あ~どうしたものか

問題の核心は、皆、PTSD。パキシルは
「無意識に抑圧された中核トラウマと向き合う」ために飲む
http://bit.ly/trauma-juyou
「サイコドクターSの臨床理論」を理解しない限り「治らない」…
http://amba.to/1ILz1Qc


テーマ:
他所さまのブログ記事にてコメレス
http://ameblo.jp/kororin15/entry-12115115251.html#c12811516033
をいただき、再コメレスはさせて戴けないようなので記録。

コメントタイトル:
Re:Re:Re:Re:Re:Re:アスペルガー症候群は幻…益々危険な誤魔化し
コメント内容:
>ころりんさん

「相性」などという表現で誤魔化そうとする人が未だに多数派なのは、よく存じております。しかし、その誤魔化しは、放射能PTSDが蔓延する今、益々危険です。放射能恐怖トラウマも込みでトラウマ複合体が形成されているからです。「知らぬが仏」では放射能恐怖トラウマの形成は予防できないのは否定できない事実です。放射能恐怖トラウマを育てないためには、危険性を知っているからこそ「解離性不注意」に陥らず「選択的非注意」が身につけられることが最低限、必要です。選択的非注意を身につけて、困難な被曝業務を忍耐強く…すなわち、PTSDによる認知機能の歪みを起こさずに(安請け合いせず)合理的に進めなければならないからです。参考: http://ameblo.jp/yachecouni/entry-12116915384.html

「相性」などという表現で誤魔化そうとなさっては、いつまで経っても
(1)ハーマンが基礎にない心理操作がトラウマ複合体を肥え太らせてしまう点で「人道上の罪」であることが「常識」になりません。
ハーマンが基礎にない行動療法の「副作用」として(薬物摂取がなくても)実子を殺害しようとするようになる場合もありますが、誰も責任を取りません。
http://ameblo.jp/raingreen/entry-12103332194.html#c12799506711
にコメントNo.6しました。
(2)曝露療法と称してトラウマ複合体を肥え太らせて来談者が耐えきれなくなって「躁的否認」に陥り、アグレッサーになったときに「治った、治った」と言い張ることを続けてしまうと早晩、社会の内部崩壊が起きるでしょう。

できなかったコメントは以上です。

おまけ。
http://ameblo.jp/yachecouni/entry-12116915384.html
にご紹介のビデオ
http://youtu.be/KgM4_nOEqAg

34分45秒から、フランス電力が進めている作業についての問題点。
35分53秒から作業現場の下請け問題。
36分54秒から元アッセ(ドイツ)作業員の話。線量計を持たせていないのに「被曝なし」と日誌に記載していたそうです。
44分55秒から廃炉費用をフランスのアレバ社が軽く考えている件。

国際社会で
(1)「脱原発」の資金繰り
(2)「作業者の安全」
(3)「グローバルな環境アセスメント」
を進めなければ、原子力ロビーが跋扈して終わってしまうということです。


皆さまも、お大事に。


自分のブログなのに、コメレスできないので本文に書き足します。
>ままはりねこさん

まず、
アサーティブにセルフネグレクト強要をお断りする権利は誰しもが持つ人権ということを共有してください。例えばアメブロのkyupin氏は人権意識がゼロなので、この点が共有できません。

アグレッサーの定義:
アグレッサーとは、アサーティブに生きられないので、アグレッシブになる人を指します。要するに、「アグレッサーはアグレッシブになる人」。これではトートロジーですね(笑)。

具体例は、記事の「アグレッサー」をクリックしていただければ、その先でお読みになれます。アサーティブに生きられないので起きる問題について、以下に書いておきますね。
(1)セルフネグレクト強要を無自覚に受容
アサーティブにセルフネグレクト強要をお断りする権利は誰しもが持つ人権ですが、アグレッサーは、アサーティブであることができず、(特に権力者や権威者に対しては盲従する傾向があり)セルフネグレクト強要を無自覚に受容しています。
その結果…
(2)無意識に怒りを抑圧して、時々、解離言動
ラカン派の皆さまとも共有できる事実として、無意識に怒りを抑圧していると無気力になる時があります。アグレッサーは、自分にも無気力になる時があることは知っているものの、それがPTSD症状とは自覚できず「人として当然」と思っているため、例えば、権威のない誰かが一般論として「無気力は困りますよね」と言ったら、自分への当てこすりではないかと被害妄想を抱いて、突然、理不尽に食ってかかって暴言を吐いたり(←解離性暴言)します。
(3)合法的に他者を食い物にする阿漕
場合によっては心理職や精神科医になり、「スタンフォードの監獄実験」パロディの看守役を引き受けて、自分だけ助かろうとします。ヤマタノオロチに捧げる生け贄を粛々と用意するわけです。

