☆ Lovely Days in Zürich ☆ 

スイスのドイツ語圏チューリッヒで、肚の底の本音を書いてます!

Tokyo⇔rich

東京 (Scientist) ⇒ チューリッヒ (夢研究、精神分析)

Language: German, English, Japanese
”肚の底の本音”を書いてます♪(➡☆)
(➡☆)

テーマ:

チューリッヒに戻りました!

 

寒いです。。

 

 

 

早速お出かけ。

チューリッヒから電車ですぐのバーデンへ。

初めてでした!旧市街が美しい!

美しい洋館で美しい音楽を堪能して、

美味しいお食事を食べて会話を楽しんで・・・

 

お友達に夢を話してみました。

ガンガン形にしていきたい!

今年のチューリッヒでは、今まで見たことがない風景を自分に見せてあげよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本では食べて食べて、食べまくってました。

 

家族で母の三周忌を。

亡くなってから三年経つなんて信じられない。

 

とうふ屋うかいへ。

母も好きだったから。

 

 

 

綺麗なお庭がドーン!

 

 

季節感たっぷりの小鉢にときめき。

 

 

温かいお出汁の重量感に満足満足。

 

 

はらこ飯は、もちろんお代わり!

食べても食べても、サラサラサラ〜♪

本当に幸せ。

 

お母さん、壮絶に亡くなったからこそ、教えてくれた事がある。

私、いろんなことを振り切って、やり抜こうと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当におだしの美味しいお料理。

和食は、美味しいお出汁を堪能したいので・・

このお店は、超超超超オススメです。

 

日本で「素敵女子」を目指していた時は(爆)、

懐石料理を習いに行ってましたー。

お出汁を引くのが習慣になってて。

築地で昆布と鰹節を買ってたなー(遠い目)。

 

「旨味」は、美味しいお肉を食べた時にも感じるけど。

 

お出汁で「旨味」を堪能できたら、

身体が、「満足したよー!」っていう信号を出してくれます。

この、ホォッ・・・っていう吐息を感じられるお店好き。

 

自由が丘の駅からすぐ。

ほんっとうに気取らない居酒屋さん金田。

お酒の種類も超少ないです。

一品ずつのお値段安い!

懐石料理で出される食事を、居酒屋のしつらえとサービスで、

っていう感じのお店。

 

ひっきりなしにお客さんが訪れるのわかります。

美味しいもん。

有名人も通うとか。そりゃ、そうだ。

 

冬の味覚堪能。

 

里芋まんじゅう。舌触りトロトロ。

蕪蒸しはフワフワ。

肉豆腐は、小鍋で。肉と出汁のダブルパンチにノックアウト。

 

 

理想はスイスと日本の二重生活なので♪

どちらも、美味しいところガツンともらっちゃお〜✨

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松阪牛ですき焼き♩

 

生卵どっぷりつけた薄〜い霜降り肉。

大好物なんです。

 

 

うすーい霜降り肉も、生卵もスイスでは楽しめないので超嬉しい。

 

スイスのご飯も大好き(チーズにワインに♪)だけど、

海鮮(特に生物)は、日本で堪能したーい💫

 

タラバ蟹で蟹すき!

でっかい海老や帆立やイクラも取り寄せてもらったので大満足。

海老は、元旦のお雑煮にも投入。

あまりにも大きな海老で、お椀におさまりきらなくて。

お雑煮は、土鍋でいただきました(爆)。

 

お寿司も二回💕

日本の冬の味覚、大満喫中。

色々と調べて取り寄せをしてくれた日本の家族に本当に感謝✨

 

御節も食べましたー。

菊乃井で細々と買った、黒豆、数の子、蒲鉾、田作り、海老芋と棒鱈。。。

もう、食べきれない!

っていうぐらい食べ尽くして大大満足!

 

ここ数年、いやー!っていう事がいっぱいあって吹っ切れた。

これ、全部出していこう(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年始、アンダーズ東京にステイ。

虎ノ門ヒルズにあるカッコイイ都会系と思いきや、

癒されました〜♡

 

再訪決定!

 

部屋に入ると目の前にドドーンと広がる東京湾。

朝は日の出がドーン!

