あやあやのふらふら旅行記

つれづれなるままに旅行体験記を書いていこうと思います。

ご訪問ありがとう御座います。m(_ _ )m


ダジャレおやじギャグ旅行をこよなく愛すあやあやが、夫婦で訪れた各国、各地の旅行記を中心にアップしていきます。また、旅行に関する時事情報も随時アップしていきたいと思います。


アメンバーは交流のある方に限定しています。

まずは、読者登録からお願いいたします。


記事へのリンクは原則的に自由です。事前のご連絡は必要ありません。


写真や記事内容についての引用は、非商用目的に限り、ブログ名あやあやのふらふら旅行記)と元記事へのリンク(http://ameblo.jp/ayaaya-hg/ xxxxxxxxxx.html )を併記していただければ、特に事前のご連絡は必要ありません。

NEW !
テーマ:

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


羽田空港の第2ターミナルに国際線のスポットを新設するそうです。

 

 

 

第2ターミナルも国際化=羽田空港改修、20年に―国交省

 

 国土交通省は、全日空が国内線に使用している羽田空港第2ターミナルに同社の国際線を発着させることを決めた。

 東京五輪・パラリンピックを控えて羽田の国際線発着が大幅に増えるため、今年秋にも改修工事を始め、2020年3月に運用を開始する。

 羽田のターミナルは第2の他に、日本航空が国内線で使う第1、各社が共用する「国際線」がある。国際線ターミナルは10年、第4滑走路の運用開始に伴って開業したが、スペースが限られ大規模な拡張が難しい。

 一方、16年4~12月の全日空の国際線旅客は、前年同期比約11%増の約675万人。就航都市数や訪日外国人の増加などに伴って13年から毎年約1割ずつ伸びている。

 計画では、第2ターミナルに23カ所ある駐機スポットのうち南側7カ所を全日空の国際線に充て、出入国審査や税関、免税店などを整備する。2カ所は国際線専用とし、5カ所を午前は国際、午後は国内と使い分ける。

 国内線旅客の利便性を維持するため、搭乗機までバスで移動する国内線のオープンスポット6カ所にビルを増築して、搭乗橋を設ける。混乱を防ぐため国際線ターミナルは名称を変更する。  

 

なんで第2ターミナルだけに国際線のスポットを作るのか?

 

これは私見なのですが、第一ターミナルは以下の2つの理由があるのではないでしょうか。

・第一ターミナルは出発客と到着客の分離ができていない。

・第二ターミナルはスポットに余裕がある。

・国交省のANA贔屓(冗談です。笑)

 

まあ、ANA贔屓というのは冗談ですが、第2ターミナルって結構広いのですよね。

南側のスポットは中古型機が使用されることが多いのですが、普通に歩いても10分近くこともあります。

確かに、この部分は折れ曲がっている部分でその部分だけ独立して国際線として運用することは難しくない感じがします。

 

あとは、出発客と到着客の分離ですね。

羽田の第一ターミナルは古い空港の設計思想だからか、出発客と到着客が同じフロアを通る設計になっています。

現代では出発客と到着客を分離するのが国際線のセキュリティ標準ですので、もし第一ターミナルにも国際線スポットを新設するためには大規模な改修になるために、見送ったのではないかと思います。

 

それより気になるのは「国際線ターミナル」の名称変更です。

やっと名称が定着したのに名称を変えると逆に混乱してしまいませんですかね?

 

しかし、どういう名称になるのでしょうか?

