こんにちは。

ムクヤホームの粟津です。


最近はやっと春らしい日も多くなりましたね。


僕はこの時期が一年の中でも一番好きです。

日がだんだんと伸びてきて、暑くもなく、寒くもなく、
僕の場合は花粉症もなく・・・。
(花粉症の方にはすいません・・・。)


何となくウキウキする季節でもあります。


そんなとってもいい時期に・・・、
3月24日、25日の2日間で見学会を開催します。


今回は事前にご予約を頂く見学会なんですが、
すでに各回ほぼ満員御礼の状態です。
(感謝!感謝!)


今、その現場では追い込みの状態ですが、
外構などの工事はちょっと見学会には
間に合わないようです。

でも、建物の内部はすっかり完成いたしますので、
ご予約いただいた方は楽しみにしていてくださいね。


特に今回は、ちょっと変わった収納やオーダーメイドの
テレビボードなど既製品では味わえない楽しい趣向が満載です。


$住まいのブログ『無垢屋のひとりごと』

私もこんな感じで、製作に一役買っています。


$住まいのブログ『無垢屋のひとりごと』

でもほんとうに、うちの建具屋さんはいい仕事しますね~。


どんな仕事をするのかは、見学会でのお楽しみ・・・!


もう一つ大工さんもいい仕事しましたね~!!!

$住まいのブログ『無垢屋のひとりごと』

これ?どこだと思います???


答えは見学会で見てください!!!



あっ!!そうそう!!!


見学会のご予約のことですが・・・、
25日、日曜日の午後は若干あいている時間帯もあるので、
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。


それでは・・・。
AD

大雪注意報!!!

テーマ:
ムクヤホームの粟津です。

今日はものすごい雪でしたね。

朝、軽トラで現場に出かけて行った大工さんたちは
帰ってこれないかと思っていましたが・・・?

なんと午後から雪も止み、気温も上がったせいか
だいぶ雪も解けてきました。


これなら十分軽トラックでも帰ってこれるので
ちょっと安堵しています。


家づくりの仕事をしていると、天候に左右されることが
多々あるので、毎日の天気予報チェックは私の日課です。


特に地鎮祭や上棟の当日の天気は、本当に神経を使います。


天気のことなので、自分たちではどうにもならないのですが、
朝、神棚に願ったりして、無事雨が降らないことを祈ることも
しばしばです。


また基礎工事や外装工事または外構工事などは、
もろにその影響を受けるので、スケジュールの対応に
てんやわんやのこともあります。


まあ~、とにかく雪が早めに解けてくれて
ちょっとホットしています。


最近、個別相談を受けていると、やっぱりみなさん
住宅ローンのことについてのお悩みがありますね。


特に、変動金利にするのか、固定金利にするのか、
迷いますよね~!!!



変動金利にすると、今だったら、1.0%を少し切れるくらい。

固定金利の代表的なローンは、フラット35になりますが、
こちらの返済期間が21年以上のタイプで、2.18%。

フラット35SエコAタイプの優遇金利を使うと
当初5年間1.48%になり、その後の15年間が1.88%になります。

でも、どう考えても、変動金利よりは高いので、
「どちらがいいのかな~???」とみなさん思案中ですよね。


この「どちらがいいのかな~???」という考え方は
言い換えると「どちらが得なのかな~???」ということですよね?


よくよく考えると、この「どちらが得なのかな~?」と考えること自体、
まったく視点がずれていますよね。


なぜかというと、「どちらが損か得」なのかは
30年、35年経ってみなければ誰にもわからないからです。


誰にもわからないことを考えてみても、
しょうがないですよね。


ではその選択の基準とは、どう考えればいいのでしょうか???


それは・・・、
リスクを大きく取るのか、小さくするのかで判断してください。


私たちがいつも個別相談会でお話ししている
変動金利と固定金利の定義です。



変動金利の住宅ローンとはどういう住宅ローンかというと・・・、
たとえばあなたが4,000万円住宅ローンを借りたとすると、
これを全部返すには、あなたはいくら払えばいいのか
まったく予想もできない住宅ローンが変動金利の住宅ローンです。


ひょっとしたら、6,000万円払わなければならないかもしれません。

いやいや、もしかしたら8,000万円払わなければ、
終わらないかもしれません。


でも運よくこのまま低金利が続けば、4,800万円で済むかもしれません。


一方、固定金利の住宅ローンとは、一度借りたら35年間でいくら返すかは
借りた時点ではっきりとわかる住宅ローンです。

たとえば4,000万円借りたら、35年間で5,300万円払えば
必ず終わります。



ハイパーインフレの時代にになろうが、金利がいくら上昇しようが、
絶対に変わりません。


さあ~、あなたならどちらを選択しますか???


でもね~、不動産屋さんや銀行の住宅ローン担当者や
ハウスメーカーの営業さんは、絶対にフラット35などの
固定金利の住宅ローンをあなたに勧めてくれません。


それはどうしてなのか????


これ以上このブログでお話しすると
いろいろと支障があるので・・・。



もしこのようなお話にご興味があれば
3月に開催される現場見学会でお話しています。



今回の見学会は予約見学会なので、メールやお電話での
ご予約が必要になります。



詳しくは、ムクヤホームホームページで近々に
公開いたしますので、そちらをご覧ください。


それではみなさん風邪など引きませんよう
お体にお気をつけてください。


では・・・。
AD

看板も無垢の板!!!

テーマ:
昨年、事務所の外壁をリニューアルいたしました。

それまでの、杉板が反ってしまって剥がれ落ちそうに
なったので、一度はがして新しく無垢の板を張りました。


この板は、レッドシダーと言って、外国製ですが
雨に強くあまり反ったりしません。


自然塗料は塗ってあるので、一応水ははじきますが、
年に一度くらいは塗り替えないと、またすぐに
痛んでくるかもしれません。


で、先日、ついに看板も新しくいたしました。

それまでの看板は、「栗」の板を使っていましたが、
手入れもせず、ほったらかしで、当然雨が降れば
ずぶ濡れです。


最初に自然塗料を塗っていても、始めだけなので、
2~3年で見るも無残な姿になっていました。


そこで、やっと重い腰を上げ、新しい看板が完成いたしました。


私の嫁さんのお父さんが、印刷関係の仕事をしているので、
前回もそうですが、今回も看板に印刷をお願いしました。


こんな感じです。



$住まいのブログ『無垢屋のひとりごと』


この板は「東急ハンズ」で買いました。

材木屋さんにも無垢の板はたくさんあるのですが、
ほとんどがテーブル材になるような厚くてりっぱな木が多くて、
看板に向いているような薄い材木は見当たりませんでした。


そこで、東急ハンズに行って、大きさや厚み、水に強い材種、
などをリクエストしておいて、希望に近い材木が入ったら
知らせてもらえるので、とても重宝しています。

この看板の木は「栃の木」と言って、水に特別強いというわけではないけど、
板の厚みは薄くても丈夫そうなので、これに決めました。
(比較的安かったし・・・。)


でも、やっぱり無垢の木を見ていると、何となく心が落ち着きますよね。

事務所のトイレの中には、桧の羽目板を張っているけど、
何となく気持ちいいですよね。


この感覚は、うまく説明できないけど・・・。


森の中や渓谷などに行くと感じる、すがすがしさとかの
感覚に似ているのかな~・・・。


まあ~、外観だけは結構目立っているので、
存在感を見せるにもいいかもしれません。


でも、手入れはちょっと大変だけど・・・。

年月による変化を楽しむのも、無垢材や自然素材の
いいところなのかもしれませんね。


では、また・・・。




AD