選挙です。
東京都民にとっては、
数週間後に都知事選があります。

自分が投票行動で選べるのは、1+α(比例代表)

自分が、立候補するのでない限り
全ての候補の方は

「帯に短したすきに長し」

になる。
当たり前の話、自分自身は投票する
候補者そのものではないから

100%意に沿うとは限らない

すると、話は、
論点を単純化するか、相手を非難するか。

正直結構、うんざりで、
そしてまた、
単純化された議論
相手への非難
は、気をつけて聞いておかないと
結果、自分の思いから変質し始める。

つまり結局「帯に短したすきに長し」なのだ。

だから、
「短いけれど帯にするか」
「長すぎるけどたすきにするか」
という、判断が求められる。

ってこと。

参政権があることそのものが、
別の国と比べれば恵まれているこの国で、
参加しないで、文句を言っていても
しょうが無い。

思いが通る/通らないの前に

自分の住むこの環境に
まずは今ある方法で
参加するって言うのが、
「文句を言う」ためのパスポート
なんじゃなかろうか・・・。

チームアウェークナーズホームページにも遊びに来て下さいね。

□ Facebookは:masaki.hijima で参加しています。

□NLP一日レッスン 東京のレッスンを担当しています。
NLPワンデイレッスン「心の余裕を手にいれる」←こちらから
AD