無限への目覚め〜 Becoming Awaken to Infinity, 弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世の中の様々な出来事について、自分なりの視点から書いて行きたいです。
今まで弥勒菩薩ラエルから教えていただいたお話もちょこっと紹介しますね〜。


テーマ:
NOTICE;If you haven't yet read "Conflict between Israel & Palestine About Land, Water, & Resources No.1", please read it first.
※お知らせ:
イスラエルとパレスチナの紛争は土地と水と資源が原因No.1。弥勒菩薩ラエルは全戦争をやめるべきという』をお読みでない方は、こちらから先にお読みください。


英語と日本語[English & Japanese]日本語[Japanese]





Conflict between Israel & Palestine Is
About Land, Water, & Resources (No.2)
イスラエルとパレスチナの紛争は土地と水と資源が原因(No.2)
弥勒菩薩ラエルは全戦争の廃止を主張



【YouTube】Why US and Israel wants to ban this video..

何故米国とイスラエルがこのビデオを禁止にしたいのか・・・

URL:http://youtu.be/Ch5XlEZoi1c




★ ★ ★ PRESENTATION
プレゼンテーション ★ ★ ★

by Anna


Life in Occupied Palestine: Eyewitness Stories & Photos(No.2)
占領されたパレスチナでの生活:目撃者のストーリー&写真(No.2)




I. Structures of the Occuptation
I. 占領の構造


1-1. Restricted Movement/制限された行動

(1) Checkpoint/チェックポイント

"We're just following orders."
「私達はただ命令に従っています。」


cpt_DeirBallut02
No.21


This is something I hear from soldiers almost daily, “We’re just following orders,” and that is exactly what the soldiers were doing. At that point the husband decided to call an ambulance to come from Ramallah City, an hour away, to the checkpoint so that all it would take is for his wife to walk 5 foot from her own vehicle across the checkpoint to the ambulance. The ambulance arrives an hour later and the soldiers come down shaking their heads, and they said, “Look, it doesn't matter if you are going by foot or by car, you're still Palestinian, it's still the middle of the night, you still can't cross.” At that point they're sort of tearing their hair out and the husband decides to call all of his friends. He, like many Palestinians, had actually worked in Israel, speaks Hebrew, and was able to contact an Israeli friend that had a connection to the army that was high enough such that were able to get this woman permission to cross the checkpoint to get to the hospital. The soldiers allowed her through, they wouldn’t allow her husband to go with her. She got to the ambulance and immediately began to give birth to the twins. The twins were born, both of them alive, basically healthy, except, of course, that they were 2 months premature, and because they were premature they were in desperate need of hospital attention. Because they were an hour away, on a bumpy road in the middle of the night, having waited almost two hours at the checkpoint, they weren't able to reach the hospital on time and because of this both of this woman's babies died.
れは殆ど毎日兵士たちから聞く言葉です、「私達はただ命令に従っているだけです。
そして、まさしくそれが、彼らがしていることなのです。その時点で、その妊娠した女性の夫は、1時間離れたラマラー市にある病院に電話をして、救急車にチェックポイントに来させるように頼みました。そして、彼女がしてなくはいけなかったことは、単に彼女の車から5歩歩いてチェックポイントを超え、そこに停車した救急車まで歩くことでした。救急車は1時間後に到着しましたが、兵士たちが彼らの頭を振りながら降りてきて、そして、こう言いました。
 ─「いいですか、貴方が歩いて行こうが車で行こうが関係ないです。貴方はどちらにしろ、パレスチナ人ですから。まだ夜中ですし、貴方はここを通過することは出来ません。」

