真央選手の挑戦は凄いことです。

テーマ:

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

 

 

浅田真央選手の新プロは、SPもフリーも同じ曲『リチュアルダンス」です。

 

SPはピアノバージョンで、黒のイメージ

FSは、オーケストラバージョンで、赤のイメージ フラメンコもあるそうです。

 

 

今迄、同じ曲をSPとフリーで使うということは、やってはいけない決まりはありませんでしたが、余程の表現力に自信がないと、同じに見える危険があるので、今まで、多くの選手達ができなかったのでしょう。

 

真央さんは、ジャンプが主に凄いと語られてきました。

主にマスコミが3Aを中心に伝えたのですが、現役では、真央さんとロシアのトゥクタミシェワ選手しか試合では跳んでいません。(トゥクタミシェワちゃんは、新プロでも3Aを入れるのかどうか?挑戦し続けてくれるのかどうか)

それだけ、跳んで成功させるには、難しいジャンプです。

難しいジャンプに挑んで、転倒すること、・・・それは、スポーツとしての挑戦の結果です。成功したときには、大きな成果があります。

 

スポーツは挑み続けて、高みに挑戦することですが、現状は、出来映え点で完成度が高い演技をした方が点が出る傾向ならば、あえて、難しいジャンプに挑戦する選手達は減っていきます。特にシングル女子がそうですね。

 

スポーツの醍醐味はなくなってきそうな・・・・

 

 

 

 

真央さんは、3A含むジャンプだけでなく、表現力にも優れていました・・・

この表現力の評価は、今迄低かったような・・・・

 

バンクーバー五輪での「鐘」は、3A2回も凄いですが、この難度の高い曲の世界観を巧みに表現したことは、素晴らしいことです。

 

 

コミカルな曲、 重厚な曲、 希望を込めた曲、 など、いろいろな曲の世界を巧みに身体全体を使って、表現してきました。

 

フィギュアスケートは、技の難度、曲の世界観を表現する・・・・技と美の融合で、真央さんは、まさしく両方が優れた選手です。

 

 

ローリー・ニコルさんが、渾身の力を込めて振付けしてくれた新プロは、真央さんならば、同じ曲を使っても、伴奏、 解釈の違いでの曲の世界観を上手く表現してくれると思ってのことでしょう。

 

まさしく、真央さんでしかできないことでしょう。

 

ゆかりん(中野友加里さん)が語った「浅田真央選手が浅田真央を超える」が、まさしくそうです!

 

ローリーさんが、五輪シーズンに使いたかった・・・と思えたほどの新プロ、お披露目が楽しみです。

 

 

 

 

あと、素敵衣装も期待しています。

SPは、ストナの黒鳥のイメージでしょうか?

悪のミステリアスな真央さんは、今迄演じたことはなかったので、見るのが楽しみ!

 

フリーは、一転して、赤い情熱のイメージ フラメンコの部分もあるそうです。

 

演じ分けが見られるのですから!

 

 

 

真央さん関連のテレビ番組情報もお伝えします!

 

 

7月1日(金) 中京テレビ 19:00~19:56 「PS純金」

 

http://www.ctv.co.jp/psgold/


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD