名古屋「英語でプレゼン」教室 の詳細はコチラ をご覧下さいませ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-24

★映像を使う(2)(スティーブジョブズのテクニック)★

テーマ:プレゼン

プレゼン英語講師りょう(臼井良介)です!
いつもありがとうございます!


今日はスティーブジョブズが使っていたテクニックの1つ、
「映像を使う(2)」についてです。


◇ ◇ ◇


◆様々な場面で威力を発揮する「映像」


「映像」は、様々な場面で威力を発揮します。


セミコンでは、映像を使う人がたまにいらっしゃいます。


薬剤師の方のセミナーでは、「薬の服用方法」に関して、
パッと見て分かりづらい特殊な薬の服用方法も、


動画で説明されて、なるほど!と、
一発で分かったことがありました。


また、歯医者さんのセミナーでは、「ちゃんと歯磨き
出来ていますか?」という「問題提起」のために、


磨いた後の人の口内を調べて、
「こんなにまだ菌がのこっている!」というのを、


顕微鏡の「映像」を通して、菌がうようよと動いているのを
見せることで、一発で納得させてくれました。


また、講演会では、TVに出た時の映像を利用して、
「最初に流して、講師の自己紹介代わりにする&


「凄い人だ」ということを、あまり詳しくない人にも
感じて貰う(その結果、「この人だからこのテーマについて


喋れるんだ!」と、信頼して貰う)&単純に映像が
(登山など)感動的であり、感動して貰う」


などのために使う人がいます。


講演会の最初または最後に流すことが多いですね。


ちなみに私は、講演会もやりますが、基本的にセミナーを行う
ことが多い、セミナー講師です・・・が、最初に、
以前TVに出演したときの映像を流すことがあります。


やはり、上記のような効果がありますので、
とても助かっています。


●まとめ【「お客さんをいかに魅了するか?」そのために
映像は使える。また、「説明が難しいこと」を説明する


ためにも使えるし、「講師の自己紹介代わり」にしたり、
「凄い人だ」と感じて貰い、その結果、「この人だから

 

このテーマについて喋れるんだ!」と、信頼して
貰ったり、単純に映像で感動して貰うことも出来る】

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


プレゼン英語講師りょう(臼井良介)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-24

★映像を使う(1)(スティーブジョブズのテクニック)★

テーマ:プレゼン

プレゼン英語講師りょう(臼井良介)です!
いつもありがとうございます!


今日はスティーブジョブズが使っていたテクニックの1つ、
「映像を使う(1)」についてです。


◇ ◇ ◇


◆マックワールド2008での「粋な」映像


スティーブジョブズは、プレゼンを単なる
情報伝達の場とは考えていません。


「お客さんをいかに魅了するか?」


それを常に追い求めていました。


お客さんがそのプレゼンに魅了されれば、
自ずと商品やサービスが売れていくことが分かっていたからです。


その結果、出来るだけ五感に訴えかけるようなプレゼンを、
感情を揺さぶるようなプレゼンを心がけていました。


その一つが、映像です。


マックワールド2008、1月15日に行われたプレゼンの最初に、
いきなり映像が流れました。


それは、2人の男性を「PC(ウィンドウズのこと)」と
「マック」に見立てて、2007年はどうだったか、


ということを二人で話している、という話です。


簡単に概要を言いますと、以下のような内容です。


「僕らウィンドウズにとっては、2007年は
あまり良くない年だった。


Windows Vistaがあまり上手く機能しなくて、
XPにダウングレードする人もいた。


その一方で、マックは、新しいOSのLeopard、新しいiMAC、
ipod、そしてiphoneを発売して大成功している。


散々な年だった。


でも、2008年は違う。ウィンドウズの年になる。


何をするかって?


2007年にマックがやったことを全て真似してやるんだよ」


という内容です。


これで、会場に笑いが起きましたし、いかに2007年が
マックにとって(すなわちアップルにとって)


素晴らしい年だったかを、ウィンドウズとの対比で、
皮肉たっぷりに伝えることが出来ました。


コチラまたは以下のURLが動画のリンクです。最初に流れます)
http://tinyurl.com/jfnx9sd


(次回に続きます)


最後までお読み頂きましてありがとうございました。


プレゼン英語講師りょう(臼井良介)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-16

★準備と練習を万全にする(3)(スティーブジョブズのテクニック)★

テーマ:プレゼン

プレゼン英語講師りょう(臼井良介)です!
いつもありがとうございます!


今日はスティーブジョブズが使っていたテクニックの1つ、
「準備と練習を万全にする(3)」についてです。



◇ ◇ ◇



◆セミコンのグランプリ優勝者は100回以上練習する


私がスタッフとして関わる、「7人の出場者が10分セミナーを
順番に行いお客さんの投票で優勝を決める」という、


「セミナーコンテスト」は、地方大会と
グランプリに分かれますが、グランプリ優勝者は、


まず間違いなく、どの年度の人も、100回以上は
練習しています。


私自身が地方大会に出たとき、入賞すらできなかったのですが、
その時は練習会数が20~30回でした。


その後、各地方大会の2~3位の人たちがゴロゴロ集まる
敗者復活戦では、2位でした。


その時は練習会数が70回でした。


地方大会の時に比べて、セミナーの内容も改善していましたから、
練習量が全てとは言いませんが、練習回数は、


確実に本番のパフォーマンスに影響を与えます。


(と言いますか、今回のメルマガは、


「準備と練習を万全にする」という話ですから、
「セミナーの内容を改善したこと」も、「準備をきちんとした」


という意味なので、良いのですけど)


10分セミナーを100回練習すると、
1000分です。


時間に直すと、17時間やれば、到達します。


数週間前からコツコツやれば、決して到達できない
時間ではありません。


でも、ほとんどの人がやらない。


それが、グランプリ優勝者とそうじゃない人を分ける
一つの指標となっています。


天才と言われているジョブズも、最初からプレゼンが上手かった
訳ではなく、何度も試行錯誤を繰り返して、プレゼンの神と


言われるような、あのLVまで到達しました。


それをいつも頭の片隅に置いておくと、私たちも
準備や練習がしやすくなるのではないかと思っています。


●まとめ【ジョブズのように、準備と練習を徹底することで初めて、
     素晴らしいプレゼンを行うことが可能になる】


最後までお読み頂きましてありがとうございました。


プレゼン英語講師りょう(臼井良介)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

google26daf533238f0294.html

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。