この時点で彼らは気が動転してしまい、夫は彼の友人たち全員に電話することにしました。彼は、多くのパレスチナ人がそうであるように、彼もイスラエル国内で実は働いた経験がありヘブライ語が話せましたので、この女性が病院に行くためにこのチェックポイントを通過する許可を女性に与えることが出来るような権限を持つイスラエル軍の上層部にコネがあるイスラエル人の友人に連絡することが出来ました。ついに、兵士たちは女性を通過させましたが、彼女の夫が妻と一緒に行くのは許可しませんでした。彼女は救急車に着くやいなや双子の赤ちゃんを出産したのです。双子の赤ちゃんは生まれ二人共生きていました。基本的には健康でしたが、ただ、もちろんその状況のため、その赤ちゃんらは2ヶ月の未熟児で生まれてしまいした。そのため病院の対応が必要な深刻な状態でした。病院までは1時間離れており、チェックポイントで既に2時間待たされ、夜中にでこぼこ道を一時間かけて走り、病院に到着した時には、この双子の赤ちゃんは二人とも亡くなってしまいました。
I tell this story not because it’s heartbreaking and not because I’m trying to demonize these soldiers. Look, I believe in the Nuremberg Principals, that people are responsible for their actions even if they are following orders. That said, what I think is the greatest crime of all is not so much the acts of the individual soldiers who might be nicer or meaner, but the system itself, the fact that things are structured this way such that there are even soldiers there to begin with, who control whether or not a person can go to the hospital. That to me is the greatest crime.
はこの話が悲痛な思いにさせるから話しているのではなく、また、これらの兵士たちを悪者扱いにしようとしているので話しているのでもありません。私はヌーレンバーグ原則を信じています。それは、たとえ人が命令に従っているにせよ、人は自分の行動に責任があるということです。とは言うものの、私が全ての中で最も重い犯罪だと考えるのは、より感じが良いか、より意地悪な兵士たちがとる行動ではなく、そのシステム自体が最大の犯罪であり、ある人が病院に行けるかどうかをコントロールするために兵士たちさえもそこに配置するように、物事が全てシステム化されている事が最大の罪なのです。それが私にとって最大の罪です。
Owner of this blog's comment: It is entirely wrong to say that the person, who ordered soldiers to kill civilians in a war, did not commit a crime, because he didn't kill anyone. He is guilty, too.

It is entirely wrong to say that, only because they were ordered to kill civilians in a war; otherwise, they were threatened that they would be killed, that the soldiers are not guilty. They are guilty, too.

It is entirely wrong to say that the person, who created the whole system, did not commit a crime, because he did not kill anyone. He is guilty, too.

It is entirely wrong to say that the person, who is making huge amount of profit from wars, did not commit a crime, because he never killed anyone. He is guilty, too.

It is also wrong to say that people, who ignore this biggest crime from the sidelines without saying anything against it, did not commit a crime at all. Actually, he or she is as guilty as those, who kill the civilians, because not showing his/her disagreement against what the people of power do is the same as allowing or agreeing with them to commit a crime: therefore which means that he/she is as guilty as the person, who killed civilians.

We must become aware as a whole humanity with our consciousness that this is ENTIRELY WRONG!
無限君:兵士たちに市民を殺すように命令した人は、誰も殺していないので、その命令した人は悪くないというのは間違いです。彼もまた罪を犯しています。

また、兵士たちが単に命令を受けたから、それに背けば殺すぞと脅されたからやっただけだというのも間違いです。兵士たちも罪を犯しています。

また、このシステムの全てを作った人は実際に誰も殺していないので罪はないというのも間違いです。彼もまた罪を犯しています。

そして、この戦争により巨額の冨を得ている人は、誰も一度も殺していないので犯罪は犯していないというのも間違いです。戦争により利益を得ている人も罪を犯しています。

そして、この最大の犯罪を見て見ぬふりをする市民は、自分は何も命令もしてないし、戦争で人も殺していないので、私には罪はない、何の関係もないというのも大間違いです。何故なら、権力者達がすることに反対であることを示さないのは、彼らが犯罪を犯す事を援助するか助長しているのと同じだと言う意味で、前者の人たちと同様に罪があると思います。

私達は人類として私達の意識を使い、これが完全に間違いであることに気が付き、それを主張し、反対しなくてはいけません!

