2005-11-25

「オータム・イン・ニューヨーク」

テーマ:映画感想 ア行
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
オータム・イン・ニューヨーク スペシャル・エディション

リチャード・ギアとウィノナ・ライダーの恋愛映画。

ギアさまは、高級レストランのオーナーでかなりのプレイボーイ。

ウィノナはまだ学生。そんな二人がひょんなことから知り合い恋に落ちるまでを描く。

でも、このギアさまはウィノナの母親とも付き合ったことがあるというからオドロキ。そんな親子ほどの歳の差を感じさせないギアさまの大人の男の演技がステキ。


と、なんとなくロマンチックなニューヨークの背景に酔ってしまうんだけれどなんだかな~~。

この二人、今ひとつ私の目から見ると冷めているように見えてしまうのよね。

お互い惚れているのにな~にか違う空気が流れているような。。


一人、一人の演技はとても素晴らしいのに二人だと噛みあわない。相性がよくないのかしら。

ウィノナ大好きな私としては、彼女の可愛らしさだけでも満点なんだけれどな。


何が悪いというのでは、ないんだけれどありきたりなストーリーがつまらなかったのかしら。(不治の病)

もっと泣けると思ったのに、ちょっと残念。でも、ニューヨークの秋の景色はとてもきれいだったのでそれだけでもロマンチックなフインキにバッチリ浸れるのでおすすめ。


この手の恋愛映画だったら「スウィート・ノベンバー」の方が好きかも。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-21

「奥さまは魔女」

テーマ:映画感想 ア行
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
奥さまは魔女

私のパソは、まだかいなぁ~~、ぼやきながらも飛行機で見た映画の感想をば。。

これ、私が昔見ていた「奥さまは魔女」のリメイクかと思いきや(うぎゃ歳バレ)、ドラマのリメイクを作る映画だったんですね。


昔見た懐かしいあのフレーズにあのアニメの出だしが見られただけでも、私は、うれしかったぁ。

それに、この魔女役のイザベル=ニコール・キッドマンがほんとにキュート。

こんな可愛い彼女を見るのも、はじめてかも。


お約束のお鼻ぴくぴくも上手くて、ほんとの魔女のように見えてしまいましたよ。

あの妖艶な美しいニコールもいいけれど、こんな可愛いニコールもいいなぁ。。


魔女の彼女がほんとうの恋をしたいと思っていたところへ、このドラマを作るために女優を探していたジャック(かなり落ち目のスター)に見出され、ジャックの人気回復に利用されてしまうというストーリー。

自分を必要とされていると思ったのに、ただ自分のことしか考えないジャックに腹をたて。。。


このジャック役のウィル・フェレルが私は、イマイチ好きになれず。。

あちらでは、かなり有名なコメディ俳優らしいですが、どうもダーリンというイメージがなぁ。。。

まぁ、映画でも冴えない俳優という設定だったから、そのまんまって感じ。


ドラマ自体は魔法もあって笑えるし、父親役のマイケル・ケインもいい味だしていたしそこそこ笑えて楽しめる映画ということですかね。まぁ、この映画はニコールの可愛さに尽きると言っていい映画でした。


これ、飛行機で何度も同じシーンになると寝てしまいなかなか前に進まない映画でした(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-12

「宇宙戦争」

テーマ:映画感想 ア行
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション

これは、映画館で見たかったものですが確かスターウォーズを見てしまったので逃した作品。

飛行機の中で見られてラッキー。


宇宙の侵略者から逃げるシーンのオンパレード。これとてもハラハラしどうしです。

でも逃げる途中、人間に車を囲まれてしまうシーンが一番怖かったと思う私です。

群集心理ってほんとにこんなときは、どうなってしまうのでしょうね。わかっていても冷静になんて出来ないでしょうね。そんな人間の醜い姿を目にしてもやはりこうなってしまうのは、わかる気がしてしまいます。


大阪の意味もわかりスッとした私ですが、なんで大阪やねん、と突っ込みいれそうでしたがやはりこれは大阪しかありえませんな。(笑)


