Axetakaのスキー&釣り日記

Axetakaがこよなく愛するスキーや釣りなどの体験談や考えていることをたまに更新していきます。


テーマ:

6日と13日にまたまた愛南町の由良半島から船で出撃


6日は西○さんとイノッチと3人での釣行となった。


潮は中潮だった。


最初は灯台を攻めるもだめ。


次は小猿手前の沈根周りを攻めるも全然だめだった。


その後、小猿沖で攻めてみた。この日は潮が速く、瀬に当たって波がデカい。

その手前までが勝負だった。

その手前で西○さんのYNジグに何かヒット!

竿がひん曲がっているし、ドラグが出るので大型魚だと分かった。

しかし、どんどん波の高い瀬に向かって引っ張られてしまう。

このままでは根ズレが怖いので、エンジンスタートして深場に引っ張って勝負することにした。

結果、取り込んだのはジャスト80㎝のブリだった。



しかし、西○さんはあまり喜ばなかった。

狙いのカンパチじゃなかったし、この時期のブリは糸状虫がいるからね。

キンキンに冷やして、取ってから刺身にしたら問題ないんだけど。グロいから、見てしまったら食べれない人もいるかな?俺は平気だけど。


糸状虫は低温に弱いので、出来る限り活動を止めるために、内臓処理したあと、キンキンに冷やして持って帰った方がいい。そうするとそれ以上はブリの体を食い破ることはないからね。


その後は、西○さんが移動したがったので、大猿沖に移動

ここで、俺に67㎝のハマチがヒット

最近90㎝オーバーをたびたび釣っていたので、楽勝で取り込みできた。

小さいけどお腹パンパンだった。



さて、その後、事件があった。

根掛りした西○さんが竿をしゃくると竿が3分割に折れてしまった。

びっくしりた。竿が根元から折れるとはちょっと不良品か?

クレーム対応してくれるかな?


さて、最後に再び小猿手前の沈根を攻めたが、イノッチが1m超の大型シーラを2回掛けるも痛恨のバラし。

1回目はなんとリーダ直結部が抜けるという失態を犯してしまった。

豪快なジャンプでも口に大きなジグがささったままだったんだけどショック!

イノッチもこの日は調子悪かったな。大型シーラを取りこんでほしかったよ。


さて、この日はたったこれだけ。

3人でこんだけの貧果は久しぶりじゃないかな?

青物狙いはスカだったね。


しかし、この日、小猿沖の沈根周辺の錨泊で挑戦するヒントを得た。

おじさんたちがいっぱい魚を釣っていたからだ。


次回13日は錨泊してグレ、イサキ、ウマズラ、ウスバハギを狙うぞ。


さて、次の週の13日に今度は嫁とテクリョウと由良半島から出撃

本日は若潮とあまり良い条件ではなかったし、前回の釣行から錨泊で魚を寄せて釣ろうと考えていたので、潮も悪いからジャミで集魚して狙うことにした。

さらに、次の日は親父の喜寿のお祝いだったから、いっぱい魚を持って帰る必要があったしね。


この日は9時半が干潮で、16時半が満潮と潮の干満が遅いので、9時半までが勝負とみて、灯台を攻めずにいきなり小猿手前の沈根に直行した。


前回GPS登録したポイントに到着し、10㌔アンカーを落として、勝負することにした。

で、いきなり俺にいい当たりが来た。レーダーにも大きな魚影が映った瞬間だった。竿がBJ66HBのタイラバ用だったので、結構引いてたのしかった。取り込んだのは60㎝もあるマサバだった。やった!俺サバの刺身大好きなんだよね。これだけ大きなサバの刺身は絶品だから。アニサキスが怖いけど、なかなかこれだけの大サバにはお眼にかかれないんだ。

飼料となる小サバの取り過ぎで昔のように大きなサバが少なくなったよな。


しかし、この後が続かない。単発だったようだ。しかも、だんだんGPSが沈根のドクロマークに近づいていることを示していた。

錨が効いていない。走錨しているようだ。

仕方なく錨を入れ直し、今度は沈根の南側に錨泊するもなかなか錨がきかない。根が荒いのにおかしいと思って、再度上げてみると、錨の根掛り防止のナイロンが切れたままだった。これでは、錨が頭から引っ張られるので効くわけないよ。

もう9時前なのに時間を浪費してしまった。次の錨投入が最後のチャンスだと考え、35mの水深のところでいい反応があったので、錨投入!こんどはちゃんと効いてくれた。ここで、しっかりマキエを行った。そしたら、嫁がたびたび大型のマルハギをゲットし、やっと船上が活気付いた。