(2) Roadblocks/道路上の障害物


village Dair Ballut
No.22

Roadblocks
No.23
 
cannot_go
No.24
(No.22)Like I said, this is the checkpoint outside of the village of Deir Ballut. The village itself is sort of over to the left of the photograph and there is a direct road from the village to the checkpoint, but the villagers are not allowed to use it.
(No.23)That is because there is something called roadblocks on it. Roadblocks are like what you see here, often concrete cubes placed on Palestinian roads to prevent Palestinians from being able to use their vehicles on these roads.
(No.24)So, what these roadblocks mean, for example, for the village to Deir Ballut is that instead of taking a half mile paved road from their village to the checkpoint every morning on their way to wok or to school, they have to take a 3 mile unpaved detour all the way around through the countryside to reach the exact same spot. What does this mean for them? More time, more stress, more wear & tear on their vehicles, more money for gas. And again, this question of security, right? These institutions, the checkpoints, the roadblocks are supposed to be there for the security and safety of Israeli population, to prevent terrorism.
In what way are these roadblocks securing anybody? You know, forcing Palestinians to take this long detour, how much of this is about security and how much of this is about control?
(No.22)に言いましたように、これはデア・バルート村の郊外のチェックポイントです。その村は、この写真の左側の奥の方にありますが、その村からそのチェックポイントに行ける近道があります。
(No.23)しかし、村人達はその道を使用する事が許されていません。何故なら、その道路上にはロードブロックと呼ばれる障害物が置いてあるからです。この写真に写っているのがそのロードブロックです。パレスチナ人達が自動車で通行出来ないように、しばしば立方体の形のコンクリートがパレスチナ人用の道路に置かれています。
(No.24)すると、例えば、毎朝仕事や学校に行く時、村からチェックポイントへ通ずる近道の800メートルの舗装道路を行く事は出来ないので、4.8キロの舗装されていない迂回道を通り田舎を通り抜けて同じ目的地に行かなくてはいけません。彼らにとってこれは何を意味するのでしょうか。より時間がかかり、更に大きなストレスとなり、車により多くの故障が発生してしまい、ガソリン代も更にかかります。そして、ここでもまた、テロリズムを防ぐためのイスラエルの人達の治安と安全の問題が出てきます。
これらのロードブロックは一体誰を守っているのでしょうか?パレスチナ人達に強制的にこの長い回り道をさせる事がどれだけ治安のためになり、どれだけ管理に役立つのでしょうか?

dirt block
No.25
 
detour
No.26
(No.25/26)Some roadblocks are made with dirt and you can see these villagers on the right here coming home from work. They live on the other side of the roadblock, so what they have to do every morning is that they drive their cars to the roadblocks, park them, walk around by foot, and take a taxi the rest of the way to work or to school, and repeat the process coming home. So, these roadblocks prevent something as basic as Palestinians taking their vehicles from their house, to their work, to their school.
(No.25/26)ードブロックの幾つかは泥で作られています。この写真の右側上のほうに仕事から帰ってくるパレスチナ人の村人たちが写っています。彼らはロードブロックの反対側に住んでいるので、毎朝、ロードブロックまで車で運転してきて車をそこに駐車し、歩いてそこを迂回し、そして、タクシーに乗って残りの道のりを仕事場や学校に向かいます。そして、帰宅するときにまた同じ事を繰り返します。ですので、これらのロードブロックは、パレスチナ人が自宅から車で仕事場や学校に行くような基本的な事が出来ないように仕向けているのです。

back
No.27
 
manually transport
No.28
(No.27)Finally, these roadblocks are extremely disabling to the Palestinian economy. As you can imagine, transporting goods from one end of the land to the other is not a trivial process given all of these checkpoints and roadblocks.
(No.27)終的に、これらのロードブロックはパレスチナの経済を極度に麻痺させてしまいます。想像できるかもしれませんが、これらのチェックポイントとロードブロックの全てを考えると、商品をその土地の一方からもう一方に運ぶのは些細なことではありません。

(No.28)So, basically, a truck that’s carrying Palestinian goods, when it reaches a roadblock, has to sort of turn around and back up against the roadblocks, get them another vehicle to come from the other end to turn around and back up from that end, and someone has to actually manually transport these goods from one end of the roadblock to the other, as you see from these photographs. Well, the products are not always office equipment. They could be produce, perishables, things that go bad by the time they reach their destination, they could be desperately needed medical supplies.
(No.28)本的に、パレスチナの商品を運ぶトラックがロードブックに到着した時、そこで向きを変えてロードブロックに向かいバックします、そして、今度は反対側からもう一台の車両に来てもらい向きを変えてバックしてもらいます。そして、これらの写真からもわかるように、誰かが実際に商品をロードブロックの一方から他方へ手で運ばなくてはいけません。商品はいつもオフィス用備品とは限りません。農産物や傷みやすいもの、目的地につく時間には腐ってしまう場合もありますし、心底必要な医療用品の場合もあります。

