あやあやのふらふら旅行記

つれづれなるままに旅行体験記を書いていこうと思います。

ご訪問ありがとう御座います。m(_ _ )m


ダジャレおやじギャグ旅行をこよなく愛すあやあやが、夫婦で訪れた各国、各地の旅行記を中心にアップしていきます。また、旅行に関する時事情報も随時アップしていきたいと思います。


アメンバーは交流のある方に限定しています。

まずは、読者登録からお願いいたします。


記事へのリンクは原則的に自由です。事前のご連絡は必要ありません。


写真や記事内容についての引用は、非商用目的に限り、ブログ名あやあやのふらふら旅行記)と元記事へのリンク(http://ameblo.jp/ayaaya-hg/ xxxxxxxxxx.html )を併記していただければ、特に事前のご連絡は必要ありません。


テーマ:

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

昨日に引き続きラウンジの話題です。
JALが秋に開設するロンドン線の乗客に対して、エコノミークラスの乗客に対してもラウンジを開放するそうです。
 

JALがロンドン線でラウンジを開放する理由

 

「なぜ調子がいいのかを徹底的に考えろ」

 日本航空(JAL)の植木義晴社長は今、社内にそう発破をかけている。国際線の搭乗率が前年を上回る状況が続いているためだ。「3月くらいから潮目が変わりだした。日本発(の旅客需要)が強くなってきた」(植木社長)。 

 

 特に勢いづくのが、欧州だ。フランスなどでのテロの影響で観光客が激減していたが、昨年末から搭乗率が前年同月比で10%超も上回る月が続く。牽引するのが、出張客の多い羽田―ロンドン線だ。直近の搭乗率(有償客)は80%台後半を維持。観光以上にビジネス需要の回復スピードが早かった。

 ANAも羽田を深夜早朝に発着する欧州ビジネス路線としてドイツ・フランクフルト線を運航しているが、今年6月の搭乗率は87%(特典航空券などの無償客も含む)と高い水準だ。

■好調な羽田―ロンドン線を増便

 そしてJALは7月12日、羽田―ロンドン線の増便を発表した。これまで1日1便、昼間に羽田で発着していた便に加え、10月29日から深夜早朝の発着便が加わる。

 機材は既存便がボーイング「777-300ER」型機(244席)でファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスだったが、新規便はボーイング「787-8」(161席)でファーストを除いた3クラスとなる。

 行きは羽田を午前2時45分に出発し、ロンドンに午前6時25分(現地時間)に到着。帰りはロンドンを午前9時30分(同)に出発し、羽田に翌日の午前6時25分に到着する。

 「羽田の路線は需要が非常に強く、顧客の声に応えられていなかった。同じような時間に増やしても意味がないため、まったく異なる時間帯を選んだ」。路線統括本部長の菊山英樹専務は、増便の狙いをそう説明する。東京で仕事を終え、飛行機に乗ってロンドンに着けば、朝から現地で活動ができるスケジュールだ。

 だが、夜も深まった午前3時近くの出発はJALの路線では例がない。空港での待ち時間を快適に過ごしてもらうため、この便に限り、エコノミークラスの乗客でも羽田に設けるラウンジを使えるようにした。通常の利用と比べると提供される食事が異なったり、シャワールームが利用できなかったりという制限はあるが、基本的には同様の施設が利用できるという。

 また通常は離陸直後に機内食のサービスがあるが、未明の出発ということもあり、離陸後は希望者のみの軽食で、出発から7時間後にメインの食事が提供される。

 このようなダイヤになったのは、ビジネスパーソンの利便性もあるが、空港の発着枠に左右された面もある。羽田もロンドンのヒースロー空港も、非常に多くの航空便で混み合う「混雑空港」だ。「ヒースローの発着枠はすったもんだしながらようやく取れた」と菊山専務が明かすように、大都市を結ぶ国際線の拡大は容易ではない。

