ブログ移転しました。

テーマ:
急ですがブログ移転します。
新しいブログはこちらです


AD
ブラジル対ドイツ戦とは一転、今朝のアルゼンチン対オランダ戦は決め手に欠いた結果。PK戦となりました。Pk巧者の揃う南米のチームが順当に買った感じですね。Pk用キーパー?そもそも単純に上背があるだけで専門でもないし、コスタリカ戦はあのハッタリで何とかなったけど二度目だと効果が無いのは明らか。ファンハールも頭になかったでしょう。だから、PKになると不利になるのはむしろオランダなのでフンテラールを投入したのだと思います。

さて、それじゃあ準決勝の4チームを振り返りますか。
オランダ
初戦のスペインでの圧勝劇がどうしても大きなインパクトを残してしまったので物凄いという印象を残していましたが、それ以降の試合はむしろ苦戦の傾向にありました。スペインを倒すためのサッカーはしましたが、それがその後もファーストチョイスだったことから戦術面では選択肢が少なかったかもしれません。ファンハールマジックはあったと思いますが、それは試合を読んでいれば当然出すべきカードを出しただけの話。まあコスタリカ戦のあのGK交代はここぞという時の為のカードでした。一方でチームはというと、前線にロッベン、ファンペルシー、スナイデルとこの三人が健在で実際スペイン戦ではこの三人を中心にスペインのパスを早いうちにカットし、ショートカウンターが嵌っていました。結果あの点差につながり、次の時代のサッカーが見えたようにも思えます。けど実際のところは攻めをこの三人に任せてディフェンスラインを厚くしたことで攻撃のバリエーションが制限されていたのも事実です。実際アルゼンチン戦ではそこを全て遮断されたことで、特に後半はチャンスらしいチャンスがありませんでした。ファンハールが描けた魔法も準決勝で切れた感じです。

ブラジル
魔法が解けたという意味ではこのチームが一番合っています。ネイマールとチアゴシウバの不在がここまで大きく響くとは思いませんでした。この二人の替えがいなかったことが一番の原因ですが、もっと輪をかけるのであればドイツ戦まで一線級の強豪と全く当たっていないんですよね。クロアチア、メキシコ、カメルーン、チリ、コロンビア。勢いのあるチームはありましたが芯から一線級のドイツやフランス、ポルトガルのようなチームと当たらなかったので本当の実力が測れなかったというのが猶更希望屋奇跡という言葉を信じる原因となったのだと思います。確かにコロンビアのような勢いのあるチームも十分強いとは思いますけどね。もしかするとあっさりと弱体化するかもしれませんが・・・。ミネイロの惨劇を迎え、更にはライバルアルゼンチンに決勝まで行かれるというブラジル国民としては最大級の屈辱。これでアルゼンチンが優勝トロフィーを掲げるようなものならば国民は発狂すると思います。唯一の救いは南米勢同士で三決で勝つというシナリオだったと思いますが・・・。

アルゼンチン
まだ魔法がかかっているという意味ではアルゼンチンも一緒かなと思います。オランダ戦まで一線級との試合は無し。メッシ中心のチームというのが未だに払拭できずにいます。それでもディマリアがいた分だいぶバリエーションがありましたが今日の試合でもメッシ以外の選手のペナルティエリア内でのパフォーマンスはお世辞にも良い物ではありませんでした。メッシ、イグアイン、アグエロ、ディマリアがどこまで調子を整えるのかが決勝戦でも注目点だと思います。幸いディフェンス陣は安定していますがドイツの多彩な攻撃にどこまで耐えられるか。

ドイツ
一方でグループリーグから一線級の国と戦ってきたのがドイツ。初戦のポルトガル、フランスと実力のあるチームと戦い初期から立ち位置を確保してきました。フンメルスが離脱する可能性がありますがそれでもタレントは十分にそろっており、下馬評的にもドイツ有利なのではというのが全体的な見解だと思います。欠点らしい欠点も見られませんが、あえて挙げるのであればユーロでやられたように一人の選手にすべて持って行かれること。前回のユーロに関してはバロテッリのパフォーマンスに完膚なきまでに叩きのめされていました。それを考えるとやはりメッシに仕事をさせないことが重要になると思います。ドイツ自身は元々魔法にはかかっていないと思います。