Beyond just taking a long time, this whole process renders a lot of these Palestinian products much more expensive than they otherwise would be because of the extra man power and vehicular power that is required to transport them. What happens then is that a lot of these Palestinian products end up being even more expensive than their Israeli counterparts, which are very easy to transport on Israeli only roads.
い時間がかかる以上に、それらの商品を運ぶのに必要とされる余分な労働力と自動車の利用のせいで、これらのパレスチナの商品の値段が釣り上がってしまうことがよくあります。そして、何が起きるかというと、最後にはパレスチナの多くの商品の値段がイスラエル人専用の道路でとても運送しやすいイスラエルの同等の商品の値段よりも更に高くなってしまいます。

Israeli products
No.29
(No.29)What happens then, of course, is that the Palestinian market is then flooded with Israeli products, which Palestinians, many of them struggling to make ends meet, end up purchasing them, and instead of supporting their own economy, supporting the very country that is occupying them.
(No.29)ると、もちろんパレスチナの市場はイスラエルの商品であふれてしまい、多くのパレスチナ人達が収入の範囲内でやりくりをしていますから、その彼らがイスラエル商品を最後には購入してしまい、パレスチナ人自身の経済を支える代わりに、まさに彼らを占領しているその国の経済を支援するはめになってしまうのです。
ヽ(^。^)ノ


1-2(1) SETTLEMENTS/イスラエル人の共同社会


No.30

(No.30)Settlements are the next part of my talk. Settlements in the territories are essentially communities of Jewish Israelis where living on Palestinian land. And, they may be sort of villages, towns, and cities.
(No.30)に、共同社会についてお話をします。共同社会は、基本的にパキスタン人の領土内に住んでいるユダヤ系イスラエル人の地域社会です。そして、この共同社会は村や町、又は、都市のような規模になります。

(No.31)Here is a rather large one near Bethlehem and Jerusalem. And, again, all of this land here is Palestinian land, belongs to the Palestinians, internationally recognized as Palestinian land. And, yet, there is this city that has been built on top of it that is exclusively for Jewish Israelis. Well, what does this mean, you know, who gets to live in that city? Well, I could live in that city, right, because I’m Jewish. I would just have to fill out an application; I could move there next week if I wanted to. Yet, the farmers, the Palestinians that own that land that that city was built on are not allowed to live in it. Now this process is nothing new, it’s happened throughout history all over the world and there’s a name for it, it’s called colonization. It’s interesting that in English and in Hebrew that we have this kind of benign word, you know, “settlements.” Whereas in many other languages, like French for example, these settlements are called “colonies,” and that’s exactly what they are.
“International law prohibits an occupying power from transferring citizens from its own territory to the occupied territory.” (Fourth Geneva Convention, Article 49)

And, they are illegal according to international law, which prohibits an occupying power from transferring citizens from its own territory to the occupied territory, which is exactly what Israel is doing.
(No.31)ちらの写真は、ベツレヘムとイェルサレムの近くにあるどちらかと言うと大きい共同社会です。そして、ここでも繰り返しますが、ウェストバンクの全ての土地はパレスチナ人の領土であり、パレスチナ人に属し、国際的にもパレスチナの領土として認められています。それにもかかわらず、そのパレスチナの土地に、ユダヤ系イスラエル人専用に建設された都市が存在します。これは何を意味するのでしょうか。その都市に誰が住むようになるのでしょうか。そうですね、私はユダヤ人ですので、その都市に住むことが出来ます。私は単に申請書に書き込むだけでいいのです。もし、そうしたければ、私は来週にでもそこに引っ越すことが出来ます。しかし、その都市がある場所の土地を本来所有しているパレスチナの農家の人達やその他のパレスチナ人達はそこに住む事が許されていません。さて、これは全く新しいものではありません。歴史を通して世界中でそれは起き続けており、それには呼び名があります。それは植民地化と呼ばれます。英語やヘブライ語では、また違うより安全な言葉 ─ 「共同社会(※1参照)」 ─ が使われているのは面白いことです。それに対して、例えばフランス語のように、他の多くの言語では、この共同社会は「コロニー(植民地)」と呼ばれています。つまり「共同社会」とは、まさに植民地のことなのです。
「国際法は、占領している権力者が(占領国側の)市民を権力者自身の領土から占領した領土に移動させる事を禁止する。」(第四回ジュネーブ条約、第49条)

このように、「共同社会」は国際法によると違法であり、それによると、占領する権力者が市民を権力者自身の領土から占領された領土に移動させるのを禁止していますが、イスラエルがしていることはまさにそれなのです。ヽ(^。^)ノ