 

 

海を望む大きなテーブルが落ち着くデザイン。

和を意識した調度品のデザインは好みです。

 

バスルームの作りが和風。

バスタブは広いし、豊富な湯量ですぐに満タン。

シャワールームが別ではなく、バスタブのすぐ外なので、

あったまって ⇄洗って ⇄あったまって。。

のサイクルがノーストレス。

日本人的にはサイコー。

バスソルトやボディミルクは「ゆず」。

 

 

スパもこじんまりとしてて機能的。

この中にある全自動マッサージマシーンが超気持ちいい。

何度通ったかワカリマセン。

 

お部屋についてるスナック類も美味しい。

虎ノ門「きや」の小さなおせんべいは本当に美味しくて。

チューリッヒの友達は「せいべい好き」が多いので追加購入。

 

ここのルーフトップバーヘ、夜の22時頃訪問。

アンダーズで有名なちっちゃなエクレア。

一回のペストリーショップで一個200円で売ってます。

バーでも6個入り1200円で頂けました。

アルゼンチンワインとエクレア♡

朝ごはんも美味しかった!

 

すっごい癒されたー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

虎ノ門の愛宕神社で初詣。

 

新年の抱負を思いっきり神様に宣言。

「神様、お返事をください!」と

お願いしておみくじひいてみた(笑)

 

 

大吉

 

このクジ運の人は、

頂上の幸せを目指して進むなり。

まもなく望む仕合わせを掴まれる。

 

 

・・・・(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

 

甘酒もしっかり頂いて。

 

初詣満喫。

 

努力してから、与えてもらうのを待ってた。

自分から欲しがり過ぎるのはみっともないとすら。

でも、自分で自分に与えていい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すっごいなーと思うのが、今年の新年の抱負。

数年前の自分なら思ってもみなかったような・・

すっごい斬新な事が・・

腹の底から湧いてくるという事。

 

東京で働きマンしてた時には、

こんな道を思いつきもしなかった。

 

モヤモヤ・ウダウダと過去一年ぐらい思っていたことを、

年末年始のお休みに妹に話してみました。

 

初夢にて。

 

「いつまでも、ウダウダ考えてんじゃなーい!

 もう、外に向かって出しちゃっていい!」

 

って・・・すっごいお尻を叩かれました。

 

自分のやりたいこと。

出会いたい人。

 

これまで思ってもみなかったことをするというのは、

すっごく怖いことだし、ぶっちゃけどうやって手をつけたらいいのか。

検討もつきません。

 

まずは、アイデアを紙に起こして。

人に話していくのが大事なのかな??

 

そしたら、昨日の夢でさらにお尻を叩かれました。

スッコーン!と行きたい。やってみたい。

どうやったらいいのか。

誰かの力が必要だから。

その人を見つけたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年は前半と後半で人間関係がガラリ。

すごく変わった。劇的に居心地が良くなったけど。

 

簡単に、「よかったねー」と割り切れなかった。どーしても。

「古き良き大和撫子」をひきずってるせい。

 

自分じゃない誰かを「居心地悪い人」認定するなんて!

厚顔無恥なこと・・・していんだろうか??なんて、思ったり・・。

 

神道的な生き方が、自然に残ってる日本の田舎で育った。

あぜ道を、ゆっくり進む獅子舞の神々しさにハッとした瞬間をまだ覚えてる。

祭りでも何でもないのに、自然にそういうのが周りにあった。

田んぼの中の共同体精神は、学校の勉強より大事だった。

浄土系の仏教や、儒教の考え方も身近。

 

って言えばカッコい風だけど、小学校の時の成績はひどいもんだった。

 

内向きだった。

 

外人なんて、ほとんど見たこともなかった。

宣教師件英語教師の人が一人だけ。

父がみかねて、自分の知り合いのユダヤ系のおじいさんで、

ドイツからイギリスへ逃れた経験のある人をメンターがわりに紹介してくれて。

その人に、しきりに海外にも目を向けろと言われて。

初めての海外は、その人のうちへの滞在だった。

 

自分の中に知識じゃなく、体感として自然に息づいてる日本の神話的な世界観。

空気を読み、先祖を大事に敬い、つながり第一で『和をもって尊しとなす』

自分の意見は、あるようなないような・・・曖昧なまま。

 

それとは対極、真逆な世界観もまたガッツーンと息づいてて。

ドイツ神話の世界観も、こんな私の夢の中でビビッドに現れてた。

切る、切り離す、切断する。

自己を確立する時の壮絶さ。ich, ich, ich!

