**~NPO法人淡路市国際交流協会のブログ~**

人と人とをつなぐ“Heart Station”を目指すほんわかプレイス


テーマ:





NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


みんなのわいわいおしゃべり会 






 みなさん!毎日の子育てやお仕事、家事・介護・・・忙しい 日々( )送っていま






せんか? みんなで集まって、ちょっとのんびりしませんか?






 お茶を飲みながら、いろんなおしゃべり、情報交換、友達作り、楽しい時間を






すごしましょう♪






  Let’s get together and have fun!  请来到这里和我们一起度过轻松愉快的时间吧!  同时,让我们也一起分担您生活里的烦恼或不安。 








開催はこちら!






 【時間はいつも10:00~12:00 いつ来てもOK!】






 






 12月16日(金) 岩屋保健センター内交流サロン 






               淡路市岩屋1514-18






 12月22日(木) 一宮保健センター内子育て学習センター






               淡路市郡家686






 1月13日(金) 東浦子育て学習センター






              淡路市久留麻1741-1






 1月19日(木) 田井会館(津名事務所前)






               淡路市志筑1600-1






 1月27日(金) 北淡センター3F婦人研修室






                淡路市富島1378






参加費 : 無料






内 容 : なんでもおしゃべりしましょう!外国人の方の






日本語学習などの相談もできます。






申込み: 不要。当日参加でOK






問合せ:淡路市企画部国際交流課(担当:李)      







TEL 0799-64-2129  IP 050-7105-5165             






FAX 0799-64-2531   











メールでのお問い合わせはこちら(当協会ウェブサイトのフォーム)






共催:淡路市・NPO法人淡路市国際交流協会    







                     NPO法人淡路市国際交流協会のブログ




 












 






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月18日に行われましたが、担当理事の都合で更新が遅れてしまいました。すみません。

さて、今回の観光ボランティア養成講座は「震災記念館・震災の語り部」と題して、東日本大震災が起こった今、淡路島でも経験した神戸淡路大震災を風化させない努力の一環として実施しました。当時の経験を昨日起こったように話してくれる語り部さんの表現や活断層などの専門用語を英語にします。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


北風が強い日でした。セミナー室に隣接する風力発電機の羽が風を切る音が印象に残っています。このような日の中でまずは語り部さんによる当時の様子を聞きました。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


被害家屋は全壊半壊を併せて2千戸以上、仮設住宅も600戸という大惨事でしたが、行方不明者はゼロ、また仮設住宅での孤独死もなかったそうです。普段から近所付き合いを大切にする淡路での生活だからこそ、生き埋めになっても家のどの辺にいるかが分かったからだそうです。また仮設住宅も一人で入居することなく、ペアで入ったと聞きました。都会や若者を中心に近所付き合いが希薄になりつつある今、ご近所さんとの関係を今一度見直す必要があると感じました。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


語り部さんのお話の後は野島断層保存館へ移動。ここでは活断層の仕組みや分布、また当時の民家がそのまま見れます。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


地殻変動による地球のエネルギーを感じます。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


当時からそのまま保存されており、時間の経過を感じます。



最後は当時の揺れ、震度7を体感できるコーナー。本当に起きた時のことを考えると怖いです。震災に対する正しい知識を持ち、防災意識を高めるとても良い機会になりました。

次回は1月29日、北淡歴史民族資料館にて、羽釜での炊飯体験をします。築200年を超える古民家での食事と昔道具を使った体験を準備しております。

この講座は淡路島各地にて来年2月まで毎月行われます。このブログを見て興味がある方はNPO法人淡路市国際交流協会事務局へご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
淡路島は美味しい海幸で知られていますが、どうやら近隣のブランド名に押され気味。明石のタコや鯛、鳴門ワカメなどは全国レベルですが、同じ海なのに。。。

ということで、淡路の底力を検証すべく、「定置網漁」の見学に行ってきました!

当初は11月20日に実施の予定でしたが、悪天候で順延、12月4日に振替ました。

しかし。。。

朝から快晴で暖かかったのに、波が。。瀬戸内海なのに「今日は日本海」並だと漁師さんがつぶやいていました。

で、動画もありますが、気分悪くならない程度にみてください。

まずは出航時。みなさん、元気ですね。天気もいいし最高の気分です。漁場までは数分の距離です。

定置網漁は主に冬場に行われているようです。水温が低くならない魚が活発な時期には船3杯も入るとか。。

定置網の仕掛けや設置位置、取れる魚などについての説明がありました。



$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ









船は男の世界。大忙しですが、でも観光客が同乗しているということで、話もしてくださりました。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


ざっと見た感じでは10種類は入っていたでしょうか。

真鯛、石鯛、ブリ、ハマチ、シオ(カンパチの子)、クチ、アカエイ、マダコ、カワハギ、ドチザメ、名前の知らない、または見慣れないものもいました。出荷できない魚はここで海へ帰されます。定置網漁は底引きのように海を荒らすこともなく、今で言うエコな漁です。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


ハイライトは漁の見学だけでなく、セリです。まずは水揚げされた魚を見に仲買さんらが集まります。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


そして、10キロもあろうかと思われるブリもセリに。。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


これは男の世界。粛々と行われます。良く知られている威勢のいいセリではなく、札を出すだけで私語はほとんどありません。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


観光客は私たちだけですので、かぶりつきで見学できました。すごい臨場感!

お忙しい中、漁師だけが使う潮に関する単語を学びました。淡路だけで使われているものもあるらしく、貴重な経験となりました。これを英訳し、ガイドの語彙力につなげる訳です。


漁で獲れた魚を料理屋で調理して頂いている間、「多運ウォーク」と題し、社寺を観光協会の方のガイドで歩きました。まるで激戦区かのごとく密集しており、今一度淡路島の奥深さを発見しました。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ



そして待望の食事時間!ちなみにこれで3人前です。新鮮すぎて歯ごたえがある身ですが、それは贅沢の極致。天然物はやはり最高です。

$NPO法人淡路市国際交流協会のブログ


体験を通して学びの淡路島。今回は味覚も楽しめたということで受講生の皆様には体験喜んで頂けたと思います。

次回は12月18日、震災記念館にて、今一度語り部による震災体験談を伺い、また震災や防災について学びたいと思います。この講座は淡路島各地にて来年2月まで毎月行われます。このブログを見て興味がある方はNPO法人淡路市国際交流協会事務局へご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。