1年が経ちました。

テーマ:
結婚して1年が経ちました。
早い…あっという間だ。
そして、「よくもったなあ」というのが正直な感想。
それぐらい、いろいろ衝突もあったわけです。
まあ引き続き頑張ってやっていきましょう。
 
私たちは、品川の高輪教会で式を挙げました。
高輪教会では、私たちのようにキリスト教信者でない人も
式を挙げることができるのですが、牧師さんからは
「挙式後も、時々は礼拝に来ていただければうれしい。
 そして結婚記念日前後の礼拝には、できれば来てください」
というお話をいただいておりました。
 
結婚記念日の礼拝には、もちろん行くつもりでしたが
その1週間ほど前、教会から本と手紙が届きました。
手紙には、牧師さんから「紙婚式おめでとう」の言葉と、
私たちへのメッセージが入っていました。
挙式の最中に牧師さんが詠んでくれた記念の俳句も、
したためられていました。
 
これには感激。
誕生日などとは違って、結婚記念日って
基本的には本人たち以外には関係のないものなのに
私たちの記念日を覚えていて、お祝いしてくださる人がいるんだなあ。
最初、式場として高輪教会を選んだときは
「このアンティークで素敵な教会で式を挙げたい」という
実に浅はかな理由だったのに、
こんなに長く、深くお付き合いさせていただけるとは。
ご縁に感謝です。
 
さて、そんなわけで結婚記念日には、高輪教会の礼拝へ。
朝早く起きて、ちゃんとご飯を食べて
余裕のスケジュールで行くつもりでしたが、
案の定寝坊してバタバタのギリギリに。
天気は、去年のこの日と同じ雨。
でも去年は、式を挙げるころには雨が上がってくれたので
「今年みたいな天気じゃなくてよかったー!」と思った。

教会に着くと、受付の女性が私の顔を覚えていてくれたみたいで
「初めての方、じゃないですよね? 今日で何回目ですか?」
と話しかけてくれました。
「実は、去年こちらで式を挙げて、今日で1周年なんです」と説明。
女性はニッコリして、「おめでとうございます!」と言ってくださり、
「まだまだ先は長いですよ」と笑っていました。
私の方もこの女性に見覚えがあったのですが、
挙式当日、お手伝いに来てくださった方でした。
なんだかうれしい。

礼拝の終わりに、牧師さんが私たちの名前を呼んで
「結婚1周年の○○さんと○○さんです」と紹介してくれました。
皆さんの拍手、なんだか気恥ずかしい。
礼拝後、前に座っていた男性にも
「1周年なんですか? おめでとうございます」と
声をかけられました。
本当に、この教会は素敵な方ばかりです。

さて、その後は大森に出てスープカレー(美味!)を食べ、
しながわ水族館に行き、
ちょっとだけ買い物をしてから
西荻窪のビストロ「サン・ル・スー 」で食事をしました。

ここがもう、感動的においしかった。
キッシュのクリーミーなこと!
メバルのふわふわなこと!
付け合わせ野菜のジューシーで甘いこと!

結婚することになった

そして、高級店に慣れていないわれわれにとっては
このくらいカジュアルな店の方が居心地がいい。
頻繁に来たいお店が増えてうれしい。

ちなみに夫には、記念に鼻毛カッターをプレゼントしました。
だってね、出てるんですよ!
この人は常に、鼻毛が!
しかも束になって!!
AD

新ブログ始めました。

テーマ:
ちょっと前から、新ブログを始めています。

poco pom
http://pocopom.cocolog-nifty.com/blog/

こちらは特にテーマを決めず、
日々のことを適当に書いています。

結婚関連でまだ書いていなかったこと、
新たに書きたいことが出てきたときは
またこちらのブログにアップしようと思います。
AD

旦那の実家に帰省。

テーマ:
結婚後はじめての帰省で兵庫県宝塚市に向かってます。
旦那の実家には以前も行ったことがあるけど
今回は結婚にあたってお祝いをくださった
親戚の家にも初めてご挨拶に行くのでちょっとドキドキ。

