無限への目覚め〜 Becoming Awaken to Infinity, 弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世の中の様々な出来事について、自分なりの視点から書いて行きたいです。
今まで弥勒菩薩ラエルから教えていただいたお話もちょこっと紹介しますね〜。


テーマ:
NOTICE;If you haven't yet read "Conflict between Israel & Palestine About Land, Water, & Resources No.2", please read it before reading the folowing no.3.
※お知らせ:イスラエルとパレスチナの紛争は土地と水と資源が原因No.2。弥勒菩薩ラエルは全戦争をやめるべきという』をお読みでない方は、こちらから先にお読みください。





Conflict between Israel & Palestine Is
About Land, Water, & Resources (No.3)
イスラエルとパレスチナの紛争は土地と水と資源が原因(No.3)
弥勒菩薩ラエルは全戦争の廃止を主張



【YouTube】Why US and Israel wants to ban this video..

何故米国とイスラエルがこのビデオを禁止にしたいのか・・・

URL:http://youtu.be/Ch5XlEZoi1c




★ ★ ★ PRESENTATION
プレゼンテーション ★ ★ ★

by Anna


Life in Occupied Palestine: Eyewitness Stories & Photos(No.3)
(The following article is continued from No.1 of "Life in Occupied Palestine.")
占領されたパレスチナでの生活:目撃者のストーリー&写真(No.3)

(No.2からの続きです。)


1-2(2) Outpost/辺境地の居住者
    (※管理人:イデオロギー(信条的理由)により違法に単独でパレスチナ領土内の人里から離れた場所に勝手に移住してくるイスラエル人や彼らが住む場所のことを指すようです。)

No.40

No.44
No.44
 
No.45
No.45
 
No.46
No.46
(No.44)Well, a farmer wakes up the next morning and there’s an outpost on his land. While the Israeli government says that it doesn’t condone this kind of practice, it doesn’t do a whole lot to prevent the settlers from coming, or to make them leave.
(No.44)て、農業経営者が翌朝おきて、(彼の土地の離れた場所にテントやトレーラーに住んでいる)移住者がいるのを発見します。イスラエル政府がこの種の行いを許可しないと言いますが、それも大した役には立たず、移住者達が来るのを防ぐことは出来ませんし、彼らを立ち去らせる事も出来ません。

Note: This outpost is a tent or trailer with Jewish Israelis in it. If the Palestinian farmer asks them to leave, they might threaten him with a gun - which they're allowed to have and he isn't.
管理人:この突然に離れに現れたイスラエル人の移住者に立ち去るようパレスチナ人の農夫が頼むと、イスラエル人は銃で彼を脅すかもしれません。イスラエル人は銃を持つことを許され、パレスチナ人は許されません。


(No.45)So, over time these outposts begin to grow. More settlers move into them, eventually they want a school for their children, they want a fence around them for security, they want a road to connect them to Israel,
(No.45)うして、時間とともにイスラエルから来た居住者達の数は増えていきます。更に多くの人達が彼らのいる場所に移住してきて、遂には彼らの子供達のために学校がほしい、安全のために周囲に柵がほしい、彼らの場所からイスラエルに通じる道路がほしいと言い出します。

(No.46)And over time what you have is it’s no longer an outpost, it’s a new settlement. That’s the way a lot of these settlements were originally founded and grew into what they are today. Once they become settlements and recognized by the Israeli government and such, they become subsidized by the Israeli government, which means subsidized by the U.S. government, by us. The U.S. government gives Israel between 3 and 5 billion American tax dollars every year. That’s more than 10 million dollars every single day. That is going towards upholding these illegal practices. You know, this may seem like something kind of on the other side of the world has nothing to do with us as Americans, but we are the ones paying for this. You know, we have a right, we have a responsibility to know where our tax dollars are going and to ensure that they are not being used to violate human rights, international law, and even U.S. law. (23:44)
(No.46)して、時間とともにそこにあるのは居住地区ではなくなり、新しい共同社会になります。このようにして共同社会の多くが最初に作られ、 今日ある姿にまで成長したのです。その居住地区が共同社会になるや否や、イスラエル政府により資金援助を受けるようになりますが、それはとどのつまり、アメリカ政府…私達により資金援助を受けていることを意味します。米国政府はイスラエルに30億から50億ドルのアメリカの税金を毎年提供しています。その額は一日あたり1000万ドル以上になります。このお金がかれらの違法な行動を指示する事に使われています。 これは世界の反対側の出来事で私達アメリカ人には何も関係ないように見えるかもしれませんが、私達がこのお金を支払っている人達なのです。私達は私達の税金がどこに送られているのか知る権利と責任があり、その税金が人権や国際法、そして、アメリカの法律さえも侵害しないことを確かにする権利と責任があります。(23:44)