決勝戦について
恐らくドイツ有利かと思います。
アルゼンチンはやはりメッシがどこまで輝くことができるか。今シーズンだけ見るととてもいいパフォーマンスをしていたわけではないんで、そろそろボロが出るような気もします。それ以上に恐らく中盤でのメッシへのボールの供給源をドイツは徹底的に潰してくると思います。逆に言うとドイツの攻撃の起点はそこからになります。供給源でボールを奪われるようなことが続けばアルゼンチンもブラジルの二の舞になると思います。

今大会パスサッカーの時代に終止符を打つべく堅守速攻のサッカーが台頭しましたが、自分の予想ではそのサッカーも今大会限り。次に向けては恐らくショートカウンター主体のチームが台頭すると思います。サプライズを起こしてきた国々の多くがディフェンスラインに数を割き、徹底的に守備をしてカウンターですがこのチーム同士がぶつかると決定機が減り、延長、Pkまでもつれ込むことが多々ありました。これに対してはショートボール、ロングボールを多用した展開の切り替えを早くすること。特に引いたペナルティエリアでどれだけ早くシュートに持ち込めるかが勝負になると思います。ドイツは其れをブラジル戦で実践しました。恐らくレーヴもそこまで読んでいるように思えます。
残るところあと二試合、僕的にはそろそろドイツがまた王者になるのが見てみたいです。

AD

日本代表総括

テーマ:
本当はもうちょっと楽しめたんじゃないかなと思う代表総括です。
良かった点悪かった点をまとめて行きたいと思います。

というか良い点なんて今となってはワールドカップ本選に出れたことくらいでしょう。それくらいいいところが無さすぎた。本田や岡崎が頑張ったけどそれは彼らが最低限の仕事をしただけ。選手全体に及んでも多分皆が求めていたものにはかけ離れた出来の悪い仕事しかしていません。

問題点
①攻撃時の創造性の欠如~フィニッシュの頼りなさ
正直次のラウンドに進めなかったのはこれに限ると思います。コートジボワール戦の先制後の攻めで決めきれなかったこと、ギリシャ戦やコロンビア戦でも宇宙開発かますなど、正直決めてもらわないと困るところで決めれなかったこと。そしてギリシャ戦のようにクロス一本で工夫のかけらもなかったこと。あれだけタレントを擁していた割にはショボイ性能だったなというのが本音。ロンドン五輪の時、どこかの国が「日本はまるでプレイステーションだ」と称賛?していましたが、裏を返せば知らないところでソニータイムがあって役に立たなくなり、未だに2にも3にもなってないけど大衆には評価されているゲーム機だということでしょうね。正直皮肉でしかありません。まあ今大会の日本代表に限っては同じことを繰り返してばかりのファミコンレベルだったと思います。有野課長的に言えば「パターン入った(笑)」「これは晩御飯までに帰れるな(笑)」のような感覚だったと思います。

②まったく改善されていなかったディフェンス
去年のコンフェデでもマークのずれからことごとく失点していました。いや、マークにはついているけど一瞬の駆け引きで全部負けているという方が正しいかな。今回の全失点においては全て一瞬の駆け引きで負けていました。仕方ないじゃなくて。結局今野にせよ吉田にせよそこで全部負けたらからこういう結果をもたらしているのです。長友や内田のフォローもなかった。この二人に関しては前線に参加した時のアイデアも足りなかったと思います。