 

私は、「羽田空港第3ターミナル」に一票(笑)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JALオリジナル/フリクションボールペン2本セット/BJB5035
価格:496円(税込、送料別) (2017/2/22時点)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

スカイチームの航空会社が成田空港で自動手荷物預け機を導入するそうです。

 

成田空港、自動手荷物預け機を導入 国際線としては日本初、搭乗手続きの時短狙い

 

国内の国際線では初

 成田国際空港が2017年2月16日(木)、国際線としては日本初になる自動手荷物預け機を、3月30日(木)より成田空港に導入すると発表しました。第一旅客ターミナル北ウィング4階出発ロビーDカウンターに4台導入し、エールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空、アリタリア-イタリア航空の乗客が利用できます。

成田空港では現在、乗客の手荷物は航空会社のスタッフがチェックインカウンターにて預かっていますが、自動手荷物預け機の導入により、乗客はチェックインカウンターに並ばずに、預け入れの手続きが可能になります。

 自動手荷物預け機による荷物の預け入れは、事前にチェックインを済ませ搭乗券を入手したのち、以下の要領で行います。

●自動手荷物預け機による荷物預け入れの手続き
(1)自動手荷物預け機の手前で、航空会社スタッフによる本人確認(パスポートチェック)。
(2)自動手荷物預け機に預ける手荷物を入れる。
(3)手荷物の重量が計測される。
(4)自動手荷物預け機のバーコードリーダーに搭乗券を読み込ませる。
(5)出力されたタグを、預ける手荷物に取り付ける。
(6)自動手荷物預け機のドアが閉まり、預ける手荷物が搬送される。
(7)出力された控えチケットを受け取る。

 なお上記は標準の手順であり、航空会社によって異なるそうです。

 成田国際空港は、搭乗手続きの自動化によって「手続き時間・待ち時間を短縮する『ファストトラベル』を推進しており、今後もお客様の待ち時間の短縮を図ってまいります」としています。 

 

国内線では、羽田空港でJALとANAが自動手荷物預け機をすでに導入していますが国際線ではまだまだですね。

 

搭乗手続き(チェックイン)の自動化に続き、手荷物預けについても自動化を目指しているようです。

 

そういえば、新型のリモワのスーツケースにはスーツケースの一部に電子的な荷物タグを表示させる電子タグモデルが登場しました。

 

これなどは、自動手荷物預けとは直接関係はしませんが、職員ではなく自分でタグをつけるという部分で搭乗手続きの自動化につながっているのだろうなと思いました。

 

ちなみに、この電子タグ付きモデルですが、タグなしに比べて1万円ほどの料金差だそうです。

 

リモワのスーツケースを購入するときにちょっと迷ってのですが、まだこの電子タグを使うことができるのがルフトハンザとエバー航空だけという事もあって今回は見送りました。

 

新しいシステムって普及するかどうかわからない部分がありますからね。

 

私はまだ自動手荷物預け機を使ったことはありませんが、使った方はいらっしゃいますか?

(おやぢでも問題なく操作できますかね?)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

特に多客期になると空港で頻繁に流れるアナウンス。
「席をゆずってくだいさい」(笑)
なんでそんなことになるのかを解説した記事がありました。

空港で流れる「席を譲ってください」アナウンス、なんで足りなくなるの? 航空会社に聞いてみた

 旅行や帰省で空港に行く機会が増える時期。「席が足りなくなったので譲ってくれませんか」というアナウンスを聞いたこと、ありませんか? 座席数はコンピューターで厳密に管理されているはずなのに、なぜこんなアナウンスが流れるのでしょうか? 航空会社に聞いてみました。
なぜ席がなぜ足りなくなる?

 実は、航空会社は、定員より多めの予約を受けつけることがあります。なぜなら、予約をしてもキャンセルを申し出ないで飛行機に乗らない人がいるためです。

 事前にキャンセルをしないと、空席のまま飛ばなければいけません。それではもったいないので、過去のデータなどを元に、便によって、一定数の座席を定員より多く受けているのです。

 JALによると、万一、キャンセルが想定よりも少なかった場合、チケットの変更をお願いしているそうです。アナウンスは、その時に流れるものだったのです。

ちゃんとした制度

 チケットを譲ってくれた人には、謝礼金が支払われます。これは正式な制度として運用されています。

 「フレックストラベラー制度」という仕組みで、予約客に自主的な便の変更をお願いしています。協力してくれた人には、お礼のお金、あるいはマイルが支払われます。便によっては、タクシーなどの交通費、宿泊費が用意されることもあります。

 JALとANAの協力金・協力マイルは同じで、それぞれ現金1万円あるいは7500のマイルとなっています。次の日の便の場合は、現金2万円と15000マイルです。

それでも席が足りない場合は?

