1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-08-30 00:59:28

夏が彼女を変えてしまった

テーマ:独り言

何色の花になるかは決められないけどさ、



どんな風に咲くかは決められるのだ。



それが僕が持ってる自由。



あ、



でも近年はバイオテクノロジーが発達しつつ、



美容整形技術も発達しつつ。



僕がユウキャンで字を習わないのは、



僕の字が消えてしまうのが嫌だからです。



汚い字でも僕の字だから。



というのはいい訳。



女子高生達が、



「あの娘さ、絶対変わったよー」と話しているのを聞いて、



ドキドキしてしまうこんな自分なのです。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-08-28 00:39:35

外に出ない 遠くに行かない

テーマ:愚痴る

あー、なんもしてねー。



だけどなにもしたくねー。



どんどん太る。



どんどんバカになる。



もう言い訳ばっかりです。



夏が終わるのか・・・



大学生の特権は八月が終わっても夏休みが終わらないとこです。



でも八月は確かに終わってしまう。



やることはそれなりにあるのに。



はー、メンドクサイ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-26 18:24:43

撒いていこう!

テーマ:独り言

最近の僕の趣味は打ち水です。



小池環境相も関心するくらい水を撒いています。



だって~水を撒くくらいしかすることないんだよ~。



なんか涼しくなる感じするし。



そう、僕は温暖化を止めてる自然に優しい半ニートさ!



そんな無駄な自負。



撒きすぎると蒸し暑くなることってあるのでしょうか?



水を撒いてる以上、きっとあるよね~。



時々、撒いた直後、ちょっと居心地わろしなんです。



撒いて一時間くらいたったあとが僕的にはグッドなんです。



そして夕方というシチュエーションがそそります。



24時間テレビのせいで、



マイボスマイヒーローがやらないじゃないか。



ということは新垣結衣が見れないじゃないか。



あのクラス、レベル高いじゃないか。



ま、、毎週見てるってわけじゃないのだけど。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-24 23:59:46

そうだ!インターンシップしよう!

テーマ:独り言

せっかく夜勤用の体質にしたのに、



朝からかい!



したって言うよりはなってたんですけどね。



つーことで2時間も寝ないでバイトに行ったぜ。



ま、昼に起きてる方が実に健康的なことなんですが。



締め切りギリギリでインターンシップにエントリーしてみたのです。



エントリーシートむずいぜ。



ギリギリだからなんとか搾り出したけど。



パソコンで授業受けるのが条件で、



それもかなり大変でした。



時間が時間なのでかなり巻きでした。



やっぱギリギリはよくないですねぇ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-23 00:50:02

真っ暗な海で考える

テーマ:独り言

夜の海を散歩してる時、



周りにはどうやら誰もいない、僕一人。



局地的な地震が起き、津波が来たら死ぬのは僕だけだなぁ。



そんな風に死んだら世間の人はどう思うのでしょうか。



まだ、若いのにねぇ。



これから社会にでて活躍するはずだったのにねぇ。



ほんとにもったいないわねぇ。



なんて思うのかしら。



世間の人はそう思うかもしれませんが、



わかりませんよ。



そのまま生きてたら人を殺すかもしれないしぃ、



更衣室を覗いて捕まる変態野郎になるかもしれないしぃ、



借金まみれのどうしようもないやつになるかもしれないしぃ、



奥さんを殴る夫になるかもしれないしぃ、



ね。



僕のお先は何にも見えませんから。



世間が思うよりノービジョン、マイライフ。



それならここで死んでもったいなく思われるのも悪くない?



まあ、



死なないけどね。



怖いし。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-21 00:31:15

僕のミンの方がながいぜ

テーマ:独り言

セミはなんだか必死だから笑えます。



今日、おばあちゃんちに久々に泊まったのですが、



セミがうるさいってことを思い出しました。



ミンミンゼミ。



必死な奴らを弄ぶのが面白いから、猫もセミを捕まえるのでしょう。



じゃあ、何故やつらはあんなに必死なのでしょうか。



たぶんね、



交尾がものすごく気持ちがいいのではないかと、



僕は疑っています。



セミなんて僕から見たら、



もう苦労の塊じゃないですか。



7年くらい土にいるわ、成虫になっても1週間しか生きられないわ、



森は減っているわ、猫に弄ばれるわ、子供に捕まるわ、



もうその苦労たるや、すさまじいね。



切ないもん。



しかも大きい声で鳴いてるもんだから、僕ここに居ますって敵にお知らせしちゃってるもん。



考えたらなんてリスキーなのさ!



