は、主要の生徒メンバーの数です。



なんか多すぎて、一人減っても大して変わらないような、そういう印象を受けました。



あと、このメンバーそこまで仲良しに見えない。



本当の仲の良さっていうのかしら。



気持ちの悪い仲の良さなんだよなぁ。



そこが出てるのが葬式行くか行かないか問題。



そんなことどうだっていいだろうと。



別に葬式行かなくたってさ、そういう気持ちは表現できるんじゃないか、



なんか生徒のモチベーションが違うところに行ってしまっていて。



行くことが正しい、みたいな。



泣くことが正しい、みたいな。



そこが悲しい。



ぶっさんはオジーの葬式行かなかったんだぜ。



極めつけは最後、



私達、受験できないんですか?!



って。



このセリフで一晩迷いました。



言うかどうかで。



自分の親友が、1週間前2週間前に死んでいるとして、



履修問題が発覚。



大学受験できないの?



先生、どういうことですか、受験できないんですか?



と言うかどうか。



いや、きれいごとを言わなければ、言うかな、と思うのです。



そこは現実を書いているんだなと思うこともできる。



ただ、それを当然のことのように書いてはいけないのでは・・・



と思う。



あれだけすっきり言われると何か怖さを感じますよ。



もしかしたら次週、彼女だった吉高由里子がそういうことを言うのかもしれませんけどね。



人が一人死んだといっても、学校はただただ始まるし、受験も待ってはくれないんだ、



っていう、哀れさが欲しいなぁ・・・



それが伝わらきゃ死の重さ命の重さなんて伝わらないんじゃないかと。



少なくともこの話では伝わりませんでした。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-14 03:00:54

俳句甲子園、おもしろいじゃないかい!

テーマ:テレビ

BSで夕方やっていた番組ですが、



俳句ってなんなのかわからなかったんですが、



見てるうちになんとなくですけど、



少しわかってこれたし、



相手の句を批判したりする討論に大喜利力を感じ、



なかなかスリリングでおもしろかったですね。



俳句やってれば、きっと相手の句のだめなとこわかると思うのですけど、



きっと良いところもとてもわかると思うのでね、



そこをやはり批判しなけりゃいけないっていう、それがたまらなくよかったです。



そして開成の凄みを感じました。



言葉で表現するってなかなか面白いなと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-11 02:23:11

燃えろ僕のスピリッツ!

テーマ:
ビッグコミックスピリッツ 2008年 9/26号 [雑誌]


スピリッツがリニューアルし、



付録がたくさんついてるため、



結んであるので、立ち読みできないので、



DVDとか付いてるし、300円ならお得だなと思い買ってみました。



そのDVDの歴代表紙アーカイブを見てみたんですが、



歴史を感じました。



90年代とか。



とくにヤングサンデーの90年代の人は誰が誰だかさっぱりわからないところが、



かなりシュールでした。



デビューしたての堀北真希の表紙とかもあってなかなか。



どうせならすべていれてたらもっと面白かったのにな。



この人は表紙にはならないんだ~とかわかってね。



あとは載ってるマンガのあらすじとか、一話2話が載ってる冊子なんですが、



あれ読んでしまったせいでまた読むマンガが増えそうです。



まんまとはまりましたね・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-07 00:39:27

演技できるようになってる!

テーマ:テレビ

オリンパスの浅田姉妹が出てるカメラのCMですが、



浅田真央の演技というのでしょうか、



驚いた顔とか、



うまくなっていて驚きました。



てか結構うまい。



あれ見て、使える!と思ったCM関係者は断然増えたのではないだろうかと。



浅田真央の白い歯は~♪の時と比べるとすごい成長ぶりだなと。



明らかに表現力がついたとわかります。



トレーニングの賜物でしょうか。



素直に感心しました。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-02 02:16:52

もっと本、読まないとなぁ・・・

テーマ:
CMクリエイティブ論―テレビCMはどこへいくのか/伊藤 孝一


CMのことを知りたくて読みました。



日本のCMの表現をざっと振り返るのにはとても役立ちました。



少し周期みたいのがあるのかなーなんて思ったり。



あとは、局を飛び越えての連続するドラマCMという案を書いていたのですけど、



それはリアルにありそうな気がします。



ただ、やはり、



この本を超えるところまでいかないと、



そういうのを思いつかないと、



最終的にはいけないんじゃないかと、思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-01 02:13:58

北京オリンピックについて また今更

テーマ:テレビ

今回は午前中にやってる水泳以外は概ね見てしまった、



オリンピックでした。



そこまで見る気でも無かったのに、



4年に一度の魔力です。



いろいろ気付いたことを書きたいと思います。



まず、



寝不足にはならないといっていましたが、



夜12時にやってる競技を見るためには、



普通の社会人なら結構きついのでは?



と思いました。



アテネに比べりゃ、そうでもないですけど、



寝不足にならないっていうのを聞いてたもんだから、



違うじゃん!と思ってしまいました。



まあ、4時寝、2時起きの人間には関係ないんですけど。



次、



キャスターについて。



いろいろやってたオリンピックの見ていたのですが、



キャスターでこの局を見ようということは、一度もありませんでした。



むしろ、NHKBSの余計なのが入ってないのを好んで見ておりました。



というわけで、キャスターなんて誰だっていい。



そこに力を入れる必要はまったくないのだなと。



だから、よほどの相武紗希ファンじゃないと、フジテレビしか見ない、



なんてことにはならないでしょう。



キャスターがブサイクだって見るときは見ます。



ということです。



視聴率を取りたいなら、ものすごい危ういキャスティングをすれば、



いいんじゃないかなーと思うけど。



というわけで、誰だっていい、ってことです。



そこは見てる側にとってはまるっきり関係のないような気がします。



次。



少し日本人ばかり見すぎたなー、



と。



もっと色んな競技、日本が出ていようが、出ていまいが、



見ればよかったなーと、



日本出てないからいいや、みたいなことが結構あったので、



反省です。



ただ、バドミントンの女子ダブルスの決勝は、あの短髪中国ペアが、



とても気になった見たかったんですけどね・・・



見れなくて残念でした。



そして、



4年に一度っていうのに、惹かれて、



少し見すぎたなー、



と。



もう少し、こういうのに流されない部分も必要と思いました。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。