あやあやのふらふら旅行記

つれづれなるままに旅行体験記を書いていこうと思います。

ご訪問ありがとう御座います。m(_ _ )m


ダジャレおやじギャグ旅行をこよなく愛すあやあやが、夫婦で訪れた各国、各地の旅行記を中心にアップしていきます。また、旅行に関する時事情報も随時アップしていきたいと思います。


アメンバーは交流のある方に限定しています。

まずは、読者登録からお願いいたします。


記事へのリンクは原則的に自由です。事前のご連絡は必要ありません。


写真や記事内容についての引用は、非商用目的に限り、ブログ名あやあやのふらふら旅行記)と元記事へのリンク(http://ameblo.jp/ayaaya-hg/ xxxxxxxxxx.html )を併記していただければ、特に事前のご連絡は必要ありません。


テーマ:

知らない間にクレジットカードの情報がスキミングされて偽造カードが作られていた!

今後はそのような心配が少なくなるかもしれません。

 

世界初! 三井住友カードが「ロック機能の付いたクレジットカード」を年内に展開

 

三井住友カードと米Dynamicsは、世界で初めての「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本市場で展開すると発表した。

 両社は、米ラスベガスで開催中の世界最大規模のエレクトロニクスショー「CES 2018」の会場で発表を行い、Dynamicsの「Wallet Card」を基盤技術として活用して発行する新型カードを「世界で最もセキュリティが高い決済カード」と紹介した。

 新型カードには、LEDランプや液晶画面、番号を入力するタッチ式ボタンが備わっており、カードを利用する都度、カード上のタッチ式ボタンでユーザー自身が設定したパスワードを入力して起動する。

 起動すると、液晶にカード番号が表示され、表示中のみ、磁気ストライプ・ICチップの機能がアクティベートされ、通常のクレジットカードと同様に利用できる。カード利用後は、液晶のカード番号が非表示となり、磁気ストライプ、ICチップの機能が停止し、パスワードを知らない第三者の不正利用などは不可能になる。

 カードをアクティベートするためのパスワードは、カード受け取り後、本人が設定する。利用可能店舗は既存のVisa加盟店。店頭決済はもちろん、インターネット通販などでも利用できる。

 

 

三井住友カードはこのような先進的な機能に意欲的ですよね。

 

この小さく薄いカードによくこれだけの機能を詰め込んだものです。

 

通常はカード番号の一部が非表示となり、ストラップ情報、ICカード情報は使えない状態になっているそうです。

しかし、ボタンを押して起動させた後、暗証番号を入力するとカード番号が液晶に表示されてストラップ情報やIC情報にアクセスすることができるようになるそうです。

 

ちなみに、このカードは従来の加盟店端末等で使用することができるとのことですので、大きさや薄さは現在のクレジットカードとほとんど同じと推測できます。

 

内蔵バッテリーの充電など気になることはありますが、今後はこのようなカードが一般的になるかもしれませんね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

Suicaなどの交通系ICカードは便利ですよね。

改札などにかざすだけで決済が終了してしまいます。

そしてコンビニなどでもピッとかざすだけで精算が済んでしまう。

 

でも、その便利さゆえに、残高がいくら残っているのかを目視で確認することができないのが唯一の欠点でしょうか。

 

実はAndroidスマホのユーザーならば、簡単に確認を行うことのできるアプリがあります。

 

ICカードをお持ちのAndroidユーザーなら「残高確認アプリ」が便利 対応機種と使用例もご紹介

 

 

今や定番となっている支払い方法の1つが、電子マネーですね。
電子マネーの1つにICカードがあります。
とても便利なICカードですが、手軽に残高を確認できないことに不便さを感じている人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなICカードの残高をスマホで簡単に確認できるアプリや対応機種、使用例をご紹介します。
もちろん無料ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ICカードの種類

ICカードには交通系と商業系の2種類があります。

■交通系のICカード
● Suica(スイカ)
● PASMO(パスモ)
● ICOCA(イコカ)
● PiTaPa(ピタパ) など

■商業系のICカード
● nanaco(ナナコ)
● WAON(ワオン)
● Edy(エディ) など

また、ICカードの中には前払いタイプと後払いタイプの2種類があります。
前払いタイプは残高が不足していると使えないため、使う前には残高を確認しなければいけません。
ですが、専用の機械にかざさなければ残高を確認できないケースがほとんどです。
そんなときにオススメなのが、今回ご紹介するスマホアプリ!
自宅でICカードの残高を確認できます。

 

残高を確認できるAndroidアプリ

数あるアプリの中でも、評価の高いアプリがこの2つ。

■全国のICカードこれひとつ

 

■マルチ残高リーダFree 

 