No.47
No.47
(No.47)Here’s a few pictures of outposts. This is one is above the village of Yanoun. Oftentimes they’re placed on hilltops for sort of strategic reasons. Here’s the village of Yanoun, a Palestinian village of about 300 people. Here’s one of the homes in the village and again you can see at top there, the outpost. As I mentioned before, a lot of the settlers living in these outposts don’t think the Palestinians have any right to be where they are.
(No.47)ちらはその居住地区の何枚かの写真です。これはヤヌーン村の上にある居住地区です。この種の居住地区は、しばしばある種の戦略的な理由で丘の頂上に作られています。これはヤヌーン村で、約300人の人達が住むパレスチナの村です。こちらはその村にある民家の一つで、ここでもまた、その上の方に居住地区が見られます。前に言いましたように、これらの居住地区に住む居住者の多くは、彼らがいる場所にパレスチナ人達がいる権利はないと考えています。
No.48-1
No.48-1
So they’ll actually come down, with large weapons even, to try and threaten the villagers, to try to make them leave their homes and land.
(No.48-1)Here’s a pictures of one of these armed settlers that’s come down to threaten a villager picking her olives. In the past these settlers have beaten up numerous villagers, they’ve poked a young boy’s eye out of his face. They’ve beaten an old woman with her walking stick, they’ve killed a villager, they’ve stolen olives.
すので、彼らは実際に大きな武器さえも手にして降りてきて、村人達を脅して彼らの家と土地から立ち退かせようとします。
(No.48-1)こちらの写真は、オリーブをとろとうしている村の女性を脅しに降りてきた武装した居住者の1人の写真です。これらの居住者達は、過去に、多くの村人たちを殴りつけたことがあり、若い少年の眼球をつつき出したことがあります。彼らは、杖を付いているお年寄りの女性の杖でその女性を叩いたことがありますし、村人を殺したり、オリーブを盗んだりしたことがあります。


No.48-2
No.48-2

No.48-3
No.48-3
 
No.48-4
No48-4
(No.48-2)Keep in mind, of course, that the Palestinians in this part of the world are not allowed to have any kind of weapons. Now, clearly some Palestinians do manage to get weapons, we hear about it in the media, but the vast majority of Palestinians don’t. They don’t have anything to defend themselves with besides stones or their bodies.
(No.48-2)えておいてほしいのですが、もちろん、世界の中でここの場所にいるパレスチナ人はどんな類の武器も持つことが許されていません。それで、疑いもなく、あるパレスチナ人達は武器を何とか手に入れることもあります。マスメディアがそういう報道をするのを私達は聞いたりしますが、パレスチナ人の圧倒的多数は武器を手に入れません。彼らは石や自分の身体以外に、自分自身を守るものは持たないのです

(No.48-3)Meanwhile, Israeli soldiers and civilians, these settlers, are often times carrying around these large weapons.
(No.48-3)一方で、イスラエルの兵士や市民、そして、この居住者達は、しばしば大きな武器を持ち歩いています。

(No.48-4)So that’s the kind of balance of power that you feel going into the territories.
(No.48-4)れが、この領土に立ち入った時にあなた方が感じるある種の力の均衡なのです。
No.49
No.49
 
No.50
No.50
 
No.51
No.51
(No.49)The settlers have burned the village generator so that Yaunoun villagers didn’t have any more electricity.
(No.49)住者たちは村の発電機を焼き、ヤヌーン村の人達は電気を使えなくなりました。

