あやあやのふらふら旅行記

つれづれなるままに旅行体験記を書いていこうと思います。

ご訪問ありがとう御座います。m(_ _ )m


ダジャレおやじギャグ旅行をこよなく愛すあやあやが、夫婦で訪れた各国、各地の旅行記を中心にアップしていきます。また、旅行に関する時事情報も随時アップしていきたいと思います。


アメンバーは交流のある方に限定しています。

まずは、読者登録からお願いいたします。


記事へのリンクは原則的に自由です。事前のご連絡は必要ありません。


写真や記事内容についての引用は、非商用目的に限り、ブログ名あやあやのふらふら旅行記)と元記事へのリンク(http://ameblo.jp/ayaaya-hg/ xxxxxxxxxx.html )を併記していただければ、特に事前のご連絡は必要ありません。


テーマ:
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

特に多客期になると空港で頻繁に流れるアナウンス。
「席をゆずってくだいさい」(笑)
なんでそんなことになるのかを解説した記事がありました。

空港で流れる「席を譲ってください」アナウンス、なんで足りなくなるの? 航空会社に聞いてみた

 旅行や帰省で空港に行く機会が増える時期。「席が足りなくなったので譲ってくれませんか」というアナウンスを聞いたこと、ありませんか? 座席数はコンピューターで厳密に管理されているはずなのに、なぜこんなアナウンスが流れるのでしょうか? 航空会社に聞いてみました。
なぜ席がなぜ足りなくなる?

 実は、航空会社は、定員より多めの予約を受けつけることがあります。なぜなら、予約をしてもキャンセルを申し出ないで飛行機に乗らない人がいるためです。

 事前にキャンセルをしないと、空席のまま飛ばなければいけません。それではもったいないので、過去のデータなどを元に、便によって、一定数の座席を定員より多く受けているのです。

 JALによると、万一、キャンセルが想定よりも少なかった場合、チケットの変更をお願いしているそうです。アナウンスは、その時に流れるものだったのです。

ちゃんとした制度

 チケットを譲ってくれた人には、謝礼金が支払われます。これは正式な制度として運用されています。

 「フレックストラベラー制度」という仕組みで、予約客に自主的な便の変更をお願いしています。協力してくれた人には、お礼のお金、あるいはマイルが支払われます。便によっては、タクシーなどの交通費、宿泊費が用意されることもあります。

 JALとANAの協力金・協力マイルは同じで、それぞれ現金1万円あるいは7500のマイルとなっています。次の日の便の場合は、現金2万円と15000マイルです。

それでも席が足りない場合は?

 「フレックストラベラー制度」はあくまでも「自主的な協力者」を募集するものなので、強制的に便の変更をすることはできません。JALによると、曜日や時間帯によりますが、たいてい協力者はすぐ見つかるそうで、同時に数人が協力を申し込むことも少なくないそうです。

 一方、どうしても見つからない場合は、搭乗口でのチェックインが遅かった乗客に対して「ひたすらおわびをする」そうです。その場合、すでに座っている乗客ではなく、これから乗り込む人が「おわび」の対象になるそうです。

飛ばなかったことは…

 とはいえ、JAL、ANA、ともに「座席の確保には最善の努力をする」と強調しています。

 ANAによると、「フレックストラベラー制度」を実施する前に、座席の予約状況などを見て数をコントロールしているそうです。それでも座席が足りない場合に、協力者の募集アナウンスを流しています。

 JALも「たいてい前もって座席数などを確認しておきます。席が足りなさそうなら、時間の余裕を持ってアナウンスし、協力者を募集します」と説明します。

 ちなみに、座席が足りなくて飛行機が飛ばなかったり、出発が遅延したりしたことについて両者は、「ほぼない」(JAL)、「飛行機が遅延することがないよう努力する」(ANA)としています。



有名人のコンサート会場の前に、チケットを購入できなかった人が「チケットを譲ってください」というプラカードを掲げていることはよく見かけます。
チケット争奪戦に敗れてしまったがどうしてもそのコンサートを見たいという人の最後のチャンスです。

しかし、大企業である航空会社が自分たちが運行する飛行機の座席を用意できないのは何事だ!
そんな管理もできないのかと怒る人もいるかもしれませんが、これは仕方のないことなのですね。