内容的にどうなの?って言われてもこれはなんともこんな最後だったのかぁと肩透かしをくった感じの映画でしたが、スケールのデカサと音響とで楽しめた映画といえましょうか。

まぁ、トムはやっぱりここでも共演者のダコタちゃんに食われてしまっているなぁ~と同情してしまいます。

そうか、一番怖いのはあのダコタちゃんの演技だということですね。

これから先の彼女が、楽しみです。そういえば彼女って次に共演したい俳優にジョニーの名前を挙げていたんだよね、やっぱり恐るべしダコタちゃんって感じ(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-08-01

「アイランド」

テーマ:映画感想 ア行
アイランド

行って来ましたぁ~~。映画の日と夏休みとあってもう映画館が混みこみ。それでもネット予約してあったのであの列で並ばずによかったぁ~とホッとしました。


それにしても(*ノェノ)キャーユアンすてき~~。

走って、走ってどこまでも~。見ているこちらも息切れしそうなアクションがてんこ盛り。

すんごいです、ユアンってばまだ若いよね。体もだいぶシェイプアップしていたし。。


だけど、脱いだ体を見て驚いた(◎_◎;) おぉぉぉぉっ!こんなに胸毛濃かったっけ??

なんか毛むくじゃらに見えてしまったのは、私の目の錯覚だったのかなぁ。

まぁ、胸毛苦手な私でも、ユアンは許してしまうわ。(σ。σ)♪うふ 


ちょっと予告編でだいぶネタばれしているけどアクションシーンは、すごかったですね。こちらは迫力満点でした。近未来の作りは、とても素晴らしくて、見ていて楽しかったですね~。

それに本物ユアンとクローンユアンの対決は、おもしろかったです。

ユアン2倍でウホウホ~。クローンでも性格は違うんでしょうかね。


時々見せる本物ユアンのユアンスマイルにやっぱ私も、(= ̄∇ ̄=) ニマ~~としてしまいました。

ああ出来れば、クローンユアンお持ち帰りしたかったですね。

でも、クローンで自分が長生きするってのもなんだかなぁ~。それに自分と同じ人間がこの世に存在すること自体やはり気味悪いですね。そうクローンの製造シーンは、ちょっとグロかったのです。


そそ、私この前見た「ラブ・スクール」で気になっていたイケメンくんがちょこっとのシーンで映っていたのでびっくり~。すかさず、チェック出来た私の動体視力にも感心。ププ。。

ユアンを見ているだけだと思ったら、しっかりイケメンチェックしている自分に笑えました(爆)

あ~でも、アクションのユアンも最高でした!!


いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-07-05

「アメリ」

テーマ:映画感想 ア行
アメリ
タイトル: アメリ

夢見がちなアメリがある日他人を幸せにすることに目覚め密かに悪戯をしていくんだけれど、やがて一人の青年に恋するところからメルヘンの世界から現実の世界へと踏み出して行くお話し。。


このアメリのする悪戯がとても笑えるんです。ちょっと行きすぎだろう~と思えるところもあるんだけれどなんかアメリなら許してしまうそんな可愛い小悪魔的なキャラです。


人を幸せにすることにかけては、悪戯のエッセンスも抜群なにの、ことさら自分の恋になるととんとダメ。

そんなギャップがいじらしくて、ついつい応援したくなります。

彼との出会いにもいろんな仕掛けがあって、ちょっとワクワクしました。だから彼と行き違いになって溶けてしまうシーンは、もう爆笑。そんな心境わかるよ~って。。ね。



女は、いつでも夢見る乙女だとこの映画を見て思いました。

パリのおしゃれな風景、アメリの衣装にアメリの部屋。どれをとってもフランスの匂いを感じさせるおしゃれな映画で女の人にはおすすめです。


私は、小人の置物が世界旅行している写真が好き!前にニュースでそれと同じこと報じていたけれどあれって、やっぱり悪戯?でも、夢がある悪戯はいいなぁ~。


それにしても、フランスの人ってこんなにも恋愛に情熱的なのかとビックリした映画でした。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-06-27