③監督
ザックに関してはまあ全試合通してパワープレイをしただの選手枠を使い切ってないだの言われていますが、パワープレイをしてはいけないなんて言う縛り采配をする必要性はないし、選手枠を使い切らなければならないという義務もない。パワープレイに関しては接戦の中で得点をするための現状打開の方法としての最終手段として用いるのはごく当然。しいて言うならばそう言ったものに頼る前に勝負をつけたかったから背の高い選手を用いなかった。よしんば用いても過去の流れを見たらパスを出す側が背の高い選手の使い方を知らないというのが本音だったと思います。決してルール違反でも約束違反でもなんでもないです。そこを批判するのは筋違い。監督の采配としては可もなく不可もなくだったかなと思います。正直一戦目二戦目でパワープレイをしたときに批判した人間は本当にサッカーをやってたんか?と疑いたくなります。

④メンタル面での脆さ
一番分かり易い点を言えばコートジボワール戦のドログバ投入ですね。一気にヒーローが現れて慌てふためくチンピラの様でした。というかそう思わせたからコートジボワール逆転できたのだと思います。逆にぶれずにマークをつけていればそうはならなかったと思います。どうせどっかで投入されるんだからと予想できたはず何でそれに対しての準備不足、選手としての創造性の欠如が最大だと思います。コロンビア戦でも同様。2軍相手にいい勝負をしておきながら後半からハメスを投入されただけで3失点。やっていることは変わりません。というかほとんどが海外にいてそういった対応が全くできないというのがおかしいんですけどね。

⑤選手について
まああえて戦犯を上げるのであれば
大久香川。功労者を上げるのであれば本田、岡崎、内田。はっきり言って大口叩いたからと言って1G1Aの本田が戦犯として叩かれるのはおかしい。ならばなぜ本田と同じように優勝が目標と言っていた長友や今シーズン同じように不調だった香川が叩かれないのか?まあおかしいでしょう。自分としてはあの3試合で決定機を外しまくった大久保とマンUに所属していたとは思えないほど低パフォーマンスだった香川を言うべきでしょう。人柄で戦犯扱いするのは単なる人格攻撃ですからね。日本のメディアの見方はそういうところを全く見てないですね。
・本田・・・まあ最低限の仕事はした。けど失点のきっかけを作ったのも彼。不用意なプレーでこれまで何度も失点まで持って行かれている。精神面技術面ではトップクラスだけど時々やり方に固執しすぎる。「自分のやり方で勝つ」なのか「勝つために手段を問わない」のかはっきりした方がいい。今のままじゃ中途半端。けどワールドカップで優勝するという言葉絶対に取り消すな。出た人間、国にのみチャンスが与えられるわけなんだからそこは何としても譲らないこと。
・香川・・・存在感ゼロ。普段なら決めれたポジションからのシュートも全部外す。ひとえに試合に出ていない分のコンディション不良でしょうけど、かといって出続けていたら決めまくっていたかというとそうでもないと思います。今となっては惜しむのは2010年の時ピッチに立てなかったこと。10分でも立っていれば彼のチームを取り巻く環境は大きく変わっていたと思います。
・大久保・・・J得点王として期待されて召集されましたが正直当初の期待ほどの動きはしていません。彼にとって期待通りの動きとは「決定機を作ってシュートを打つ」ことではなく「決定機を作ってシュートを決める」ことです。質としては良かったかもしれませんが決定機を二度も外している選手をよくやったなんて到底言えません。外すな。呼ばれたからにはどんな状況でも仕事をしろということです。
・その他若手
まあなんとも印象を残せなかった。大迫にしろ柿谷にしろ。不幸中の幸いは彼らがまだ若いということ。彼らが四年後に向けて引っ張っていく存在になってもらわなければいけません。

相当きついことかきましたが選手には何が足りないのかしっかりと分析してもらって四年後に持って行ってほしいです。ザックについてもご苦労様と。駒の足りないチーム状況でまあやることはやってくれたと思います。正直監督だけの責任とは思ってないと思います。
なあ?協会と強化部長さんよぉ?