東京駅は帰省客でごった返していましたが、
新幹線を一本見送っただけで無事、自由席に座れました。
(ぎりぎりに切符を買ったので指定は取れず)

新幹線を待つ間、旦那がこう言いました。

「向こうではリラックスしてていいからね。
まあ、俺の家族とは言っても…」

俺の家族とは言っても、もうayaccoちゃんにとっても
家族なんだし、とか言うのかなーと思いました。
そしたら違った。

「俺の家族とは言っても、他人なんだし」

ちょっと目からウロコでした。
私にとっても家族なんだ!と思うと妙に意気込んでしまったり、
もし仲良くできなかった場合は落ち込んでしまったりしそうだけど、
言われてみれば確かに他人。
そう思っていれば、肩に力を入れすぎず
リラックスしやすいかも。


AD

アルバムづくり・その2。

テーマ:
前回の記事 で、「olio photo よりマイブック の方がよさそう」と
書きましたが…。前言撤回します。

olio photoの方が、だんぜん早ーい!

前にも書いたようにolio photoには、あらかじめ
デザインテンプレートが用意されています。
つまり、テンプレートに合わせて写真を配置しなければいけないので
その制約がちょっと不便だな~なんて思っていたのですが、
やっぱりテンプレートがあった方が便利!
だって、ブラウザ上で枠内に写真をドラッグ&ドロップするだけで、
勝手に枠に合わせてサイズ調整&トリミングをしてくれるんです。
アルバムづくりで何が時間かかるって、サイズ調整とトリミングだもんね。

もちろん、サイズとトリミング位置は自分で調整もできるので、
必要なカットだけ個別に調整すればOK。

そんなわけで、olio photoでさくっとアルバムを作って注文しました。
来週末に彼の実家に帰省することになりそうなので、
それに間に合うといいな~と思いまして。

デザインは「my diary 」の32Pにしました。
20Pでいいかな~と思ってたけど、結構いろいろ写真を
入れたくなってしまって、結局32Pに。
210mm×210mm、ソフトカバーで4,980円です。
ちなみに結婚式用のアルバムデザイン も2種類あり。

仕上がりが楽しみです。
表紙の色を変えられないのだけが悔しい…。










 

「幸せですか?」

テーマ:
結婚して1か月以上が過ぎたけど、
結婚後初めて顔を合わせる人も結構いて(特に仕事関係)
ことあるごとに「ご結婚されたんですよね?」「おめでとうございます!」
といわれます。結婚したという状況にすでに慣れてしまっている
自分としては、なんだか気恥ずかしい感じ。
「あ…いや、もうその話題はいいんで…」みたいな。

しばしば連絡をとっている人からは、
「新婚生活はどうですか?」という質問をよくされます。
う~ん。どうといわれても…。結局、
「前から一緒に暮らしてたんで、あまり変わらないですねー」
と答えることが多い。だってホントなんだもん。
色気のない返答ですいません。

この間は、
「結婚して人生変わりましたか?」
とも聞かれた。ひー。そんなのわかりません。
「人生は変わらないですけど、気持ちは穏やかになりましたねー」
と答えておきました。これは本当。
結婚前は、おもに準備のことで彼とモメにモメてたんで、
それに比べると今はじつに平和です。
まあ、モメる原因はほかにも多々あるけど~。

さらに、
「幸せですか?」
という直球な質問も。これは新しい!
一応、その場のノリで
「いや~、まあ、幸せです」
とかおちゃらけて答えておきましたが…。
幸せだと思いますよ、ええ。たぶん。

ここには書きませんが、彼と結婚して大変なこと、
苦労することはいろいろあって(向こうもそう思ってるだろうけど…)、
それでも非常にありがたいことは、
「彼が絶対にわたし(という存在)を否定しない、拒否しない」ということ。
まあ、彼はたいていの物事に対してよくいえば「おおらか」、
悪くいえば「無関心(どうでもいい)」なので、
拒否する対象の方が少なかったりもするんだけど(笑。
とにかく、自分の味方がいるって心強いもんです。