「悪魔のくちづけ」

テーマ:映画感想 ア行
悪魔のくちづけ
タイトル: 悪魔のくちづけ

ユアン主演映画ですが、17世紀のイギリスを舞台にしてるのでユアンのコスチュームが私のツボに入り( ̄ρ ̄)ハゥゥゥでした。


それにしてもこのタイトルだと、ホラーかいなと思わせますがどちらかと言うとサスペンスものです。

ユアンの造園デザイナーも、ステキですが、なぜかこの映画でも訳わからず脱ぎまくっています。ユアンの脱ぎクセ?は有名ですが、ここでもそれを見せてもらいなんかラッキー~♥ ( ̄ii ̄)鼻時ブー


つまり私には、そのインパクトが強すぎて映画の内容をすべて忘れてしまったという曰く付くの作品なんです。ヾ(>▽<)oきゃはははっ!ちょっと不思議なお話しでユアン以外どうでもいいやと思ったのが事実。これまた正しい映画鑑賞していませんでした。ごめんなさい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-08

「運動靴と赤い金魚」

テーマ:映画感想 ア行
タイトル: 運動靴と赤い金魚

前々から見たかった映画です。な~んかねタイトルが気になるのですよ(笑)

この映画は、お兄ちゃんがおつかいの帰りに修理に出していた妹の靴を(それも1足しかない)無くしてしまったことからはじまります。


家は、家賃も滞納しているし子供ながら親には新しい靴を買うことは、無理だとういうことを察しているところがこれまた切ない気持ちにさせるのです。


それで、兄妹で考えた案が、一足の靴を交代で履くということ。妹が先に学校に行きそのあとお兄ちゃんが途中で待っていてサンダルと交代する。。。(イランでは、男女一緒に授業しないらしい)

学校が終わってから妹が必死に走って帰ってくるところや、やっぱりお兄ちゃんの靴なのでブカブカでみんなの視線を感じたり、人の靴を見て比べてみたり。。この妹がとてもかわいい笑顔でいじらしいのです。


そんなあるとき校内マラソンで3等になると運動靴の賞品が出ることが、わかりお兄ちゃんは必死になって頼み込みます。妹のため必死になって走るお兄ちゃん。

もう、映画なのに「がんばれ~」と声援送ってしまいましたね(笑)


ダンゴ状態でゴール。さてさて結果は?


この映画でイランの生活習慣や文化など見られてとても勉強になったし、なにより貧しくても心はとても輝いているこの兄妹にやられてしまいました。ほんとにうるわしの兄妹愛です。


ラストは、余韻を残した終わり方だったのですがきっとこうなっただろうな。と想像がつくので見終わったあとに自分に忘れかけていたものに気づいたり心が優しくなれる映画です。


そうそう、それで「赤い金魚」はというと。。。(*^^*) フフフなるほどね~~。いい使われ方してました。タイトルに納得です(笑)

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-04-04

「エターナル・サンシャイン」

テーマ:映画感想 ア行

ハピネット・ピクチャーズ
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション


監督 ミシェル・ゴンドリー

ジム・キャリー

ケイト・ウィンスレット


恋人どうしだった二人がある日急に別れてしまう。お互い過去のつらい思い出を消すために
記憶消却する会社に行き記憶を消すが。。。


おもしろい展開で新鮮だったんだけど、私には脳内の出来事と

脳外の出来事がごちゃごちゃ になってしまいどっちがどっちだか

こんがらがりました。(^▽^;)でもいやな記憶は早く消したいことは、確かですね。

記憶をさかのぼっていけば、悲しいことばかりじゃない、楽しいこともたくさんあるんだということをわからせてもらいました。 そんなことに感心している私もかなりつらいことばかり記憶に残っているようです(笑)


この映画は、ほんとに恋愛している人にみてもらえればとても感動するんじゃないかしら。それと、ちょっと倦怠気味の人にもいいかもね。昔を思い出せばときめいていた心があったハズ。(* ̄m ̄) ププッ

今回は、演技抑え目のジム・キャリーにネバーランドで見事にお母さんを演じきったケイト・ウィンスレットがとてもキュートな女の子になって可愛いでした。


それから、この映画でビックリしたのはあの「スパイダーマン」ではもひとつ冴えないMJことキルスティン・ダンストが出ていたんですが、彼女この映画ではとても可愛いです!