⑥チーム全体を通して
日本人は上背やがたいがほかの地域に比べるとあるわけではないのでその分足元やパスの技術を磨いていくことが大切というのはよくわかる。けど結果そのパスに創造性が無ければ意味がない。パスサッカーパスサッカーとうたってきたがそこに対して教科書通りのことしかせずアイデアが全くないサッカーをされては意味がない。そういう風に教え込まれた選手が今後数十年日本の中心選手になるんだよ。わかってるの?金をかければいいというものでもないしそこに競争とサバイバルレースがなければぬるま湯に浸かったまま選手は出てくる。だからそのサバイバルレースに負けて一度放り出された本田がチームの中心に立っているんだと思います。協会はよく考えなおしておいた方が良いと思うよ。バルサやレアルのカンテラに放り込まれた選手が磨くものは何なのか?今で久保建英君が東京五輪の主役と言っているけど彼が数年後身体的に成長した仲間と負けずにポジション争いできているだろうか?そこを乗り越えて幼い彼にようやくちょっとだけ期待できる。今はまだ放っておいてあげた方がいいでしょう。

⑦後任について
ぺケルマンやアギーレと言った監督が持ち上がっているけど個人的には賛成。ただ、強化部長の考えとは違う。
全員攻撃全員守備と言っているけどそれを掲げて2009年どれだけ酷い目にあったか分かってんのか?現状の日本を生かしつつだからパスサッカーもだろうけど、はっきり言おう、4年後、同じようにパスサッカーがチームの核に入ったままであれば間違いなく地域予選で敗れるぞ。今大会その最右翼のスペインが早々と姿を消したことをよく考えるべき。全員攻撃全員守備については一部は賛成、ただし、それは創造性や試合の中でもサボれる賢さを身に着けてこそのもの。今の勤勉な日本人とは正反対の癖を植え付けなければならない。自分はメキシコのサッカーというのが日本のサッカーにある意味近いものと思っています。小柄な選手が多いながらもパスで緩急をつけて一瞬で勝負に出るところもちろん足元の技術もある。チーム全体を通して攻守にバランスがあるチームという意味でもメキシコのサッカーは日本の手本になると思います。出ないとオリンピックやコンフェデでブラジルに勝つチームになっていないと思います。
結局なところ今の日本人に足りないハングリーな部分と賢さを植え付ける意味でもメキシコ系の監督がいいと思います。続いて希望するならドイツ系の監督でしょうね。クロップとか。まあ多分すんなりと決まらないと思います。個人的にはアギーレが無理であればオランダ系の監督でもいいと思いますけどね。ファンバステンやファンマルワイクとか呼んでくれないかなぁ。て言うか協会は自分たちの給料削ってでもいい監督を選べ。ていうかファンマルワイク空いてるぞw

⑧強化について
書き忘れていたのでもう一筆。正直、悔やんでも悔やみきれないのはなんでコパアメリカを辞退した?2011年の時は震災の面というのは仕方ないが、それでもリーグを強引にでも日程変更させておけば出れたはず。アジア予選の最中ではあったけどアウェイで真剣勝負できるいい機会を失った。更には来年のコパアメリカもアジアカップを優先して辞退した。正直現状を考えるとアジアカップを獲るということよりも世界で勝負できることの方が重要なわけで。無論ないがしろにするわけではないが似たり寄ったりのほぼ中東のチームと戦うのと、描く上のチームにチャレンジするのとどちらの経験値の方が高いのか?多分今となってはリスクを背負ってでも出るべきだったと思う。これで日本は他のアジア諸国と同じラインからのスタートになる。