ヤマタノオロチに捧げる生け贄を粛々と用意するのは「悪魔崇拝」の手下になることですね。悪魔崇拝については、
http://bit.ly/1Zhkj81
をご覧ください。私も
http://bit.ly/1OhoNsj
に書きました。

ヤマタノオロチに捧げる生け贄を粛々と用意するのが心理職や精神科医の社会的役割ではない筈…ということは、先ほど、
http://bit.ly/1TTVbT9
にコメントしました。

♡おまけ♡…できたコメントもあります。
http://ameblo.jp/jyagaimokororin/entry-12116635790.html#c12811741251
のコメントNo.2 です。

2. バカは風邪をひかないと言われつつ…
息子の授乳中に風邪をひいたことは一度もなかったので、預かっていた姪が「叔母ちゃんは『牛乳』が出て便利だね」と言いました。私は牛か?…と思いつつ、「牛乳は牛のオッパイ。人のオッパイは『母乳』」と教えました。私がいない時は搾乳して哺乳瓶に入れておくことにしていて、余ると夫や姪が味見をしていました。特に姪は、赤ちゃん返りをして哺乳瓶で水を飲んだり、息子が私の膝に乗ろうとすると姪が先に一人で座ってしまったりしていました。そうするうち、姪も考え直し、哺乳瓶への興味は失せ、膝は片方ずつ息子と二人で座りたい、息子がおんぶしてもらう時は、姪は抱っこしてもらいたいという要求に落ち着きました。二人合わせて35kgだったので、結構、重労働でした。www お蔭でカロリーをたくさん使って、ジムに行く暇がなくてもスリムになりました。二の腕も引き締まっています。www
あ* 2016-01-13 11:08:12

姪は、幼い頃からヤキモチなど妬かずに、自分がして欲しいことを素直に要求するタイプで、すくすく育ってくれました。どういうお子さまがヤキモチやきタイプになるかは謎です。アサーティブに生きれば、ヤキモチは不要なのに、何でしょうか?

それはさておき、ヤキモチを妬く人は性別によらず「人格」評価が下がりますね。多分、人間関係のトラブル源になるからでしょう。それなのに、ヤキモチを妬かないと「感情がない」などと誹謗される場合もあり、迷惑ですね。「人の気持ちが分からないアスペルガー症候群だ」として、美意識を伴う深い感情があるのを踏みにじってくる人が心理職やスクール・カウンセラー、教育職の多数派なので困ります。


皆さまも、お大事に。



また自分のブログ記事にもコメレスできないので、本文に書き足します。これは、頂いたコメント No.2 へのお返事です。

コメントタイトル:
Re:無題…コメントができたり、できなかったりするのは、原因が不明
コメント内容:
>ころりんさん

いらっしゃいまし。ころりんさんを非難しているのではありません。

コメントができたり、できなかったりするのは、原因が不明です。
自分の記事にコメントを戴いても、コメレスができない現象が時々おきますので、できない場合は、この記事同様、本文に書いています。

他所さまへのコメント
http://bit.ly/1PqTtoF
に書いたように、一度、コメントできないで消えたものが、しばらくした後で蘇ったりするので、益々、何がどうなっているのか不明なのが現状です。
http://bit.ly/1Q4wJ2i

蘇ったコメントは
http://ameblo.jp/raingreen/entry-12116978154.html#c12811809621
で、そのあと、コメレス
http://ameblo.jp/raingreen/entry-12116978154.html#c12811819785
をいただきました。

わざわざ、お運びいただき、コメントありがとうございました。

できなかったコメントは以上です。


皆さまも、お大事に。


AD
コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。