綾のお昼寝日記

すっかり『レース編み日記』と化しております。。。


テーマ:

うはー。やっと読み終わったよ、10冊。

ということで、ひっさびさの読書日記だいっ。


アマゾンにないなぁ。

ま、古いからね。

昭和61年ごろに出されておりますにゃー。


『宇宙皇子』は『うつのみこ』と読みますです。

まずは、この地上編から。

地上編だけど、表紙とかには地上編とは書いてありましぇん。

次からは『天上編』とか書いてあるけど。


以前、天上編・妖夢編あたりまでは読んでるんだけど、

ぜーんぶ揃えたので最初から読んでいるのだ。


地上編→天上編→妖夢編→煉獄編→黎明編


と、5つのシリーズになってます。

最後の黎明編だけが8巻で、あとは全部10巻。

読み応えありますっ。


とりあえず、地上編10冊を読み終わったということで。


この本は、西暦667年の時代から始まります。

壬申の乱のさなか、1人の男の子が誕生します。

その子の頭には、なんと!

角(つの)が生えてるんですねー。


父親は戦死。

母親はまわりの人たちに迫害されて自殺。

角の生えた男の子は、修験者の老婆のもとで育てられます。


その老婆ってのが、役小角(えんのおづぬ)のお母さんなんだけど。

あぁ、小角ってのは有名な行者っすね。


その後、小角が率いている金剛山の道場で育っていきます。

角の生えた男の子の名前は、宇宙皇子。

皇族でもないのに「皇子」ってついているのにもワケがありまして。


戦士した父親ってのは、まぁ父親なんだけど・・・

本当の父親は宇宙にいるらしい。

宇宙からのすごい光により、母親が妊娠したそうだ。


という、ちょっとファンタジー系の小説だったりする。

ファンタジー系なのに、時代が時代なので、ちょいと難しい。


地上編では、宇宙皇子が生まれる前あたりから、

成長して大人になり、なよ竹(かぐや姫)に出会うまでが描かれてます。

そう!かぐや姫まで出てきちゃうんですなー。


ファンタジー系は好きなんだけど、歴史系が苦手なおいら。

苦戦しながら読んでたので、こーんなに時間がかかっちゃった。


10冊読み終わるのに、2ヶ月もかかってますー。

次は天上編だ!

さて。何ヶ月かかることやら。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ←にほんブログ村ランキング参加中。

ぽちりっとクリックしてくださるとうれしいでち。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

えらく時間がかかってしまったけど、やっと読み終わったよー。

読み終わったんだけど・・・


内容、書けないじゃないか。

ネタバレになっちまうから。


ま、あらすじにも書いてある程度に適当に書いてみちゃおー。



今回のハリポタ最終巻、読み応えがありまする。

ページ数もそうなんだけど、いろんな人がねぇ・・・

亡くなっちゃうの。


本読んで、泣きそうになるくらいだったざんす。

だって、だって、あのキャラが~~~っ!

秘密の部屋で初登場した、愛すべきキャラが亡くなりますです。

ここが一番ウルウルきちゃったっす。


ふふ~。



ハリポタ気分にひたったおいら。

さて、何をしたでしょう?(いきなり質問)


今までのを読み返すのも時間がかかりそうだったので、

DVDをレンタルしてきちゃいましたよーぅ。

賢者の石と、秘密の部屋は見終わった。

後のも楽しみだー。



こういう、主人公が成長していく小説ってのは、

やーっぱり、主人公が子供の頃が1番おもしろいワケで。

・・・・・賢者の石がおもしろかったなー。


「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) /J. K. ローリング
¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて。

ネットで注文しておいた、この本と『ハリポタ』が届いたのが・・・

7月28日。


その次の日には読み終わってましたよーぅ。

さすが松岡!(違)



これも、小学館から出てた「カウンセラー」の完全版ってやつ。

よく、同じタイトルでも、まーったく違う内容になっちゃってたりするんだけど、

この本は意外とあんまり変わってないかも。

・・・前のをあまり覚えてなかったんだけど、

読んでるうちに結構思い出したからねー。


たまーに「千里眼」シリーズにも登場したり、名前だけ登場したりの、

臨床心理士『嵯峨敏也』が主人公の「催眠」シリーズ。


「催眠 完全版」の続編というか、なんちゅーか、そんな感じだよん。


この本の中で、音にすごい反応を示す女の人が出てくるんだけど、

おいらも、ちょこーっとだけそうなのかもなぁ。

雷、大嫌いだし。大きい音大嫌いだし。

あ、聴こうと思って大音量で聴く音楽は大丈夫なんだよ。


そんな話はさておき。。。


この小説には、少年犯罪のシーンが描かれてますです。

けっこう激しく描かれてますです。

怖いですわよー。


その犯罪を犯してしまった少年、この男の子も襲撃を受けるわけですが、

この襲撃の様子も・・・ちょっちグロいですよーぅ。


『千里眼』シリーズを読んで、話のスケールがデカすぎて・・・

って方は、こっちの『催眠』シリーズの方がいいかもですにゃ。

こっちの方が、まとも系ですにょ。


カウンセラー 完全版 (角川文庫)/松岡 圭祐

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月26日には読み終わってたんだけどねー。

なかなかブログを書く気にならなくてよぅ。

・・・って、別に何かあったワケじゃないっす。

なーんにもないんだけどねぇ。



この本、ちょいと古い本だったみたい。

いや、シャーロックホームズの話だから、古いのはわかってるけど、

最近、新しいバージョンというか、復刊されたりで、

活字がものすごーく新しい感じのやつもあるよね。

(わかりにくい説明だ)


これはそうでもなく、昭和に出版された本だったのだ。

・・・読みにくいざんす。



あー。

でも、全部短編だったので、そっちは読みやすかった。

なんとなーく知ってた『美しき自転車乗り』も入ってたし。



ホームズ物は、今までにちょこっとしか読んだことなくて

イマイチよくわかってないんだけどさー。

この本はある程度活躍した後、ホームズが死んでしまった!

って事件のあと、ホームズが帰ってきた!って話なんすけど。

・・・アバウトな説明だよ、ほんとに。



シャーロック・ホームズの帰還 /コナン・ドイル

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いやはや。

サボってた間に読んだ本の内容、もう覚えてないわーん。


なので、まとめてUPしちゃうのねん。



☆5/27 『世にも奇妙な物語4』 小野雅弘


☆5/28 『世にも奇妙な物語5』 野沢博史


☆5/30 『世にも奇妙な物語8』 田村章


☆『春の夢』 宮本輝


☆『蒼ざめた告発』 夏樹静子


☆『千里眼の復讐』 松岡圭祐



ぐはっ!

これだけしか読んでないやー。


しかも、最後3冊、読み終わった日付すらわからないよ・・・

なんてこったい。



ちなみに。

ハリーポッターの最終巻、まだ買ってまへん。

今までだったら、発売日に急いで買ってたんだけどねぇ。

今回は、25日発売の松岡圭祐さんの本と一緒に、

ネットで注文してみたのだよー。


なので、手に入るのはもうちょっと後になりそうっす。

楽しみだなー。

どっちを先に読むかなー。


・・・松岡圭祐さんのを読みそうな予感。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。