世界を完全に終わらせて、見たこともない次を作るパワー。

正直、神道的世界観で一番大事な「常若」を完全否定しちゃうような。

そんな世界観だった。

 

去年、チューリッヒで日本人の神道の専門家の方とお話しさせて頂く機会があり。

チューリッヒにいるんだもん、もちろんドイツ的な世界観は日々接してて。

 

二つの中で。

 

嫌だった。ずっと嫌だった。

 

何で、私のように・・・

たいして賢くもなく、気合い十分でもなく、普通の田舎の日本人が・・・

普通に日本の田舎が与えてくれる幸せに・・

埋没することができなかったのか・・?

 

あれで、よかったのに。

 

何で、わざわざ、いろいろな世界観を知りたかったかのか。

比べて見たかったのか。

いろんな世界観を見て、比べて、今の自分に合うものに・・・

再構築したかったのはなぜ?

 

 

小さい頃から、日本のおとぎ話や神話は身近だった。

それと同時に、グリムだって読んでたし、ディズニーだって親しんでた。

いろんな世界観の狭間で生きるのは、当たり前だった。

 

深層心理学の世界では、

日本人の伝統的な心の構造は、西洋人のものとは違う、と言われてます。

 

でも、もうこんなグローバルな時代だから。

そうそう単純な問題でもない。

 

多分、私なんて、伝統的な日本人の心の構造を保持してる最後の世代じゃない??

 

去年後半、あまりにも居心地が良い人に恵まれるようになってから、

イメージを具現化するアイデアが飛んでくるのに・・

それを形に残すことができなくなってきてた。

 

怖くて、怖くて。

 

人に見られるのが怖くて。

 

自己肯定感の低さからくるものでしょうが。

自分が生み出すものに、価値があるって思えなくて、

立ち止まってしまった。

まぁね、和をもって尊しとなす社会では、

出る杭は・・・美しくないから(笑)。

 

なんとなーくモヤモヤしてたものを形にする。

それを人に見られるのは怖い。

 

もうね。批判されるのが異様に怖いの。

共同体から批判されたら、生きる場所なくなっちゃうからね。

自分悪くなくても「ごめんなさい」と言って頭下げる癖、未だに治らないし。

 

特に、自分が生み出したものを批判されたら、

死んじゃうかも。。。

 

隠したい。隠したい。隠したい。。

 

でも隠してたら、いつまでも今のまま。

 

なかなか、どこにも居場所を見つけることができそうになかった私だけど。

とんでもない孤独に、やられそうになってきたけど。

チューリッヒでいろいろな人の心の奥底に触れて思ったのは、

私なんて、序の口だってことで(爆)。

 

とんでもない、孤独にやられそうになってる人って、実は世の中にいっぱいいる。

世代から世代へ、どうしても変えたくて、

どうしたらいいかわからなくて膝を抱えてる人も、いっぱいいる。

私なんて、恵まれてる方で。ずっとマシだった(笑)。

 

そして、そういう誰もがもってる痛みって・・・

すっごく普遍的で・・・実は、時代を超えて変わらないものだった・・・。

そういう痛みに対する処方箋すら、世界中の神話や童話が語りかけてくれてる。

 

神話や童話って、私たちのご先祖様からのラブレターじゃない?

 

ははは。私の今の生き方だってさ。

本当は、母の、母の母の、母の母の母の・・・願いから生まれてるって思えば・・・

何だか本当に腑に落ちたし・・・さ。

 

親族にとんでもない不幸が続発したからこそ、言える・・のかも。

あの不幸たちに、意味を与えることができる・・・のかも。

 

グローバルな時代に、何でも選べる時代だから。

自分の生き方、どこに住んで、どんな言葉を話して、

その言葉で誰と繋がっていきたいのか?

 

女性として生まれた意味って?どうやって女をしていきたいのか?