もしかしたら彼らも思ってるかもしれない。



なんでこんなに必死なんだろう?



もうセミになんか絶対なってやるもんかって。



でもね、それを経験してしまうとね、



あ、これならもう一回セミやってもいいかもってくらい気持ちがいいのではないかと。



で、



たぶんそれを本能で知ってる?



の、かも。



で、結局行き着く先はまたまた遺伝子。



僕の中で遺伝子ブームです、はい。



遺伝子型思考です、はい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 02:20:29

遺して伝える子供達

テーマ:独り言

猫は本能で知っている。



セミはいじめる生き物だということを。



そんなとこで鳴いてもグラマーなメスゼミは来ないんだけどね、



それでも彼はうちのベランダで鳴いていました。



本能が消え去ったうちの猫はセミに気付かぬふりでした。



もうハエより大きい虫は捕まえられないのかな。



さてさて、



僕の遺伝子は誰のものなのでしょうかという疑問です。



そりゃ僕のものだろうと思ったのですが、



いや、でも、それこそ顔もしらないご先祖様から先祖代々脈々と、



唯一無二受け継がれてきたもの。



そう考えるとなんだか僕のものじゃないよねぇ。



もう遺伝子は遺伝子という別の生き物みたい!



僕は遺伝子の入れ物です。



そんな遺伝子は僕にエロいことばっか考えさせてさ、



次の入れ物を作らせようとするのさー。



そんな脈々と受け継がれてきたものを、



僕で止めてやるというアンカーの快感。



なんだかそういうのもなくはありません。



少子化対策に反する、もう反するですけども。



だって、彼女もいないしぃ、もてないしぃだからさ。



遺伝子は僕をエロくはさせても、もてさせてはくれません。



動機はいつも不純です。



頑張る女の子は好きです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-18 00:09:44

こんな僕でも役に立て

テーマ:独り言

半落ちを読んで、しようしようと思って、



しばらくたちましたが、



本日してきました。



献血ルームに行き、



骨髄バンクのドナー登録をしてきました。



偽善です。



気休めです。



2mlって意外と多いのねと思いました。



献血ルームという場所に初めていったのですが、



すごいです。



ジュース飲み放題、チョコ食べ放題、マンガ読み放題。



なのでジュースをたくさん飲みました。



献血ビビったからしてないのにね。



こんどはぜひ献血をしようと思いました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-16 23:44:31

エロほのぼの

テーマ:

綿矢 りさ
インストール

綿矢りさの文は僕にはまってるってことに気付きました。



もう、なんて言うんでしょう、ザクザク読めるって感じ。



話が面白いとか関係なくとりあえずザクザク読めるのです。



さらには、ブログとかミクシィとかの日記も綿矢さんぽくなってしまったり。



なんか読んでて楽しいんですよねぇ。



リズムがね、いいというか。



こんな文書けたら楽しそうって思う。



ただね、嫌いな人は嫌いだっていうのもなんとなくわかるのよ。



こんな文章、文章じゃねぇって思う人もいると思うよ。



でも僕にははまる。



ええ、お話自体はあれです、



小学生の男の子は映画の通り、神木隆之介くんをイメージしてましたが、



女の子は上戸彩をイメージしませんでした。



僕の頭の中には「蹴りたい背中」のときにイメージした女の子を、



ちょっと変えたような女の子がエロチャットをしておりました。



「本当の不器用」は笑えないよね。



僕もそれで苦労してる人間ですから。



たまたまですけどこの主人公が17歳ってことでね、



お、やっぱ色々あるぜ17歳って感じがしました。



普通が怖いお年頃なんです。



今も昔も。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-14 23:19:35

君の名前が僕の誇り

テーマ:独り言

こんな僕でも世の中には自分に子供ができたら、



僕の名前をつけたいなーと思う人がいるのです。



それはそれは不思議な体験です。



そしてちょっと自慢、そしてちょっと誇り。



ちょっと生きてて良かった。



ただ、思う。



子供が自分の名前の由来を聞いたとき、



僕がたいした人じゃなかったら。



たいした人どころかなんかいけない人だったら。



それがきっかけで子供がいじめられたりしちゃうんじゃないだろうかと、



無駄に心配。



それほどの価値がほんとに僕にあるのだろうか。



無駄に今までの人生を反省。



ヘタな人生じゃダメだなぁというのを、



こんなことで思うとは思いませんでした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。