航空券は割引運賃などは事前に予約を行った便から変更を行うことは原則行えないことが多いですが、正規運賃だったり法人向けの航空券の場合は変更が自由だったりするものがあります。

そうすると、出発1時間前には満席だった便が出発の15分前には結構の空席が出る。
となることがあります。
そのまま空席で飛ばすのはもったいないので空いた席はキャンセル待ちのお客さんで埋める作業をしたりします。

一方、キャンセル待ちをかけてもすべての座席が埋まらない可能もあります。
ならば、いっそのことキャンセル待ちを最小限にするために、定員より多くの予約を受け付けよう。
という事で予約システムは本来の定員より多めの予約を受け付けるようになっています。
(ちなみに、定員を超える予約数は、過去の実績や各種パラメータ値から算出するアルゴリズムがあるようですが、私にはちんぷんかんぷんです。笑)

ところが、確率というのはあくまで確率であって現実にはそううまくいかないこともあります。
予想よりキャンセル数が多くなかった場合、物理的に着席できる人より多い予約を受け付けてしまったわけですから、当然乗ることのできない人が出てくる…。

すると、空港内で絶叫大会のように「席を譲ってください」のアナウンスが流れることになるわけです。

お盆や年末年始、GW期間中の超多忙期にそのようなアナウンスが多いような気がします。

ちなみに、ANAはフレックストラベラーに応募しても構わないという意思表示をネットで事前登録することができます。
これに登録しておくと、万が一席が足りなくなった時に声がかかることがあるものです。
(強制ではなくあくまで自主的な協力なので都合が悪ければ断っても良いそうです)


もっとも、まだ一回も声をかけられたことはありませんが…笑

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ANAスティックメモ(付箋)
価格:216円(税込、送料別) (2017/2/18時点)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

昼過ぎにYAHOOのトップページに踊った「重要な経営課題」についての発表の記事

えっ!
もしかしてA380の導入延期?
それともMRJのキャンセル?
スカイマークがらみ?
まさかとは思うけど東芝のような粉飾決算?

などと想像していましたが…

まさかの社長交代の報告…………………
ヾ(▼ヘ▼;)

この発表を気にしていた日本中の人たちがずっこける雰囲気を感じましたよ!

まあ、悪い報告でなくてよかったですが…
もう少し空気を読んでください!



 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

いよいよハワイ路線にもLCCが路線を開設するようです。

片道1.3万円! ハワイ空の旅にLCC殴り込み

「えっ、そんなに安いんだったら私もハワイに行きたい!」
 2017年夏、日本とハワイを結ぶ航空路線に初めて格安航空会社(LCC)が参入する。マレーシアのLCC、「エアアジアX」が関西空港―ホノルル線を6月28日に就航することになった。大阪に住む20代の女性はその運賃を聞いて思わず叫んだ。
 年間約150万人の日本人観光客が訪れる「常夏の楽園」、ハワイ。安定した気候と豊富な自然に惹かれる人は多く、人気ぶりはほかのリゾートの群を抜く。ハワイへの空の旅を1954年の就航以来長く担ってきたのが日本航空(JAL)だ。そして近年は米ハワイアン航空も急速に輸送規模を拡大している。ここにエアアジアXが”殴り込み”をかける。旅客の獲得競争は激しくなるばかりだ。

 「エアアジアXは長距離旅行を大衆化するために設立された。(旅行者からの期待に)地域最安値でお応えしたい」。2月10日、大阪・難波で開かれた記者会見でベンジャミン・イスマイルCEOはそう抱負を述べた。関空発が月曜、水曜、金曜、土曜という週4便の運航となる。80%台半ばの搭乗率を目指すという。

■JALの3分の1の価格でハワイへ飛べる

 気になる運賃は、2月26日までの就航記念キャンペーンで片道1万2900円(往復2万5800円)。JALのホノルル線が最安で往復7万5000円だから、およそ3分の1の価格になる。イスマイルCEOは記念価格の終了後も「基本的には大手航空会社の3割の価格を目指す」としており、大きく変わることはなさそうだ。