今までスパイダーマンでは、このヒロインどうなのよ~と文句言ってましたが、どうして

どうして~この役メチャかわいいやん。(はじめて認めたよ)

それから、イライジャ・ウッドも○○○泥棒で出てきます。(*≧m≦)プーッ

なかなか脇をしめる役者さんも楽しめますよ~。


それと、ケイト・ウィンスレットが髪をいろんな色に染めているんですがなにやら時間軸と関係があるらしいです。私は、ボーぜんと見ていたので気が付きませんでした。

これは、DVDで確認しなくちゃ~。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-01

「アビエイター」

テーマ:映画感想 ア行
松竹
アビエイター プレミアム・エディション

見てきました。レオさまの映画。
なるほど~、ハワード・ヒューズの生き様がものすごく伝わってくる

熱気溢れる演技にビックリしました。

う~~ん、レオさま復活というかこれは、なかなかいいんじゃないのかな。最後までレオさまに目が釘付けだったものね。

映画と飛行機にかける情熱は、ほんと半端じゃなくてそれはものすごいものでした。

なにせ完璧主義だというからやることが細かい。。

だから、精神的にも最後の方が支障をきたしてくるんだけれどその演技はちょっとギルバートのアーニーを思い出してしまったかな。


ストーリー的には盛り上がりにかけるけれど、飛行機がいっぱい出てくるし昔のハリウッドのフインキも感じられるしやっぱりお金かけているだけあって見ごたえ十分でした。



それにしてもレオさまと絡む女優さんってどうもみんな年増

に見えてしまうのよね~。単なる私のジェラシー?(* ̄m ̄) ププッ


それだけレオさまは、やはりベビーフェイスってことなんだろうな。

これで、オスカーをあげてもよかったかもと思ったレオさまの渾身の演技でした。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-02-18

「オペラ座の怪人」

テーマ:映画感想 ア行
今週のランキングも堂々一位でしたね。
さて、私も本日3回目の鑑賞です。
回を重ねるうちにようやっと内容も把握でき、より一層
オペラ座に浸れました。

最初は、試写会でトイレを我慢の鑑賞だったので気持ちここにあらず。
2回目でようやっと曲の流れにうっとり。。
今日は、ファントムの切ない思いに泣けました。

ジェラルド・バトラーは唄は、そんなにうまいとは思いませんが
演技がうまいのとセクシーなので、ミーハー大王のハートを
鷲掴み状態です。(#^.^#)ぽっ

実は、映画の公開が待ちきれず劇団四季の方で先に鑑賞してしまった
のですが、これは正直舞台の方がすごい!
なんと言ってもナマ唄の迫力が違います。
それにあのシャンデリアだって(ちゃっちいけど)上に上がったり
落ちてきたりと映画さながら。。めちゃ感動!

で~、映画の公開と比べてみたら見事舞台そのものの映像でビックリ
しました。私には、舞台ではわからないところがあったので映画で
なるほど~と理解したり、(お猿のオルゴールとか生い立ちとか)

それと、やはり映画の美術には勝てません。
このゴージャスさは映画ならでは。。シャンデリアだって高級だしね(笑)
登場人物では、映画版にはかなわないです。なにせファントムセクシーだし
ってそればっか。。。
こうやって舞台と比較するともっと楽しいオペラ座鑑賞できるかも。

オペラ座は、アンドリュー・ロイド=ウェバーの音楽に尽きると
思うのでサントラもお勧めします。

ちなみに私の好きな曲は、やっぱりありきたりな「Phantom of the Opera」
になってしまうかな。=^-^=

私も買いました。このサントラ。
こちら で音楽が流れてくるのでBGM代わりにいいですよ~。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。