(No.50)This is the Yanoun water source where the settlers have come down and urinated in the water source, they’ve poisoned it with dead chickens, anything to try to make the villagers leave. At the end of 2002, the village of Yanoun came together to make a decision about this issue. What they decided was that they were going to leave.
(No.50)れはヤヌーン村の水源ですが、居住者達がそこに降りてきて、その水源に排尿し、死んだ鶏肉をそこに入れて汚染させてしまいました。彼らは村人達を立ち去らせる事なら何でもしました。そして、2002年の暮れに、ヤヌーン村の人達は集まり、この問題についてある決定を下したのです。

(No.51)They decided to abandon their ancestral homes and land, because they felt so threatened by the settler presence, and one day they picked up and left, all 300 of them.
(No.51)らは先祖伝来の自分たちの家と土地を放棄することにしたのです。何故なら、彼らはその居住者達の存在により非常に恐怖を感じていましたから。そして、ある日、彼らは片付けをして出て行きました。村人300人の全てが。


Well, the international and Israeli peace communities heard about what had happened in Yanoun and went to the villagers staying in a nearby town with an offer. What we said was,
If you choose to return to your homes and your land, we will commit to maintaining a constant presence of international and Israeli peace activists to live with you in your community for as long as you want us there. We will bear witness to these crimes, we will document them, try to get them into the media, we will stand beside you in solidarity, should those settlers attack.
And, about a third of the villagers accepted our offer and have come back to their homes, almost 100 of them, and living along with them now are these international and Israeli peace activists.
て、国際的且つイスラエルの平和グループはヤヌーン村で起きた事を耳にして、近くの町に滞在していた村人達のところに行きある提案をしました。私達はこう言いました─
もし、あなた達が自分達の家と土地に戻ることを選択したら、私達は国際的且つイスラエルの平和活動家達が常時あなた達の側にいることを約束し、あなた達が私達にそうしてほしいと思う間ずっとあなた達の地域であなた達と一緒に住む事を誓います。もし、その居住者達が攻撃してきたら、私達はこれらの犯罪の証言をし、文書に記録し、その居住者達をメディアに引きずり出し、私達はあなた達と連帯してあなた達の側にいます。
そして、村人達の3分の1のほぼ100人の人達が私達の提案を受け入れました。そして彼らと一緒に住んでいるのは、この国際的且つイスラエルの平和活動家達です。


  Israeli Activists/イスラエル人の活動家達

This is a picture of one of those activists, his name is David, he is a friend of mine. David was actually the victim of a particularly brutal settler attack, in which he was beaten to a pulp in his face, which shows that settlers will attack not only Palestinians but internationals and Israelis, who are there in solidarity with those farmers.
れはその活動家達の1人でデイビッドといいます。彼は私の友人です。デイビッドは実は特に残忍な移住者の攻撃を受けた被害者です。その時、彼は顔をこてんぱんに叩きのめされました。この事件が、移住者達がパレスチナ人だけではなく、その村に来て農場経営者達と連帯して滞在している外国人達やイスラエル人達をも攻撃する事がわかります。
No.52
No.52
(No.52)But, David continues to do wonderful work in the Palestinian territories. He is recovering. He is a citizen of Israel, a Jewish Israeli, and one of many Israeli activists that I’ve had the privilege to work with in Palestine.
(No.52)かし、デイビッドはパレスチナ領域で素晴らしい仕事を続けています。彼は回復しているところです。彼はユダヤ系イスラエル人の市民ですが、私がパレスチナで共に仕事をする機会に恵まれた多くのイスラエル人活動家達の1人です。

Now, it’s very important for people to distinguish between...
  • what it means to be Jewish, someone from the Jewish religion or culture like myself;
  • what it means to be Israeli, a citizen of the state of Israel and
  • what it means to be a Zionist, someone who supports the idea of an exclusively Jewish state.
These are three separate categories.
て、私たちは以下の違いを理解することがとても大切です・・・
  • 私のようにユダヤ教、又は、ユダヤ文化の出身のユダヤ人である事
  • イスラエル国家の市民であるイスラエル人である事
  • ユダヤ国家だけの考えを指示するユダヤ主義者(シオニスト)である事
これらは3つの別々の分類です。