■フルサービスキャリアの生きる道とは

 「JALがこれから注力すべき路線は、イールド(1旅客キロ当たりの収入)が高く、ANA(全日本空輸)とともに供給過剰になっていないもの」。シティグループ証券の姫野良太アナリストはそう指摘する。

 姫野氏は「欧州は高イールドを取りやすい地域になってきている」としたうえで、「アジア路線はLCC(格安航空会社)の台頭で収益性が落ちているので、ロンドン線の増便は合理的」と評価した。欧州路線はここ数年、オーストリア航空の撤退、ルフトハンザドイツ航空やエールフランス航空の減便など、欧州勢の勢いが後退。JALやANAにはシェア拡大の余地がありそうだ。

 今回のロンドン線増便と同時に、JALは成田―ソウル(仁川)線を来年3月に運休することも発表。首都圏とソウルを結ぶ路線は、今後羽田―ソウル(金浦)線に集約される。成田―仁川線は韓国系LCCが仕掛けた価格競争が激化し、「単価下落が顕著で収支改善が見込めなかった」(JAL広報)。

 ANAがLCC2社をグループに持つ一方、JALはフルサービスキャリア(FSC)としての品質を突き詰める戦略を進める。アジアの短距離路線とは異なり、出張客が多い長距離路線はFSCの強みを発揮できる。ラウンジサービスを組み合わせたロンドン新路線は、JALなりの答えなのかもしれない。

 

今後、エコノミークラスの乗客にも航空会社ラウンジを開放するのでしょうか?
残念ながらそれは考えられないですね。
今回は話題作りのための特別の対応だと思います。

特別な条件が重なったため、運用を行いやすい安い時間帯だからこそできる対応ですね。

エコノミークラスの乗客にとっては特別な対応ですが、本来のサービス提供対象であるビジネスクラスや上級会員との整合性をどうするのかな?
と思っていたら、ちゃんと考えているようですね。

JALのHPにこのような記載がありました。
ラウンジサービスについて

羽田発JL041便に限り、ラウンジ入室資格をお持ちでないエコノミークラスご利用のお客さまにも以下の条件でラウンジをご利用いただけます。 ご出発までゆっくりとお寛ぎください。

  • ラウンジの受け付け開始時間は23時半以降を予定しています。
  • サクララウンジ5階のご利用となり、一部のサービスがそのほかのラウンジと異なります。
  • シャワールームはご利用いただけません。

羽田空港のサクララウンジ(本館)はシャワーやダイニングスペースのある4階はエコノミー顧客には開放せず、5階のみ開放する運用を行うようです。
種類を絞った軽食を5階に用意するのでしょうか。
受付時間も午後11時半以降として、本来の乗客に対して配慮を行っていますね。

ラウンジなどはLCCにないサービスですのでJALはフルサービスキャリアとして最大限に顧客にアピールする戦略を進めていますね。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

航空会社の運営するラウンジは飲食店?

ちょっと気になる記事がありました。

 

大韓航空・アシアナ、仁川空港ラウンジで10年間不法営業

 

 大韓航空とアシアナ航空が自社旅客機のファーストクラス・ビジネスクラス乗客に限り利用可能な仁川(インチョン)空港のラウンジでエコノミークラスの乗客から料金を受けて軽食や酒を販売するなど不法営業で10年間に数百億ウォン台の売り上げを出したことが明らかになった。飲食店として認可されていないラウンジで事実上、飲食店営業をしてきたのだ。

  仁川空港警察隊の関係者は11日、「3月から調査を始めた結果、大韓航空とアシアナ航空が乗客のためのサービス業務施設に分類されるラウンジで少なくとも10年間にわたり不法に営業した行為が確認された。最近、両社の役員を1人ずつ呼んで取り調べ、送検した」と伝えた。

  両航空会社の仁川空港のラウンジには軽食とビール・ワイン・ウイスキーなどの酒も準備されている。大韓航空は仁川空港の旅客ターミナルでファーストクラスラウンジ(1227平方メートル)とビジネスクラスラウンジ(2327平方メートル)を運営している。また、搭乗棟にもビジネスクラスラウンジ(1130平方メートル)を設置している。アシアナ航空も似た規模で3つのラウンジを運営中だ。