ここからは、マキエが効いて入れ食いモード突入

大型のハギ、ウマズラと連れ続けた。テクリョウは竿が柔らかいので全然釣れず、40㎝もあるホゴ(カサゴ)を釣っただけだった。


この間、俺のリョウガが何故か巻けなくなってぶっ壊れてしまった。買ったばっかりなのに、クレーム対応してもらわんと(`Δ´)

すでに、もう1つのリョウガは修理中なので、ジギング用のリールがなくなってしまった。

しかも、なんかヒットしているのに巻けないし、35mの深さから指でスプールを動かして、まきまきするしかない(ノω・、)

まいった。途中から、リョウガはスプールが外せるので、外して巻けたので、なんとか10分ほどで巻ききれた。上げた仕掛けにはマルハギが掛っていたけどヽ(゚◇゚ )ノ


その後は仕方ないので、タイラバ用のリョウガをBJ64B-4に付け替えて釣行を続けた。


さて、その間、底付近で狙っていた嫁に当たりがなくなったので、魚が上ずってきたとよんで、底から8mから15mを攻めた。


そしたら、そこからはウマズラ、グレが釣れ続けた。テクリョウは相変わらず釣れなかったけど..........


嫁が60㎝オーバーのウスバハギを釣って、少し当たりが遠のいた。潮どまりかな?

その後、1回嫁に青物らしき強烈な当たりがあったけど、またまた竿を立てることができず終了してしまった。カワハギ専用竿では、まず、大型の青物は獲れないな。立てたら竿が折れてしまう。


その後は、予定どおりジギングに移行して、小猿、大猿、沖磯を攻めるもまったく当たりなし。もう、潮が止まっているしな。


最後に、角島沖に移動し、アヤメカサゴをゴングすることにした。

で、ベイトはいっぱいいるのに、嫁とテクリョウが大きなアヤメを釣ってから当たりがない。ジギングにも反応なし。周りのジギング船2隻も釣れてないようだ。


で、ウスバが見えたので、ここで再び錨泊して攻めてみた。

これが大当たりで、ウスバを嫁が2匹ゲット!1匹は70㎝を超える大型だった。まだまだ、数匹のウスバが浮いてきているので、俺も引掛けバリを付けて投入、さらにそれをカゴフカセ状態にして、ジャミをカゴに詰めて、ゆっくり沈めていった。そしたら、しかけが途中で止まるので、そのタイミングで空合わせをするとバンバン大型のウスバハギが引掛けバリや仕掛けに掛った。やった新しい釣り方を見つけたぞ。これなら、フカセ状態で潮に乗せて仕掛けを流せるし、当たりが取りずらいハギ類でも仕掛けが止まったときに合わせることで、比較的簡単に釣る(又は引掛ける)ことができる。しかも、錘負荷がないので、合わせやすい。

これなら、長めのエダスの胴付きにして、ひっかけバリを付けて一緒に流したら、イサキ、ウマズラ、ウスバハギ、グレなんかにも有効な方法となるはずだ。

イサキやグレは餌の針に食いつかせ、ハギ類は引掛けバリなどに掛けていく方法がよさそう。


さて、その後、嫁と俺と合わせて7匹のウスバを取りこんだ。この倍は取り逃がしたが、ウスバは獲る確率がそう高くないので、まず、たくさん釣るチャンスをつくらんと始まらないからね。


もう、釣り過ぎでクーラーに入らなくなったので、ここで納竿


入らなくなった、グレ、ウスバハギは、ほぼボーズマンのテクリョウに献上することに。テクリョウも万能の硬めのジギングロッドを購入しとくと、こういうハギ狙いの時も使えるのにな。


久しぶりにブリなどがいなくてもクーラーが満タンになって、親父の喜寿のお土産になってよかったよかった。


特に、グレ、ウスバハギ、サバの刺身は絶品だからな~o(^▽^)o


俺の釣果 

マサバ60㎝、ウスバハギ4匹、グレ3匹(40㎝超)、ウマズラ・マルハギいっぱい

嫁の釣果

ウスバハギ4匹(最大72㎝)、グレ1匹(40㎝超)、アヤメカサゴ、ウマズラ・マルハギいっぱい


テクリョウの釣果

ホゴ(カサゴ)40㎝×1、アヤメカサゴ1匹 貧果やの~∑(゚Д゚)


さて、我が家の釣果は下記のとおり

テクリョウに配る前はもっといたよ。これでも鍋に入りきらない。


重なってわかり辛いけど、ウスバは7匹、グレ3匹いるよ。


次回は26日に出撃!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。