※1)Settlement:(訳者注)Settlement(=共同社会)の意味には、他に「植民地化」という意味がありますので、Settlementは、Colonization(=植民地化)と同義ですが、本来の意味は「定住」です。定住した人達が結果として共同社会になるという意味で、「共同社会」という意味もあります。ストレートに「植民地」と言うのは国際的に受けが良くないので、イスラエル政府は「Colony」の代わりに紛らわしい表現である「Settelement」を使用しているのでしょう。
イスラエル政府がパレスチナを植民地化しているのは、彼らがパレスチナの領土に食い込みパレスチナの領土を自国のものに強引にしていることや、パレスチナの人たちの自由を奪い、パレスチナ人を刑務所に入れたり、それと同じような扱い方をしているのを見れば一目瞭然です。

No.32
 
No.33
No.33
 
(No.32)Instead of working against the system though, Israel actually promotes it. As you can see in this photograph, which shows a billboard on an Israeli only road in the Palestinian territories, and it basically says, and it’s in Hebrew, it says “Now more than ever,” and underneath it says basically if you come to our community, to Ariel, which is a settlement, if you come to live in Ariel you will be rewarded with 100,000 Israeli shekels.
(No.32)スラエルはそのシステムに反対するのではなく、実際にはそれを促進しています。パキスタン人の領土内にあるイスラエル人専用道路にある広告用掲示板の写真を見てみると、それには基本的にヘブライ語でこう書いてあります
 ─「今、これまで以上に」
そしてその下に更に、
 ─「私達の地域社会…共同社会であるアリエルに貴方が来たら、もし、貴方がアリエルに住みに来たら、イスラエル通貨で10万シケルの報奨金が貰えます
と、書いてあります。

(No.33)That’s more than $20,000 U.S. dollars. In other words, the Israeli government is actually paying its own citizens to move from Israel proper to the Occupied Territories to become part of the illegal occupying population. What is particularly interesting to me about this billboard is, who is it targeting? You know, who are going to be the Israelis who uproot their families to move on this foreign land because it’s cheaper to do so? Is it going to be well off, wealthy established Israeli families? No, they want to live in Tel Aviv. The families who end up of taking advantage of these offers are going to be low income Israelis, poor Israelis, recent immigrants from Africa, from Eastern Europe.
(No.33)れは米国ドルで2万ドル以上になります。言い換えると、イスラエル政府は実際には自国の市民にイスラエルから占領した領土に引っ越し、違法な占領をしている人々の一員になることに対してお金を支払っている事になります。この広告掲示板に関して特に私にとって面白いことは、誰を対象にしているかです。報奨金が出るからと言って、誰が自分の家族を今住んでいるところから引き離し、この外国の土地に移住させるでしょうか?そうすれば、裕福な有力なイスラエル人の家柄になるのでしょうか?いいえ、そういう裕福な人達はテルアビブに住みたいと思うでしょう。この政府からの提案を最終的に利用する家族は低所得のイスラエル人、貧しいイスラエル人やアフリカから最近移民してきたばかりの移民者、または、東ヨーロッパからの移民者たちです。

No.34
No.34
 
No.35
No.35
 
No.36
No.36
 
No.37
No.37
(No.34)In fact, a lot of these settlements, Ariel included, are populated primarily by immigrants who move to the territories not because they say, “This land is ours and nobody else’s,” but because they’re looking for a higher standard of living.
(No.34)際には、このようなアルエルを含む居住社会に移り住む人たちは、「この土地は私達のもので、他の誰のものでもない」と主張するような人たちではなく、主として、より高い生活水準を求め移住してくる移民者達になります。

These financial offers can be very appealing. People who take advantage of them will get nice housing, often times with mortgages subsidized by the government, there are parks for their kids to play(No.35)(No.36), strip malls, swimming pools in a place where water is so precious.
これらの経済的オファーは非常に魅力的であり得ます。それを利用する人達は素晴らしい住居が得られ、しばしばその住宅ローンも政府からの支援が得られ、(No.35)子供達が遊べる公園もあり、(No.36)小規模ショッピングセンターもあり、水がとても貴重な場所にスイミング・プールがあります。

(No.37)Uh, a nice offer, right?
Again, all of this was built illegally on Palestinian land. At this point there are settlements all over the West Bank.
(No.37)素敵なオファーですよね、違いませんか。ここでもう一度言いますが・・・
この全てはパレスチナ人の領土に違法に建てられたものです。この時点で、ウェストバンクの全域に共同社会があります