  アシアナ航空は1人あたり3万ウォン(約3000円)を受けてエコノミークラスの乗客がビジネスクラスラウンジを利用できるようにし、警察に摘発された。

  また提携カード会社の優良顧客がファーストクラスのラウンジとビジネスクラスのラウンジを利用できるようにしたのも不法だと、警察は伝えた。乗客からは料金を受けないが、提携カード会社から別に手数料を受ける構造であるからだ。また警察は両航空会社がPP(Priority Pass)カード所持者と各航空会社のマイレージを保有する客を対象にラウンジを利用できるようにした点も不法に該当すると解釈した。PPカードとは空港ラウンジを利用できる有料カード。

  大韓航空の場合、2008年にPPカードと契約し、PPカードの顧客が搭乗棟のラウンジを利用できるようにした。また、自社のエコノミークラスの乗客から1人あたり4000マイルのマイレージを受け、ラウンジを利用させた。航空会社のマイレージは航空券予約のほか、ホテル・レンタカーの利用に使える事実上の現金であるため、不法営業に該当するというのが警察の説明だ。また、これら航空会社は食品衛生許可を受けずに料理人を置いてラウンジで調理し、食品衛生法違反の疑いもある。

  こうした問題が最近摘発されたのは、空港内の飲食店と中小有料ラウンジ運営会社が問題を提起したからだ。仁川空港公社の関係者は「一部の航空会社が現金を受けて営業したことで客を奪われた中小ラウンジ運営会社と飲食店が警察に申告したと聞いている」と話した。

  警察はラウンジの不法営業でアシアナは年間20億ウォン台、大韓航空は10億ウォン台の売り上げがあったと推定される。無許可営業であるため一般飲食店が納める税金も出していなかった。

  これに関しクォン・ウクミン大韓航空広報部長は「誠実に取り調べに応じる。営業を中断するか、合法的な手続きを踏んだ後にまた営業するのか、内部の会議を開いて決める」と述べた。アシアナ航空側も「ラウンジ利用客の便宜のために有料サービスを提供した」とし「検察が判断を出せば、それに従って適切な措置を取る予定」と明らかにした。

  今回の不法行為摘発でカード会社と航空会社の間で紛争が生じる可能性が高い。PPカードや提携カード会社の顧客のラウンジ利用が中断される可能性があるからだ。Hカードの関係者は「ラウンジ利用のメリットのためにカードに加入した顧客なら年会費の払い戻しを要求する可能性が高い。この場合、カード会社は航空会社を相手に顧客の離脱に対する損害賠償を請求することになるだろう」と話した。

 

韓国の大韓航空やアシアナ航空ラウンジが違法運営を行っていたということで責任者が書類送検されたとのことです。

 

どうやら、自社の顧客のためのサービス施設という分類がされているラウンジであるにも関わらず、使用料を払ったり、プライオリティパスなどのメンバーだと利用できることは実質的な飲食店である。

という理屈のようです。

 

また、これら航空会社は食品衛生許可を受けずに料理人を置いてラウンジで調理していたということで食品衛生法違反の疑いもあるとか。

 

しかし、航空会社のラウンジを有償で開放するというのは日本の航空会社でも採用をしており、別に珍しいとは思いません。

また、プライオリティパスと提携するのは、利用効率を上げる一つの方法だと思います。

それが違法というのはちょっと首をかしげてしまいます。

 

まあ、食品衛生許可を受けずに料理をしていたというのはちょっと気になりますが、日本のラウンジなどはどうなっているのでしょうかね。

 

なんでこのような問題がクローズアップされたかというと、空港内の飲食店と中小有料ラウンジ運営会社が問題を提起したからだとか。

「一部の航空会社が現金を受けて営業したことで客を奪われた中小ラウンジ運営会社と飲食店が警察に申告したと聞いている」 だそうです。

なんかギスギスしていると思うのは私だけでしょうか?

 

 

~最近のコンちゃん~

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。