2010-02-06 21:00:00

[報告] 『クーリエ・ジャポン レビューコンテスト 第5回』でヨーロッパデスク賞を受賞!

テーマ:その他雑記
R+(レビュープラス)様が主催する「クーリエ・ジャポン レビューコンテスト」。
これまで第一回目からすべて参加させていただき、他のレビュアーの方の記事から刺激や学びを得させていただいてきた。

そんな中、2010年1月号を対象に実施された第4回のコンテストでは、念願叶って副編集長賞をいただくことができたのは無上の喜び。
※参考: 『クーリエ・ジャポン レビューコンテスト 第4回』で副編集長賞を受賞!

これでもう、思い残すことはない…

じゃなくて、これからも受賞できたことを励みにより一層精進していこうと思って2010年をスタートした。


ところが、昨日、家のPCの前でダラダラとネットサーフィンをしているうちに1通のメールが届いていた。

『クーリエ・ジャポン レビューコンテスト 第5回』入賞のご連絡


ん!?

あれっ???

まじで!!!???


正直、R+(レビュープラス)様が、前回のメールを間違えて再送信したんじゃなかろうかと思って、何度か文面見直してしまった…(笑)


いただいた選評がこちら。
───────────────────────────────────
【エントリータイトル】[雑誌] COURRiER Japon 2010年2月号
【URL】http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10437120599.html
【選評】 特集の意図を簡潔かつ的確に表現した、読みやすいレビュー。
───────────────────────────────────

おお! 望外の評価をいただけて素直に嬉しい。

しかも、ということは入賞者特典として、第6回の対象となる2010年3月号も献本いただけるということに…
次回が最後となるコンテストも、またこれまで以上に気合を入れて、受賞したことに恥じないエントリーを書かなきゃ。


審査していただいた古賀編集長をはじめとするクーリエ・ジャポン編集部のみなさま、これからも頑張ります!
どうもありがとうございました!!


追伸:

今回も編集部訪問イベントが2月9日に予定されているのだが、僕は受賞させていただいたにも拘わらず、その日は参加できない。。。
R+コンテスト事務局様、クーリエ・ジャポン編集部様のご厚意にお応えできず申し訳ない気持ち。


追伸2:

受賞者に贈られるはずのデジタルトロフィーが、まだいただけていないので、そちらについてはいただけ次第お見せしたい。
ちなみに、いただけたのは「ヨーロッパデスク賞」という、コンテストの説明ページには説明のない賞なので、前回以上に妄想記事っぽくて不安(笑)


【関連リンク】

R+(レビュープラス)コンテスト


【過去のコンテストへのエントリー記事】

[雑誌] COURRiER Japon 2009年10月号

[雑誌] COURRiER Japon 2009年11月号

[雑誌] COURRiER Japon 2009年12月号

[雑誌] COURRiER Japon 2010年1月号
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Taka@中小企業診断士(業務休止中)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:おめでとうございます!

>onolinaさん

1回目参加者からその後の受賞者が出ているなんて不思議な感じですよね。
今回で最後のコンテストになってしまいますが、またの機会を楽しみにしています。

5 ■おめでとうございます!

Takaさん
ご無沙汰してます。お元気ですか?
この度はおめでとうございます。
そして、ブログへのコメントもありがとうございました。(気づくのが遅れてしまって、スミマセン!)

訪問イベント、お会いできず残念でした!
そうそう、1回目の方2名と再会できて楽しかったですよー。またの機会にぜひ☆
というか、明日〆切ですね。またギリギリになりそうです。汗

4 ■Re:おめでとうございます!!

>コトバ屋@えちごゆうさん

ありがとうございます!
ちょっと出来過ぎな結果だという感じもしますが、受賞できて嬉しいです。

ゆうさんからのお言葉も嬉しい限りです。
自分の中では軸がぶれている感じが気になっているので、まだまだ精進していきます!
これからも、よろしくお願いしますね。

3 ■おめでとうございます!!

1月度:本魂!書評記事コンテストも
併せておめでとうございます。

当然だとおもいまーす。
今後、どんどんご活躍される
フィールドもひろ~くなられること、期待しております。
いつも、書評は本当に、ためになって、
引き続き、お財布とにらめっこするのが
一番高いのが、Takaさんの記事です。

何気に、どんどん暴露も飛びだしておりますよね。読ませて頂いてます。
Takaさんの記事を読むと、なんだか、賢くなっていく感じが私には、たまりません。知がちょっとは私でも、身についているような感覚です。

2 ■Re:おめでとうございます

>水野@教育アーティストさん

ありがとうございます!
こうしたコメントを寄せていただけたことも嬉しいですが、
「Takaさんの書評が好きなファンとして」
という箇所を目で何度も読み返してしまいました。
嬉しいお言葉、ありがとうございます!

水野さんもブログ復活(?)ということで、これからまたよろしくお願いいたします。

1 ■おめでとうございます

入賞、おめでとうございます。

次から次へと雑誌が出てくる中にあって、クーリエ・ジャポンは他誌とは一線を画した味わいのある媒体だと思っています。

そんなクーリエ・ジャポンでのレビューの入賞、Takaさんの書評が好きなファンとして、自分のことみたいに嬉しいです。

これからも、ステキなレビューを書いてくださいね。楽しみにしています。

コメント投稿

AD




Related Posts with Thumbnails
ブログパーツ
[katyos.Lab]


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。