いずれも、スマホがNFCに対応していれば無料で使えます。

使い方は簡単で、

1. アプリを起動
2. NFCをONにする
3. ICカードをスマホの裏面にかざす

の3ステップのみ!(NFCをONにしてからアプリを起動してもOKです)
スマホには、Wi-FiやマナーモードのON/OFFを切り替えるメニューがありますよね。
そのメニューの中に「NFCのON/OFF」を選べる部分があれば、あなたのスマホはNFCに対応しています。
対応しているかどうかよく分からない方は、以下のページをご覧ください。

■各キャリアNFC対応機種一覧

●DoCoMo
●SoftBank 
●au

 

iPhoneはNFCに非対応

実は、無料アプリでICカードの残高を確認できるのはAndroid端末だけです。

iPhoneは端末自体がNFCに対応していないため、ICカードの残高を確認するには

● NFCリーダー

● 電子マネーの残高を確認できるパスケースやiPhoneケース

などを購入しなければいけません。
もしくは、モバイルSuicaなどのネット上で残高を確認できるサービスもあります。
対応しているICカードを持っている方は、ぜひ利用してみてください。

 
改札口を通るときに緊張しない

前日にICカードの残高を自宅で確認できれば、当日の行動がスムーズになります。
例えば、明日は電車で出かけようと考えているときは便利ですね。
前日に自宅でICカードの残高を確認しておけば、駅に行かなくてもチャージが必要かどうか確認できます。
これでもう、改札口を通るときにドキドキすることはありません。

 

子供も恥ずかしい思いをしなくて済む

小学生以下のお子さんにおつかいを頼むときは、あまり現金を多く持たせたくないと考える親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
私も以前、小学生の息子にナナコカードを持たせておつかいに行かせた事があります。
息子は「ナナコカードの残高が足りなくて恥ずかしかった!」と、プンプン怒って帰ってきました。
ICカードの残高さえ自宅で確認できれば、このような悲しい事件も起こらないでしょう。

 
便利な機能はどんどん使おう

スマホはどんどん高機能になっています。
無料で使えるのに、使い方を知らないせいで使いこなせていない機能もたくさんあるのでは?
ICカードをお持ちのAndroidユーザーは、ぜひアプリをインストールして使ってみてくださいね。

 

これからが本題です。

 

実は、このような交通系ICカードなのですが、海外で発行されたカードの残高を調べるアプリもあるのです。

 

海外旅行の時に購入して、再訪したときにまた使おうと思って残高を記憶していても、結局残高を忘れてしまったり、他のかーぞの残高とごっちゃになったりすることはありませんか?

 

そんな時こそ、海外の交通ICカードの残高確認アプリの出番になります。

 

例えば、以下のようなアプリがあります。

ちなみに、私はサムスンのGalaxy S7 edgeで確認を行いました。

 

■ 韓国のT-money

T-money balance check

 

このアプリはインストールするだけで使用可能です。

アプリを立ち上げて、このような感じで、T-moneyカードをかざすだけで残高が表示されます。

 

■ 香港の八達通(Octpus)

Octopus Balance Reader

 

このアプリもカードをかざすだけです。

 

■ 台湾の 悠遊卡 (Easy Card)

Easy Wallet NFC

 

このアプリはちょっと特殊で、NFCの機能を使ってカード内部から情報を取得して、その情報をもとにサーバーに保存している残高を表示するようです。カード情報を取得できなかった場合は、カードのシリアル番号を入力してサーバー内に保存してある残高を表示させることもできます。

 

私の端末ではなぜかカード情報を読み取ることができなかったので、シリアル番号を入力して残高を確認しました。

 

アプリを立ち上げて、カードを読ませるもエラーが発生。

そのため「+」マークをタップして

 

Easy Card裏面右下に登録されているシリアル番号を入力します。

 

すると、サーバーに登録されている残高が表示されました。

 

この悠遊卡 (Easy Card)は、NFC機能が省略されたバージョンがiOS向けに公開されていますので、iPhoneユーザーはそのアプリを使って残高確認を行うことができます。

Easy Wallet(App Store)

 

このほかに、先日バンコクで購入したラビットカードもアプリがあったのでインストールをしてみたのですが、最初に個人情報の登録画面が出てきました。

日本の住所で登録できるかわからなかったのでそのまま放置状態です。(笑)

 

海外の交通系ICカードをお持ちで残高を忘れてしまった方は、参考にしてください。

 

 

アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly

新品価格
¥1,450から
(2018/1/13 07:13時点)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういえば、今回のバンコクを旅行していて感じたのですが、犬が完全に横たわって寝ている姿をよく見かけました。

 

 

カンボジアのアンコールワットもそうですが、このような感じで道の真ん中で完全に横たわって熟睡しています。

(一瞬、死んでいるかと思ってしまいました。(笑))

 

まあ、このような感じでうつぶせで寝ている犬もいることはいますが。

 

ちなみに、日本をはじめとするほかの国ではこんな感じで寝ています。

 

韓国

 

台湾

 

日本

 

おなかを見せて寝るというのは人間を全く警戒していないということ尚でしょうかね?

 

おまけ1

チェンマイのネコ

 

おまけ2

金沢で見かけた犬

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。