2005-07-19

「タイムリミット」

テーマ:映画感想 タ行
アミューズソフトエンタテインメント
タイムリミット

デンゼル・ワシントンが主演のこの映画は、ほんとドキドキしっぱなしのスリリングな展開でした。

マット(デンゼル・ワシントン)は、フロリダの小さい島の警察署長なんですが、昔の彼女と不倫をしていたんです。


その彼女がガンと知り、なんと署にあった証拠のお金を最高の治療を受けさせるために渡してしまうんですね。でも、その夜彼女の自宅が火事にあいそこには、彼女と夫の遺体が。

でもそれが放火だとわかるとマットと彼女の関係が明るみに出れば、間違いなく犯人に仕立て上げられてしまうから、さあ大変~♪自分が嵌められたとわかっていても誰にもこのことは言えません。


もう、自分の証拠隠しをしなくてはならないし、お金は取り返せなければいけないし、真犯人を突き止めなければならないしで大忙し。


それに、この事件担当の刑事が別居中の奥さんなんです。(*≧m≦)プーッ

一番知られたくない相手ですよね。まして不倫相手の事件だし。。だからもうマットの表情を見ているだけでもおもしろいかも~。


でも、署長の特権を生かして情報を先取りしほんと紙一重でかわして行くところが、ほんとスリリングなんです。同僚の一人もいい助け舟を出していたしね。


追いつ追われつの捜査がいつバレてしまうのかもう、ハラハラドキドキしたし、見た後も爽快感のある映画でした。フフ。。それにしても女は怖いよね。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-10

「ダンシング・ヒーロー」

テーマ:映画感想 タ行
アミューズソフトエンタテインメント
ダンシング・ヒーロー
いや~、なんなのこの映画。とても楽しいしおもしろいし見たあと
すごくスカッとするわ~~。いいです、このノリにこの曲、このダンス。


そしたら、なんとあの「ムーランルージュ」の監督さんのデビュー作なんですね~。どおりでところどころムーランっぽいところが、プンプン。


男優さんは、ほんとのダンスチャンピオンだとか。
やっぱり本物だから踊りがセクシーなんですよ。それにどことなく少年隊の東に似ているの。(私は、彼を東と思って途中から見てました。)


それと、相手の女の人も最初は、冴えない感じだったのにダンスを一緒にするようになってから見る見る変わっていきます。恋する女はきれいになる?


最後の大会の踊りは、ゾクゾクしますよぉ。出来れば一緒に踊りたい!!
そんな衝動にかられる映画でした。社交ダンスバンザイ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-22

「太陽と月に背いて 」

テーマ:映画感想 タ行
タイトル: 太陽と月に背いて

レオさまが天才詩人アルチュール・ランボーを演じています。それもレオさまの登場するシーンの足早に歩くところから、もう私は魅了されました。

このときのレオさまが、ほんとため息が出るくらい美しいんです。


自由奔放なランボーの才能を見出だしたポール・ヴェルレーヌが、妻とランボーの間で翻弄していく様は何か守ってあげなければならない気にさせるランボーの小悪魔的なものがそうさせてしまうのかもしれません。


結局同性愛に陥ってしまうんだけれど、私にはそんなにいやらしく見えませんでした。

ただ、ヴェルレーヌ役の俳優さんは苦手なタイプだったのでちょっとそんなにレオさまと絡んでほしくなかったですけどね(;´▽`A``


写真で見た本物のランボーもほんとに美形でした。ヴェルレーヌが夢中になるのも無理ないかなぁ。

あとは、その詩そのものが映画では紹介されないので、もうひとつランボーがどういう詩を書いていたのかわからなかったのですが、ちょっとそこは興味ありますね。


結局、ランボーは19歳で詩を書くことを辞めてしまい後は、波乱万丈の人生を送ったみたいです。

後半の老け役(髭あり)は、やっぱりアビエイターと同じであまり似合わないしね。



ギルバートで見せた演技と同じようにこの月に~でも私は、レオさまにゾクゾクしてしまいました。衣装といい音楽といい私の好きな世界でちょっと切なくなる映画でした。


ラストのレオさまの表情に胸キュンです。あぁ~このままのレオさまでいたらよかったのにーと思わせる私のレオさまベスト映画でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-11

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」

テーマ:映画感想 タ行
タイトル: ティアーズ・オブ・ザ・サン コレクターズ・エディション

 