There is some overlap, but they are not the same thing, and it’s very important to distinguish. There are Jewish people who are not Israeli, like myself. There are Israelis who are not Jewish, 20% of the Israeli population is Palestinian. There are Jews who are not Zionists. There are Zionists who are not Jewish- the increasingly influential Christian Zionist movement in this country. It’s very dangerous when these ideas become conflated because people start associating them as equals such that people are afraid of standing up against what Israel is doing because they are afraid that would make them an anti-Semite or a Nazi or something, and it’s absurd, it’s crazy. Occupation and oppression have nothing to do with Judaism and to criticize these things is not anti-Semitic, so it’s important to keep these things separate in our minds.
分的には重なりあっていますが、それらは同じ事ではありません。そして、区別することが非常に重要です。私のようにイスラエル市民ではないユダヤ人もいますし、ユダヤ人ではないイスラエル人もいます。イスラエル人口の20%はパレスチナ人です。ユダヤ主義者ではないユダヤ人もいます。ユダヤ人ではないユダヤ主義者もいます・・・この国でますます増え続けている影響力のあるキリスト教のユダヤ主義者の運動が有ります。これらの考えが一緒になるのは非常に危険です。何故なら、人々はこれらの考えを同等のものとして関連づけ、そのために、人々はイスラエル政府に抵抗すると彼ら自身が反ユダヤ主義者やナチス党員のようなレッテルをはられてしまうのを恐れ、イスラエル政府がしている事に抵抗するのが怖くなるのです。それはばかげた事であり、常軌を逸しています。占領と抑圧はユダヤ教とは何の関係もないですし、占領と抑圧を批判することは反ユダヤ主義ではないので私達の心の中でこれらの考えを区別しておく事が重要です。
No.53
No.53
(No.53)Here you can see a Jewish Israeli, a Rabbi from a group called Rabbis for Human Rights, planting an olive tree alongside a Palestinian farmer.
(No.53)の写真では、人権のためのラビ達と呼ばれるグループから来たユダヤ系イスラエル人のラビが、オリーブを三本パレスチニア人の農民の横に植えているところが写っています。

No.54
(No.54)Here you can see an Israeli activist protesting the policies of her government alongside Palestinian colleagues of the resistance.
(No.54)ちらには、イスラエル政府の政策に反対するイスラエル人の活動家が写っていて、その横には抵抗運動のパレスチナ人の同僚達が並んでいます。

In Israel all Jewish men and women are required to serve in the military, but there have been thousands of Israeli citizens who stood up and said, “We refuse to take part in this institution.” They are known as the “refusniks.”
(No.55)スラエルでは全てのユダヤ人の男性と女性は軍で働く事を要求されますが、今まで何千人というイスラエル人の市民たちが立ち上がり、「私達はこの国家の機関に参加することを拒否する」と訴えてきています。彼らはリフューズニクスとして知られています。

I have to say that in Israel there is a much higher tolerance for debate and dissent on this issue than you find in the United States. In Israeli newspapers you will find much more candid descriptions of the occupation than in US mainstream newspapers, where sometimes it’s even taboo to use the word “occupation.”
スラエルでは、この問題に関する議論や意見の相違に対する耐性が、合衆国内よりも高いと言わなくてはいけません。時に「占領」という言葉を使う事がタブー視される時でもイスラエルの新聞では、アメリカの主流となる新聞で見られるよりも遠慮のない記述が見られます

But in Israel, actually, themajority of the people are opposed to the settlements and opposed to the occupation as it is right now. So, a lot of times people in the United States feel like they have to support the Israeli government in order to support the Jewish people or the Israeli people.
かし、イスラエルでは、今そうであるように、実は大部分の人々はイスラエル人専用の共同社会や占領に反対しています
多くの場合、アメリカの人達は、ユダヤ人又はイスラエル人を援助するためにイスラエル政府を支援しなくてはいけないように感じています。
No.57
 
No.58
No.58
 
No.59
No.59
(No.57)And they don’t realize that, just like in the United States there are Americans that don’t always support what part of their government may do, there are Israeli citizens that don’t support the Israeli government.
(No.57)して、アメリカの中で、アメリカ人がアメリカ政府の政策をいつも指示するわけではないのと同じように、イスラエル政府を支持しない イスラエル市民がいるということにアメリカ人は気が付きません。