最後に
コートジボワール1-2ギリシャ0-0コロンビア1-4
結果だけ見たら8年前のドイツ大会と一緒ですねw
まあ選手も監督も違うのでだからと言って8年前と何も変わっていないというのは責任や敗因を指摘するものとしては論外。むしろ2010ねんから4年やってきたパスサッカーの結果が航であったわけで、その原因こそが上で考えたものだと思っています。もっと言うのであれば8年間同じサッカーで勝ち続けていたスペイン代表を見ればこそ、ポゼッションを重視するサッカーに限界が来ているのだと思います。新たな形のサッカーがこのブラジル大会で生まれようとしているわけで日本もそれに乗り遅れるわけにはいきません。
むしろ8年前から変わっていないと言われるべきなのは
マスコミ・メディアお前らだけどな!
いつまでも興行的な観点で囃し立てて問題点をほとんど指摘しないスポーツ紙、テレビ中継。中にはちゃんと問題提起をしている人もいるけど大半の人が情報汁媒介になっているのがあんたたちだということ。批判しろとは言わん。客観的に代表を見たうえで後押しする言葉を投げかけてほしい。「史上最強」だの「今回は一番絶望的」だの言っておきながらここ3大会マスコミが言っていることと真逆の結果を日本代表が出していることにそろそろ気づくべき。あんたたちのやっていることは大ぼら吹いているだけだからね。そろそろ気づかないとただでさえテレビを見る人間、新聞を見る人間が減ってきているのにそんな目先の利益ばかり追っかけていたら潰れるよ。だれも信用しなくなる。
これでしか情報を得られないからというのも若干あると思うけどサポーターも甘い。叱るときは叱らないと。お疲れ様と拍手を送るのは試合ごとではなく大会ごとに終わってからでいいです。あと、そろそろ自分たちが何のためにサッカーが好きで、日本代表を応援しているのか、アイデンティティを考えなければならないと思う。ロシアまでの4年でこういった宿題ができるのだろうか?

今日から1からではなくマイナスからのスタートです。

AD

最近の艦これ

テーマ:
どうも、現在高雄を99にしようと必死の高藤でございます。
さて、最近はサッカーの話ばかりだったんで艦これも交えて近況を。
艦これは大和建造以降、次のミッドウェーに向けて艦娘の強化を行っています。

目標としては・・・
戦艦・空母は全てレベル90に
重巡・軽巡も各3隻以上はレベル90に。
駆逐艦・軽空母は80以上に。
てな感じです。

戦艦は既に武蔵、長門姉妹、金剛・比叡、榛名が90代。すぐになりそうなのが霧島、大和。その後は航巡を一回挟んだ後にビスマルク。空母は飛龍、加賀、大鳳が99。残りもイベントまでには間に合うかなと。
重巡は高雄、羽黒改二と恐らく改二になるだろう妙高を中心に上げ、航巡は既に利根筑摩が90。続いて熊野あたりが候補かなと。その後は改二候補の那智のレベル上げに専念かと。軽巡は川内姉妹主体で。神通⇒川内⇒五十鈴の順番かなと。
駆逐艦は現在レベルトップクラスの叢雲とヴェールヌイを抜擢。軽空母は飛鷹、祥鳳、鳳翔を除くと全員80です。

さて、次のイベントにAL・MI作戦に向けて重要視されているのが航空戦力。先のアイアンボトムサウンドのようにかなり中心戦力となるのかなと。その一方でAL作戦も含まれていることから駆逐艦、巡洋艦のレベルも上げないと痛い目に合うような気がします。過去のイベントから考えて、難関になるのは目玉になるであろうMI作戦ではなく、MI作戦に繋げるためのAL作戦で大変なことになるような気がします。鍵は巡洋艦戦力の底上げかなと。イメージとしては2-5がもっとえげつなくなった感じかなと。願わくばゲージ回復が無いことを願います・・・。

艦これに関してはこれくらいにして、同人活動についてです。
多分当面動かないと思います。紅楼夢申し込み忘れたし・・・。それ以外の活動もちょっと予算面で切迫しているのでコミケぐらいしか動かないかもしれません。なので次の申し込みは冬コミになると思います。絵を描くこと自体はこの業界?界隈に入ってきて楽しいことなので続けたいと思います。ペンタブ使うより色紙に一発勝負で描くのが楽しいのでwなので夏コミ参加意向は本当に派手に買いまわることは少ないと思います。


8試合中5試合が延長戦という壮絶な試合ばかりのワールドカップ。
グループリーグのように馬鹿みたいに点が入る展開は減りましたが、それでもなお、酒版に何かが起こるという空気がありわくわくします。ちなみに今日行われたアメリカ対ベルギー戦は延長でルカクが投入されてから試合として面白くなりました。それまでオリジのところで流れが止まっていたので後退したら面白くなるなと思っていたら本当に面白くなりました。