 

わざわざ、自分の世界観をゼロからクリエイトする必要もなくて。

ちゃんと、自分の生き方をデザインできる。

 

妹に言われたのが。

(妹も、アートヒストリーをかじってたことがあって)

歴史の流れの中で、必然として・・・

あるものが、流れに沿って生まれ出してくる。

 

歴史の流れの中で、今、『私が』絶対に必要なものがある。

絶対に、ある! ある、ある、ある。(→言い聞かせてます。笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日、家族といっぱい喋って、たらふく食べてます♩

いろんな人の近況を聞きまくってます・・♩

 

それで、思った。

 

自分に合ってる道を歩むのが一番だって、

そんなの・・・みんな分かってる。

分かってるようで、わかるの・・・難しいもんだなぁと。。

 

中学・高校と成績が良くて、

医者になってその地方の国立大学で出世したり、

弁護士や検事になって着実に肩書上げてったり。

 

努力もいっぱいして、

そういうものを手に入れていく事が・・・

世間からエリートだと賞賛される道を歩み切る事が・・

魂の奥底からぴったり合ってる人っている。

 

あるいは、東京や世界に飛び出して、

エリートな学校で勉強して、

博士号とか増やしていって、

階段を着実に登っていける人もいる。

 

私自身は、田舎の「おかん」も羨ましい存在。

三人の子持ちで・・・

ひっきりなしに正月の期間中に集まる親戚たちの、

お腹をいっぱいにするだけの「食べ物」や「居場所」を・・

常にドッカーンと満たしちゃうパワーは、

企業で働いたら、どえらいお金に換算できる価値がある。

結局、みんなそういう女性にお世話になるもん(ありがとう〜)。

 

でも、でも、でも、それでも。

 

そのどれにも・・・

イマイチ居心地の悪さしか感じない人っている。

 

絶対にいる。

 

すっごい努力してるのに。

わがまま言わないように耐えて頑張ってるのに。

 

どーしても、そこには居られない人もいる。

 

自分に合う道。

その道を、どうやって創り出せばいいんだろう。

 

言葉には・・・なかなか「表現すること」ができない。

だから、まどろっこしい。

だって、ずれてるんだもん(笑)。

ずれてる人って、ずれてるだけに、

真面目にずれてる道を歩んできてるだけに、

妙にコンプレックスがあって、

ずれてる以上は・・・

世間をアッと言わせて「大成」しなきゃと・・・

ずーっとウジウジしてる。

 

ずれてるんだから、もう、世間なんてどーでもいいのに。

下手に真面目だから、最後まで世間を気にしてる(爆)。

 

でも、言いたい。

正月、初夢で腑に落ちた(笑)。

 

ずれてる道・・・・。

それ、そのままが宝石。

 

その「ずれたまま」で、世間にバーンと出ていいし、

そのままですぐに価値があるんだよね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の日暮れ時の空は綺麗だった!

細い三日月と、燦々と輝く宵の明星が寄り添ってて宝石みたい。

妹との帰宅途中に見つけた、空の宝石。

 

都心からそんなに離れてる訳でもないのに、

空の星が綺麗に見えて、緑が多くて、水が豊富な場所。

 

亡きお母さんが、住みたいって決めた場所。

 

相手を呑み込むことなく、

惜しみない愛を降り注ぐことが・・・

自然に出来る人が居る。

 

そういう事が出来る場所を、

ホームと呼びたい。

 

ずっと、愛するということは、

相手を呑み込む事だと勘違いしてた環境だったように思う。

 

強迫観念っていうか、

○○しなきゃ、しなきゃっていう・・

追い立てられる思いに追い詰められて、呑み込んで。

 

そういう「切迫した」思いがあるからこそ努力するし、

だからこそ外へ外へと飛び出して行って、

掴めるものもいっぱいある。

 

でも今は、もうそっち方面に頑張らなくていい。

そういう時にきてる気がする。

 

最近、ご縁のある人は、

成功するなーって素直に思える人が多い。

 

余計なこと考えることにエネルギー使わないから。

負のエネルギーが少ないって、こんなに楽なんだ。

 

愛される事が、当たり前だって信じ切ってる。

その安定感が、成功するっていう気持ちをすんなり呼び込んで、

周りの人にも、自然にそう思わせてしまって。

 

スイスの母のような人にしても、

介護状態で助けてくれる人にしても。

 

絶対に帰って来るって信じてる。

 

過去は変えられるんだね。

意味を見つける事が出来れば。

私には、絶対にこのルーツが必要だった。

じゃなきゃ、これを宝石だとは気づかなかったから。

 

だからこそ、もしかしたら・・

私の中の「業」のようなものさえ、

他の誰かから見たら、

「宝石」なのかも。

 

私も、誰かの宝石になれるのかもしれないんだよね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)