 エアアジアXは、ピーチ・アビエーションやバニラエアといった日本勢と異なり、長距離路線に特化したLCCだ。現在の日本路線としては本拠地のマレーシア・クアラルンプールから羽田、関空、新千歳の各空港へと飛んでいる。近距離LCCがエアバスの航空機「A320」を運航しているのに対し、エアアジアXはより長距離を飛べる「A330」を用いている。

 なぜマレーシアの航空会社が関空からホノルルへ飛行機を飛ばせるのか。日本とマレーシアの間の航空協定では、首都圏以外の空港での以遠権(第三国へ運航できる権利)を認めている。エアアジアXはこの制度を活用した。成田や羽田からは飛ばせないため、最も需要のある関空に白羽の矢が立ったというわけだ。今回のホノルル線にはクアラルンプールから関空に飛んでくる客も乗り継げるが、「大半の旅客は日本人になる」とイスマイルCEOは見込む。
大手vsLCCの競争の行方

 現在関空からホノルル線を運航しているのは、JAL、ハワイアン、そして米デルタ航空の3社。ハワイ州観光局によれば関空を発着するホノルル線の総搭乗率は直近で9割を超えている。つまりほとんどの便はほぼ満席だ。同局のミツエ・ヴァーレイ局次長は「これまでなかなか座席が足りず苦労していた。だからこそ今回の新路線には本当に期待している」と話す。

 2017年2月時点では、3社が運航する関空―ホノルル線の座席数は1日当たり756席。エアアジアXの新路線は座席数が377席だ。つまり同社が運航する日の座席供給量は5割増となる。

■大手航空会社は座席で差別化

 大手のフルサービス航空会社(FSC)とエアアジアXはどこまで競合することになるのか。海外出張で利用する人の多いビジネス路線とは異なり、ハワイのようなレジャー路線は価格競争に陥りやすい。ただアジアの近距離路線と大きく異なるのが飛行時間だ。ホノルル線は片道約7時間。この時間をどう快適に過ごしたいかで客の選び方は変わる。

 FSCとLCCの違いが如実に表れるのが、座席だ。近年FSC各社はビジネスクラスのフルフラット化やプレミアムエコノミークラスの新設を急速に進め、単価の高い座席の比率を上げ収益性の向上を図っている。

 関空―ホノルル線を見ると、デルタは数年前にフルフラット化を完了済み。JALは昨年にプレミアムエコノミークラスを新設し、今年1月9日からはビジネスクラスにフルフラットシートを導入。3月18日からはハワイアン航空がプレミアムエコノミーの席数を増やし、かつフルフラットシートを新たに搭載した機材の運航を始める。

 実はエアアジアXにも1機377席あたり12席の「プレミアムフラットベッド」と呼ばれる高級クラスがある。運賃は通常座席の5倍超。先述のホノルル線記念価格では片道6万9900円に設定されている。座席はフルフラットではなく、無料で提供される機内食はFSCのエコノミークラスと同程度だ。

 残りの365席はFSCのエコノミーよりもさらに狭い通常座席だ。そして機内食は有料。こうした違いが低価格の可能な要因の一つだが、旅行客は「座席格差」をどう受け止めるのか。前出したハワイ州観光局のヴァーレイ局次長は「将来リピーターになってもらえる若年層の取り込みを期待している」と話す。ハワイを訪れる日本人観光客のうち、6割はリピーターだ。ただその大半は40代以上。エアアジアXが大きく価格を下げることによって学生や若手社会人の需要を喚起できるかがカギとなりそうだ。

 長らくJALの牙城だったハワイ路線。そこにハワイアン航空が食い込み、エアアジアXが価格破壊を仕掛けてきた。さらに待ち受けるのは、2019年に予定されている全日本空輸(ANA)による首都圏とホノルルを結ぶ路線への超大型機「A380」の導入だ。楽園の空は、ますます混戦模様である。


ハワイ路線は記事にある通り長らくJALの牙城で、運賃も高値で安定していたのですが、最近その傾向に変化が出てきたようです。

なぜか、LCCでハワイ路線がなかったのですがエアアジアXが初めて関空からハワイへ運行を開始するようですね。
あと、日本のバニラエアもハワイ路線を検討しているというニュースを見ましたが今回はエアアジアに先を越されましたね。

2年後にはANAが成田とホノルルを定員500人を超えるA380で運行を開始します。

すると、一気に運賃競争が激化することになりそうですね。


 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。