まずは次のカードを予想
ブラジル対コロンビア
両チーム二度目の南米対決。グループリーグから尻上がりに調子を上げていくコロンビアと勝ちはしているもののどこか危ないブラジル。現状では事実上の南米№1決定戦かと。ブラジルディフェンス陣がどれだけハメスを抑えることができるのか、ネイマールを中心にどれだけ点を取りに行けるのか。現状では五分五分ですが地の利を生かして若干ブラジルか?あとは指揮官の采配次第化と思います。

フランス対ドイツ
デシャン監督のもとまとめりを見せているフランスはリベリ不在なものの、全かいとは全く別物のチーム。現実路線の采配で危なげなく勝っています。一方のドイツもドイツ大会での若手が成長して今やチームの中心にいる現状を見ると、タイトルを獲るならここしかないというチーム状況です。ただ、グループリーグから微妙に苦戦が続いているのでもう少し安定感があればと。危惧すべきは個人技での一発。ユーロではイタリアと試合をして信じられないようなスコアで敗れましたので。現状では五分五分。レーヴの実力が問われる一戦になると思います。

オランダ対コスタリカ
ファンハールの采配の元変幻自在なチームとなったオランダとチーム一丸となって絶好調なコスタリカ。勢いではコスタリカが上のような気がします。確かにオランダも危なげなくグループリーグを突破してきたのですが、スペイン戦が派手すぎた分、残りの試合が微妙に印象にないんですよね。悪く言えば初戦からパフォーマンスが少しずつ落ちているような。先のメキシコ戦でも苦戦しているように今回もコスタリカにやられそうな感じがします。頼みの綱はファンハールの采配かなと。心配なのは退場者が出た時どうなるのか?コスタリカはもう一個くらい勝ってもおかしくないかなと。

アルゼンチン対ベルギー
ポイントはメッシにどれだけ仕事をさせないか?まあそれはチャンピオンズリーグやリーガを見て研究していると思います。一方のギリシャはアメリカ船の内容が酷すぎる。シュートが多く有ったので見ごたえがある試合と思われがちですが決定機でもどかしいプレーばかり。そこを改善しない限りは勝負できないと思います。特にフォワードの起用について。自分はオリジよりもルカクの方が面白いと思います。何となくですが馬鹿試合になりそうな予感・・・。

続いて敗退組レポート。適当にピックアップ。
スペイン
いわずもがなパスサッカーとしての限界、世代交代、王者として君臨し続けるには長すぎたことが挙げられます。オランダ戦ではパスサッカーの次に変わるサッカーが出てきましたが、同時にさらにその次のサッカーを考え始める時期でもあります。恐らくパス主体を残しつつも前へのスピードを早くするサッカーに代わっていくのではないかと思います。本当ならユーロ辺りが静かに政権交代できる機会だったのですが・・・。

イタリア
一昨年のユーロでちらっと行ったのですが、ピークが過ぎちゃった。本当ならユーロで優勝していなければならないチーム。それはピルロの旬という意味を含めても勿体ない。完全に時代に乗り遅れてしまった感じがします。日本同様、次のサッカーをどういうものにすべきなのか求められる局面なのかもしれません。ピルロ不在となった後どうすべきか?そこが最重要課題です。

イングランド
正直一時に比べると全然脅威ではない感じ。今回も若手が多く、あまり勢いが感じられなかった。ルーニー達にとってはかわいそうなワールドカップになりました。付け加えるとどの若手も言うほど印象が無かった。オーウェンやベッカムという若い時期から目立った選手がいた分余計目立たない。加えてプレミアリーグの状況を考えると若手が伸びづらくなっているので下手すると世代交代を失敗する可能性があります。

ポルトガル
クリスチアーノ頼み。それに限ると思います。いつまで続くのかな?そろそろ次世代のニューヒーローが現れないと・・・。