ハナウタノオト

日々の音を紡ぐよに

NEW !
テーマ:

「九十歳。何がめでたい」 佐藤愛子
 (小学館) P 223


「九十といえば卒寿、おめでとうございます」
と云われれば「卒寿?ナニがめでてぇ!」と憤怒する
愛子先生による、愛ある怒りの金言が満載。


みんなが評論家のような現代の、
繊細で炎上しやすい日本を嘆き、
昔入られたドロボーに懐かしみを覚え、
遠藤周作さんの学生時代の話で笑わせてくれる。


25歳で小説家になり、67年作家として頑張ってきた先生が放つ
「人間はのんびりしようなんて考えはダメだということが、
九十を過ぎてよくわかりました」。


明日のことも分からない人生。
怠けず、怖がらず、今日を生きよう。


___________________________________________________________


愛子先生が直木賞受賞会見の帰り、
編集さんと帰り道にまんまるい月を見上げ、
ちょうどその時月を目指していたアポロ11号に思いを馳せた話。


ある雑誌のインタビューで記者さんが、調べてみると
その日は満月ではなく夕月だったと告げる。
きっとこの日の記憶は、愛子先生にとって大変な日々の中で
やっと少しの未来の光と感慨を月に重ね、
共にがんばった編集さんと見上げた素敵な思い出なんだろう。


それに対してこんな無粋なことをする
想像力の乏しい記者さんがいたことが悲しかった。


___________________________________________________________


P21_
「文明の進歩」は我々の暮らしを豊かにしたかもしれないが、
それと引き替えにかつて我々の中にあった謙虚さや
感謝や我慢などの精神力を摩滅させて行く。


もっと便利に、もっと早く、もっと長く、もっときれいに、
もっとおいしいものを、もっともっともっと……。
もう「進歩」はこのへんでいい。
更に文明を進歩させる必要はない。進歩が必要だとしたら、
それは人間の精神力である。私はそう思う。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。