(No.58)And, actually, a very telling statistic shows that it is five times more likely for an Israeli soldier to commit suicide than to be killed in a terrorist attack. So when people talk about this occupation as helping the Jewish people they don’t realize how many Israelis are actually against it and how important it is for the Jewish people as well as the Palestinian people to end this.
(No.58)れと、実は非常に有力な統計によると、イスラエルの兵士が自殺して死ぬ確率は、テロリストの攻撃で死ぬ確率の五倍も大きい傾向にあるという統計が出ています。ですので、人々がこの占領について話をする時、彼らはどれだけ多くのユダヤ人が実は占領に反対していて、ユダヤ人とパレスチナ人にとってこれを終わらせる事がどれだけ重要であるか知りません。

(No.59)Refusniks often suffer from discrimination within their own communities. I’ve know refusniks that have been ostracized by their communities, even disinherited by their families, refusniks that have gone to jail for what they believe and refusniks are ineligible for a number of jobs in Israeli. So there’s a whole slew of institutions built up to prevent Israelis from speaking out against what their government is doing, and yet they continue.
(No.59)フューズニクスは彼らの地域社会の中でしばしば差別にあいます。リフューズニクスの人達は、自分たちの地域社会から仲間はずれにされたり、家族から相続権を奪われたり、自分の信条のせいで刑務所に送られたり、イスラエル国内では多くの仕事につく資格がありません。イスラエル人達に政府がしていることに反対意見を言わせないようにする目的で設立された沢山の機関がありますが、それにもかかわらず、彼らは(抗議の運動を)続けています。

(30:39)Here is a Palestinian farmer picking olives with an Israel activist in the Olive harvest.
I’d like to bring us back to the main outline. We’ve talked about restricted movement, we’ve talked about settlements & outposts, and down at the bottom, there we’ve talked about Israeli activism. I would like to begin now talking about the Wall before getting into imprisonment and of course, resistance.
(30:39)の写真には、オリーブの収穫期にイスラエル人の活動家と一緒にオリーブを収穫しているパレスチナ人の農場経営者が写っています。
ここで主要な概略に戻りたいと思います。ここまでで、制限された行動、共同社会、居住地区、そして、根底に有るイスラエル人の活動家達について話をしました。それでは今から投獄と、もちろん、抵抗に入る前に、壁について話を初めたいと思います。
ヽ(^。^)ノ


1-3. The Wall/壁

No.61
No.61

(No.61)So, the wall. This a picture of the wall that Israel is building, and this is what it looks like in urban areas, it’s 25-foot concrete.

Often times in the newspapers you’ll find it’s not called the “wall,” instead they call it a “security fence.” And, a lot of people really believe that this is a security means to prevent terrorism. I’ve talked to people who say, “Well, look, it’s very sad to have a wall and everything but we’ve been fighting for so long and all we want is peace. Maybe if we just stick up a wall between the two sides, they’ll stop fighting each other, they’ll stop killing each other.”

Well, this is an interesting question, right – “does separation, does segregation bring peace?” Also interesting is that a lot of the people that support the wall (, it turns out, if you ask them, ) may not have ever actually seen a map of where the wall is being built, and this is really critical to understanding the intention behind it and what the effects are actually going to be of this wall.

So, you know if you’re going to build a wall between your house and your neighbor’s house, where would you build it? Along the property line, right, or maybe a little bit on your territory. Well, take a look at where Israel is building this wall.
(No.61)ー、壁です。これはイスラエルが建設中の壁の写真です。25フィートの高さのコンクリートです。

聞では「壁」とは呼ばずに「セキュリティーフェンス」としばしば呼んでいます。そして、多くの人達がこれはテロリズムを防ぐための治安手段だと信じています。私はこのような事を言う人達と話すことがあります。─「いいですか、壁や色んな物を設置するのはとても悲しいですが、非常に長い間私達は闘い続けている状況で、私達が本当に望んでいるのは平和なのですよ。多分、もし2つの領土の間に壁を作れば、彼らはお互いに闘うのをやめるかもしれませんし、互いに殺し合うのをやめるかもしれません。」

うですね、ここで面白い質問をしたいと思いますが、「分離政策が、人種的分離が平和をもたらしますか。」 (もし貴方が彼らに聞いたとしたら次のような結果になるのですが)その壁がどこに設置されているかを地図で実際に確認したことがある人達は殆どいない かもしれません。そして、地図で実際に確認することが壁を建設する事の裏に隠されている意図を理解し、この壁が実際にどのような効果をもたらすのか理解するのに絶対不可欠なのです。