監督アントワーン・フークア

ブルース・ウィリス
モニカ・ベルッチ


戦争映画は、苦手分野であまり見ないのですが、この映画は予告編でとてもいい音楽だったのといいナレーションだったのが気になっていて見ました。

 

今回のブルース・ウィリスは、シリアスな演技でとてもすてきです。

自分がこれまで任務遂行100%でしてきた特殊部隊が、なぜ今回だけは命令にそむいたのか?そこがとても気になるポイントでした。

 

でも、その動機となる展開が弱くてどうしちゃったのかな~という感じ。

ただ、祖国や正義のためでなく、自らの心の声に従う道を選んだということはわかったのでその部隊にいる人たちの行動もとてもやさしく難民に接しているあたり感動しました。

 

それに、一人も不満を言う人もいないのもブルースを信頼している部下の心が任務100%出来るゆえんなんだろうなと思いました。みんないい人でそれだけでもウルウル~。

 

この映画では、難民に対するゲリラ部隊の残虐ぶりがとてもリアルなので目をそむけたくなるシーンが多数あり、ほんとに戦争の悲惨さと怖さを感じます。

 

迫り来るゲリラ部隊に緊迫感がありそんなゲリラ部隊300人と7人の精鋭たちとの戦いは、ほんとに見ごたえがありました。ただ、やっぱり犠牲が伴うもので誰かしらやられてしまうとやはり涙なしには見られません。

 

もう、絶対絶命のところでアメリカ軍の救援が。。あぁ~そんなことするのか。。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

まぁ、映画ですからね。。それなりに終わりも感動でした。(やり過ぎだろ~と思うけど)

やっぱり戦争映画なので、誰かの犠牲でもって今の平和があると思わなければいけないですね。

事実のお話しでないと言うことで少しは、気楽に見られた作品でした。

でも、戦争映画はやっぱり苦手だな。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-03-30

「10日間で男を上手にフル方法」

テーマ:映画感想 タ行



監督 ドナルド・ペトリー

 ケイト・ハドソン

 マシュー・マコノヒー

《10日間で恋人を作る》賭けをした広告マンと、《10日間で男からフラれる方法》の記事を作る女性記者がそれぞれ恋の駆け引きをしていく映画です。

当然ラブコメだし、このタイトルから言っても成り行きもそこそこわかるので安心して見ていられる映画ですね。

この映画のヒロイン役は、ケイト・ハドソンなんですが「サハラの羽根」ではイマイチ影がうすい印象だったのにこちらでは、弾けているのでほんと可愛い!
いろんな表情をしてくれるので、男の人なんかちょっとデヘヘ。。状態なんじゃないかしら(= ̄∇ ̄=) ニィ

かたやマシューは、私はちょっと知らない人だったからなのか、セクシーさ、可愛さ、母性本能刺激さがちーとも感じられず残念!

いい人だとは、わかるんだけれどもうちょっとな~。私にアピールしてくれるものがあれば、うんと感情移入して感動したと思うんですよ。

やっぱり、恋愛映画って自分を置き換えて見ている部分おおありだよね。
私も一緒に恋している気分にならしてちょーだいな。
だけど、今回はダメでした~~(T△T) アウアウ~

映画は、ラブコメということで可もなく不可もなく楽しめました。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-03-27

「トゥー・ウィークス・ノーティス」

テーマ:映画感想 タ行



タイトル: トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版


正義感が強い女性弁護士サンドラ・ブロックと優柔不断なリッチマンヒュー・グラントが共演したロマンチックコメディです。

サンドラ・ブロックと言えば私の中では「スピード」のイメージが強いのですが、やはりここでも気の強い弁護士をしていました。
でも、こういう役は彼女にはピッタリですね。可愛げもないくらい自分の主張が出来る頭の切れた女の人で。。
それに比べてヒュー・グランドのだめおちゃんぶりが可愛い~。

なんでも頼って決められない公私混同気味なヒューに耐えかねて退職をすることを決めたサンドラだけど、いざ後任が決まったことから少しづつジェラシーを感じはじめているそんな女心も痛くわかりました(笑)

私、初めてヒューのラブコメを見たんですがこの情けない優柔不断なところはほんとに母性本能刺激しまくり(爆)

笑えるところもあって、いつもは家で見ていてもそんなに声を出して笑わないのですが、今日はなんか受けて大笑い。

いがみ合いながらも恋に落ちていく展開は、読めてしまうけれどそれでもなんかほんわか心が癒されるそんな映画でした。
そんな気持ちにさせてしまうヒュー・グランドの憎めないお茶目ぶりがたまらなくいいなぁ~と。。。