  違法なユダヤ人専用の植民地の地図
No.38
No.38
(No.38)The red dots on this map indicate where you have an illegal Jewish only colony built on Palestinian land.
(No.38)の地図にある数々の赤い点はパレスチナ領土に建設された違法なユダヤ人専用の植民地がある場所を示しています。


  違法に建設されたユダヤ人専用の道路網
No.39
No.39
(No.39)Of course, coming along with the settlements and colonies is the road network. Here you can see it’s just a handful of them, but the way those blue roads and highways really chop up and compartmentalize the Palestinian landscape. Remember of course these roads were built illegally on Palestinian land, and the Palestinians owning the lands, they were built on, for the most part, aren’t even allowed to use them because of the segregated road system.
(No.39)ちろん、移住と植民地に伴うのは道路網です。ここにあるのは一握りの道路網ですが、この複数の青いハイウェイがパレスチナ領土を実に細かく分断し区分化している様を見てください。もちろん、これらの道路はパレスチナ領土に違法に建設されたということ、そして、その道路網が建設された土地を所有しているパレスチナ人は、分離された道路システムのために、大部分においてその道路網を利用する事さえ許されていないと言うことを覚えておいてください。
ヽ(^。^)ノ


1-2(2) Outposts/居住地区ヽ(^。^)ノ

    A. Economic Settlers─US Foreign Aid/経済的移住者─米国の対外援助

No.40

(No.40)The next part of my talk is on Outposts which are similar to settlements in that they are incidents of Jewish Israelis living illegally on Palestinian land.
(No.40)にパレスチナ人の私有地の離れに突然住み着くイスラエル人達について話します。彼らもユダヤ系イスラエル人が違法にパレスチナの土地に住んでいる事例であったという意味で共同社会と似ています。

No.41
No.41
(No.41)One of the main differences are the people who choose to live in the outposts. So, I’ll talk before about what I call “economic settlers” moving to the territories for financial benefits, and they represent about 80% of the settler population, a vast majority that says, according to polls, that they would be willing to leave if they were offered financial compensation. So, when Israel says it’s impossible to make all these hundreds of thousands of settlers leave, remember that the vast majority are there simply because the government is paying them to do so.
(No.41)くの違いの一つは居住地区に自ら住む事を選択する人達です。そこで、最初に私が「経済的移住者」と読んでいる経済的恩恵を求めてその領土に移住する人達について話したいと思います。彼らは共同社会のおよそ80%を占めていて、その圧倒的多数の人達は、世論調査によると、もし彼らが経済的報酬を提供されれば、パレスチナ領土から喜んで立ち去るという統計結果が出ています。だから、イスラエルが何十万人もの人達全ての定住者達を立ち去らせるのは不可能だと言う時、覚えておいて欲しいのですが、パレスチナ領土のイスラエル人用居住社会に住む人達の圧倒的多数の人達は、単に政府が彼らが立ち去るためにお金を支払うのを待っているわけです。



    B. Ideological Settlers/信条的移住者

No.42
No.42
(No.42)The remaining 20% of the settler population are often called ideological settlers, moving to the territories not for money but because of their beliefs. Many of them believe that the land in the West Bank and Gaza belongs to the Jewish people for often times religious reasons or maybe political reasons. And, according to many of these people, the Palestinians are the ones who are occupying this land, “Jewish land.”
(No.42)住人口の残りの20%は信条的移住者と呼ばれています。彼らはその領土に報奨金のためではなく、自分の持つ信条のために移住してくるのです。彼らの多くはウェストバンクとガザの土地は、しばしば宗教的理由により、または、恐らく政治的理由によりユダヤ人に属していると固く信じています。そして、彼らの大半の人達によると、パレスチナ人達こそがこの土地「ユダヤ人の土地」を占領していると言うのです。
No.43
No.43
(No.43)So, they will actually come in the middle of the night with trailers and simply establish themselves on a plot of Palestinian land and say, "We’re not leaving, this land belongs to us."
(No.43)して、(信条的理由で住み着く)イスラエル人達は、実際には夜中にトレーラーでやってきてパレスチナ人の土地の小区画に無断で身を落ち着かせ、(その土地の所有者であるパレスチナ人達に)こう言います─「私達はここから立ち退きません。この土地は私達の所有するものですから。」



to be continued...

・・・続く



















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

むげん君さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。