 「フレックストラベラー制度」はあくまでも「自主的な協力者」を募集するものなので、強制的に便の変更をすることはできません。JALによると、曜日や時間帯によりますが、たいてい協力者はすぐ見つかるそうで、同時に数人が協力を申し込むことも少なくないそうです。

 一方、どうしても見つからない場合は、搭乗口でのチェックインが遅かった乗客に対して「ひたすらおわびをする」そうです。その場合、すでに座っている乗客ではなく、これから乗り込む人が「おわび」の対象になるそうです。

飛ばなかったことは…

 とはいえ、JAL、ANA、ともに「座席の確保には最善の努力をする」と強調しています。

 ANAによると、「フレックストラベラー制度」を実施する前に、座席の予約状況などを見て数をコントロールしているそうです。それでも座席が足りない場合に、協力者の募集アナウンスを流しています。

 JALも「たいてい前もって座席数などを確認しておきます。席が足りなさそうなら、時間の余裕を持ってアナウンスし、協力者を募集します」と説明します。

 ちなみに、座席が足りなくて飛行機が飛ばなかったり、出発が遅延したりしたことについて両者は、「ほぼない」(JAL)、「飛行機が遅延することがないよう努力する」(ANA)としています。



有名人のコンサート会場の前に、チケットを購入できなかった人が「チケットを譲ってください」というプラカードを掲げていることはよく見かけます。
チケット争奪戦に敗れてしまったがどうしてもそのコンサートを見たいという人の最後のチャンスです。

しかし、大企業である航空会社が自分たちが運行する飛行機の座席を用意できないのは何事だ!
そんな管理もできないのかと怒る人もいるかもしれませんが、これは仕方のないことなのですね。

航空券は割引運賃などは事前に予約を行った便から変更を行うことは原則行えないことが多いですが、正規運賃だったり法人向けの航空券の場合は変更が自由だったりするものがあります。

そうすると、出発1時間前には満席だった便が出発の15分前には結構の空席が出る。
となることがあります。
そのまま空席で飛ばすのはもったいないので空いた席はキャンセル待ちのお客さんで埋める作業をしたりします。

一方、キャンセル待ちをかけてもすべての座席が埋まらない可能もあります。
ならば、いっそのことキャンセル待ちを最小限にするために、定員より多くの予約を受け付けよう。
という事で予約システムは本来の定員より多めの予約を受け付けるようになっています。
(ちなみに、定員を超える予約数は、過去の実績や各種パラメータ値から算出するアルゴリズムがあるようですが、私にはちんぷんかんぷんです。笑)

ところが、確率というのはあくまで確率であって現実にはそううまくいかないこともあります。
予想よりキャンセル数が多くなかった場合、物理的に着席できる人より多い予約を受け付けてしまったわけですから、当然乗ることのできない人が出てくる…。

すると、空港内で絶叫大会のように「席を譲ってください」のアナウンスが流れることになるわけです。

お盆や年末年始、GW期間中の超多忙期にそのようなアナウンスが多いような気がします。

ちなみに、ANAはフレックストラベラーに応募しても構わないという意思表示をネットで事前登録することができます。
これに登録しておくと、万が一席が足りなくなった時に声がかかることがあるものです。
(強制ではなくあくまで自主的な協力なので都合が悪ければ断っても良いそうです)


もっとも、まだ一回も声をかけられたことはありませんが…笑

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ANAスティックメモ(付箋)
価格:216円(税込、送料別) (2017/2/18時点)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。