ちなみにこの映画のタイトルは、退職希望時は2週前に会社へその旨告知をしなくてはならないという米国の習慣のことらしいです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-04

「トロイ」

テーマ:映画感想 タ行



タイトル: トロイ 特別版 〈2枚組〉

劇場で見たけど、またこうして見るとブラピはやっぱカッコイイ!
あの鍛えられた体は、やはり( iдi ) ハウーでしょ。
それに戦闘シーンも軽やかに舞って見えるし、きれいでした。

今回は、やけにヘタレなオーランドが、目に付いておかしかったです。
その割には、最後においしいとこ持って行っちゃってオイオイという感じ。

やはり2度見てもいいなぁ~と思うのは、エリック・バナのヘクトル。
とても優しい情愛で家族を守っている姿には、涙が出てしまいます。
ブラピとの戦いのシーンは、とても迫力がありヘクトルに思いっきり
応援してましたよ~。

その、ヘクトルを連れて帰るブラピのふてぶてしさ。。
自分の名声のために戦って見えるその姿にも、やがて守る人のために
戦うことに気づいたあたりから、人間らしいアキレスが見えて
私は、ちょっとブラピに感情移入しましたが時すでに遅し。。

ありゃりゃ~、最後はこんな感じですか?
で終わってしまいました(笑)

トロイの木馬とアキレス腱の意味を知ったのと、ブラピのナイス
バディを堪能できたとてもよい映画でした。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-25

「ターミナル」

テーマ:映画感想 タ行



タイトル: ターミナル DTSスペシャル・エディション

テレビのCMでは、シリアスな場面だったのでかなり泣ける映画なのかと思ったらこれは、軽いコメーディタッチの人間ドラマの映画だったんですね。

トム・ハンクスの演技は見ていてほんとに軽快そのもの。コメディのツボを心得ていますよね。

それと、空港で働いている人達がみんな良い人でトムハンクスとの仲が深まるにつれ、とても厚い友情みたいなものが芽生えたりして見ていてもホロリとなるシーンがありました。特にモップのおっちゃんは芸が細かい(笑)

そそ、ここではゼタ姉さんはスッチーの役ですがめちゃキュートです。こういう可愛げのある役が、いいなぁと益々お気に入りに。。

でも、最後は??トムハンクスといい感じだっただけにどうにかなってほしいと思ったのは、私だけ?

空港のターミナルが全部セットだというからぶったまげですよね。さすが、スピルバーグやることがでかい!

なぜ、空港に止まっていたのか。その秘密は、缶の中にありました。 それは、父との約束。。泣かせるネタです。

前半は、かなり笑わせてもらった分、後半は、泣ける展開でしたね。
みんなが空港から送り出すところが、もうアメリカらしくていいな。
見ていて素直に感動できる作品でした。

もう、このDVDが4月28日に発売されるそうです。
ハヤ~ッ!


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-02-19

「ドラキュリア」

テーマ:映画感想 タ行
オペラ座~で見事なファントムを演じたジェラルド・バトラーの
吸血鬼が見たくてホラー苦手な私がドキドキしながらの鑑賞です(笑)

なにせあのオペラ座の監督がこの映画を見てファントム役を決めた
という曰く付きの作品。

で、バトラーはというと。。(〃∇〃) きゃっ♪やっぱセクシー。
マトリックスばりの黒い衣装を身にまとい、ちらっとシャツがはだけて
見える体は、なかなかのナイスバディ~。
それに、私の大好きなロン毛ときちゃもう魂持っていかれます。

そうです、ドラキュラをやる人の第一条件は、セクシーであること。
コレ、絶対の必要条件です(キッパリ)

話しの展開もなぜ十字架やヒカリや銀が苦手なのかと
ほほぉ~~、と納得出来る謎ときがあったりで
私は、まずまず楽しめました。

ただ、最後はちょっとあっけないですかね~。
(ここでもバトラーは、いい人なのねん)

しかし、これを見て決めたオペラ座の監督はえらい!!
ファントムもだけど、やはりドラキュラは、「目が命」でしょ。
バンちゃん(アントニオバンデラス)も候補に上がっていたというけれど、
ちょっとバンちゃんでは、年行き過ぎにラテン色濃い(笑)

それよか、一度でいいから見てみたいジョニーのドラキュラ。
もう、この首筋捧げます。血と言わず骨抜きにして~~。
( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。