し、貴方が貴方の隣の家と自分の家との間に壁を作るとしたら、どこに作りますか?土地の境界線ですよね。または、少しだけ貴方の土地の側に建てますでしょう。それでは、イスラエルがどこにこの壁を立てているのか見てみましょう。

No.62
No.62
 
<br />
No.63
 
 
No.64
No.64
(No.62)In this map you can see the border around the West Bank and then you can see those red lines that indicate where Israel is constructing this wall. As you can see, over 80% of it doesn’t even touch the green line, that border of the West bank, but actually snakes in, in effect annexing all of that land on the western side onto the Israeli side.
(No.62)の地図を見るとウェストバンクの周囲に国境があるのがわかります。そして、イスラエルがこの壁を建設している場所を示す赤い線があるのがわかりますね。見てお分かりの通り、その80%以上がウェストバンクの国境の緑の線に触れさえもしませんが、実はウェストバンク側に入り込んでいて、その結果、西側の土地を全てイスラエル側に併合しています。

(No.63)In particular, take a look at the Jerusalem area where most of the land is being taken. Remember that, of course, Jerusalem is a holy city not only for Jewish people but also for Muslims and for Christians. 20% of the Palestinian population is Christian and they, along with their Muslim counterparts, are being separated from the religious center of their land, as well as the economic center of their land and the geographic center of their land.
(No.63)に、殆どの領土が取られているイェルサレム地区を見てください。もちろん、イェルサレムはユダヤ人だけではなく、イスラム教徒やキリスト教徒にとっても新製な場所であることを覚えておいてください。パレスチナ人の人口の20%がキリスト教徒であり、イスラム教徒の人々と一緒になって、彼らの宗教的中心地であり、経済的中心地、そして、地理的中心地から切り離されています。

(No.64)The entire eastern third of the West Bank was going to be cut off with the wall and now, instead of building that wall, they’ve decided to line that eastern third with checkpoints so that Palestinians, for the most part, can’t even access that part of the West Bank. So, what’s happened is that it’s been chopped up. The West Bank has been chopped up into little sections.
(No.64)ェストバンクの東側3分の1全体がその壁により切り離される事になり、そして今、イスラエル政府は、その壁を建設するのではなく、その代わりに東側3分の1にチェックポイントを並べることにし、それによりパレスチナ人の大部分がそのウェストバンクの地域に行くことさえ出来なくしてしまいました。なので、この地域が細切れにされてしまったのです。ウェストバンクは小さい区域に細切れにされてしまいました。


No.65-2
No.65

(No.65)Here is a series of 4 maps that really show over time what has happened and I think that they really tell the story well.
  • The first map represents, with the green, the amount of land that was owned by the Palestinians in 1946, and that is 92% of the land, where as Jews owned only 8% of the land.
  • Then, in 1947, the UN Resolution 181 offered Jews 54% of the land and Palestinians 46% of the land. By the end of the 1948 war, when Israel was declared a state, the Jewish Zionist Forces actually acquired 78% of the land, leaving the Palestinians with 22% of the land in the West Bank and Gaza.
  • Finally, now in 2006 you can see what that land has come to, a series of smaller sort of enclaves and islands.

(No.65)この4つの地図がありますが、これらの地図は時間と共に何が起きたのかを示していますが、これらの地図を見ると本当になにが起きたのかが良くわかります。
  • 最初の地図は、緑色の地域がありますが、1946年にパレスチナ人により所有されていた領土の範囲を表しています。そして、それは92%であったのに対して、ユダヤ人はたったの8%しか所有していませんでした。
  • そして、1947年、国連決議181がユダヤ人にその土地の54%を提供し、パレスチナジに46%を提供しました。イスラエルが国家宣言をした1948年戦争の終わりまでに、ユダヤ系のシオニスト主義者の軍隊が実はその領土の78%を獲得し、パレスチナ人にはウェストバンクとガザ地区の領土の22%を残しただけでした。
  • 最終的に、2006にこの土地がどうなったか見てください。より小さく散りばめられた土地と幾つかの小さな島の集まりになってしまいました。




to be continued...

・・・続く









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

むげん君さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。